「仏教と政治」について・・

統一地方選挙後半戦もいよいよ佳境に入っておりますが、今回もこれまで少し述べさせて頂いて参りました神谷宗幣氏のことに関しましてのことからの続きとなります。

前回の内容「神谷宗幣氏、落選に思う・・1・2」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html

さて、前回にも挙げさせて頂きましたテーマ、「仏教と政治」・・

誠に両者は聖と俗の両極にありますが、仏教も世俗世界における一宗教である以上は、政治の影響下に当然おかれてしまうことは避けられず、政治を無視して成り立つものではありません。

仏教史上においても、例えば国を治めるために仏教が利用されてしまったこと、政権によって手厚く庇護を受けられたこともあれば、弾圧により廃仏毀釈されてしまったこともあるなど、盛衰に少なからず関わるものでございました。

また、有力な僧侶が時の権力者に請われて、仏教についてご進講することもしばしばで、例えば、大乗仏教における「空」思想を確立させた中観思想の祖である龍樹(ナーガールジュナ)大師も、時の国王に対して、仏教を講義されておられます。その一つの著書に「宝行王正論」という政治指南書があります。

以前にも龍樹大師著の「勧誡王頌」と共に、「宝行王正論」は政治家、政治を志す者には是非にも読んでほしい書物として何度か述べさせて頂いております。

二つとも「大乗仏典14・龍樹論集」(中公文庫)に訳注がございます。

以前の内容抜粋・・『・・「中論」ももちろんながら龍樹大師の論著から「空」の理法、並びに「縁起」の理法の学びが僅かでも進めば、世間八法・諸煩悩における苦の原因、煩悩への対処法、実践すべき真なる善行・正行のあり方も少しくは見えてくることとなりますでしょう。そうすればお金や利権、地位・名誉・名声、自己保身などへの執着もかなり少なくなり、政治の世界において特にありがちとなって失敗・転落・破滅の要因となる高慢・傲慢・強欲さなどを引き起こす諸煩悩も随分と少なくしていけることとなるでしょう。・・』

「宝行王正論」の説かれているところの真意は、もちろん仏教の理解から正しくより善くに国を治めるにはどうすれば良いのかということについて述べられていますが、その仏教思想の理解の一つである「空」の理解についても扱われており、ダライ・ラマ法王猊下様も度々ご法話にて「宝行王正論」を扱われておられるぐらいに、非常に空思想を説明する上においても重要な典籍であります。

政治の正しいあり方についてもさることながら、やはり、仏教思想における「空」の理解と共に、「空」と表裏一体としての「縁起」の理解から、菩提心と慈悲心の滋養と併せて、正しい善徳行をいかに進めていくべきであるのかということを考える必要がございます。

拙生も学生時代に少しくながら、政治の世界におりまして、ある程度内々も見て参りましたが、とにかく、欲望、煩悩、執着、利権・権力闘争が渦巻き、空証文、空手形の乱発、口八丁手八丁、権謀術数、汚い駆け引きのいる世界でもあり、志高く、真摯に真剣に真面目に取り組もうとすればするほどに馬鹿らしくなり、呆れてしまうものであると、つくづくに感じたことがございます。

正直、そのような世界で、例えば仏法をお説きさせて頂いたとしても、理解して頂けるのは難儀至極であるのは当然ながら、何とか、欲望、煩悩、執着をお鎮め頂いて、より良い政治をして頂きたいものであると常々に思うところではございます。

その際の一つの参考として「宝行王正論」を是非にもお読み頂きたいという感じでございます。

前回にも少し申しましたが、利得や保身、名声や名誉のために政治家をしているような者は、いずれどこかで馬脚を現したり、信用を落とすことをして自滅したりと大成しないことが多いですが、それでも票(政党の力が強い、組織票が強いなど)がある程度継続して取れれば、議員を続けられて、うまくやり過ごすこともできれば、それなりのところまではいけるでしょう。

しかし、そんな政治家はもちろん私たち市民・有権者の全体の立場から考えれば、本来要らない存在であります。それでも、そのような者ほど、残念ながらうまく渡っていけるのが世の常ではあるのですが・・

