シブヤネコ

ひとりぼっちライフ満喫中【シブヤネコ】のフォトログ。 みたモノ、きいたモノ、たべたモノ。日々のイロイロ 、写真と駄文で気ままにUP。

May 2013

glamorous_iza_01
雑誌"GLAMOROUS(グラマラス)"とセレクトショップ"IZA(イザ)"のコラボパーティ
"IZA×GLAMOROUS SPARKLE NIGHT"へ

このパーティのタイムテーブルはちょこっと変わっていて
"IZA"青山店のプレオープンにお邪魔した後、
タクシー送迎で第2部の会場となる"Le Baron de Paris(ル・ バロン・ド・パリ)"へ
そこではゲストのトークショーがメインで、合間にドリンクや音楽を楽しむといったカンジ。

 
glamorous_iza_02
第2部はGLAMOROUS編集長/藤谷 英志氏(左)×岩堀 せりサン(中央)×佐田 真由美サン(右)
トークショーでスタート。

実は"GLAMOROUS"は今年の8月号で休刊ということで、
今回のパーティーは"GLAMOROUS"のラストパーティ…、
なので編集長のガッカリ話もちょこっとあったけど、
「廃刊ではなくて休刊なので、またッ」という締めだったので期待しちゃおっと


glamorous_iza_03
それにしても…佐田 真由美さんカワイイ
クールビューティーな雰囲気の時も好きだけど、
思いッきりの笑顔もステキステキ


glamorous_iza_04
続いて登場したのは壇蜜サン

真綿で首を絞めるようなジワジワ〜っとくるエロスに討ち取られた気分。
惚れた


glamorous_iza_05
「今日のドレスはちょっと裸エプロンっぽいんです」とサイドからチラ見せ。
惚れた


glamorous_iza_06
微笑みいただきました。
惚れた


glamorous_iza_07
グラマラスな美女達を満喫しまくりのパーティに満足満足

あ〜
IZAでプレイしていたDJ"Shaula Vogue(シャウラ ヴォーグ)"サン
モデルとしてもステキだけれど、DJの時に見せるクールな表情も良かった〜

なにげに気になっていたブランド"Style Aroma(スタイル アロマ)"。
その中でも特に気になっていたアイテム《アロマスプレー》の記事を
skets様からのご依頼で執筆させていただくことに

今回レポートするのは『モバイルできるアロマ』というキャッチコピーの
携帯するのにピッタリな《スタイルアロマのアロマスプレー》で、
5つのタイプの香りが用意されている。

【ナイトドリフト】は就寝時に

【リフレッシュスプリッツ】は目覚めの時に

【リラックスミスト】は休憩時に

【ボディスポーツ&ダンス】はスポーツをする時に

【ムードミスト】はデートの時に

といったような日常シーンにマッチした香りとなっていて、どの香りも魅力的
その中から実際に香りを嗅いでみて一番心地よいと感じた
【リフレッシュスプリッツ】をチョイスして使ってみることに。

【リフレッシュスプリッツ】にブレンドされている精油は
[マンダリン、グレープフルーツ、ゼラニウム、ラバンジン、バーベナ]で、
シトラス系がメインのクセのない爽やかなアロマ。
嗅ぐとポジティブになれるこの香りは、確かに『目覚め』にピッタリかも

そしてただ香りが良いだけはなく、
熟練アロマセラピストによる知識と経験をもとに、
厳選された高品質なエッセンシャルオイル使用して生み出されたブレンドなので、
心理や感情に働きかけてくれるというのも頼もしい。

 
stylearoma02
香りの良さだけでなく、気が向いた時にすぐにアロマを楽しめるのもスタイルアロマの特長。
『モバイルできるアロマ』というキャッチコピーどおりの、携帯しやすいサイズと使いやすさなので、
私もバッグの中に入れて、外出時も【リフレッシュスプリッツ】の香りを楽しんでみることに。

外出先でふとリフレッシュしたくなった時に使かってみたけれど、
手首などに1〜2回プッシュしたミストを肌に馴染ませ、
そこから広がるアロマを楽しみながら深呼吸するだけで、
気軽に気分転換できるというのが嬉しい

