ミカン泥棒この木なんの木

2007年02月17日

ウニ

この前 TVをつけたら海の映像が流れていたので
思わず見てしまった カリフォルニア大学が中心と
なっておこなっている調査の番組みたいな感じだった

そこでウニがたくさんの映像が出てきて 「ウニが増えすぎると
海藻を食べつくしてしまい海は荒れてしまう」という

「おおー この感じ・・・」
まさに家のそばの海はウニだらけで似たような感じだ
昼間は気づきずらいかもしれないけど 夜潜ると
もう ウニだらけ。 ウニの増えすぎる原因はウニを捕食
するエビ類や魚がいないことらしい 

でも珊瑚の付近に付く海藻もウニが食べてくれている事も確か・・・
珊瑚の周りに海藻が増えすぎても今度は珊瑚が死んでしまう

だからウニは減りすぎてもいけない ウニを食べる生物が増えすぎてもダメ

結局 海全体が一つのもので 絶妙にバランスがとられてる感じがする
このバランスが大事で このバランスが崩れる原因を作っているのが
人間なんだなぁと感じた

人が自然を管理したりコントロール出来ると思っていたとしたら
それは勘違いなのではないのかなぁと僕は思いました




hidemongara at 09:34│Comments(5)

この記事へのコメント

1. Posted by さおり   2007年02月17日 19:14
それぞれに生きていくすべがちゃんとあるんですね。食物連鎖とはいえ、やはりいろんなことで影響を及ぼしているのはまがいもなく私達人間なんでしょうね。

ウニが増えていると聞き、食べたくなりました!ちょっとぐらいは食べるお手伝いしますよ〜、ウニさん☆
2. Posted by ゆぎ   2007年02月17日 21:32
人間は自然には絶対に勝てないからねぇ。手を加えないことが自然のありのままの姿であって、人の手を加えようとすることがすでに不自然なことじゃないかと思ったりします。
壊すことは簡単でも元に戻すのって気が遠くなるくらい時間がかかりそう…。
3. Posted by きみ   2007年02月18日 18:37
自然を管理出来ると思っているとしたら、人って傲慢で嫌なヤツになってしまいますね。人間による自然破壊はゼロには出来ないけど、人も自然の中で生かされているって考えれば、自然に対して謙虚な気持ちになるだろうし、出来るだけ守らなければいけない意識が生まれてくると思うんですけどね。昨日、山で 雨に濡れた草木の匂いがとても気持ち良くって…自然の一部である自分を体感してきました。
4. Posted by マチョ吉   2007年02月19日 09:46
温暖化が一番気がかりです!
5. Posted by ひで   2007年02月23日 11:14
さおりさん
食べれるウニも増えてるけど食べれないウニ いや食べれるけど食べずらいウニは多いかな

ゆぎ 
そうだね 治すのはすごく時間がかかるよね というより壊すのが早すぎるのかもね

きみちゃん
僕は土をいじって 畑を耕しているときに
なんとなく そんな感じがします
「昔は みんなこうだったんだろうなぁ」って

まっちょ
それはボードがしたいからでしょ
5年 10年くらいなら暖かくなっていいかもと思う人もいるだろうけどね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ミカン泥棒この木なんの木