川口英俊のツイッター
http://twitter.com/hide1125

ツイッターログ
http://twilog.org/hide1125

故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動から考える

1)先日に故丸山照雄師「公害企業主呪殺祈祷僧団」の活動 http://t.co/SF0d14f に少し触れさせて頂きましたが、ここまで過激にせずとも、やはり仏教においては智慧と慈悲により、どのような者であっても業(カルマ)・苦・迷いをいかにして解いてあげれるかが大切となります。

2)現在では、消費者保護、被害者救済など色々と法整備も確立されてきており、裁判や選挙での制裁、社会的制裁を与えたりと、できる限り責任を取らせて、償いを行わせるのがまず第一でありますでしょう。

3)仏教的には、やはり煩悩、その根源にある無明の排撃のために、社会的教化に取り組むべきであり、政・官・産業界で著しく問題のあるところには、特に是正を促すような教化も必要でありますでしょう。

4)また、呪殺祈祷は、その直接的効果よりも、受ける側の心の問題に大きく作用を及ぼすものであると考えます。例えば、やましい・うしろめたい心、悔悟・懺悔・改悛・自責の心への働きかけであります。

5)呪殺祈祷は前出のようにその受ける側の心の問題によって、結果的に病気や事故、自殺、発狂などを生じさせうるものでしょう。何とかそうなる前に業・苦・迷いを解いてあげれれば良いとは存じますが・・

6)色々と五濁悪世だからと簡単に諦めることなく、煩悩・無明の排撃に仏教界も注力が必要でしょう。もちろん、世間の無明・煩悩による所業と同様、仏教界の方にも問題があれば、教化以前の問題ですが・・

7)とにかく、呪殺祈祷法など行わずとも済む良識ある社会、政・官・産・民それぞれ悪事を戒め善行に励み、善因善果・悪因悪果の因果を深く悟り、煩悩・無明の排撃に努めることが大切となります。

8)誠に、因果の理を理解し、空性の現量了解を得て、無明の排撃に努め、深遠なる縁起の世界の中で私たちの存在はどのようにあるべきかを真摯に覚る必要があると存じております。川口英俊合掌九拝

・・

「人間の文化と神秘主義」(北樹出版)・第一章「仏教における神秘主義」(吉村均先生)を再読熟考。末木文美士先生 @bunmao http://t.co/02EI9nL ブログにて、天罰論に関する私見考察【大震災・空と縁起と】 についてコメントを賜りました先生のご論考であります。

松本史朗先生「仏教思想論(上)」(大蔵出版)・「第一章・仏教の批判的考察」を再読、熟考。「法」(dharma)とは、「属性」のこと。この「属性」に関しての理解は、世俗有・言説有を理解するのに欠かせません。中観自立論証派と帰謬論証派の差異の理解においても同様であります。

1)私は如来蔵思想批判で高名なる松本史朗先生のご論考についての言及が結構多いため、批判仏教派・反密教派とみられてしまいがちですが、仏教の堕落・腐敗を避けるための仏教学の前進的な批判的検証は常々に必要と考えているところであり、純粋な批判仏教派・反密教派というわけではありません。

2)また、例えば松本史朗先生のご論考の中でも、「相依性の縁起」についての完全否定に関しては、現在のところいまだ考察中の段階であり、中観帰謬論証派の思想、相対的属性観念(概念)論から「相依性の縁起」について私の解釈再検討も必要となっております。

3)「相依性の縁起」は完全に否定されるべきではなく、あくまでも世俗諦的一方便として捉えておくことは必要ではないだろうかというのが、今のところの私の見解であります。もちろん、この理解のためには、仏教論理学・認識論を更に深く学んでいかなければならないと、いつも反省しておりますが・・

4)とにかく、松本史朗先生「仏教思想論(上)」(大蔵出版) http://t.co/2DBRprE 「第一章・仏教の批判的考察」は、まさに松本研究の一集大成的なご論考であると存じており、仏教に携わる諸氏におかれましては、一度は考察対象となされても良いのではないかと存じております。