あと自分だけでなく、周りからも「イイ香り」と言われたのも嬉しかった
確かにパフュームなどと比べると香りは弱いけれど、
それなりにしっかり香って、思ったよりも持続力もあるので、
自分が良いと思っていても、周りにとって不快な香りだと使うのに躊躇しちゃうよね


stylearoma03
外出時のリフレッシュにはもちろんのこと、
自宅などでのリラックスタイムにもオススメ。

【リフレッシュスプリッツ】は付けた直後は瑞々しく爽やかで
『目覚め』のシーンにピッタリの元気になれる香りだけれど、
時間が経つにつれて甘い香りが表れ、穏やかで安らぎを感じられる香りに変化するので、
眠りに入る少し前に付けて、ほんのり甘酸っぱく優しい香りに包まれながら眠りにつくというのもイイかも

すでに自分で何度か試してみたけれど、予想以上に安眠できてちょっと驚き
この香りが落ち着くという方にはぜひトライしていただきたいなぁ

自分にとって相性の良い香りだというのはもちろんのこと、
気が向いた時に手軽に気分転換できる便利さという点でもとても気に入ったので、
常備アイテムの一つに仲間入り決定

tcc2013_01
"Shibuya Hikarie(渋谷ヒカリエ)"で開催されたコスメティックイベント、
"Tokyo Cosmetic Collection X'mas Party 2012 Tokyo(東京コスメティックコレクションクリスマスパーティー)"へ
※以下、Tokyo Cosmetic Collection=TCCと略

今回の開催はクリスマスシーズンということで、ドレスコードは『Luxury X'mas Party』。
パーティースタイルで来場したゲスト達も多く、会場内はなかなか華やかな雰囲気。

 
tcc2013_02
今回一番メイクアップアイテムで彩られているという印象があったのは、
"ISETAN MiRROR(イセタン・ミラー)"のブースかな。

イセタン・ミラーがセレクトしたコスメブランドのアイテムの数々が、
メイクアップのポイントなどともに紹介されていて、楽しいうえに参考にもなった〜


tcc2013_04
プロのネイリストも愛用しているネイル製品トップメーカー"OPI(オーピーアイ)"のブースも
"OPI"ならではのバリエーション豊富なネイルカラーが並び、華やかな雰囲気。

その中で特に目をひいたのが、映画『007 スカイフォール』タイアップの限定アイテム。
ホリデーシーズンにピッタリのゴージャスなラインナップ


tcc2013_05
LADY GAGAが初めてプロデュースしたフレグランス"LADY GAGA FAME"のブースは、
レディ ガガがイメージする《LADY GAGA HAUS LABORATORIES》を再現したものとなっていて、
"LADY GAGA FAME"の世界観が感じられる空間になってステキ

"LADY GAGA FAME"はボトル内では黒い液体なのに空気に触れると透明になるなど、
ビジュアル的な特徴が話題になっていることが多いけれど、
実は香りの構成もユニークで、一般的にあるピラミッド構成とは違い、
それぞれの素材が同時に現れ相互に作用する『PUSHU-PULLテクノロジー』で構成されている。

このフレグランスは毒性のある『ベラドンナ』にインスパイアされたものということで、
マニアックな香りを想像しそうだけれど、
実際に嗅いでみるとフローラル&フルーティーな甘い香りで、
大人の女性と少女らしさの顔を併せ持つ小悪魔的なイメージの香り。

 
tcc2013_03
メディアなどで取り上げられることも多く注目度上昇中のヘアケアブランド、
"Moroccanoil(モロッカンオイル)"も出展。

こちらのブランドの主力製品となっているアルガンオイル配合のヘアオイル
《Moroccanoilトリートメント》は私も使ったことがあり、
ベタつきもパサ付きもせず、ちょうど良いサラサラヘアに仕上がることや、
使用量も少量ですむ、香りが良いなど、使いやすさと仕上がりの点では好印象。

でもナチュラルコスメというわけではなく、シリコンなども含まれているので、
ノンシリコン派やオーガニック重視の方にはオススメできないかなぁ…


tcc2013_06
今回のTCCで一番印象的だったのはナチュラル / オーガニックコスメブランドの出展の多さ。
スペースはそれほど広くはないけれど、出展数は全体の約半分。
他ジャンルのブランドの出展数が減ったというのもあるかもしれないけれど、ちょっと驚き。
 
