クライマーDONの汗物語

11クライマーにはなりたいし、縦走登山もいいし、 北アルプスの岩稜歩きや沢登も続けたい。 欲張りクライマーの日記。

6月26日(日)午前・カッパウォール、午後・宮前

6月26日(日)午前・カッパウォール、午後・宮前

今日6月26日。一週間ぶりの快晴、それも日曜日

                    晴れ。  自分で分かっている、ではない


いつもの時間に出発。スタート時の空。暑くなりそう・・・ 

しかし、今日の予想気温30℃下回る

               そしてはある程度吹く予想。ならば過ごしやすいか

                               本匠手前でいつものショット・快晴
P6260883P6260885P6260886

さて到着は本匠体育館に9:46分。体育館2階のボルダリング壁

今日は、
本匠クライミングサポートクラブジュニアボルダリング教室がある。

P6260887P6260888P6260892

10時よりの開催、時間に来た子供はすでにめている。

       参加者(保護者とジュニア、運営スタッフ)が集まり、開会式

                  運営はShuさん、ジュニア相手の話ぶりがすごくうまい。

P6260891P6260893P6260895

さあ準備運動体をほぐしてボルダリング教室が始まります。

         2階には夏用に大型扇風機新規購入されていた。
  
                 窓を開けて入ってくると、扇風機で非常に快適
P6260897P6260901P6260904

この教室もここ数年続いている・・・。 
 
ジュニアたちの中には結構登れる子も出てきている。 ずっと続けてほしいもの。

ほぼ1時間経過、休憩。   休憩時、壁は大人(スタッフ)の時間
P6260903P6260905P6260899

休憩後、再会。12:00で終了。

今日参加のなかには(子供会活動の夏休みイベントとしてここを利用したいので
                                  まずは自分が参加した)という人もいた。

自分も休憩中や教室終了後に、午後アップのつもりでってみる。 

     ところが、なぜか体がすごく重たい。息がすぐに上がる。  

                      汗も冷や汗みたいな感じで気持ち悪い。     

                    なんでだろう、スゴク キツイ



                           さて、移動して宮前を目指す。(車でたった3〜4分)
P6260906P6260908P6260909

正午過ぎ、岩壁はもう日陰になっている。福岡からの県外組が登っている。 

            遊歩道にもクライマーが入っているらしい。

                 祖母のKさんもいる。を振るって、草刈り最中

午後のメンバーはHaさん+Haさん´・Shuさん・祖母のKさん・宮崎のTさん・私。
P6260911P6260910P6260912

P6260913P6260914P6260916

は言うまでもなく清巌峡今日こそは・・・と思っているが、どうも体がキツイ。

宮崎のさん岩魚道・12aRP。

P6260927P6260928P6260931

清巌峡、今日の1便目。 核心前ですでにキツイ、当然に落。  後のトライも落。

P6260934P6260937P6260938


かいて、沈思黙考。   何故に登れないのか  


             答えは簡単、そのルートを登るレベルにないから。

                       身も蓋もない答えだが、そういう事だろう。

                                                
               体調を整えて 次回こそは・・・。                                   
                              
P6260932P6260942
        

                                             


   

















梅雨の合間、4週間ぶりの本匠。(^_-)-☆

梅雨の合間、4週間ぶり本匠。 (^_-)-

2016・6・18()  

           今日予報れ。  

                        梅雨合間いい天気

                                     日曜日りそうだ((+_+))。

ということで、4週間ぶりの本匠クライミング

いつもの時間に出発

                朝
から天気快調そのもの。

                             久しぶりに力水んでいく。
P6180839P6180840P6180843
本匠ると、水田稲苗がキッチリと・・・田植え済んでいる。 宮前を左に分岐・・・
P6180844P6180846P6180847

神社エリアに到着。いつもの片手拝み無事故お祈りする。

     とはいっても、無事故自力確保するものリスク管理は当然自己責任
P6180849P6180850P6180851

岩壁一見乾いているようだが・・。 

    銀杏の小径・10−前には銀杏(公孫樹)大木屹立

           そしてこの季節銀杏の実所狭しちている。

                                         周囲にいると、あっちトンこっちでポ・・とちてくる。
                   
                       がっ・・まだ青いので臭い感じない。
P6180855P6180858P6180853

さて、Dさんが来て、Shuさんが来る、スタートはこの3人で。
BlogPaintBlogPaintP6180864

          100岩場に載っていないのでトポアップしておこう。        
                  P6190898


アップ銀杏の小径・10−

59ROCKSNOW特集日本の100ルートで、

                  九州BEST10ルートげられているルート。
                                                                            この本では、グレード10bと記載。

P6200002BlogPaintBlogPaint

アップ終了、次は星霜移る・12nをトライするDさん。  しかし・・・
P6180860P6180865P6180867

神社エリア木々まれ、でも1日中木陰ごせる。

            今日ほんとしいが、・・・宮前行きたい

しかしこの時期午前中宮前すぎるので〜ッと時間ぐ。

宮前正面壁日陰に入るころ、今日も清巌峡ボーイヌンチャク掛をする。

                         当然ながら今日こそは○○っている。
P6180874P6180870P6180875

さて、岩が日陰に入るころ県外4人組Haさん宮前にやってくる。

宮崎のTさんHaさんんで岩魚道・12aに取り付く。  EさんYさん神社エリアへ。
P6180876P6180877P6180878

Dさん星霜移る・12nキーホールドれていてトライ中止。

                    前高赤門へ移動
P6180880P6180889P6180881

登っているうちに、なんだかんだでみんな宮前まる。(除赤門組
                      
                      
                      
                       

                          もう5時ぎる、終了タイム。
                     
                           でもTさんしくなったので最後トライ
P6180888P6180890P6180892

今日の私:

       ほぼひと月ぶりに現時点の課題;清巌峡ボーイにとりつく。4トライ、無駄に終わる。

       核心部での右足、いいホールドがある。でもそこに置いたのでは
       
       次で落ちてしまう。これを3回繰り返す。(
バランスが悪い?)

       おかしい・・・?  核心を抜けるムーブはできていたはずなのに・・・?

       じっと岩壁を見る。    思い出した、このいいホールドは使わない。

       その左10僂砲曚鵑両しつま先をスメアできるポイントがある。

       これを使ったはずだ!  3トライかけて思い出した。

       そして4回目。あと一手、両手スローパーから最終ガバが取れればRP。           

       というところまで登れた。ただ、もう余力無し、落。

                            (すべて私のムーブでの話です)


       ムーブができて、時間を置かずにトライすべき。

       ひと月も空けると、細かい点は忘れてしまう(性格が大雑把なので・・・。)

       だからメモ帳も作らず、ここにメモっておく。               
   
                                                




















備中クライミングに遠出する。2日目  (*^_^*)。

備中クライミング遠出する。2日目  (*^_^*)

6月12日(

前夜ビール焼酎飲みすぎた

         せっかくMeguさんが作ってくれた朝食・サンドイッチ食べれない

                             コーヒーだけいただいた。



すこしよろけながら、出発。 

                     今日もエリアは長屋坂

               エリアに来ると四国・愛媛から来たクライマーグループと出会う。
P6120931P6120933P6120934

準備OK。      
             私スプリング・11a、昨日の続き

                                                      ヤナ兄さんは今日もハンモックを広げる。
P6120938BlogPaintP6120936

DさんMeguさんMorisama・12abムーブ確認している。

               Meguさんすでっている。

                         Dさん今日こそはと・・・と思っている。


                        
今日日曜日、さすがにクライマーい。 中には本匠で見るちらほらと・・・。

           というのも、午後はの予報

                     ここでもクライミング可能エリア。

                             どんどんえて21までカウント。
                                         (byヤナ兄さん)            
                                     
P6120944P6120949P6120947

さて、も今日はスプリング・11a登ろうとするも、

                           
コンデションはかなり

        こまかいがまったく止まらない、とにかく滑る。
  
                  湿度いがシューズ駄目だったかもしれない。

Dさんからそのメーカーのシューズはあまりよろしくないとのアドバイスがあった。




さて、予報通りに午後早くからちてきた

                岩壁前の木々れていく。

                           路駐場所の道路もすでにれている
P6120952P6120957P6120950
    

降る中・・・  回目のトライ・・・・     


スプリングはかぶっていないので、ホールドがかなりズルズルになっていく。

        こまかいがまったく止まらない、とにかく。(

                今日は2便出しただけで終了する。

                       このコンディション、出番ない

            