5)また、もしも仮に私が厳密に純粋な批判仏教派・反密教派になったとすれば、恐らく現実的には現代における仏教のほとんどが扱えないものとなりますでしょう。その時は現実内的葛藤の著しくなる結果、今の立場は維持できなくなり、チベットで遊行するか、山奥に篭もることとなるでしょう。

6)補足ながら、「相依性の縁起」に関して、私は今のところあくまでも世俗諦的一方便として認めている立場であります。松本史朗先生がどのあたりのお立場にて「相依性の縁起」をご否定なされておられるかにより、限定的否定の可能性もありますので、その際はご容赦頂けましたらと存じております。

7)「相依性の縁起」に関して、世俗諦的一方便として認めるというのは、「世俗(言説)有」の存在論的範疇として捉えるかどうかということとも併せて考える必要があると存じております。もちろん、「勝義無」であることには変わりありませんので、そうなると限定的肯定と言えなくもないのですが・・

・・

今の私の政治に対してのスタンスについて・2
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/7451986ba59b0d95e19b2d1a93bc3550

今の私の政治に対してのスタンスについて
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/728ce9880459f44c08bcc838f1d5ca27

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529

日本仏教改革の視座
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52015538.html

【アンチ葬式仏教の危うさ http://bit.ly/muwOcn 】ツイッター・コメント投稿・1-26
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52014077.html

【紹介】真詮ブログ・「本願寺のヒットラー(1)宗政とは何か・(2)「最初の宗議会」の自殺」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012810.html

東大阪市における市民活動・まちづくり活性化へ向けたネットワーク構築に関しての意見交換会の雑感
http://hide-1.jugem.jp/?eid=440

【小池龍之介師 宗派離脱・単立寺院化】ツイッターコメント投稿・23-24
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52012801.html

25 RT @naagita ようこそ誓教寺のホームページへ http://t.co/RdgBc5g via @fujimotoariya 山口県下松市の浄土真宗寺院(単立)。「日本でテーラワーダ仏教」など刺激的なコンテンツが……。

【大震災・空と縁起と】(1-11)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002925.html

これまでの天罰論に関しましての私見関連考察 【大震災・空と縁起と】(12-47)
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007858.html

天罰論に関しましての私見関連考察、【大震災・空と縁起と】
(48-72)・完結
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52009321.html

・・

3/11東日本大地震発生時より下記のハッシュタグ等で宗教・仏教・寺院・僧侶による支援情報を収集して参りましたが、今後、継続するか、休止するかは、また判断致さねばならないと存じております。ひとまずこれまでのご協力、誠に感謝申し上げます。ありがとうございました。

仏教・寺院・僧侶による総合支援情報タグ→ #buddhajihi
各宗派による支援情報タグ→ #shuha_save
寺院による支援情報タグ→ #jiin_save
僧侶による支援情報タグ→ #sou_save
仏教思想による支援情報タグ→ #buddha_save

全ての過去ログは、Twilogにおいて閲覧して頂くことができます。

http://twilog.org/hide1125/hashtags-buddhajihi

http://twilog.org/hide1125

・・

所望していた虎目石の数珠が届く[Chagamo Craftより]
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007816.html

・・

東日本大震災 ツイッターにて情報収集・情報発信が中心
http://twitter.com/hide1125

ツイッター・ログ
http://twilog.org/hide1125

「法華経の省察―行動の扉をひらく」(ティク・ナット・ハン師原著)読了。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52007856.html

【4.29 ダライ・ラマ法王・震災特別慰霊法要・報告集】
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52002104.html

東日本大震災・被災地にて震災犠牲者追悼慰霊御供養のご報告
(往生院だより・第68号寄稿文)
http://blog.livedoor.jp/oujyouin/archives/51854274.html

被災地入り・ご報告・1-55
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/51999166.html

・・

他、これまでの考察シリーズは下記をご参照下さいませ。
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives