2008年03月

2008年03月31日

結果は

今日 市民病院に行ってきました。

レントゲンを撮りましたが 結果異常なし。

「MRIを撮らないと 原因がわかりませんね。」 と言われました。

わ〜 どうしよう・・・頭の中が まっ白に・・・・・・。

なぜかは こちらをご覧ください。


「先生 私 MRIに入ると 過呼吸になるんですけど・・・閉所恐怖症です。

以前は そんなことなかったのですが 最近急に 閉所恐怖症になりました。

だから なるだけ MRIは撮りたくないのですが」


「MRIは 治療ではなくて 原因を調べる為のものですから いやだと言うのなら

それでもいいけど それでは原因がわかりませんよ。」


「麻酔をして 眠っている間にやっていただく事は できませんか?」


「それは・・・子供の場合は そういうこともありますが 大人は 普通

そういうことはしません・・・とりあえず 痛み止めを出しておきましょう。」


ということで 痛み止めを 2週間分 出していただきました。

痛み止めとは 炎症を治す薬のことです。 

内部で 炎症が おきているのかな?



これで 痛みが治まれば それでよし。


でも 痛みが取れなかったら どうしよう・・・・・。

MRIの恐怖が 待っています。

なんとか 麻酔でやっていただくように 粘り強く交渉してみますわ。




hidka19460802 at 19:30コメント(42)我が家の話 

2008年03月29日

足が痛い

木曜日から 足(脚)が痛くなりました。

脚の付け根から ひざこぞうまでが うずきます。

不思議なことに 右足だけ。

じっとしていると うずきは 治まるのですが 動くとビンビン痛みます。

あまりの痛さに ウ〜 と うめき声が・・・・・・・・・・。

金曜日と 土曜日 2日連続で 整体院に行ったのですが 治りません。


今日は 夕食の準備もできず 主人が 冷蔵庫をあさっています。

幸い 冷蔵庫には 食べものがいっぱい。

よかった〜 何もなかったらと思うと 冷汗ものです。


とりあえず 月曜日に 市民病院に行って来ようと思います。

こうして椅子に座っていると 痛みはないのですよ。

家事は 何もできませ〜ん。

神様がくれた お休みなのかな〜・・・・・。





hidka19460802 at 20:19コメント(40)我が家の話 

2008年03月27日

写真いろいろ

全部 ケータイで撮ったので 写りがよくありません。

新しいデジカメ まだ慣れなくて・・・・。

孫最近の孫(次男)です。

かわいいでしょ?

もう メロメロで〜す。







みず菜みず菜です。

食べきるまで こうやって 

水につけておきます。







レタスレタスです。

これも 食べきるまで 

こうしておきます。







白いランシンピジュームです。

今年は 6鉢咲きました。

3鉢は 友人にあげました。

1鉢は もう 枯れてしまいました。





赤いランこれは もうすぐ咲きますよ〜。

今 うちに残っているのは 

白と赤 2鉢だけです。







ノースボールこれは ノースボール。

どこに咲いていると思いますか?

