2013年アイスクライミング オン阿蘇

フリークライミングレベル上げたくて、アイスは中止その分フリーに入れようと思っていたが、この季節やはりアイスクライミングをやらずしてどうするか

といっても、自分レベルではもっぱら楽しむアイスで、頑張るアイスではない
(突っ込んで事故る・・)、それは絶対にしないし、残念だが突っ込む腕も勇気もない。

今回はYさんと一緒に、福岡タクシードライバーチームさん合流する。

さて、当日1月6日、朝6:15分自宅出発、大分市某所にてYさんと落ち合う。
           7:04夜明けが来る。    今日天気素晴らしい
     阿蘇・高岳が見えてきた。 ヤヤッ・・、雪が少ない・・・、アイスはどうなる・・・・・
001004006
集合場所『かんぽの宿・阿蘇』に到着、8:00分。ほどなく全員集合
今日メンバー
TDさん・相棒さん・凧さん ・チャレンジャーYさん・M浦さん・Yさん・私の7人。 
主 I原さんはお見送りだけ。   

TDさんから新聞切り抜きを見せてもらった。
宮崎県比叡の暴走老人 三沢澄夫さん紹介記事。御年なんと73歳・・・
う〜ん、私はまだ頑張れる、いや、まだまだ頑張らねば・・・。

007008009
かんぽの宿から仙酔峡ロープウェイ駅へ移動。準備をして出発9:30分。気温ー4℃
013015017
今日目指すは・・・。まだ(シークレットプレイス)の場所
最初の滝
は氷が小さくパス。どんどん沢を登ります。
この谷はガレ場が非常になく、凍った沢を歩くので、相当です
018020022
まず、この氷からクライミングスタート。動画をどうぞ。
024

029032033

           
ったを歩きながら、登れる滝どんどん出て来ます。
040041
いくつかの、適当なを登りながら、いよいよクライマックスメインステージに来ました。
くからの写真アップでもう1枚。う〜ん、が少しさいか
                       ラストファイトの前に昼食を、11:51分
053051054
昼食休憩場所から見る阿蘇外輪山九重連山、そのアップ展望抜群です。                 
055056060
最後の大滝です。
ここでは、いったん上部から懸垂下降下部へ降り、トップロープでアイスクライミング
垂直アルバイトです。ビレイ&懸垂のポイントは主 I原さんがしっかりとセットしています。
BlogPaint067064

動画は懸垂下降クライミング最終部分。右の写真は下から見たアイスウォール。
                              90度ですオオーw(*゚o゚*)w  。  
 063
全員、アイスをしんで終了
061071

ここで、感想::
最後の大滝部分日中日影であり、そのためく引き締まり、普通の前爪アイゼン(前が2本出っ歯)では氷に刺さらない何度蹴っても刺さらない。アイス専用のモノポイントアイゼンしいところ。 でも私は持っていなので足がなかなか決まらずに苦労した。 
しかしトップロープがセットできるので、クライミング自体は安心してできる。
アイスクライミングバイルといい、アイゼンといい技術力ではなく、高価なギアを購入できる人がうまいのかな?

この谷は去年まで行っていた赤谷歩きやすく傾斜もきつくない
アプローチが非常にで、簡単にアイスクライミングを楽しめるエリアです。

さあ、帰ります。来たルートをピストン途中からは登山路へでます。
074079075
振返れば虎ヶ峰からジャンダルム、北壁、鷲ヶ峰一望
       暖かくなったら北壁にも登りたいもの。     事故なく駐車場へカンバック。
082083085
装備を解いて、お風呂は飛ばして大分まで直帰
086087

今日の谷はシークレットポイントとしておきます。自分たちが見つけた場所ではないので・・・。
谷の入り口はすぐにわかるでしょう。しかし途中の分岐や横移動があります。
単純に谷を詰めるだけでは最後の大滝にはたどり着きません。

今シーズン、このアイスエリアには又くるでしょう!   来たくなる場所です。
                                             ここまで。

          さて、10日は本匠クライミングの予定、楽しみだ(*゚▽゚*)