ヒデピの山録記

ブログでは、アドベンチャーレース(トレイルランニング・マウンテンバイク・ラフティング・カヤック・登山・ボルダリングなど)に関する練習・大会といった活動内容や日常のどうしようもないことを記録しています。 ●所属チーム ○ CroーMagnons(クロマニオンズ) ○ Real Discovery(リアル ディスカバリー) ○ だめーず ★ 下記でもつぶやいています。 Twitter名は 「hidepi」です。 facebook名は 「佐藤 秀希」です。

金剛山MTBライド 

2/25(土) 金剛山でMTBライドしてきました。

雪ライド&標高約1000mUPと聞いていたので、非常に楽しみなライドでした。
当日は、残念ながら雨でした。

週末前が、暖かかった為か金剛山登山口までは雪はなく快適に走ることが出来ました。
登山口から山頂までは、急激な斜度の舗装路を走ります。

ギアがインナーローに入らなかったことも、あるのですが。
心臓がはちきれんばかりに、心拍数が上がりました。
いつの日か、完登してやる!

山頂付近に行くと、さすがに雪(氷)になっていました。
この日の雨と合わさって、滑ることこの上ない!危ない。登れない(笑)。
96c04e68.jpg
*立ち止まっても、すべる氷路面・落ち葉を踏みながらなんとかクリア。

山頂に着くと、カマクラがありました。
8a8af219.jpg
*結構でかい。

寒いので、そそくさと山小屋へ!
そこで、目にしたのは。
de9b8b57.jpg
*なんと、1リットルのビール缶!!!
ってか、久々に見たよ。350缶が異様に小さく見える(笑)。
金剛山茶屋のファンになりました。
夏には、泊りで飲みに行きたいな〜。

驚きは、それだけでなく。
4037692b.jpg
*これぞ、金剛山開けなり!
カップラーメンをこんな開け方する店があるなんて、知らなかった。
確かに、開ける手間は省けるだろけど。
ちなみに、アルバイトの女子高生らしい女の子も迷わずやってたよ(笑)。

0155ea7b.jpg
*僕は、きつねうどんを頂きました。
あっさり、御出汁で美味しかったです!
あ〜、ビール飲みたい。。。

金剛山の茶屋をあとにしてからは。
お待ちかねの、ダウンヒル(ちょいちょい、登り返しもありますが)。
「MTBの総合力を試される」
と、言われていた通り。
階段・沢沿い・細尾根・岩場・つづら折れ・林道など。
あらゆる、シュチュエーションを味わえる下りでした。

いや〜、楽しかった〜。
しっかり、足にも疲労感があるし、技術練習にもなったし。
非常に楽しめました。

また、来ようっと。



ARJSに向けての練習

ARJS長良川大会に向けて練習をしました。

メンバーは。
スタンドアップパドルと、沢登が大好きな板さん。
MTBとトレランが大好きな、なづきちゃん。

ドタバタな3人が集まり、予想通りドタバタな練習会となりました(笑)。
練習内容は。
MTB&トレラン&地図読み
コースは、北勢ミニラリーのコースと大岳山までのトレラン。

雪中MTBライドも楽しめました。
雪中だったので、地図読みのレベルも上がり楽しかったです。

トレランは、時間の関係でショートになりましたが山頂は景色が良く良かったです。

練習中も、コンパス捜索や車の鍵捜索・忘れ物など。
このチームらしい、ハプニングオンパレードで楽しめました。

さて。
このチームで、どんなレースになるか。
今から楽しみだな〜♪

レースを思いっきり楽しむためにも、練習頑張んないと!!eb1e68ad.jpg1b7ff4e9.jpg続きを読む

新つるつるラリー 2012年

2012年 とれとれ 第2弾。
新つるつるラリーに参戦してきました。

結果
22人中 1位(EX!!!)
★ ホームページ
http://ridemtb.exblog.jp/14278906/
結果はK1roさんのホームページから参照。
http://k1ros.web.fc2.com/120122turu/120122.htm


感想
まぐれですが、EXを取れてすごく嬉しかったです。

なぜ、こんなことになっつたのか?
それは、僕しか道を間違えなかったことと、雪ですね。
いや〜、なんだか恥ずかしい。

問題は、CP1で起こりました。
スタートして、まずはロードで標高を稼ぎます。
本来なら、30分ぐらいの道のりだと思うのですが。
雪が積もったロードを担ぎ(僕は乗れるところは乗りました)登ったので、倍以上の時間がかかったと思います。

その後、QP1を取りに行くのですが。
ここで、先頭メンバーが別のピークに向かい突き進んでいく。
僕も、少し行きかけたのですがすぐに間違いだと気がつき、QP1を取って問題の場所へ。