         

さてさんMorisama・12ab最終トライでかと見えたが、
                            
            最終点手前ビッショリらしい。   あえなく

                   でも濡れてなければGoalできたはずのクライミング


c0adc751-s532edc5b0eccd8f4
             (上掲載3枚の写真はTeamRockさんより借用)


時間確認、もう15時ぎている。 

         Long distanceドライブっている。

                 撤収して帰路に着く。

                       帰りも中国道交代運転安全走行
              
               
P6120958P6120959


北九州でDさんと別れ、大分・自宅への帰着時間は23:30分

        走行距離Dさん走行距離から判断
  
                大分〜備中間大雑把にいって500キロM推測する。




二日間の備中クライミング、非常に楽しかった。

クライミング以外の事はTeamRockさんにお任せという状態で、

楽しむ事だけ、クライミングだけをやらせてもらった。 (感謝  )


幸か不幸か、宿題も残ってしまった。

Dさん、備中はもう常連さんだし・・・  帳面は消さなきゃならないし・・・

                                 
         
                                               




備中クライミングに遠出する。 1日目 (*^_^*)。

備中クライミング遠出する。1日目  (*^_^*)

以前よりお付き合いさせてもらっている、岡山team ROCKSさんが本匠る。

というので、楽しみにしていたが、そこは梅雨の時期天候100%になった。

そうしたら、北九州Dさんから(備中へ行く、一緒に行かないか)との連絡あり。


最初にかんだ文句は(い・・・)、

                   でもえたのはわれるうちとの言葉



そういう次第で、6月11日&12日備中までクライミングく。



6月11日丑三つ時1時35分出発
 
まずは高速大分道に乗っかり、中津を目指し、いったん中津で降りて福岡県る。
P6110842P6110843P6110848

県境を越え、さん合流。 もう一度高速中国道へ・・・。ひたすらひたすら走る
P6110851P6110855P6110858

新見インターりて、下道を・・・る・・・。

           高梁市備中町長屋クライマーズハウスくろどり到着
P6110859P6110862P6110864

ここまで設備のいいクライマーズハウスは、うらやましい
        
      ソファ・ベッド・台所&小道具・エアコン・お風呂・洗濯機・・・オッ

            
                

ここで、teamROCKヤナ兄さんMeguさん落ち合い、

                            荷物を置いて今日の予定エリア・権現谷へ向かう。
P6110866P6110868


これはこれは・・・、立ち上がっています
   
            でも結露です。・・・にとって幸か不幸か・・・、
    
                    さらに移動して・・・、長屋坂エリア到着
                  
BlogPaintP6110871BlogPaint

アプローチ1分、壁下の道へ路駐。 壁の右サイドをロープにつかまり少し上がる。       
P6110876P6110877P6110879

今日は土曜日ですが先客はいませんゆっくり登れます

           でもが高い・・・。 本匠の前高じような高さと岩の色

                             ここならでも掴まれるルートがあります。
P6110881P6110885P6110880

さて、準備。     があるのでクライミング無事故をおりして登り始める。
P6110884P6110883P6110895

私の備中初クライミングザグ・5.9スタート 

        昼食Meguさんトッングたっぷりソーメン準備してくれていた。 

                  味気ないコンビニ弁当なんかより、はるかにおいしい。

                               ヤナ兄さんはのんびりとハンモックでお昼寝
P6110894P6110897P6110899


さて、午後です。Dさんは狙い目Morisama・12abに取り付く。 

                                Meguさんカウントダウン12a。
P6110898P6110909P6110920

でっ・・・スプリング11a、ここ長屋坂の入門ルート。 

                                    といってもレベルではキツイルートです。

なんだかんだ独り言ぶつぶつ言いながらトライ

                                     とにかくまでけることができた

今日ここまでのクライミング。明日ここなので,明日こそは・・・のい!
P6110912o0480064113671045541P6110918
                  (上中の写真はMeguさんから借用)