うちの 門です。

ど根性 ノースボールですわ。





以上 ケータイで撮った写真を 並べてみました〜。




hidka19460802 at 21:13コメント(48)日常 

2008年03月25日

食洗機が〜

食洗機が故障して以来 ずっと手で洗っていました。

そしたら 最近 右手の親指が割れちゃって 血がにじんできました。

痛いな〜・・・・・・・



はじめに 乾燥の部分が故障しました。

洗いと すすぎは 問題なし。

乾燥になると 異常音がしました。

そこで 乾燥はしなくて 洗いとすすぎだけ 使っていたのですが

夜 寝る前にスイッチを入れて 朝起きてみると キッチンの床が濡れている。

あれ おかしいな? と思って 使うのをやめてみましたが

相変わらず キッチンの床がぬれます。

ふいても ふいても 足ふきマットが ビチャビチャ。

使わなくても水が漏れて キッチンの床が水浸しになっていたのですよ。

そこで 修理に来てもらったところ 乾燥機の部品がないというのです

仕方がないので 水のコックだけ 閉めてもらい 修理はしませんでした。

それが 昨年の9月。


ところが〜 手にひび割れができて痛い・・・・・。

乾燥はあきらめるとして 洗う部分だけ 修理してもらおうと決心しました。

そして 昨日 来てもらったのですよ。

朝 9時に電話があり 「夕方 4時から6時の間に伺います」 と言われ

待っていました。 

4時過ぎても 5時過ぎても 来ない。

時計とにらめっこをしていました。

6時過ぎても来なかったら 文句を言ってやる と思っていたら

いや〜 さすがです 6時ジャストに ピンポ〜ン。

(ほんとは 4時ごろ 来てほしかった)


直りました〜・・・修理代は 13215円なり。

キッチンの床に ノートパソコンを置き 何やらぱちぱちと打っていました。

すると 横の小さな機械から 請求書 明細書 領収書などが出てきました。

わ〜お〜 びっくりで〜す。

昔は 「端数はいいですよ」 なんて おまけしてくれていたのに

パソコンで 本社とつながっていたら おまけなんてできませんよね〜。

なんか 冷たい世の中になったな〜。



昨日 寝る前にスイッチオンで おやすみ〜。

今朝 起きてみると きれいに洗えています。

しかも 乾燥の部分は オフでしたのに きれいに乾いています。

洗いも すすぎも 熱いお湯だから そのままにしていてもきれいに乾くみたい。

買い換えると 30万円と言われていたので とりあえず よかった〜。

これで 親指のひび割れ 治るわよ。




バンバンです。

笑ころげています。

よっぽど可笑しいことがあったのかな?



実は 私が くすぐったのですよ。


hidka19460802 at 08:26コメント(54)我が家の話 

2008年03月23日

ナシがピンチ

新聞を読んでいたら え??? と思える記事を見つけたので 

要約して ここに紹介します。



日本のナシや 西洋ナシは 同一品種では 受精しないものが多い。

そのため 他の品種の花粉で 人工授粉させている。

その 花粉集めには 手間とコストがかかる。

そこで 人件費の安い中国に頼っている。

こんな記事でした〜。


つまり 手間のかかる花粉集めを 日本人がすると コストがかかるので

ナシの値段に跳ね返ってくる そこで 中国から 花粉を輸入しているらしい。


ところが ところが ここで ギョウザ事件の登場。

日本側が ギョウザ事件の原因は中国側にある と 決めつけているので

中国側の 報復措置で 日本に花粉を売ってくれないらしい。

ナシの花粉の9割を 中国から輸入していたのですって。

ギョウザ事件の再発防止のために 中国側が 日本への輸出品の検査を

厳しくしている というのは よくわかります。

でもでも 関係のない花粉を 輸出制限するというのは 報復措置ですね。


食品関係評論家の 垣田達哉さんは こう書いています。


「そこまでするのか」 と言いたくなるが そんなことをされても

「日本側が ギョウザ事件を うやむやにすることなど 決してない」 

という事が 中国には わからないのだろうか?