問題は。
PC1へ向かう途中の分岐で起こりました。(まさに運命の分かれ道)
この分岐は、東西南北に尾根が出ていて。
本ルートは、「南東」方面の尾根でした。
しかし、僕は東の尾根(金毘羅神社方面)の尾根を下ってしまったのです。
なぜ。
下ったかと言うと。
「日向和田駅」方面と分岐の看板に書いてあって、「CP1は和田町だったな〜。」と、言う記憶だけで下ってしまいました。
途中で、どうも傾斜がきつすぎると思い現在地確認をすると。
「んっ!!!東に向かっている。南東じゃないといけないのに。」
「完全に金毘羅神社方面だ。」
と、間違いに気がつきました。

しかし、担ぎあげで戻るには歩いてきたルートはきついし、本ルートもトレイルが多いので、今日の雪コンディションならどの道時間がかかるだろうから「ペナルティー30分」なら、安いものと思い迷いなく下りました。

案の定、僕の下った金毘羅神社方面は雪もなく、それほど問題なく下れました。

しかし、CP1についてみると。
「僕以外誰も来ない」とのこと・・・。
スタッフの皆さんも心配そうな顔をしていました。

補給して、CP2に向かいました。
最後に結果はどうなろうと、トップを走るのは気持ちがいいもんですね。
途中の林道では、誰も走っていない雪道をサクサクとタイヤが雪を噛む音と里山の音を楽しみながら走りました。

竹が大雪で、道をふさいでいたので。
QP3・QP4・QP2と変形ルートで走りました。
これは、減点にはならないルートです。

QP2に行ったときに。
僕以外の足跡がなく、「もしかして・・・」
と、いう気持ちになりました。

少しそわそわしながら、CP2に行くと。
水竹さんが、温かいお汁粉を作って待っていてくれました。

そこで。
「ヒデピ以外、ELにかかったんだよ。EXおめでとう〜!」と、言われました。
「おっ!」
「まじっすか〜〜〜!」
嬉しかったな。
何にしても、とれとれで1位を取るのはミニと言っても大変ですからね。

結果的には。
CP1までの道のりが、予想通り「雪」で路面が悪く歩行が困難だったようです。
そのおかげで、先頭集団でさえELに間に合わなかったみたいです。

僕の為に、CP2で待っていた水竹さんとゆっくり話して、その後はツーリング気分で回りました。

最後は、ピークの数が分からずQPを探すのに戸惑いましたが。
なんとか、無事にゴール。

こうして、僕の初めての1位(EX)が生まれました。

しかも、感想者は僕だけです(笑)。

レース後、ハッシーさんと仕事場(IFF設営)で話しましたが。
ハッシーさんのへこみぶりが面白かったです(笑)。

つるつるラリーは。
3〜4年ぐらい前に参加して、一緒に出たメンバーでほぼワーストをキープした覚えがあります。
そのときは、地図も読めずに誰かについて行くだけでした。
今回、分岐を間違いはしましたが。
自分の力で、なんとか読図をして走ることは出来るようになってきたように思います。

とは、言っても。
まだまだ、先輩方の後ろ姿はほど遠く。
精進あるのみ。

スタッフの皆さん。
楽しませていただきました、ありがとうございます。





北摂ラリー 2012年

2012年は、とれとればいくから始まりました。

まずは、「北摂ラリー」!

結果27人中15位(完走)
距離 1日目 約70〜80キロ / 2日目 約30キロ
★ ホームページ
http://toretore.web.fc2.com/hokusetu/2012/hokusetu2012.html

感想
正直、自分の「今」の体力と読図力を思い知らされた。
具体的には。
〇 MTBの担ぎが遅い。
これは、トレーニング(山遊び)が不足していたのと、普通にコースもきつかった。
本気で、カーボンハードレイルに変えようかと思った。

〇 現在地把握が不安定(遅い)。
理由としては。
● 「ピーク」の数を確認出来ていない。
● 林道のカーブの数を確認出来ていない。
特に現在地を確認しやすい、この2点を確認出来ていなことで現在地確認が不安定になっていると思う。
*先輩たちは、この辺は完璧だもんな〜。

コースは、北摂エリアの主要部分をふんだんに使った?コース。
初日は。
奥猪名健康の郷から、延々と野山を駆け巡り、宝塚方面まで下ってくる修行コース。
先輩方も、久しぶりに厳しい内容のコースだったみたい。
EL(途中関門時間)が30分伸びたのでギリギリ関門突破。
*EL忘れていたので、ラッキーでした(汗)。

結局、スタートから10時間ほどかけて、19時ぐらいにゴールに到着。
最後の方は、松宮さんとほとんど行動を共にしてました。
心強かったです。
ありがとうございました〜。
きつかったけど、ものすごい達成感!!!