今日の宿泊場所くろどり紹介パンフレットが祠横に置いてあるので、写真を1枚。
BlogPaintP6110910P6110922

さて、そろそろ終了へ。 



くろどりハウスでまずは お風呂流す。上がってくると餃子鍋っている。

                    
P6110926

水餃子焼き餃子  

                        ビール
焼酎  

                                                4人
宴会 

                                                                       時間過ぎていく 

茜霧島1本転がり 

                          Dさん
居眠りで椅子から転がり落ち 

                                                                    私
は起きているのに夢の中

P6110927P6110928P6110929

2階のベッドに座った記憶はあるが、あとは轟沈&爆睡。翌朝まで夢も見ない
                    
P6130960




備中1日目:たった一泊なので遠征とか、クライミングツァーとかいうほどのものでは
     
        ないと思うが、やはり泊まり込みクライミングはいろいろと楽しい。

        今日はクライミングから宴会までTeamRockさんに120%の歓迎をしてもらい、

        おんぶに抱っこに寄っかかりの備中クライミング初日を無事に登れた。 

        明日も楽しいと思うが、今日だけでもここに来た甲斐がある。

        あすも長屋坂、スプリングが待っている。 

        がっ・・、天気に不安がある。  どうなるか?

             
                                               


追記:
    じつは備中クライミングの前日(10日)には、
                  
                ミヤマキリシマの名所・九重 平治岳登山に行っている。

    かなり無謀なスケジュールを組んだものだと自分でも思う。
 

    しかし、梅雨入りして登山不向きの天気が続き、

              この日6月10日が、花登山最後のチャンス。

    備中クライミング後では花はもう終わってしまう・・・。

               という事で無理は承知の山行でした。
P6100896P6100900P6100909

P6100922P6100921P6100920




6月8日 大洲人工壁で登る。

6月8日 大洲人工壁で登る。

先々週土日先週土日ともクライミング。 
                                  モヤモヤまってくる。

ならば今日(8日)は水曜日大洲人工壁に行けばいるはず。 れるかも

                      所要時間は車で17〜20分さあ行ってみよう!


午後2時前に到着リード壁はまだ開いていないが、人数はそろりと集まる

             このさは15m弱。正確には14m97cm

                         大洲体育館のHPにそう書いてある。
P6080839P6080841P6080840


まずは、受付ましてと・・・。 

               ここに来るとアップは壁左サイドのホールド・a 
P6080843P6080845P6080846

すぐに人数が集まり、今日は9人。みんな顔見知り。 
   
      O・H・K・G・T・On・A・I・Aの9人。(敬称略)
         
          みんな約束はしていない来れば誰かいるだろうとの考え。
          
                  別途ボルダ部屋にはさんが一人で頑張っている。    
               
BlogPaint P6080860BlogPaint      


ルートは5.9プラス〜13まで。全体の本数は数えたことがない。

          自分の登れるグレードのルートだけしか見ていないので・・・。

                      当てずっぽうで20本超くらいだろうか
P6080851P6080858P6080859


クライミングシーンいろいろ。



今日は体育館でスポーツイベント開催されているようで、
  
           2階からは大勢学生声援をくれる。

                       思はず、をするとビックリしてくれる。

P6080853P6080864P6080868

P6080866P6080867P6080869

さて、時間経過。そろそろ終了時間

      使用料金
1時間60円、 だから今日は180円。 ッ・・・
     
            (なら照明が入るので100円/1h



     レイ、 時間リードこんなものか・・・。
                    
P6080872

     いいトレーニングになった。 4時間で8本くらい登れればと思うがなかなか・・・。


                                                      








2016・5・31(火)ミヤマキリシマは咲いているか?

2016・5・31(火)     いているか


九重連山今年ミヤマキリシマ虫害ないらしい。
 
                      そして例年よりも咲き具合らしい

となれば、今日は5月末。    まずは久住山メインコースいてみよう。


相方は今日もマイナールート(硫黄谷ルート)を選んだが、熊本地震影響が分からない。

       牧ノ戸からのメインルートは影響を受けていないとの事で、こちらに決定。

                           牧ノ戸⇒沓掛山⇒扇が花⇒天狗ヶ城⇒中岳⇒星生山⇒牧ノ戸で歩く

                                    
BlogPaint

さて、今日天気は問題なし。というより望みうる最高の青空

                まずは高速で。(大分インター⇒九重インターまで) 