かえって 日本人の反発を買い ますます中国に対する不信感が

増大するだけであり 逆効果のように思えてならない。


日本のナシが 中国の花粉がなくては作ることが出来ない

ということが くやし〜い くやし〜い くやし〜い。

食品や 食材そのものだけでなく 

作物の栽培まで 中国に依存しなければならない だなんて・・・・・。


そして 新聞は こう結んでいます。

「こんなことで 本当に日本の農業は大丈夫なのか」 

という不安と失望が いり乱れた気持になる。

これでは たとえ ナシの自給率が 100%であっても

実質は 10%ということになる。

このように 私たちが知らないうちに 中国産がアメーバーのように

進出しているところが ひょっとすると 数多くあるのではないだろうか。

本当の意味での 自給率向上を もう一度考え直す必要がある。





このところ 中国のチベット問題が 新聞紙上をにぎわせています。

ヨーロッパの国々は オリンピックのボイコットを検討しているそうです。

そんな中 日本は はやばやと 

「オリンピックは ボイコットしない」

と 世界に向けて発表しましたね。

ボイコットするか しないかは 別として

「ボイコットするかもしれない」 と

中国に 圧力をかけても よかったのではないかな〜。

中国が 報復措置として ナシの花粉を 輸出禁止にしているのだから

こちらも それなりの事を考えても 罰はあたらないと思うのだが・・・・・。

こんな考えは 間違っているかしら?




hidka19460802 at 00:56コメント(44)新聞記事から 

2008年03月20日

バンの検査

バン昨日 バンの眼圧検査に行ってきました。

眼圧は 両目とも異常なしでしたわ。

血液検査もしました。

血液検査は フィラリアだけの検査なら 3000円

すべての検査をするなら 5100円 と言われたので


「全部の検査をお願いします」 と言いました。

一度 血をとられたら 全部検査してもらわないとね〜。

終わって財布をみると あらら 1000円しか入っていません。

わ〜 また やっちゃった〜。

私 これを よくやるのですよ〜 恥ずかしいわ〜。

「すみません お金を持ってきていません 取りに帰ってきます

血液検査の結果は その時にうかがいます。」

と言って帰りました そこに 娘からメールが来ました。

「髪を切りに行きたいから 用事がないなら 来てほしい」

動物病院には行かずに 娘のうちに向かいました。

検査の結果は明日でもいいし お金も 今日払わなくてもいいか〜。

そうですよ 結果を聞くだけなら 別に 明日でもいいのです。


娘の家に着いてしばらくすると お客さんがありました。

お彼岸だから おばあちゃんのお参りに来たのです。

おばあちゃんが亡くなって3年 親戚の方が 

春 秋 のお彼岸 それとお盆に 忘れずに来てくれるのだとか。

仏壇をみると うちの名前の お供えものが置いてありました。

お客様が帰って 娘に聞くと

「お母さんは 忘れると思って 私が買って置いといたわ」

というのです。

あちらの親戚の手前 自分の親のお供え物がないといけない 

と思ったようです。

そうです 私は 今回も忘れていました。

自分ちに 仏壇がないものだから すぐに忘れるのです。

2〜3日前までは 「お供え物を買わないと・・・」

と思っていたのに 歳をとるって いやですね〜。


娘は今 育児休暇で 一年間休んでいます。

そして この4月から 職場復帰するのです。

それに向けて 髪をきちんと整えようと思ったのか?

とにかく 娘が美容院に行っている間 孫と遊びましたわ。

孫(長男)は 保育所に行っているのでいません。

だから お守りするのは 孫(次男)だけ・・・ 

二人で遊びました 楽しかったな〜。

ここまでの話は 昨日の出来事です。


そして今日(3月20日)

朝一番に 動物病院に行ってきました。

検査の結果 すべて異常なし。

体重は 15キロ これでいいそうです。

もうダイエットしなくても 現状維持なら OKだとか。

今日は 2万円持って行きました。

会計は 8020円でした〜。


これで 春休み中の 私の仕事の一つが 終わりました。

バンちゃん よかったね。



 

hidka19460802 at 09:41コメント(48)動物 

2008年03月17日

面白いでしょ?

スナックこんなお店 行ってみたい

と思いませんか?






たて看泥棒さん 行きたくても行ってはダメですよ。

進入禁止なんですから。













散髪屋どの選手の髪型になるのかしら?