この達成感は、ミニでは味わえないな〜。
やっぱり、出て良かった。

2日目は。
待ってました。
雪山ライド!
これは、楽しすぎるでしょう。

終始、笑顔・笑顔・笑顔でした。
ラストスパートのヒルクライムでは、明らかに先輩たちの足についていけませんでした。
これは、明らかな練習不足。。。。
ローラー台の購入を決心しました。・・・来年こそは食らいつくぞ!

レース前に購入した。
「シールスキン ソックス」はかなり調子良かったです。
使用する際は、中に薄いソックスを履くと快適性がUPしますね。

宿に帰ってからは。
「絶品 かつ丼」
疲れた体に、ガツン!と効きました〜。
うまかった〜。

そのあと。
東京組みの皆さんと、お好み焼きを食べに行きました。
まなじ〜さんと、みつまたさん達といろいろ話が出来て楽しかったな。

来年は、北摂ラリー20周年記念大会。
これは、いったいどんなことになるんだろう?
やばいぞ、きっとやばいぞ。
楽しみだな〜。

もっと、力をつけて来年も楽しむぞ〜!

最後に。
教祖を始め、スタッフの皆さん
ありがとうございました。
思いっきり楽しませていただきました。

MTB練習(天宝山)

12/18(日)

今日は、天宝山にてMTBツーリング(練習)。
朝、川口隊長を共に車にて天宝山を目指します。

支度をして、出発。
お寺まで、ロードで標高をあげてから、いよいよトレイル!

下り始めは、急斜面&岩が多いエリア。
2週間ぶりにMTBに乗ったからか、「MTBモード」になっていない。

結構、怖かった〜(汗)。

しかし、一緒に参加している女性メンバーはすんなり下っていく・・・(驚)。
悔しいので、頑張ってついて行く。

1本下って、サントリー工場に行き。
いよいよ天宝山へ。

走ってみると、小刻みなアップダウンの気持ちいい。
心拍アゲアゲのテクニカルコースが、続きます。

いよいよ、「MTBモード」になってきましたよ〜!

そんな、小刻みなトレイルを走りピークまで行くと。
今度は、「フリフリダウンヒル!!!」

これは、楽しい。
楽しすぎる〜〜〜!

今回は、これで終了でしたが。
まだまだ、トレイルは続いてそうなので次回はロングで走ってみたいな。

竹やぶなので、夏場は蚊が異常に多いようだから、冬〜春にかけてしっかり走りにいこっと。

それにしても、関西のトレイルは走れるエリアが多彩で楽しい。

たまらんね。

トレラン練習 12月17日

今日の練習は。

芦屋川〜六甲山〜宝塚温泉。
約20キロ程度。
約11時スタート
約14時ゴール

X-アドベンチャーから、走ってなかったので。
実に久しぶりのランでした。

身体は、固く動きが鈍かった。
練習不足が否めなかったです。

練習後は。
宝塚温泉
定食屋 花月(ビール&きつねうどん)
おそらく、宝塚劇団員も良く来るのでしょう。
サインが一杯でした。
うどんも、うまかった〜♪
明日は、京都方面でMTB練習。
行ったことない、トレイルだから楽しみだな〜♪

SALOMON X-adventure2011の反省

SALOMON X-adventure2011の反省
*ホームページ
http://www.x-adventure.jp/

なんだかんだで、日記を書くのが遅れてしまった。
思えば、2週間ほど前のレースなのにずいぶん昔のことのように思える。

結果から言うと。
僕のチームCro-magnonsは、「リタイヤ」となりました。

CP24にて、どうしてもCPが見つからず。
メンバーの疲労&翌日のコースを楽しむ為に、リタイヤを選びました。

CP24は、地図(地形)とCPのポイントが間違っている&−5度を下回る状況の中。
6時間ほど探したのですが、見つかりませんでした。

ちなみに。
6時間も探したのも、リタイヤを選択したのも理由があります。
主催者から、「オリエンテーリングのCPは1つでも取れないと失格」と言われていたからです。
もし、そうでなければ。
早々にスキップしていたのに。。。
もしくは、次のセクションまで徒歩で移動したのに。。。

そんなわけで、なんとも残念ながらこのような結果となってしまいました。

かなり悔しさが残りますね。


しかし。
レースとしては、非常に面白かったな〜!