P5310840P5310845P5310846
途中で由布山大崩が一段とがっている。入山禁止はいつまで続くか
P5310847P5310851P5310854
高速料金1250円ガソリン代のほぼ3倍 

                           どんどん走り、長者原までやってきた。
P5310855P5310858P5310859

当初プランの硫黄谷ルート周辺ピンクまっている。

                            牧ノ戸到着、
所要時間は1時間20分
P5310861P5310868P5310869

準備をしてスタート。途中の四阿屋から見る由布山。 さらにを目指してっていく。
P5310873P5310877P5310880

沓掛の肩から見る阿蘇五岳・涅槃像

    天狗コル崩壊横顔が少し変化している。

               少し進むと沓掛山m。左奥三俣山星生
P5310884P5310887P5310891

さらに足をめて、扇ヶ鼻分岐右折して登り坂

      山の斜面一面ピン・・だが・・・。

               近くでるとのほうがい。

                          扇ヶ鼻全体四分咲きくらいか 

                                            山頂正面
P5310910P5310912P5310921

到着。空は快晴相方んで向こう側の展望に行く。 

                      そのまま行けば岩井川岳・瀬野本高原りる
P5310924P5310925P5310930

さて、ります。向こうに見えるは星生山。 分岐まで戻り、天狗ヶ城へ向かう。

      星生山頂には登山者が見える、あそこは帰路る予定。

            アルペンチックな岩尾根を持つ 岩遊びしめます。
P5310938P5310939P5310942

平坦西千里浜み、星生崎の岩、久住山を見る。 

              今回は久住山カットする。星生崎基部から見上げる岩峰
P5310946P5310950P5310956

さらに避難小屋ぎて北千里浜分岐。 三俣・諏蛾守・坊がツルへの分岐。

久住分れから天狗ヶ城・中岳へとける。     

     左天狗・右中。  右横には空池御池がある。

           天狗目指して、急登をかく。
P5310960P5310965P5310975

                     


さて、位置するのがをたたえる御池はがちがちに凍結して氷上遊びができる。

その右下には水のない空池位置の池にはあり位置の池にはない・・

この謎のため、いろんな言い伝えができている。

大蛇親子鹿、親子猿・・・、いずれも湯坪の猟師弥七の、無益な殺生によるものです。
P5310979P5310980P5310981


  さて急登頑張り、   天狗ヶ城山頂へ。m。    
   
                               次
かうは正面に見える中岳
P5310983P5310985P5310990



               
P5310991P5310992P5310993

P5310997P5310998P5310996

中岳急登頑張ります。山頂近くは岩場で少し歩きにくい。

                   振り返るとから久住・御池・扇ヶ鼻・天狗める。
P5311001P5311002P5311005



中岳到着m。 九州本土最高峰

くに見える平治岳をアップしてみる。山頂部は相当いいをしている。

                             さあ、折り返そう、まだまだ歩ける。
BlogPaintP5311008P5311016

帰りは来た道ではなく、御池の左淵ってみる。ここにもチャンとルートが取られている。

この季節、青空があり、があり、があり、がある。
     
                      久住はやはりいい山

P5311018P5311024P5311028

時間十分ある、飛ばす必要はない。景色しみながらマイペースで・・・・

                   久住分れから、右手前路星生山へまっすぐにかう。
P5311030P5311032P5311033

向こうには星生崎が見えてくる。最後のお楽しみ・岩場遊びっている。

中写真は星生崎岩場からめる相方

   右下写真は星生尾根。このアルペンチックな岩尾根リッジだけをきます。

       当然ながら岩稜尾根左右、ちょっとがれば安全登山路があります。
   
               が・・・、いつの頃からか・・・ここではリッジだけを通っています。
P5311035P5311040BlogPaint

さて、取り付き。あとはいろいろと・・・かんたん場所注意する

でも傾斜はあっても、手&足のホールドはきちんとありますので・・・。
P5311045P5311048P5311050

P5311054P5311060P5311061

                岩尾根終了、あとは歩いて星生山みます。
P5311052P5311068P5311072

山頂到着・m。

                                  今日は最後まで快晴。 

                    帰路につく。右下写真は星生尾根西端池塘扇ヶ鼻
P5311073P5311075P5311081
尾根を下り、メインルート合流。あとは来た道をピストン。 牧ノ戸駐車場まで無事下山。
P5311083P5311085P5311087



