酷暑が続いておりますが、皆様おかわりございませんでしょうか。 

私はほぼ毎朝ジョギングをしておりますが、大量の汗をかくと足の筋肉がつることがわかりました。

今さらながら身をもって水分、塩分が体に与える影響に気付いた訳です。私がサッカー少年だったころは、水は飲むな、足がつるのは走り込みが足りないんだ、という鬼監督、コーチの指導があたりまえの時代でした。

忘れもしない中学1年の真夏の部活でのことです。私たち1年生は先輩の蹴ったボールをダッシュで拾いに走らなければいけないのですが、下手くそな先輩の蹴ったボールが大きくゴールを外し、田んぼ方向に飛んでいきました。ダッシュでそのボールを拾いに行った私は、途中、真夏の太陽に反射してキラキラと輝く農業用水路を発見してしまいました。

猛烈にのどが渇いてフラフラの私は、清流のささやきに導かれ、思わず用水路の水をこっそり飲んでしまいました。砂漠にオアシスとはまさにこのことです。その水の美味しかったことと練習中に水を飲んだという罪悪感は今でも忘れません。以来、練習中は率先してボール拾いに励み、こっそり用水路の水を飲んで、熱中症予防にとりくんでいました。

今考えると何とも不衛生なはなしですが、そのせいか、大人になってからピロリ菌がみつかり、1昨年、苦労してなんとか除去できました。お心当たりのある人はピロリ菌検査を受けることをお勧めいたします。

そんな少年時代を過ごした私ですが、不動産でお悩みのあるとき、今度お会いしたとき、街で見かけたときにでも一声かけていただけると嬉しく思います。