タナトスのホビー万歳

毎週水曜日、土曜日の午後10時に更新!最近はサバゲーネタオンリーです!

皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

今回は新たな銃を紹介したいと思います。

では早速、今回はこちらだ!
IMG_7227

ご存知メジャーピストルファミリー、グロック家のちびっ子君です。
この19は17を小型化したモデルで非常に携帯性が高いコンパクトピストルです。
各国法的機関は勿論、デルタフォースなどの特殊部隊でも採用されているという銃です。
(デルタフォースは米国政府からはそんな部隊存在しねーしと発表されている非公式部隊です。ただあくまで形式的、公式的な物の様で装備などは写真や他チームの方の話などで確認されているようです)

サイズなどは公式ページにて参照下さい。

で肝心のどれくらいコンパクトかと言うと‥
FullSizeRender
ちっちゃ!

右は17より約15mm小型の18です。
残念ながら私は17を持っていないので18と比較致しました。

FullSizeRender
全長もさる事ながら顕著なのがグリップ部。
18は17と同身長ですので如何に小型かお分かり頂けると思います。
最初持ちにくいかなと思っていましたが慣れてくるとそれほど気になりません。

IMG_7230
表面処理にも違いがありスライド部は18でも細かなシボ加工で艶消し表現がされていましたが19ではよりザラつきのあるシボ加工が施され以前のモデルより劣化によるテカリを抑える能力が上がっているように感じます。
画像では分かりづらいですが触ると明らかに違う感触です。

FullSizeRender
まんま17を小型化した19。
まさしくコンパクトピストルです。
携帯性に優れている反面、全長が短くなっていますので射撃難度は上がっています。

IMG_7241
また個人的な意見ですがリアサイトがグロック共通の凹型のサイトの為、これも相まって狙いづらいと言うのが正直な所。

私の腕でもこのサイト越しに狙って数発練習すれば15m程先の10cmターゲットに当てられる様になりましたので練習すれば直ぐに気にならなくなると思いますが‥出来れば17と同様に通常のドット型を付属して欲しかったです‥

ただ私の場合アサルトライフルを使用し弾切れの際や至近距離での使用に限定しておりそもそも遠距離への攻撃には使用しませんので気にならないと言うのも本音です。

IMG_7238
IMG_7239
IMG_7240
グロック特有の可能な限り無駄を切り捨てた様な工業生産品を連想させるシンプルなデザインと高い携帯性を持つ19。
その信頼性の高さから特殊部隊などは勿論様々な組織でも使用されていますのでサバゲーでも非常に人気の高い銃になります。
それ故にサードパーティーからのカスタムパーツも豊富で事実、私の周りは現在ほぼグロック祭りになっており個人個人で様々なカスタムを施し楽しんでいます。

この19は現在マルイさんから発売されているグロックシリーズの中で最も最新の内部機構を搭載していますので小さいながらも非常にパワフルに動いてくれます。

注意点としては正に私や友人達の個体がそうでしたが箱出しの状態だとゲームで使えないレベルの異常なホップが掛かっている事が確認されていますので始めてゲームで使う方は必ず弾道の確認、調整をして下さい。
またフロントサイトも裏からネジで固定する構造上曲がっている事があります。
こちらも必ず確認して下さい。

FullSizeRender
知名度的にもエアガンとしても非常に面白い本アイテム。
まだグロックシリーズをお持ちでない方は勿論、他のグロックをお持ちの方もこの機会に是非、最新のコンパクトエアガンを検討してみて下さい。

それでは良いサバゲーライフを。

     パソコン買うならDELL公式ストアで 
DELLでは定期的にお得なキャンペーンを実施
小まめなチェックが身を結ぶ!


プレバンしか手に入らない限定アイテムが
盛りだくさん!
購入は正規金額で販売されている
公式サイトから!

紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓

皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

暖かくなってきましたねー。
ガスガンが元気に動く季節まであと少しです。
ガスガンの季節とか言いながらも今回は以前紹介した次世代電動ガンhk416の周辺パーツを紹介したいと思います。

物はこちら!
IMG_7188

金属製の純正マガジンとは対照的な樹脂製のマガジンでマグプル社のEMAG風デザインの物になります。
それもそのはず販売元のPTS社は現在は独立していますが元はマグプル社のエアソフト部門の会社です。(合ってるはず!)
ただマグプルとのライセンスが終了している為デザインはPTS独自のオリジナルとなっています。
IMG_7160
重量は191g

FullSizeRender
サイズは約19cm

材質はポリマー樹脂。
かなりしっかりと肉厚な為、樹脂特有のペコペコ感は一切ありません。
全体はワッフル状の突起があるp-magとは対照的にシンプルなデザイン。

IMG_7163
表面はシボ加工状のザラつきのある処理が施されており使用によってテカリが出るのを可能な限り抑えてくれています。


IMG_7168
上部にはPTSのロゴとトレーニング専用の注意書き。

IMG_7170
BB弾フォロワーはオレンジ色で一目で空マグか分かります。

IMG_7166
FullSizeRender
下部にはp-mag系特有の残弾覗き穴。
ダミーのカートリッジが良いアクセントになっています。
ただしこちらのダミーは一枚の金属板になりますので多少リアル感に欠けます。
なので私は窪みの部分を塗装し隙間ぽく見えるようにしています。
画像は塗装してある物になります。

IMG_7165
前後には窪みと全体の処理よりもさらに強めの処理が施されており非常に掴みやすくなっています。

IMG_7171
IMG_7172
IMG_7184
下面部にはマグポッド。
底面にラバー製の滑り止めが付いておりバイポッドと同じ様な使い方が出来ます。
ただ個人的にはマガジン部、内部精密部に下からの強い力が掛かり続ける様な事はあまりオススメしません。
実銃ならともかくオモチャの銃ではそこまで高い耐久性はありませんので。

IMG_7189
このマグポッド、銃を安定させるという以外にも左右に出っ張りがある為ポーチから引き抜く際非常に持ちやすくなっています。

IMG_7181
IMG_7180
また前面のマウント左右には窪みがありこちらに指を引っ掛ける事でより確実な抜き差しが出来ます。

IMG_7185
IMG_7186
マグポッドを外し底面のビスを緩めてカバーを外すと内部下にはリアルカウントへの切り替えスイッチ。
細いので少し不安な感じはありますがしっかりと動作します。
リアルカウントで30発、通常で120発になります。
画像はリアルカウント。

FullSizeRender
樹脂製の為、金属製の純正マグとは明らかに違うイメージを与える事が出来る本アイテム。
樹脂製マガジンは公式かは分かりかねますが民間だけでなく軍でも使用されている写真が確認されています。

民間シューター系のカスタムを施されている方は勿論、特殊部隊系の装備の方も樹脂製でかつサイドから見えるカートリッジが通常品とは違うインパクトを与える本アイテムを検討されてみてはいかがでしょうか。

現在次世代用では他にサイドの穴がないp-magタイプも販売されています。
カラーリングもBKの他にTANも存在しますので是非検討してみて下さい。
またスタンダード電動ガン用も存在しますので次世代をお持ちでない方もチェックしてみてください。

それでは良いサバゲーライフを。

     パソコン買うならDELL公式ストアで 
DELLでは定期的にお得なキャンペーンを実施
小まめなチェックが身を結ぶ!


プレバンしか手に入らない限定アイテムが
盛りだくさん!
購入は正規金額で販売されている
公式サイトから!

紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓

楽天市場での同アイテム、類似タイプアイテムへのリンクはこちら↓

PTS Enhanced ポリマー マガジン with Magpod for次世代 BK

価格:3,300円
(2019/4/3 22:31時点)
感想(0件)

PTS EPM(EnhancedPolymerMagazine) 次世代M4用 120連 ダークアース DE 東京マルイ 次世代電動ガンM4系対応 ノーマルマガジン ノマグ スプリング式 ポリマー製 P-MAG E-MAG ev-420480 1107gn 1107pn

価格:3,980円
(2019/4/3 22:20時点)
感想(0件)


PTS 東京マルイ 次世代対応 EPM 120Rds マガジン ブラック◆スプリング式 エンハンスドポリマーマガジン M4A1

価格:3,280円
(2019/4/3 22:27時点)
感想(1件)

皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

訳あって長い間、更新が出来ませんでした。
申し訳ない!

