シブヤネコ

ひとりぼっちライフ満喫中【シブヤネコ】のフォトログ。 みたモノ、きいたモノ、たべたモノ。日々のイロイロ 、写真と駄文で気ままにUP。

December 2010

5
101231今年もCLUBでカウントダウン

いま[VIP ROOM]に居るのだけれど…

メインフロアの方が盛り上がりそうなので、
ダッシュで飛び込んできまっす 

5
nanakokubotamochi[京菓子司・仙太郎]の【七穀ぼた餅】

『もち米、黒米、押麦、たかきび、
ひえ、粟、小豆』
の七穀が入っていて、
粟やひえなどのプチプチとした食感が楽しい

変わりダネだけれども、
しっとり&モチモチした餅米、
優しく素朴な風味の中の餡といった、
基本となる部分はキッチリとした美味しさ、

そこにアクセントととして
紫蘇の風味をきかせているのが、
予想外だけれどとてもマッチしていて
クセになっちゃう

5
cocktail_xmas2010ヒルトン東京ホテル近くの
お店を貸し切って、
200人以上参加の
にぎやかな2次会

私は2次会では、
仲良し女子たちとテーブルを囲んで、
秘密トークで大盛り上がり

盛り上がりすぎて
終電とかどうでも良くなっちゃった

5
101228ヒルトン東京の
バンケット・フロアを
貸し切ってのパーティー

それでも招待客が多くって
かなりの混みっぷり。

一年の締めくくりというカンジの賑やかさで
楽しい〜

久しぶりにお会いできた方もけっこう多くて
嬉しい〜

あ、そうそう。
G社代表取締役のTサマも
相変わらずユニークなノリで、
お話しているだけで
テンションあがっちゃう

つか…エライ人なのに
平気でおバカになりきれちゃうかたなんですよね。
ひそかに尊敬〜

5
barbie_08その他には
著名人がモデルとなった
バービーなども展示。

会場外のショーケースには
日本人で唯一バービーのモデルとなった
[安室奈美恵]バージョンも展示中。








barbie_07出口付近のエリアはファッションブランドとの
コラボバービーが展示されていて、
衣装だけでなく、顔つきやメイクも、
そのブランドのイメージに合わせて制作された、
個性豊かなバービーたちがズラリ。

ワタシ的にはこのエリアが
一番楽しめたなぁ







barbie_04あ、そうそう。
今回一番注目されていたコラボブランドは
"Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)"
だったんだけれど…
顔が怖すぎ…
(←これはルブタン・Barbieではありません)

大人の私でも「本気で怖い」と思うくらいだったので、
チビッコ達はドンビキ…っていうか、
指さして「嫌い」って言われるくらいの
嫌われよう…

…チト同情

barbie_05グッズ販売のエリアも充実していて、
バービー人形はもちろん、
ファッションアイテムやステーショナリー、
書籍なども多数取り扱われている。

あと、この展覧会の限定品も
予想以上に種類が多くてビックリ。

私はデザイン画集があれば欲しかったんだけれど、
残念ながら無かったので、
代わりにデザイン画がプリントされたポストカードを
揃え買い。

「1時間くらいあれば
十分観てまわれるかな?」と思っていたけど、
気がつけば2時間近く経っちゃっててビックリ…

バービー様の魅力、恐るべし

会場内は撮影禁止です

この記事に載せている写真は、
会場外で許可をいただいて撮影したものです

5
barbie_01松屋銀座本店で開催中の
Barbie(バービー)誕生50周年企画展、
"Barbie & Ken 50th Anniversary 
バービー展
"へ











barbie_02会場内には発売開始時の
[ビンテージ期]のものから、
現在の[スーパースター期]のものまで、
約300体のバービーが展示されているという、
バービー盛り盛りな展覧会。










barbie_03人形の展示だけでなく、
バービーの歴史をまとめた映像も
スクリーンで上映されていて、
初心者でも気軽に
バービーの歴史を知る事が出来る










barbie_06人形の展示はバービーだでなく、
バービーの仲間達の展示も多数

あ、もちろん。
バービーの彼氏・KEN(ケン)もね

記事の続きは
Barbie & Ken 50th Anniversary バービー展 *2*で。

会場内は撮影禁止です

この記事に載せている写真は、
会場外で許可をいただいて撮影したものです

5
sleeping_santaクリスマス深夜のミサから帰宅

すっかり身体が冷えきってしまったので、
まずはお風呂に直行

こんな時間じゃ
サンタさんも寝ちゃってると思うので、
今夜は大人しく過ごそっと

5
cocares_10美味しいお料理やドリンクをいただき
皆さんのテンションもすっかりUP

トークも盛り上がり
いよいよ本格的に女子会らしいノリに

そのノリをさらに盛り上げるかのように、
今回のメイン、コカレストラン名物、
【タイスキ】のセッティングがスタート。

『自由な順番で、好きなものを好きなだけ食べる。』という
【タイスキ】ならではの楽しみ方と、
より美味しくいただくコツを店長サンに伝授していただき、
女子鍋会の始まり始まり。

