建物の床部分の面積のこと。不動産登記法上、登記簿(登記記録)に記載される床面積は、各階またはその一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積(壁芯による計算)となる。すなわち一般的なポーチ、バルコニーや吹きさらしの片廊下など屋外部分とみなされる部分は床面積に算入されない。また、マンション等、区分所有建物の床面積は計算方法が若干異なり、壁の中心線ではなく壁に囲まれた内側の面積(壁の内法による計算)で計算し表記される。


img_yukamenseki