久し振りの更新ではございますが相変わらず小粒です。
面目ありません!

というわけで今回はこちらでございます。
IMG_7101

特殊部隊御用達のIR(赤外線)スティックですね。
本アイテムはレプリカの為一切の実機能はありません。
以前は100均で購入していたサイリウムを使用していたのですがより装備をリアルにしたいと思いこちらを購入いたしました。

友人からも突っ込まれましたし‥

オタ芸やるんじゃねぇんだからその安っぽいサイリウムやめろや!って

確かに本物と比べると流石に安物感が半端ない‥
しかし本物は地味に良い値段がする!
という事でIRタイプのダミーであればそれなりに見栄えが良いよと教わったのでこちらを選びました。

4本セットでの販売になります。

IMG_7098
重量10g

IMG_7099
大きさは約16cm

IMG_7105
材質は樹脂。
質感はプラ特有のツルッとした感じではなくザラッとした感触で良い感じです。

IMG_7102
上部にはパラコード等を通す為のフック。
4本まとめて腰などにぶら下げたりも出来ます。

IMG_7104
中身は完全に空洞です。
ただ中を覗くような事はそうそうありませんので特に気にはならないと思います。

IMG_7106
下部には出っ張りがありますので逆さにしてMOLLEなどに差し込めばしっかりと保持出来ます。

実物は一本あたり1000円近くしますので数を揃えると結構な値段になっちゃいます。
しかし本アイテムは4本セットで1500円程度ですので本物にこだわらなければこちらで充分に感じます。
何より中身が入っていませんので万が一被弾しても発光液が飛び出て装備を汚す事もありません。
本物の軍隊でもありませんのでゲーム中に光らしても特に意味がありませんしね。

またナイトビジョン使用可のナイトゲームであってもゲームの公平性を測る為、こちらが装備しているアイテムは基本相手チームも同レベルの装備を持っている事がほとんどです。

その上敵味方識別を行う場合には運営さんが用意した発光マーカーを使用する事が殆どですし個別に光らす場合も電池式のマーカーを使います。
リアル性を追求するのなら実物、精神的な事も踏まえるなら当アイテムで充分です。

飛び出たら結構面倒なんですよね‥特に赤系は‥

IMG_7107
特殊部隊は勿論、一般部隊でも付けている当アイテム。
MOLLEの余っている部分などに取り付ければ装備の説得力を増すことが出来ますので是非検討してみて下さい。

それでは良いサバゲーライフを。

     パソコン買うならDELL公式ストアで 
DELLでは定期的にお得なキャンペーンを実施
小まめなチェックが身を結ぶ!


プレバンしか手に入らない限定アイテムが
盛りだくさん!
購入は正規金額で販売されている
公式サイトから!


紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓


皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

今回はハンドガンをコンパクトかつカッコよく飾れる台を紹介したいと思います。

物はこちら!

IMG_6976

IMG_6983
重量は1031g

IMG_6979
IMG_6978
材質は木材とラバー材です。
表面処理はオイルワックス等によるヴィンテージ風でかなり良い質感です。

IMG_6984
銃が接触する部分の一部にはラバー材を使用。
滑り止め効果は抜群です。

IMG_6985
角処理も綺麗にされておりササクレなども一切ありません。

IMG_6990
IMG_6991
収納数は5丁。
非常に安定して飾る事が出来ます。
グリップ下部が丸みを帯びているパイソンなどでもしっかりセットすればグラつきは一切ありません。