TCCも時代に合わせて、ナチュラル / オーガニックコスメブランドに注目しているのかも。


tcc2013_07
妊婦さんや乳児にも使える安全性にこだわったオーガニックアイテムを扱うブランド

以前、妊婦さんに贈ったら喜ばれた〜


tcc2013_08
「国産原料メイン」「天然由来100%」「有機原料」を大前提とした
国産オーガニックヘアケア製品を扱うブランド、
"NATURAL NUDY ORGANIC(ナチュラルヌーディオーガニック)"。

こちらのブランドの《シャンプー 〜for repair〜》と
《トリートメント〜for moisture hair〜》を使用してみたところ、
「オーガニックなのでシャンプーの泡立ちや香りは弱いかも」と思っていたのとは裏腹に、
予想以上に泡立ちも香りもしっかり。
特に予想外だったのは香りで、シャンプーもトリートメントも
優しくほのかな香りかと思いきや、
ちょっとスパイシーにも感じられるような独特な香り。
少々クセがあるけれど、けっこう気に入っちゃった

仕上がりのほうは、私が使った感想としては「サラサラ仕上がり」だったので、
シットリと仕上げたい方や、乾燥が気になる髪質の方にはちょっと物足りないかも。


tcc2013_09
自然を意識したパッケージが並ぶナチュラル / オーガニックコスメエリアで、
ナチュラルというよりはアーバンといったパッケージデザインで目を引いた
"Style Aroma(スタイル アロマ)"のコーナー。

こちらのブランドは「香りをモバイルする」というのがコンセプトで、
気分転換したいときなどに、いつでも気軽にアロマが楽しむことができる
『モバイル アロマ』をメインとしたアイテムを展開中とのこと。

 
tcc2013_10
2012年に日本に初上陸したアメリカ製オーガニック・ヘアケアブランド

オリーブオイルの効果に注目したヘアケアはよくきくけれど、
こちらのブランドはオリーブの葉のエキスにも注目。

オリーブリーフエキスはポリフェノールを含んでいるので、
その抗酸化作用で地肌のケアも期待できそう。

 
tcc2013_11
こちらも日本初上陸、フランス生まれのナチュラルケアライン
"cosmecology(コスメコロジー)"。

『植物力×パルファムコスメ』というキャッチコピーがユニークで惹かれてみたものの、
配合成分をみてみると『植物力?』とちょっと疑問が…。

 
tcc2013_12
今回のTCCのステージで一番楽しく参考になったのが
LAを拠点に活躍中のメイクアップアーティスト"Priscilla Ono(プリシラ オノ)"の
メイクアップショー


tcc2013_13
このショーではパーティーにマッチしたメイクを、
プリシラ氏がプロデュースしている"LOVEFLO(ラブフロー)"の製品を使ってレクチャー。

目力UPにこだわった、クールかつパワフルなメイクを仕上げていく。

 
tcc2013_14
ラインを強調したり、つけまつげにラメをプラスするなど、
落ち着いた色使いでありながらも、華やかなドレスにも負けないような存在感のあるメイクが完成

ブースの少なさなどが少し気になった今回のTCCだけれども、
興味を惹かれるコンテンツも多く、楽しむことができてヨカッタ


tcc2013_15
これはちょっと番外編というカンジなのですが…コスメ以外でかなり気に入った、
松竹梅白壁蔵のスパークリング清酒《澪 -MIO-》。

酸味と甘みが程よい柔らかな味わいと、発泡の生み出す爽やかさで、驚くほど飲みやすい。
鮮やかな青が目をひく美しいボトルもステキで、しばらくハマっちゃった

agnesb2013aw_30
"agnes b.(アニエスベー)"日本上陸30周年記念イベント“b. forever!”のファッションショーのフィナレーには、
5年ぶりに来日したアニエスベー氏が登場。

ランウェイを歩きながら日本のファン達に向けて感謝の気持ちを伝えるスピーチする姿は、
暖かく愛情にあふれていて、それに応えるようにゲスト達からは盛大な拍手が


agnesb2013fw_31
ショーが終わるとステージ後方のパーテーションが外され、パーティー会場が出現。

 
agnesb2013fw_32
カクテルやフィンガーフードとともに、DJプレイやライブを楽しむ素敵なひと時


agnesb2013fw_33
会場を移してアフターパーティーも開催。
深夜にも関わらず、大賑わい&大盛り上がり。

素晴らしいショーやパーティーだけでなく、
コスメやアクセサリーなど素敵なギフトまでいただき、
アニエス氏に感謝感謝な一夜なのでした

このページのトップヘ