お客さんの反応が聞きたいな〜。











看板1駐車したら大変ですよ。

特に 新車は 気をつけましょうね〜。





貼り紙男性の方 お気をつけ遊ばせ。

オスの犬も 気をつけた方がいいかも〜。









らくがき店主の気持ち よ〜くわかります。

でも 「超」 という字 間違ってる〜。






みなさ〜ん 大笑いしたのは どれですか?



hidka19460802 at 18:58コメント(55)雑談 

2008年03月14日

中国という国

今年 8月8日に開幕する 北京五輪の影響

新聞に載っていた 典型的なエピソード

五輪期間中に より高値で貸そうと 現入居者を追い出す家主が現れた。

市中心街の 高級マンションに住む 会社員の日本人女性の場合。

借りている部屋は 2LDKで 家賃は 日本円で 約 25万円。

それが 昨年末の契約更新の際 いきなり倍近い 48万円と言われ唖然とした。

女性は マンションを出ることを決めた。

「五輪後 たとえ値段が下がっても 絶対戻って来ない」 と憤る。


こんな記事が 今日の新聞に載っていましたよ。

それから こんな記事も。


北京市内の主要ホテルは 昨年夏ごろから 五輪期間中の宿泊料金を

相次ぎ 発表した。

軒並み 4倍から 5倍で 中には 10倍以上に設定したホテルもある。

「五輪期間中 全泊しないと 部屋は提供できない 料金は前払いで」

と むちゃな条件を示すところも 多かった。

しかし バブルに便乗したホテルの 予約状況は かんばしくない。

問い合わせてみると 空きが目立つホテルが多く

ほとんどが 「全泊」 「料金前払い」 などの条件を 引っ込めていた。

つりあげた料金を 3割ほど下げたホテルもあった。


と こういう記事でした。


「全泊」 が条件だなんて バカにしていると思いませんか?

オリンピックの 開会式から閉会式まで 北京にいる人が どれだけいますか?

それでなくても 空気が悪いから 早く帰ろうと思っている人が多いのに。

日本からの ツアー料金も オリンピック期間中は いつもの5倍くらいの

価格だそうですよ それには こんな理由があったのですね〜。


黄砂も 中国が 何の対策も打たなかったから こんなにひどくなったのに。

これが 反対に 日本の黄砂が 中国に飛んで行くと考えたら

どれだけ 責められるか・・・・・。

毒入りギョウザも そうですよ。

上から 「我が国が原因だと 認めてはならない」 と命令があったはず。

日本と共同で捜査をして 原因を突き止める と言いながら

本当は 日本がどんなことを言い出すか それを 見極めに来ているのに。

日本がこう言ったら こう言い返す と ちゃんと答えが出来上がっている。

そんな事は とっくにわかっていても 何も言えない日本。

福田さん 中国に なぜそんなに 遠慮しているの?



hidka19460802 at 15:56コメント(42)新聞記事から 

2008年03月11日

過呼吸

みなさんは 過呼吸 という病気をご存じですか?

ご存じない方は ここを クリックして下さい。

私が ちょっと前に 軽い過呼吸になったのですよ。

私は 閉所恐怖症では ありません。

ところが 急に 閉所恐怖症になったみたいで 突然 軽い過呼吸になったのです。

それは MRIを撮るときの事でした。


私は 今までに 3度 MRIを撮っているのです。

一度目は どこも悪くないのに 脳ドックを受けました。

これは 自費です。 結果は 異常なし。

そして 足が痛い時 二度 撮りました。

三度とも 別に何ともなく 平気だったのですが 

先日 耳鳴りのため 脳のMRIを撮ってもらうべく 予約をしました。


そして 当日 MRIの機械に入りました。

「20分かかります その間 動かないでくださいね

何かあったら このボタンを押してください」

と いわれ 「はい」 と返事をしたものの

いざ 入ってみると 急に 背中がかゆくなり 顔がかゆくなり

足がかゆくなり パニックになりました。

「どうしよう 動いてはいけないし このかゆみを20分我慢しなくては」

と思ったら もう いけません。

目を開けると すぐ目の前に 壁があります。

「このまま 機械が故障して この機械から 火が出たらどうしよう」

なんて 今まで 考えなかったことが 頭をよぎりました。

そしたら 呼吸が速くなり 動悸がして 苦しくなりました。

急いで ボタンを押したのですが 何もしてくれません。

早く 早く と思いながら もう一度 ボタンをおしました。

それでも 何もしてくれません。

「もうすぐ 何か言ってくれる」 と思いながら待っていたけど

やはり 何もしてくれません。

そこで もう一度 ボタンをおしました。


そこで やっと

「どうしましたか?」 と聞いてくれたのですよ。

(遅い ちゅうねん。 ほんとに もう・・・・。)