『カニや魚介類などのダシの出るものから入れていく』
という美味しくいただくコツに従い、
魚介類などが盛られたお皿から具材を投入。

それにしても…
魚介類だけでもスゴイ種類

カニやエビ、殻付きホタテや白身魚、
その他にもイロイロなものが盛られていて、
この一皿だけでも満足しちゃいそう

…と、言いながらも、
他の具材の乗ったお皿もやっぱり気になります

cocares_09こちらは[すり身]を使った具材が盛られたお皿。

[エビ][イカ][豚肉][鶏肉][イカ&鶏肉]といった
5種類のすり身ボールは、味だけでなく食感にもこだわった
コカレストラン自慢の一品。

他にも[シュリンプワンタン]や
[豚肉の海苔巻き] など、
スタイルを変えたすり身アイテムも用意されていて、
どれからいただこうか、
悩んでしまうほど。




cocares_11一通りの具を入れて、
お鍋の出来上がりを待っている間は、
ガールズトークに夢中。

美容や恋愛、仕事や旅行の話など、
次々と話題が出てきます。

特に美容ネタは、
皆さんの『美味しい&美しい食生活』のアイデアを
イロイロと聞くことができて
お勉強になっちゃった

トークにすっかり夢中になっていたら…
かな〜りイイ具合に
お鍋が出来上がっていました

cocares_12まず最初にいただいたのは、
エビのすり身ボール

お店秘伝の【コカソース】を付けてパクリ

調和のとれた旨味と、
程よい辛味を持つ【コカソース】が、
すり身ボールの柔らかな風味を引き立て、
またプリプリとした食感も楽しく、
最初の一口で美味さにのとりこに

そして薬味として散らしたパクチーも
リフレッシュ効果のある
爽やかな味わいを加えてくれて、
お箸が進んじゃう

魚介類やすり身はもちろん、
お野菜もしっかりいただき大満足。
…と思っていたら

そうです
お鍋と言えばシメのお楽しみがあるのでした

cocares_13今回のシメはタイ米を使った【おじや】

なんと私たちのために、
店長サン自ら作って下さいました

タイ米を使っているので、
時間をかけてユックリ&ジックリと煮込み、
お米がフツフツ&トロリとしたあたりで
溶き卵をフワリと混ぜ込んで完成

心を込めて丁寧に作られた【おじや】は、
具材から出た旨味がスープとなって
しっかりとお米に馴染み、
『お鍋のまとめ』としての美味しさを
優しい風味と口当たりで堪能できる
仕上がりにホッコリ
 
cocares_14そして女子会と言えば…
やっぱりスイーツは外せないのデス。

最後に登場したのは
日本でもすっかりメジャーになった人気のスイーツ、
『マンゴープリン』こと【プデン・ マムアン

マンゴーの濃厚な甘みと、
ヒンヤリ&ツルリとした食感は、
食事メニューで味わったものとは
まったく違った方向性の味わいで、
最後のこの一品で、
味覚の全てをまんべんなく
満足させていただいたというカンジ

パーフェクトッ

cocares_15今回がオトナ女子部・女子会初参加だったのだけれど、
オトナ女子部スタッフ、参加メンバーともに、
みなさんステキ女子ばかりで、
最初はチョコット緊張していた私も
すぐに楽しく打ち解けられる雰囲気となっていて、
とても嬉しかったデス

もっともっとお話したいと思ってしまう
魅力的な方達ばかりだったので、
またぜひ女子会などでお会いできますようにと
お祈り中

そして今回の女子会の舞台となった
コカレストラン日比谷店にも大感謝

タイ料理ならではの『辛・甘・酸』のバランスと、
独特の旨味を充分に堪能しながら、
『美味しいお勉強』をすることができるという
素晴らしい体験が出来て幸せでした

関係者の皆様、
ステキな機会をアリガトウございました



5
cocares_01オトナ女子力向上&応援プロジェクト
オトナ女子部】の 体験イベント、
おいしく学ぶ本格タイ料理》 へ

今回の会場となったのは
タイのバンコクに本店を持ち、
タイの鍋料理【タイスキ】を日本に広めたことでも有名な
"COCA RESTAURANT(コカレストラン日比谷店)"

