TOP はじめに ブログ活用 SEO関連 WordPress 防犯関係 マネージャーより ひとりごと

不動産業のホームページ作成、アクセスアップ(SEO)についてはワイに任せろや。いまもっともホットでクールなブログを活用して、ブログ型不動産サイトの作り方、物件情報を記事で投稿してアクセスアップを狙う方法等をいろいろとコーチしたるでえ。

最  新  記  事

2007年07月11日

なぜ"WordPress"なのか

 ムーバブルタイプで不動産サイトを構築する際に大いに役立った解説本がこの本でした。



Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド―コンテンツ管理システム(CMS)ツールとしてのMovable Type活用術&実践サイトデザイン術



 不動産の物件情報を記事として投稿し、不動産情報サイトとして違和感なく表示する上で、この解説本の「カタログ形式」という例題はとても参考になった。ムーバブルタイプと同じことをワードプレスで実現するには、上記の解説本のように具体的な例題を載せてあるワードプレスの解説本が必要だった。
 先日記したように無償のCMSツールは幾つかある。ですがムーバブルタイプのように数多く解説本があるものはほとんどなく、ワードプレス以外はほとんど1冊のみというありさまです。ワードプレスについてはアマゾンで5冊見つけることができる。出版されている解説本の数が問題なのではなく、それを読んでムーバブルタイプで構築したスタイルの不動産サイトが実現できるかどうかが問題だったのだが、1冊だけそんな解説本が見つかった。それがこの解説本。



WordPressサイト構築スタイルブック―デザイナーのためのテンプレートタグリファレンス+サイトデザインテクニック



 この本を手にして「やれるかも」と思った。だが、半分読んだ時点で「う〜ん」って感じ?ムーバブルタイプとワードプレスはCGIとPHPという大きな違いがある。(システムのプログラム言語の違い)いままで係わってきたブログシステムはムーバブルタイプであれライブドアブログであれFC2ブログであれ、テンプレートを設計するというのがサイトを構築するということだった。ところがワードプレスのようなPHP言語型は出力ファイルそのものがテンプレートなのだときた。「う〜ん」


 この先はまた後日。

Posted by hidenag at 07:36Comments(0)TrackBack(0)WordPress

2007年07月07日

ムーバブルタイプ有料バージョンアップで決心

 このブログではムーバブルタイプを使ったブログ型不動産サイトの構築方法について解説してきました。そのムーバブルタイプのバージョンアップが有料だとアナウンスされた。有料といっても千円、2千円なら仕方ないが、1万円を超える費用では何かすっきりしない。バージョンアップをしなくても特に問題はないのだが、最新の技術を活用することができない不自由がある。そこでムーバブルタイプに代わるシステムはないものかと探してみた。ブログを構築するツールはCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼ばれ無償のものが幾つかある。その中からムーバブルタイプの代用品として"WordPress"を選んだわけですが、他にも以下のようなCMSがあった。



Nucleus(ニュークリアス)http://japan.nucleuscms.org/



Geeklog(ギークログ) http://www.geeklog.jp/



MODx(モドエックス)http://modxcms.com/



これらの中から今回選んだCMSはこちら



WordPress(ワードプレス)http://wordpress.xwd.jp/



MODxにしようか迷ったのでがまずはWordPressでしょ。

Posted by hidenag at 17:06Comments(0)TrackBack(0)ひとりごと

2007年07月07日

ブログ再開!

 皆様ご無沙汰致しました。今年になってから意図的に投稿を凍結していました。ネット以外での「不動産業再生」をテーマに活動していました。そちらの方はまだ成果を発表するレベルに達しておりませんが、ブログを再開する新たな動機が見つかりましたので、ブログを再開致します。再開のテーマは"WordPress"です。これについては別の記事で詳しく説明していきます。

 ブログ再開にあたり時代にそぐわなくなった記事(SEO講座関連)を削除しました。また、今後"清原田語"は通常は封印し標準語で語らせていただきます。

Posted by hidenag at 16:52Comments(1)TrackBack(2)ひとりごと

2007年03月27日

新しい地図サービス

おうワイや!清原ちゃう、清原田や。生きとるでえ!