「苦しいです 出して下さい」 と叫びました。

すると やっと 出してくれました。

機械から出ても 私の呼吸は 速いまま

「ハッ ハッ ハッ ハッ」 と速い呼吸です。

先生たちが集まってきて 心配そうに私を見ていました。

しばらくすると やっと 速い呼吸がおさまりました。

「軽い 過呼吸ですね しばらく休んでから もう一度しましょう」

といわれましたが 私は もういやだ と思いました。

「もう 今日は無理です 日を置いてから また来ます」

と言って その日は 帰りました。

あれから 狭い所が怖くなり もう二度と MRIには入りたくありません。

これから MRIを撮らなければならないような 病気になったらどうしよう。

とっても 心配です。

皆さんは こういう経験は ありませんか?



hidka19460802 at 16:04コメント(62)我が家の話 

2008年03月09日

漁師

かって 世界一の漁獲量を誇った 水産大国日本も 現在では

中国 チリ に抜かれて 第三位に転落しています。

その代わり 輸入魚が年々増え たとえば 国内で食べられる 

マグロの 2切れのうち 1切れは 輸入もの

カニは 4匹のうち 3匹は輸入もの

エビは 10匹のうち 9匹は 輸入もの

タコは 2匹のうち 1匹は 輸入もので

今や 日本は すっかり水産輸入大国になっています。


なぜこのような事になってしまったのか?

それは 漁師の数が 年々減り続けているからです。

1973年 60万人近くいた漁師は

1998年には 28万人に減りました。

なんと 25年間で ほぼ半減です。

高齢化も進み このままでは 2020年に

日本には 漁師がいなくなってしまいます。


昔から 農業の後継者不足は 社会問題となっていますが

漁業の後継者不足も それに劣らず 深刻です。

まだ 夜も明けないうちから漁に出たり 一度遠洋に出ると

何ヶ月も自宅に帰れなかったりと 漁師の労働条件は 厳しいのです。


昔は 漁師の子供は 小さいうちから 漁に連れ出されたり

海の怖さを教えられましたが 今では そんな事はなくなりました。

さらに 輸入ものの増加で 魚の値段は 下がる一方。

大量に恵まれると 御殿が建つ時代は 遠い昔の話になってしまいました。

そういう事情もあって 漁師になる人は ますます少なくなってきています。


脱サラして農業を始める人はいますが 漁師に転職する人は少ないのです。

今後 何らかの対策を取らなければ 日本の漁業は確実に衰退してしまいます。


以上 いつものように 「食べ物裏話」 という本からの記事でした〜。


私 魚大好き。 全部が輸入になってしまったら さびしいですね〜。

それにしても 先日の 海難事故 親のあとを継いで漁師になった青年が

父親と一緒に 行方不明になっています。

ご家族は  

一週間捜してわからない時は捜索を打ち切る という海の習わしのとおり 

捜索の打ち切りを 願い出ました。

あの青年は 老人ホームなどの施設に 自分から

「魚を差し入れしたいけど よろしいか?」 と申し出て

何年も前から ボランティアで 魚を差し入れていたそうですね。

最近は 漁獲量が減って 差し入れする魚も少なくなり申し訳ない

と言っていたそうです。

あんないい青年がと思うと 本当に辛いですね。




hidka19460802 at 17:33コメント(58)びっくりする話 
訪問者数

ワンクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

http://www.dff.jp/
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