IMG_6980
壁面中央には製造メーカーさんのWOOD WORKSのロゴ。
焼印でしょうか。綺麗に刻印されています。

IMG_6992
裏面には特に滑り止めなどはなし。
気になる方は市販の滑り止めなどを貼り付けても良いと思います。

FullSizeRender
非常に美しく丁寧に仕上げられている本アイテム。
落ち着いたミディアムブラウンのカラーが銃のハードさとマッチして高級感を演出してくれます。
銃関係はその形状から保管する際かさばったり不安定になったりする事が多い為、本アイテムの様な物があればかなり重宝します。

機能性もデザイン性も優れた本アイテムはハンドガンを複数所持されている方は勿論、
カスタマイズを施したお気に入りの銃を飾るのにも打って付けのスタンドですので保管方法にお困りの方はこの機会にぜひ検討してみてください。

当アイテム以外にもライフルスタンドなどシリーズにて展開をされていますのでそちらもチェックしてみて下さい。

それでは良いサバゲーライフを。

     パソコン買うならDELL公式ストアで 
DELLでは定期的にお得なキャンペーンを実施
小まめなチェックが身を結ぶ!


プレバンしか手に入らない限定アイテムが
盛りだくさん!
購入は正規金額で販売されている
公式サイトから!

紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓


シリーズアイテムはこちら↓
   

皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

今回も前回に引き続きhk416関連の周辺パーツです。

物はこちら
IMG_6904

従来の逆ネジ仕様にて締め込むタイプではなくレバー操作にて簡単に脱着出来ます。

IMG_6902
IMG_6903
材質は金属製。
サイレンサー部はセラコート塗装が施されており質感は非常に良いです。
画像では照明の関係上ゴールドに見えますがレバー操作部も低価格のレプリカによくあるゴールド色ではありません。
hk416のハンドガード部よりも若干明るく艶がありますが綺麗なtan色にて再現されています。

IMG_6890
重量は257g

IMG_6888
長さは約15.7cm

IMG_6891
前方部には文字にてSUREFIRE等の刻印が入っています。

IMG_6892
後方部にはレバー。
押した状態で基部を一回転させると簡単に着脱出来ます。

IMG_6893
IMG_6894
フラッシュハイダーは専用の物がセットで付いています。
若干鉄色掛かった色合いですが許容範囲と思います。
必要であれば金属用の染色剤などを使っても良いでしょう。
固定は逆ネジと芋ネジによるガッチリ固定。
芋ネジはかなり小さなタイプですので紛失には注意が必要です。

IMG_6896
ハイダーには突起がありここに合わしてサイレンサーを差し込みます。
最初少し手間取りますが慣れると逆ネジタイプより圧倒的に手軽で素早く着脱出来ます。

このお陰でゲーム中でも簡単に外せるので現場環境にもすぐに対応出来ます。
何より銃本体のネジの摩耗を最小限に出来ますので精神面でもかなり安心出来ます。

IMG_6900
内部には一応ウレタンスポンジが入っていますが消音効果は一切ありません。
ただトイガンでは銃口からの発射音よりもモーターの稼働音などの方が大きいですのでさして問題ないと思います。