「地図Z」っちゅうありがたい地図サービスの紹介や。まずはサンプルを見てや。


 ◆マンション・リバティー302号室


 最寄の駅から物件まで線が引けるんや。Google Mapを利用しとるから、縮尺も自由自在や。ブログやホームページに埋め込むサイズも自分で設定できる。(サンプル地図は640×530)別ページに飛ぶんやなくて、好きなサイズで”埋め込める”ってとこが最高やろ。ナサネット連動型ホームページの会員は全員利用開始や!


「地図Z」簡単にGoogle Mapを利用した地図を作成できるサイト


 使い方は裏番長に聞いてや。

Posted by hidenag at 13:27Comments(6)TrackBack(2)ブログ活用

2007年02月06日

ナサネット今後のシステム改善のための討論会

 2月8日(木)川崎中支部事務局において「ナサネット今後のシステム改善のための討論会」と題した討論会を行います。開催に先立ちまして討論のテーマと趣旨を発表しておきます。下記内容で討論会をおこないますので、前もって資料や参考になる文献、サイト等があれば準備願えればと思います。会場にはパソコンとプロジェクターを用意する予定でいます。




「ナサネット今後のシステム改善のための討論会」


テーマ その1


◆集客戦略のために必要な「魅力的なコンテンツ」の制作基準


 先週のことです。当社のホームページにある優良物件をアップしたところ、2日後にエンドユーザーから問い合わせがあり、即日申込書を書きに来店されたという事件?がありました。築4年の2LDK(51.53)のマンションで、平間駅から徒歩6分、南向き2階の角部屋で日当たりも文句なしで、カウンターキッチンのLDKという当社きっての優良物件です。(家賃 110,000円 共益費 3,000円 礼・敷 2/1)
 グレース中新201号室
 お客様は当社ホームページのスライド写真動画をご覧になり、現地で外観を確認されてから当社に連絡されてきました。1年前に同じ間取りの101号室を募集した際に撮影しておいた室内写真を用いスライド写真動画を作成し掲載しました。(勿論、これは101号室の室内で201号室は同じ間取りですと但し書きをしました。)スライド写真動画は、その物件が魅力的であれば、入居中であってもネットの情報だけでも十分に申し込みを獲得するだけの機能があることを証明した事件と言ってよいでしょう。
 ただ、ここで注目すべきことは「その物件が魅力的であれば」ということです。エンドユーザーは「この物件は早くアクションしないと決まってしまう」と思うからメールをしたり、電話をしたりアクションを起こします。せっかちな人はメールではなく、電話をしてきます。その場で結論が出るからです。つまり「魅力的な情報」にはすぐに問い合わせが来るということです。
 私たちのホームページはこの1年間でかなり露出度が上がったはずです。その割には問い合わせが少ない。今回の事例から「その物件が魅力的であれば」ユーザーはアクションを起こすということが分かったのではないでしょうか。つまり、現在の私たちのホームページには「魅力的な物件」が非常に少ないということです。現在、当社の募集中の物件にはその「魅力的な物件」がありません。つまりホームページからの集客が期待できない状態になっています。自分のところで募集していて魅力的なものがないとは元付業者として甚だ無責任な感じがしますが、これは問題が違います。「お客が来ない」と「物件が決まらない」とは次元がちがう問題です。私たちは「集客する努力」と自社物件を「魅力的にする努力」を別の視点で考えなくてはならないということです。自社の物件が何ヶ月も決まらないのは集客できないからではないということです。話が逸れました。「物件を魅力的にする努力」についてはまた別の機会で検討したいと思います。話を戻します。私たちはナサネット(宅建川崎中支部)という「輪」で繋がり、情報を共有しています。現在ナサネット連動型ホームページを利用されているナサナット会員は18社います。自分のところに「魅力的な物件」がなくても、他の17社の中に「魅力的な物件」があるかもしれない。だとしたら、他社の「魅力的な物件」を自社のホームページの目玉とすれば、常に「魅力的な物件」があるホームページを維持でき、集客の機会を高めることができるのではないでしょうか。ただ、そのためには「魅力的な物件」を有している会員が「見た目が美しく内容が充実したコンテンツ」を提供しなくてはなりません。
 ナサネット連動型ホームページ・システムは情報を共有することにより、各社が見た目(写真付き)と情報量をもつホームページを維持することを可能にしました。本年度は第2ステージとして「問い合わせを得られる目玉情報」を掲載し、実績を作るための改善を行いたいと考えます。「問い合わせを得られる魅力的な情報」とは何か、それを作るためにどんな努力(スキルと時間)が必要なのか。管理者である私のが会員の皆さんに求めるものと会員の皆さんが応じられるものとのギャップを今回の討論会で明確にし、実現可能な「魅力的なコンテンツ」の制作基準を決定したいと思います。