下写真は、今日の登山路脇ミヤマキリシマ

ルート全体を見渡して4分咲き。場所を限定すると3分咲きくらい。

十分にきれいです心残りのする今日の久住歩き。 あと3〜4日位すれば・・・。

今日、すれ違った登山者くが(ちょっと早かったか・・・)とつぶやいていた

相方来週にも再登山えでいるらしい。
P5310998P5310997P5310996

P5310995P5310993P5310977


この時期の久住周回登山、天気に恵まれて上々の気分
  
ミヤマキリシマ見頃手前であったが、それでも十分にきれい。まずまずの1日だった。


                                                        

2016・5・30(月) 大洲人工壁に行く。

2016・5・30() 大洲人工壁く。

先週から天気が良くない。  土日が続き、外岩クライミングなし

        そして、今日快晴曜日。  思い立って、大洲ってみよう。  

                   約束はしていない、けど誰かいるだろうとの予測
P5300840P5300841P5300843

予測成立KさんOnさんがいる。

さっそく仲間に入ろうとしたが、二人はすでに3時間も登っていて終了タイムらしい。 

BlogPaintP5300845P5300842

さて、どうしようかと思っていたら、拾う神あり。

    KさんOnさん撤収作業に入っていると、Oさん来る。 二人でロープを組む。

          さて、大洲人工壁には最近新しいルートができている。

                  今日はそのうちの一つ幅広テープってみる。
P5300846BlogPaintP5300849

という事はc〜dという事。   そんなものか・・・

          時間を確認しようとして、時計を見る。  故障か? 狂っている・・・。

          自分たちの終了に合わせたように、また一組ご夫婦の常連さん来る。
P5300850P5300851BlogPaint


さて、大洲体育館にはこの4月から新ボルダ部屋ができている。

 がっ・・  何故かあまり人気がない。今日も1時間ほどだが、一人きりボルダだった。

                      旧ボルダ部屋には、けっこうるのに・・・。
P5300853P5300854P5300869


なのでゆっくり登ったし、思いついて動画ってみた。

  (え〜っと、登れる課題なので・・・、そのつもりで見てください)

 9番課題です。ホールドは薄緑〇。 傾斜下右写真のとおり
        BlogPaint   P5300860

     

次は課題。 ホールドは囲い。 傾斜下右写真のとおり。     
         
BlogPaintP5300865

     
 

     ついでにもう一本っけてみる。 (6級くらい
     


   
ボルダトレーニングのつもりだったが、なんのことやら・・・。

   ぜんぜん練習になっていない。  一人ではなかなかテンションが上がらない。

      (じっと、黙々と打ち込む)というのは、性格的に合っていないようだ。



しかし知人がいればおしゃべり優先で、登らないし、

           他人がいれば、下手なのを見られたくなくて登らないし・・・。




                                                         


