全脳思考教師の日記

大阪で小学校教師をしています。 子どもたちが未来に希望を持って生きる世の中を作るために、 自分にできることをしています。 神田昌典先生の全脳思考ファシリテーション講座受講生です。 「宝地図」「マインドマップ」「フォトリーディング」 なども興味あり,実践しています。 1日平均1冊以上、読書しています。 前職は塾講師、少年院教官です。 twitterでたまにつぶやいています。 お気軽にフォローしてください。 <twittername:hideyumo> mail:samesame@rinku.zaq.ne.jp (迷惑メール防止のため、@を全角表示しています。)

ブログ移転のお知らせ

アメブロにて、ブログをはじめました。

今後は、こちらにてブログを更新していきます。
今まで訪問してくださった方、ありがとうございます。

もしよろしければ、新しいブログもご覧ください。
よろしくお願いします。

http://ameblo.jp/hideyumo/

更新せずにごめんなさい><

アクセスしていただいている方々、
ブログ更新せずに、本当に申し訳御座いません。

近日アメブロにてリニューアルし、
再発信する予定です。

今しばらくお待ちください。


感動の応援団。

昨日は運動会でした。
晴天に恵まれ、子どもたちもイキイキし、
本当によい運動会となりました。

私は応援団の指導を担当していました。
私にとって、メインで応援団の指導をするのは初めてでした。

応援団を最初集めたときに言いました。

「みんなは伝説の応援団になるんだ。」


それが現実になったかどうかは、
人それぞれの判断となるのでしょう。

ただ、少なくても私は「伝説」と言っても過言ではない、
すばらしい応援団だったと思います。

当日の運動会での応援団の動きが今ひとつイメージできていなかったので、
応援する位置など、最初指示が二転三転してしまいました。

そんな私の指導のまずさを、子どもたちが見事にカバーしてくれました。

応援する位置も自分たちで考えて、私がいなくてもやってくれました。
見ている子どもたちが声を出してくれても、出してくれなくても、
ほとんど休みなく、声が枯れるまで応援しつづけてくれました。



その気合が乗り移ったのでしょう。

最後の競技、紅白対抗リレーの応援は、赤組も白組も、
全校児童一丸となって、とても盛り上がりました。
競技がはじまる前から、「ソーレ」の大合唱。
応援団の真似をして、振りまでしてくれる子もたくさんいました。

終わってから、1年生の先生が言ってくれました。

「5年生になったら応援団に入る!そう全員言ってました。」


嬉しい言葉です。

あこがれの存在になる応援団。
それを実現した子どもたちに感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、応援団については自分で全脳思考チャートを書いたり、
ファシリテーション講座でもコーチングしていただいたり、
多くの方に応援していただきました。

本当にありがとうございました。

いつもありがとうございます。
ポチっと押してくださるとはげみになります!!

人気ブログランキング

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

小さな募金の輪を広げましょう!
クリックで救える命がある。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