とにかく、私たちが真に必要としている政治家は、やはり皆の幸せを願い、皆が幸せに暮らせるための、その実現へと向けて精一杯に頑張ってくれる方であります。

しかし、それがいつの間にか、政治家自身の自己保身や自己満足、独り善がりの実現にすり替わってしまって、私たちは苦しむことになってしまうのが多々でございます。

また、良い主義や主張、理念を持っていても、変化していく時代の中ではもう通用しないこと、無用・無駄なことも当然に出て参ります。そこにいつまでも拘って執着されてしまっていても、結果的には無駄、あるいは害になりかねません。

前置きが長くなりましたが、つまるところ何が言いたいのか、要は例えば、仏教思想、その一つ「空」を理解して頂いたとして、もともと何も実体としてはあり得ていない(もちろん、実体としては成立していなくても、何も無いのではなくて世俗の色々なモノ・コトは縁起として成立している)ということから、執着して、とらわれてしまうようなことは、本来何も無いということの理解から、いつまでもくだらないこと、もうどうでもいいようなことに執着するのではなくて、臨機応変に、「皆が幸せになるためにはどうすれば良いのか」ということを第一義として、そこに反するようなことに、いつまでもこだわっていられては困るということであります。

「皆が幸せになるためにはどうすれば良いのか」という最適な方策へと向けて、その邪魔になっているものを素早く切り捨て、自己満足や自己保身、自己都合、独り善がりに陥らずに、皆の幸せへと向けて是非にも頑張って頂きたいというところです。

そこへと向けて拙生がご期待申し上げております人物が、神谷宗幣氏であり、また家入一真氏でございます。

追記補足・・

仏教においても同様に、各宗旨宗派、特定の教説、一部の方便にこだわってとらわれてしまわず、視野狭窄に陥らずに、幅広く仏法全体を学び修しつつに、正しい善巧方便の実践によりて功徳を積み、一切衆生の済度へと向けて取り組んで参りたいものでございます。

発菩提心

すべての有情を救済しようという願いによって
仏陀・仏法・僧伽に
悟りの真髄に至るまで
私は帰依いたします

智慧と慈悲を持って精進し
すべての有情を利益するために
私は仏陀の御前に
完全なる菩提心を生起いたします

この虚空が存在する限り
有情が存在する限り
私も存在し続けて
有情の苦しみを滅することができますように

川口英俊合掌

・・

hasunoha創成期の頃の運営者で共同代表・堀下様のご苦労話。
http://taka.hasunoha-blog.info/after-launch/

初期の頃の拙生はとにかくがむしゃらに回答し、僧侶の皆様をお誘いするのにも必死でした。

現在は回答のペースがかなり下がりましたが、決して情熱は冷めたわけではありません。

ただ、もっとより良いお答えへと向けての自己修養がかなり必要であると思うようになりました。まだまだです。

とにかくこのような場をご提供頂きまして、誠に有り難しでございます。僧侶の皆様におかれましては是非ご登録ご回答のご検討の程を宜しくお願い申し上げます。

川口英俊九拜

「Hasunoha」お坊さんがこたえるQ&Aサービス
http://hasunoha.jp/
スマートフォン・携帯ブラウザも対応

「拙500回答の検証結果について」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1022668905.html

hasunoha・拙回答まとめ集
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/

hasunoha・拙生紹介ページ
http://hasunoha.jp/users/16

hasunoha・拙寺紹介ページ
http://hasunoha.jp/temples/6

運営者によるhasunoha(ハスノハ) blog
http://taka.hasunoha-blog.info

東日本大震災を機縁として立ち上がりました「hasunoha」に参画できましたこと、誠に感謝致しております。微力ながらにも一つ一つ少しずつでもお役に立てれる善行・功徳となりましたら、亡くなられました皆様への追善供養として回向申し上げたくに存じております。合掌

・・

2015.4.13「ダライ・ラマ法王14世来日法話 般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/3ac42f140aef2fb85956f1fcd45e1b13

ダライ・ラマ法王猊下様公式サイト・4/12法王様ご法話内容の要約
http://www.dalailamajapanese.com/news/post/1205-