2016・5・22 井上アップ&宮前清巌峡

2016・5・22() 井上アップ宮前清巌峡ボーイ


日曜日、本匠く。  

いつもの仲間土曜日に登っているが、用事で行けなかった

                                       今日はDさんが付き合ってくれるので、本匠へ行く。

                                           Dさんはもちろん昨日っている。

 天気はもう十分OKいつも時間出発本匠手前(野津・落谷)で定点写真

P5220839BlogPaintP5220842

魚道駐車場到着Dさんはすでにいる。   

今日のスタート井上で、   しかしアップのみの予定。   気持ち午後からの宮前に。
P5220843P5220844P5220845

そういうことで、ここでは南天だけ

ところで、さんは昨日三四郎・したので、きょうはトレニングモード

     午前中にナメクジラ・10n  三四郎・12a よし登ろう・11a長物を登る。
P5220847P5220846P5220851



さて、そろそろいい時間
    
                がいい時間かといえば移動の時間。

                                        宮前の岩が日陰となる時間。



     移動する。

     狙い通りに正面壁とビレイエリアがに山影ちている。 これで涼しく過ごせる
 
     まずは清巌峡ボーイヌンチャク掛。その後昼食&しばしの休憩。
P5220857P5220858P5220863



さて、清巌峡核心ムーブについて。

以前に宮崎のOさんより(すこしおかしい、もっといいムーブがあるはず)と言われていた。

前回の位置を修正したがまだ不安定

今回は核心手前右アンダー引付強化することでなんとか乗り切れそう
                           結局は核心部で体が岩から離れていた

ところで、動画ですが修正前のムーブで

              そのまま右アンダー引付強化のムーブでまでける。

本来ならですが、編集カット・つなぎ)がびっくりするほどうまくできた

もしできれば、この動画のムーブとなるはず。

ということでっけてみます。

       



      そろそろ撤収の時間、荷物をまとめていたら、Tさんが来た。

      ひとしきりの立ち話遊歩道で登っていたとの事。

      なんと今日は思えば遠くへ来たもんだ・11dできたとの事。


P5220862P5220866


今日の私

          きょうも成果なし、ただし若干の前進あり

           いつの日か、その日がたらんことを。


                                                        








熊本地震 阿蘇・根子岳への影響 (◎_◎;)

熊本地震 阿蘇・根子岳への影響 (◎_◎;)


阿蘇・根子岳縦走過去10回くらい行っているだろう。


根子直下地獄谷紅葉は、ある山の雑誌で、

            九州山岳ベスト5に数えられたほどの見事



これからもまだまだ登りたい山の一つだが、

                今回地震手ひどくけているらしい。



私の山の師匠であるタクシードライバーさん調査山行に行ったので、

                           その内容をおりしてアップしてみる。

                             
                             
                 タクシードライバーさん


いやいや、です。

数年前に台風でヤカタガウド登山路して、

                          登りにくくなっていたのに、

今後、年数ははっきりしないが崩壊は当分くだろうし

                        私の好きなルートが一つ消えた


                     
                                               

2016・5・15(日)遊歩道・宮前は大賑わい

2016・5・15(日) 遊歩道宮前わい

5・15(日)。昨日(土曜日)クライミングの後、
                                     本匠お茶の間サロンにて懇親会&泊

今朝は朝食、することがないのですぐにエリア直行
P5150939P5150940P5150942

遊歩道には残置ヌンチャクいっぱい。一緒に懇親会をした福岡チームのもの。

               さて、ギア準備。 朝8:15分 気温はすでにに達している。
P5150944P5150948P5150950

それぞれ、思い思いのルートでアップを始め、今日クライミングスタートする。
P5150951P5150952P5150953

P5150960P5150964P5150968

いい時間になると次々クライマーがやってくる。 

                      Goさん
Tuさん。 宮崎のYさん、同じくYさん
P5150959BlogPaintP5150969

おっと、先輩Oさんも来た。

ほかにもどんどんやってきて、キャパオーバーになっていく。

                          このとき20人くらいが遊歩道にいた。

      
ただ、状態はあまりよくない。湿っている。

タラチネ最後ムーブ

コルネを抱え込んでのクリップでは浸みだし水滴胸にちてくる。

                                
P5150974BlogPaintBlogPaint

たまらず、エリア変更   ここで井上チームと宮前チームにかれる。

宮前には岩魚道をやりたい宮崎のTさん。

           清巌峡ボーイ
をやりたい

                     二人に付き合ってOさん人。
P5150979P5150983P5150986

本匠の主・Iさん組がのぼっている。

               正面だけではなくサイドのでもっている。


ここにもクライマーぞくぞく到着。

     臼杵のNさんもやってくる。 

           祖母のKさんも山を降りてきた。

                   ほかにもクライマーがやってくる。

                        ここもキャパギリギリの人数となる。
 
 
P5150984P5150993P5150990

当然、私は清巌峡度ほど取り付くも核心落ち。   

ムーブを確認してみるとの位置が2回とも方向に間違っていた。

ために出っ尻となりから離れてちていた。

原因が分かった段階で今日は終了。
P5150987P5150996P5150999


これからの宮前エリアは午前中くなる一方、午後なら早くから日陰となる。

ここ課題を持つクライマー二人ほどつけた。  少し楽しみ


                                                      




















記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