こちらのお店は、高架下の半地下という
チョコット秘密めいたロケーションで、
店内はややクラシカルな雰囲気ながらも、
開放感の感じられるレイアウトとなっています。

今回、オトナ女子部が集ったのは、
メインフロアを奥んだところにある個室で、
女子会を楽しむのに程よい広さのリラックスできる空間

cocares_02参加メンバーも揃い、
今回の体験イベントについて簡単な説明をいただいた後、
まずはタイを代表するビール
SINGHA(シンハー)で乾杯

このビールはタイでは『ビア・シン』、
日本では『シンハー・ビール』と呼ばれ、
ややクセのある苦みと爽やかな口当たりが
タイ料理に良く合う人気の銘柄。

テーブルにサーブされた、
適度な塩加減とほのかな甘み、
そしてサクサクとした歯ごたえがクセになる
【カオクッリャップクン】という
タイ風海老センベイとの相性もとても良く、
普段ビールを飲まない私も
ついついビア・シンが進んじゃいました

cocares_03続いてサーブされたのは【ソムタム】

こちらはタイ東北部・イーサン地方発祥の
青いパパイヤのサラダで、
シャキシャキとした食感と、
シャープな辛さ、スッキリとした酸味、
そして干しエビやピーナッツなどの風味が
一体となった美味しさが特徴です

【ソムタム】にはイロイロと種類が有るのだけれど、
今回いただいたのは【ソムタム・タイ】という
一番ベーシックなもので、
『辛い』という点を除いては、
日本人でも受け入れ易い味付けのもの。

私はこのところ【ソムタム】というと、
【ソムタム・プー】という塩漬けの沢ガニ入りのものを
オーダーするコトが多いのだけれど…
コレはけっこうクセがあるので、
普通の女子会などではオーダーするのは
オススメできませんワ…

あと【ソムタム】
[クロック]というすり鉢で「ポクポク」と叩いて和えるという
調理法も面白いので、
目の前で実演していただいたら更に盛り上がったかも

あ、そうそう。
今回の体験イベントでお料理などの説明をしてくださった
コカレストラン・有楽町店長の平子サンによると、
【ソムタム】【カオニャオ】という
蒸した餅米と合わせていただいても美味しいとのことなので、
次に【ソムタム】をいただく際には
ぜひそちらを試してみたいなぁ

cocares_04メンバーの皆さんも
「カラい〜、でも美味しい〜」と
お箸が進む【ソムタム】

でも…やはりかなり辛くて
口中がホットになりすぎたというコトで、
甘〜いドリンクが次々とオーダーされるという事態に。

あ。もちろん私も

私がオーダーしたのは
【ココナッツミルクシェイク】という
こちらのお店のオリジナルドリンクで、
『フローズンタイプのココナッツミルク』
といったカンジの飲み物。

ココナッツミルクの優しい風味と、
しっかりとした甘み、
ヒンヤリとした喉越しで、
口の中をしっかりクールダウン

こちらのドリンクは
メンバーのほとんどがオーダーという、
人気っぷりでした

cocares_05口の中も落ち着いたところで、
続いてのメニュー
【パップンファイデーン】という
空芯菜の強火炒めが登場。

グリーンとレッドの色合いや
ニンニクの香りが食欲をそそるこちらのお料理。
絶妙な炒め加減と、
空芯菜の味をひきたてる
ややコクのある味付けでとても美味しい

周りのメンバーからも
「美味しい」「美味しい」と大好評。


cocares_06こちらのメニューは
[タオチオ]というタイの辛味噌で
味付けしたのがポイントとのこと。

私も家に[タチタオ]はあるのだけれど、
空芯菜を炒める時は
[ナンプラー]と[カピ]ばかりで味付けしているので、
次に作る時は[タチタオ]を使ってみようっと







cocares_07次にご紹介いただいたのは
こちらのお店のオリジナルメニュー
【ガイチーチャー】という鶏料理で、
お店のスターシェフ・プットさんのみが作れるという、
[秘伝のスパイシー醤油ソース]を
炒めた鶏肉に和えたというもの。

辛さも程よく、
風味も日本人の舌に馴染み易い仕上がりになっていて、
こちらも大好評

思わずゴハンが欲しくなるタイプの
美味しさデス


cocares_08ソース単体でのテイスティングの感想はというと…
お料理に使われている時に比べ、
ピリッとしたスパイシーさが予想以上に立っていて、
なかなか刺激的。
でも万能調味料として使えそうな旨味がベースとなっているので
イロイロな素材の味付けに試してみたいカンジ

記事の続きは
【オトナ女子部】おいしく学ぶ本格タイ料理*2*で。








このページのトップヘ