テーマ2


◆「きくしんの賃貸ブログ」手法による露出拡大


 無料レンタルブログサービスである「FC2 BLOG」を利用している(有)藤行住宅の朝倉氏による「きくしんの賃貸ブログ」が検索結果において大健闘しています。管理者である朝倉氏の努力があってのことですが、「FC2 BLOG」のSEO的な特徴も注目に値します。そこで、本年度はこの「FC2 BLOG」を利用してナサネット管轄の各駅にそれぞれ「ナサネット ○○駅賃貸情報ブログ」というブログを開設したいと考えています。ただ、これを管理人である私一人で行うことには無理があります。各駅同じ仕様で開設するまでは管理人の仕事と考えますが、開設後からは物件の元付業者に投稿をお願いしたいと考えています。現在の「ナサネット・ブログサイト」、各社のホームページ、そして新しく開設する「各駅の賃貸ブログ」を物件情報記事を通じてトラックバックし合い、様々なリンクの貼り合いによりSEO効果を高め、各社ホームページへ導く入り口を増やそうという大掛かりな取り組みです。ただし、会員の皆さんの協力が不可欠な取り組みです。同じシステムを利用する同志ではありますが、各社インターネットに対する取り組みに温度差があります。それぞれの日常業務を考慮し、どこまでの協力を期待してよいのか、忌憚のない本音をお聞きしたいと考えます。


テーマ 3


◆大手系賃貸専門店に負けない店頭表示物のファッショナブル化


 年々私たちの店頭集客数が減ってきている要因として、大手系賃貸専門店の出店攻勢が大いに関係していると考えられます。彼らは主要ターミナル駅駅前ビルの高層階に店舗を構え、現在はその殆どがネットに依存して集客しています。ただ、彼らに共通していることは、例えビルの4階、5階の店舗だとしても、ビルの入口の路上に立て看板を設置し、「見た目が美しい物件情報」を掲示し、通行人にアピールを怠らないということです。通行人から見て、「見た目が美しい物件情報」を掲示している不動産屋と従来通りのアットホームの図面を掲示している不動産屋とどちらにやる気を感じるでしょうか。言うまでもないことです。ただ、分かっていても「見た目が美しい物件情報」の作成には手間隙をかけねばならずなかなか実行できないという現実があります。そこで、せめて自社の物件だけは「見た目が美しい物件情報」を作ろうではないかというのが今回の提案です。各社が自社の物件の「見た目が美しい物件情報」を作成し、それをPDFファイルにしてナサネット会員間で共有するのです。この共有が実現すれば、各社カラープリンター1台あれば、店頭掲示物を一新することが可能になります。その「見た目が美しい物件情報」はB4版がよいのか、A4版か、どのようなレイアウトが好ましいのか、そのようなことを皆さんと検討したいと思います。




以上、当日会場でお会いしましょう。

Posted by hidenag at 17:58Comments(3)TrackBack(3)マネージャーより