IMG_6901
通常のサイレンサーよりも少し値段は張りますが高い実用性と品質の為、値段以上の価値がある本アイテム。

またドレスアップとしても優秀ですので是非一本欲しいアイテムです。

特殊部隊装備では必須のアイテムであるサイレンサー。
サイレンサーをお持ちの方は勿論、別タイプをお持ちの方も是非検討してみて下さい。

それでは良いサバゲーライフを。


紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓

皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

今回はホロサイトを紹介したいと思います。

物はこちら!
IMG_6820

ホロサイトではお馴染みのタイプですね。

IMG_6805
重量は電池を入れて273g

IMG_6819
使用電池はCR123

FullSizeRender
前部には電池ボックス。
紛失防止用のワイヤーが取り付けられています。

カラーリングはレプリカホロサイトのTANカラーによくあるピンク掛かったゴールド‥

何故ゴールド‥

このカラーリング、ホロサイトだけでなくスコープ系でも多いんですよね‥
余裕があれば塗装した方が断然良いです。

IMG_6821
対物レンズはハーフミラー仕様です。
‥いらない機能!
理由は後々説明いたします。
画像にはレンズプロテクターが付いていますが別売りになります。

IMG_6822
IMG_6823
左右上部にはEOTECHのマークがプリントされています。

IMG_6813
左下部には各種スイッチ。
上部はサイトカラー変更。
ボタンを押すごとに緑と赤に切り替える事が出来ます。
下部は光度変更兼ON、OFFスイッチ
片方どちらかを押すと電源ON、同時押しでOFF。右側で光度UP、左で光度DOWNです。
調整幅は19段階と細かく変更出来ます。

IMG_6814
右側下部にはエレベーションダイヤル。
マイナスドライバーを使用して調整します。
個体差の可能性が高いですが私の物は上下左右共にしっかりと調整出来ました。

IMG_6824
後部にもEOTECHの文字が刻印されています。
接眼レンズ側はクリアタイプです。

IMG_6806
FullSizeRender
レティクルはこのタイプではオーソドックスなサークルドット。
赤、緑共に綺麗に表示されます。
しかしあくまでレプリカレベルですので光量不足は否めず夏の晴天時などはやはり見にくくなります。

それをカバーする為に前述した様に対物レンズがハーフミラーになっておりレティクルの光量不足を補っているのですが逆にコーティングのせいで暗所などではレティクルはしっかり見えても周りが見辛いと言う事態に陥ってしまう事があります。

レプリカホロサイトによくある現象ですね‥

ただあくまで見づらいというだけですので慣れればゲーム使用に関しては問題ありません。

IMG_6817
IMG_6825
固定方法は便利なQD方式。
工具を必要としない為、手軽に付け替える事が出来ます。

IMG_6815
反対側のビスを調整すれば20mmレールの個体差にもしっかりと対応出来ます。

カラーリングや光量などの不満点はありますが価格から考えれば妥当点な本アイテム。

現在のレプリカは対物レンズをハーフミラーに加工している物が多く本アイテムより高額にも関わらず光量が低い物もあります。
また製品の個体差の幅も大きい為レプリカホロサイトは多少博打買いの面もありますので注意と覚悟が必要です。

以前にも言いましたが光学機器関係は購入したら必ず動作確認を早めにしてください。
特に照準関係は実際に取り付けて試射をするまで行う事をオススメします。
いざ撃ってみると振動でレティクルが消えたりする様な粗悪品もありますので注意してくださいね。

レプリカホロサイトは様々なメーカーから多種多様に販売されています。
中身は同じでも値段が全く違う物もあるくらいですのでしっかりと確認してから購入して下さい。

それでは良いサバゲーライフを。


紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓

皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

今回は小粒アイテムの紹介です。

物はこちら!
IMG_6779

前回紹介したhk416に付ける為に購入致しました。

材質はオール金属製

IMG_6776
重量は約152g
意外と重いです。

IMG_6780
取り付け方法はネジを外してストックチューブ上下から溝に合わしてはめ込むだけです。

かなりガッチリ固定出来ます。

IMG_6781
IMG_6782
IMG_6783
スイベルホールは左右、後ろの三箇所。

IMG_6781
付属のスイベルマウント以外にも他社製でも取り付ける事が出来ます。

IMG_6785
元来hk416にはスイベル用のスリットがある為、必要ないと言えば必要ないのですが樹脂部を利用すると破損確率が増える上、スイベルを容易に交換する事が出来なくなります。
その為私は全てのライフルにQDのスイベルマウントを取り付けています。

パーツとしては地味に高いですが純正品の為銃との相性もバッチリですし精神衛生上良く交換する手間も格段に減ります。

私は基本的に1点式スイベルにて使用していますがハンドガード部のスイベルホールを利用すれば2点式でも運用出来ますので是非検討してみて下さい。

今回は短いですがこれにて!

それでは良いサバゲーライフを。


     パソコン買うならDELL公式ストアで 
DELLでは定期的にお得なキャンペーンを実施
小まめなチェックが身を結ぶ!