〇 ラフティングを自分たちで操船すること。
〇 冬の澄んだ星空。
〇 凍てついたアスファルト。(危ないけどね)
〇 朝焼け&夕焼け。
〇 トランジットの美味しい食事(えっちゃん・フォフさん、ありがとう!)
〇 メンバーとのやりとり。
〇 悩まされた地図読み(地形)

本当に、楽しかった。
個人的には、体調が良かったのか、まだまだ走りたいと思えるぐらい体力は残っていた。
レースの環境がきつくなればなるほど、トランジットでまつメンバーとご飯が一段と温かく感じた。

最後に。
一緒に走ってくれた。
K4さん・ネモッチ・オオコバちゃん

サポートの。
フォフさん・えっちゃん

応援の。
佐久間君

そして。
大会を運営して頂いた方々。

本当に、ありがとうございました。
悔しさは残るけど、最高の3日間でした。

これから、2年修行して必ずやリベンジさせて頂きます。


SALOMON X-adventure 2011

いよいよ明後日に、今年日本で最大のアドベンチャーレース。
「SALOMON X-adventure 2011」が、迫ってきました。
★ ホームページ
http://www.x-adventure.jp/2011minakami/


〇 開催は。
2011年 11月25〜27日 群馬県みなかみ町
〇 送距離。
約200キロ。
〇 種目。
ナビゲーション・トレイルランニング・MTB・ラフティング・懸垂下降
〇 参加チーム
11チーム
〇 メンバー
剣士さん・ねもっち・おおこばちゃん・僕(選手)
フォフさん・佐久間君(アシスタント)+えっちゃん(応援)

今年は、-3度以下の雪降る水上で熱く戦ってきます。
さてさて、どんなレースになるんだろう?

わくわくして来た!

東海・関西アウトドアミーティング

11月12・13日に「東海・関西アウトドアミーティング」に参加してきました。

ホームページ
http://toretore.web.fc2.com/ARC/ARC2011A.html

今回は、川口隊長の企画「東海・関西アウトドアミーティング」に参加してきました。

どんな感じだったかは、ホームページからの方が分かりやすいかな?

関西の濃い〜方々と、いろいろと話せる機会が出来て非常に楽しかったです。
また、「ナイトオリエンテーリング」や「ミニアドベンチャー」「懸垂下降練習」などイベントも盛りだくさんで、良かったです。

宿舎では、日本酒の一升瓶を片手に振る舞い酒をさせて頂きました。
僕が買ったのは、滋賀県を代表する銘酒「七本槍」。

〇七本槍
http://www.7yari.co.jp/

後で調べたら、なんとも歴史を感じさせてくれる銘柄ですね。
味も、中辛でとても美味しかったです。

しかし、気が付いたら。
毛布がかけられていた・・・。
いつ、撃沈したんだろう・・・・・・(汗)。

今回は、滋賀県長浜市でMTBを乗りましたが。
ここの、トレイルはヤバいっすね!

舗装路をヒルクライムしてからの、どこまでも続く、気持のよいつづら折れのトレイル。
天然の「ふりふりダウンヒル」でした〜!

走り終わった後、のどかな田舎町をのんびり走ってると。
「菊水飴本舗」があります。
http://www.mapple.net/spots/G02500044904.htm

素朴な味わいで、疲れを癒してくれました。
もちろん、嫁のおみやげとして購入。

東京から、みんなが遊びに来たらぜひ連れて行きたいトレイルの一つとなりました。


とれとればいく「北摂ミニラリー」参戦。

11月6日(日) とれとればいく「北摂ミニラリー」に参加して行きました。

〇 ホームページ
http://toretore.web.fc2.com/hokusetumini/2011/hokusetumini2011.html

とれとればいくに参加するのは、3年ぐらい前の「つるつるラリー」以来です。
あの時は、マップアウトするし・現在地が分からなくなるし、、、ってか、ビリだったような気が・・・(汗)。
散々だったな〜。

今回のコースは、とれとれの教祖様が作ってくれたコース。
北摂エリアでは、定番のコースらしい。

北摂は、初めて走ったけど。
登山者は少なく、トレイルもきれい。
適度なアップダウンがありテクニカル。
なんとなく、青梅のトレイルに似ている感じでした。

レース中は、1〜3位集団で走っていましたが。
大事なところで、分岐を間違うなどのミスが目立ちました。

地図を見ながら、マップと自分の場所のリンクがまだうまくできていない。
地図を見ながら、MTBに乗る経験がまだまだ不足していた。

ただ、現在地を見失わないようになったので、リカバリーは速くなったと思う。

しかし。
まだまだ、だな〜。

そして。
とれとれは、面白いな〜。

クロモリフレームが尚更欲しくなってきた。

結果
2位(19人中)



プロフィール

ヒデピ

livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