4/12-13ダライ・ラマ法王猊下様「般若心経・菩提心の解説・観音菩薩の許可灌頂」テクスト一覧
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/visit_to_japan/2015/index_apr.html#03

2015.4.17「ダライ・ラマ法王猊下様のこと・・」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52189915.html

石濱裕美子先生ブログ「哲学・修道・結果(法王法話)」
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-747.html

石濱裕美子先生ブログ「観音の千本の手」
http://shirayuki.blog51.fc2.com/blog-entry-746.html

齋藤保高先生ブログ「ダライ・ラマ法王御法話」
http://rdor-sems.jp/index.php?%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0#b51b6255

ダライ・ラマ14世法王猊下様・公式サイト日本語版
http://www.dalailamajapanese.com/

ダライ・ラマ14世法王猊下様・Facebook日本版公式ページ
https://www.facebook.com/dalailamajapanese

「偉大なる第十四世の長寿を祈願する如意自在王〔経〕」
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/8f49efb18934ec00993d52e91c603327

映画

「ダライ・ラマ14世とチベットに迫ったドキュメンタリー、6月公開」
http://www.cinematoday.jp/page/N0071137
http://www.d14.jp/

「焼身抗議」などで中国と戦うチベットの人々を追う、ドキュメンタリー映画『ルンタ』
http://www.cinra.net/news/20150323-lungta
http://lung-ta.net/

・・

2014.4.14 ダライ・ラマ法王猊下様によるチベット密教・胎蔵曼荼羅灌頂・ご報告
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/bc5c08f69d78bdda5c6cca62d17d87df

2014年 ダライ・ラマ法王猊下様ご来日動画集
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52160454.html

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

・・

塾長の松本紹圭様を始め、色々な諸師の皆様からのお誘いを頂戴致しておりました「未来の住職塾」・・諸事情色々と鑑みまして、この四期は見送らせて頂きまして、余程の参加できない事情が発生しない限り、来年の五期には何とか関西での開講に参加できましたらと考えております。どうかご容赦の程を宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人・お寺の未来「未来の住職塾」
http://www.oteranomirai.or.jp/juku/regular_course/
Facebookページ
https://www.facebook.com/jushokujuku

・・

勝義方便メモNo.10
http://togetter.com/li/719545

超宗派系一覧
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/ad8366ba25bc4f15de68c375bc313e0b
また、随時、追加して参りたいと存じます。情報がございましたらどうか宜しくお願い致します。

「拙理解仏教図式No.7(2014.6.14)」ご提示・再考随時訂正予定
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/f11483ea1a2eb35ce5dcda72284b2bfa

・・

「仏教の基本的な理解のために」平成27年3月・春彼岸施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/55ced9a1512c6ef6e095caa4fbe9eb8c

「 死後について 」平成26年9月・秋彼岸墓前回向 配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/46df9bb57071ef4f2b56161423dba66f

平成26年・お盆施餓鬼法要 法話内容 録画配信Ustream
http://www.ustream.tv/recorded/51379634

「お葬式について」平成26年8月・お盆施餓鬼法要・配布資料
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/0816eb5e788bf5ecfc8eed8e901b1a76

2013.11.19「空と縁起」に関する拙質問に対してのダライ・ラマ法王猊下様の御回答内容について
http://blog.goo.ne.jp/hidetoshi-k/e/710b99c74854aebc871a6f75e28dde12

・・

NGO「国境なき僧侶団」フェイスブック・ページ
https://www.facebook.com/pages/国境なき僧侶団/578961352183094

・・

【チベット問題】

チベット問題・焼身抗議等の詳細情報は、チベットNOW@ルンタ・ダラムサラ通信・中原一博氏のブログが参照となります。
http://blog.livedoor.jp/rftibet/

「太陽を取り戻すために チベットの焼身抗議」中原一博氏著
http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51799025.html

無償ダウンロード
https://docs.google.com/file/d/0B6cmrkvyxC23QmhCRTZyeWRrNm8/edit

「自らを灯明と化した菩薩たちの願い」〜チベット問題・焼身抗議を考える〜
http://t.co/PwVvYWck

・・

川口英俊の自動配信・デイリー自動情報収集ネット新聞
http://paper.li/hide1125/1307742529