プレバンしか手に入らない限定アイテムが
盛りだくさん!
購入は正規金額で販売されている
公式サイトから!

紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓








皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

今回は新たなニューウェポンを紹介したいと思います。
おそらく感の良い方であればお気付きの方もいらっしゃると思います。

紹介致しましょう…
IMG_6644

久しぶりの大物です!
泣く子も喜ぶ特殊部隊デルタフォースが使用していると予想される(あくまで予想です。何故なら公式には存在しない部隊で公に発表されている資料もありません)ガチンコの特殊部隊向けカスタムガンです。

遂に買ってしまいましたデルタカスタム。
皆んなの憧れエリート部隊仕様。
流行最先端のTANカラー。
素晴らしい。

そして美しい‥

実はこの画像、ひとしきり周辺機器つけてしまったのをもう一度バラして撮影しています。
あまりのテンションの高さで撮影を忘れていました。

IMG_6656
IMG_6657
IMG_6658
当アイテムは他の銃にある様な固定型のレイルが上部にしかなくSサイズ2個とLサイズ1個の計三個のレールをハンドガードの左右、下部の好きな所に付ける仕様になっています。
最初少ないかなと思いましたがよくよく考えればPEQなどの光学機器は上部のレールに取り付けますし残りはライト、グリップ、必要であればスイッチの三種位ですので丁度良い数になります。
またマークスマンライフルとして使用するならライトは必要なくなりますのでその分のレールをバイポッドに回せば事足ります。

この仕様のお陰でハンドガードのスリム化や大幅な軽量化に成功しています。

IMG_6648
IMG_6649
IMG_6650
IMG_6651
IMG_6652
塗装なども非常に美しく塗装されており只のTANカラー1色ではなく微妙にパーツ毎に色分けされています。
使用している内に削れたり汚れていくのが楽しみです。

IMG_6663
IMG_6662
FullSizeRender
ハイダーは逆ネジ仕様プラス下部にイモネジでのガッチリ固定仕様です。
最初イモネジを緩めるのを忘れてそのまま回そうとしましたが外れず慌てました。

IMG_6690
IMG_6691
IMG_6693
ハンドガード根本付近には標準でスイベルマウントホールを左右に搭載。
こちらとストック部のスリットを使用すれば2点式にて使用可能です。
只個人的にはストックの樹脂製部分を使用するのは破損の危険性がありますのであまりオススメは致しません。

IMG_6692
IMG_6695
セレクターは左右から操作出来るアンビタイプ
左利きの私には嬉しい仕様です。

IMG_6655
マガジンキャッチボタンはhk416同様で右側に配置。
まだ新品の為少し硬めですが使っている内に馴染んでくると思います。

IMG_6665
IMG_6666
チャージングハンドルなどは通常のhk416と同じくガスブロのm4等よりも稼動範囲は狭い仕様です。

IMG_6694
ストック部はクリアランスの関係上、僅かに遊びある位でしっかりと構える事が出来ます。

剛性はかなり高く正直ガタ付きなど一切感じません。

しかしやはり電動ガンになる為重い!
無用なレイルが取り払われて軽量化されていると言ってもガスブロから考えるとやはり重いです。

如何でしょうか?
電動の為、年中気にせず遊べる上に非常に所有欲を掻き立てる本アイテム。
現在の東京マルイさんのラインナップの中でも一際目立つカラーリングやその設定は特別感満載です。
年々値段が上がって来ているトイガン業界ですがそれに見合うだけの素晴らしさがあります。
間違いなくカッコいい+カスタムしがいのあるアイテムですので是非検討してみてください。

それでは良いサバゲーライフを。


     パソコン買うならDELL公式ストアで 
DELLでは定期的にお得なキャンペーンを実施
小まめなチェックが身を結ぶ!


プレバンしか手に入らない限定アイテムが
盛りだくさん!
購入は正規金額で販売されている
公式サイトから!

紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓





皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
タナトスであります。

さて今回は前回同様光り物です。

物はこちら!

IMG_6602

特殊部隊お馴染みのpeq-15ですね。
今回はダミーではございません‥

レプリカでございます!

兼ねてから以前よりせっかく付けているならちゃんと機能がある物に変えたいと思っていた部分です。

IMG_6603
材質は主に樹脂製
明らかにダミーレプリカよりも質感は上がっています。
というか細部の出来が全く違います。

IMG_6604
メーカーは違いますが左がダミー、右が本アイテム。

IMG_6600
重量は電池込みで約180g

IMG_6605
使用電池はCR123を2本です。
維持費高し!

IMG_6607
IMG_6608
前方部は向かって右側にライト。
光源はLEDです。
先端部は金属製で出来ています。

IMG_6623
IMG_6633
左側下には本アイテム一番の売りのレーザーモジュール。
なんと一般的なレッドレーザーではなくグリーンレーザーです。
近未来感が凄い‥
勿論一般的なフィールドでは使用は厳禁ですので完全なる自己満足の部位ですね。

IMG_6610
上側はIRレーザーです。
こちらもカメラで確認しましたがしっかりと稼働しています。

IMG_6611
各光出力部にはIRカバーが付いており誤操作による点灯を防いでくれます。
と言ってもおもちゃレベルですのであくまでオマケ程度です。

IMG_6612
上面はスイッチと切り替えセレクター。

IMG_6615
左側にはライトのエレベーションダイヤルがありますがこちらはダミーになっています。

IMG_6616
右側にはレーザーのエレベーションダイヤル。
残念ながらゼロインが出来るほどの調整幅はありませんのでこちらもあくまでオマケ程度です。
ちなみにちゃんとゼロインが出来るように内部を調整されている方もいらっしゃるので気になる方は検索してみて下さい。

IMG_6614
真ん中中央には大型スイッチ。
大型で押しやすくクリック感も適度にありグローブ越しでも非常に操作しやすいです。

IMG_6617
右下には各部レバースイッチ。
個体差かもしれませんが思っているほどクリック感がありませんので少し不安になります。

IMG_6621
IMG_6619
また各モードの印とダイヤルポジションが微妙にずれています。
もう少し精度を上げて欲しい所ですね。

IMG_6634
IMG_6622
モード1でライト点灯。
光量は思っているほど高くはありません。
同じCR123を2本使う同メーカーのM600Bと比べてみましたが明らかに本アイテムの方が暗いです。
レーザー側にも電力を割くからでしょうか。
また本来モード1は押している間だけ点灯ですが個体差の為かON.OFFになっていました。
その為本来のモード2のON.OFFは機能しません。
この辺りはやはりレプリカクオリティーですね‥
残念!

IMG_6626
IMG_6625
モード3はライトとレーザーの同時点灯。

IMG_6630
IMG_6627
モード4はレーザーのみの点灯。

IMG_6629
IMG_6628
モード5でIRレーザーです。
カメラでは赤い光点が見えますが実際の肉眼では殆ど分かりません。

IMG_6635
IMG_6636
後方にはリモートスイッチのジャックと電池BOXの蓋が付いています。
蓋は一般的なダミーと違って金属製で出来ており質感は高いです。

IMG_6637
IMG_6638
ジャックもグラつく事なくしっかりと接続出来ます。
ただリモートスイッチは相変わらずの悪評高いタイプ。
こちらは早めに別タイプに交換する方が良いでしょう。

IMG_6639
IMG_6640
IMG_6641
固定方法は20mmレールへ挟み込んでネジで締め上げる一般的な固定方法。
グラつきもなくガッチリと固定出来ます。

IMG_6643
値段を考えるとやはり各部で粗が気になりますが多機能な点が非常に魅力的な当アイテム。
ただ機能の半分以上が実際のゲームでは使用する事が出来ない為、実用性は低くあくまで自己満足的な面が強いです。
正直に言えば装備を揃える中での優先度は低いと言えます。
しかし一般的なダミー品とは違い各部に様々な素材を使っている為、銃全体の質感を上げるには良いアイテムと言え、もし質感向上+αで機能を足したいとお考えなのであればおススメです。

今回私はグリーンレーザーバージョンを購入致しましたがレッドレーザーであれば安く、ライト機能のみの物であれば更に低価格になりますので是非検討してみて下さい。

カラーリングもDE以外にBKもありますのでご自身のスタイルに合わせて検索してみて下さいね。

それでは良いサバゲーライフを。


     パソコン買うならDELL公式ストアで 
DELLでは定期的にお得なキャンペーンを実施
小まめなチェックが身を結ぶ!


プレバンしか手に入らない限定アイテムが
盛りだくさん!
購入は正規金額で販売されている
公式サイトから!

紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓

当アイテムのバージョン違いはこちら↓

 

皆さんこんばんは、そしてこんにちは。
そして明けましておめでとうございます。
タナトスであります。

新しい一年が始まりましたね。
皆さん今年はどんな一年にしたいですか?

私はもっとサバゲーに身を投じたいと思っています。
が程々にしないと現実に戻れなくなりますのであくまで程々に‥

というわけで新年1発目はこちら!


本アイテムはヘルメットなどに取り付けて自分の位置を味方に知らせる為のアイテムのレプリカです。
通称ダンゴムシ。

しかし最新バージョンであるGEN3は一般的に使用されている文字通りダンゴムシの様な従来のタイプとはかなり雰囲気が変わっています。

IMG_6565
材質は樹脂製。
かなりしっかりしています。
レプリカでありながら防水仕様だそうです。
怖いので実験はしませんけどね!

IMG_6566
重量は電池込みで約83g

IMG_6567
使用電池はお馴染みCR123R。

IMG_6568
IMG_6569
前方部と後方部にあるスイッチで各モードを切り替えます。

点灯は後部スイッチ。

IMG_6527
モード1でグリーンライトが常灯します。
かなり明るい!

IMG_6541
モード2でグリーン常灯+ホワイトのストロボです。
こちらも眩しい!

IMG_6546
IMG_6551
前方部のスイッチでIRモードに切り替えです。
やはりレプリカにありがちな低光量です。
最近は赤外線のLEDも安いですのでここは本物同様に再現して欲しかったですね。

IMG_6555
IMG_6556
裏面はベルクロと電池BOXへの蓋が取り付けてあります。
蓋はかなりしっかりしており防水というのも頷けます。
ただ何度も言いますが実験はしませんから!

IMG_6570

実は以前からhelstar6 を買うかで悩んでいたのですがどうしてもあの丸っこいデザインが好きになれず躊躇していました。

しかし本アイテムのデザインは非常に無骨で私の好みのデザインの為、購入を決意しました。
全体の出来も非常に良く、まだフィールドで使っている方をあまり見かけない本アイテム。
通常のhelstar6を含めて他のヘルメットライトよりもかなり高額なのが欠点ですが存在感は抜群です。

IMG_6571
本アイテムはMARSOCやSEALでも使用が確認されているようですのでもし再現を目指されている方はご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。
勿論再現を目指されていない方でもヘルメットに付けるだけでかなり良いアクセントになりますので他の方と違うライトを取り付けたい方にもおススメです。

注意点としては思っている以上に大きいアイテムですので可能であればhel-star6を持ってらっしゃる方に実際に見せて頂く事をオススメします。
私も友人に見せてもらってから購入しました。
また頭頂部付近に取り付けるとサイズゆえに単純に身長の感覚が変わるので変な所にぶつけたりします。
私はそれを防ぐために少し後頭部よりに取り付けています。
実用性もデザイン性も優れた本アイテム。
是非ヘルメットに取り付けてみてはいかがでしょうか。

それでは良いサバゲーライフを。


     パソコン買うならDELL公式ストアで 
DELLでは定期的にお得なキャンペーンを実施
小まめなチェックが身を結ぶ!


プレバンしか手に入らない限定アイテムが
盛りだくさん!
購入は正規金額で販売されている
公式サイトから!

紹介したアイテムのAmazonへのリンクはこちら↓

このページのトップヘ