新聞記事から

2011年05月13日

原発賛成派でした

スッカラカンの菅総理が 静岡県御前崎市にある 中部電力の浜岡原子力発電所の

運転を停止すると 決断しましたね。

これは 本当に国民のためを思って決断したのか? 

それとも 決断力があるという事を示すための パフォーマンスなのか?

いずれにせよ 決まったことです。



理由は これから30年間の間に 地震がくる可能性が 87%だから。

ところが 福島原発のあるあの地区に 地震が来る可能性は ゼロだと

発表されていたのですってね。

地震予知研究会は いらないと思いませんか?

たくさんの税金を使って研究していて ゼロだと発表していたのに このザマ。



私は 今回の福島原発の事故があるまで 原発は安全だと 確信していました。

だから 原発は 大いに賛成だったのです。

理由は 安い電気を大量に使いたいから。

原子力発電は CO2を出さないので 地球温暖化を防止するためにも

いい発電方法だと思っていました。

でも 原発が安い というのも 事故がなければですよね。

こんな事故が起きれば 途方もなく高い電気 ということになります。



火力発電は 石油の値段が上がれば 即 電気代に跳ね返ってきます。

日本に石油が出ない と言う事は 売ってくれなくなったら お手上げですよね。

太陽光発電は コストが ものすごくかかります。

風力発電や 水力発電も さほど電気は生みません。



原発のある都市は 雇用が生まれ 国からの交付金も たくさん入ってくるので

いいことばかりだと思っていました。

そんな私の考えを 30年も前に 否定した先生がおられます。

私が勤める学校の理科の先生(男性)です。 

(今は別の学校に転勤されています。)



その先生の偉いところは 反対運動をするだけではなく 実践しておられました。

30年前 私の家には カラーテレビが 2台ありましたが

その先生の家には 白黒テレビが 1台だけ。

私のうちには エアコンがありましたが 

その先生のうちにはありませんでした。

その他 電化製品は 必要最小限しかなく

「原子力発電所がなくても 生きていける」 と 言っておられました。



私は 快適な生活を求めていたので その先生の言う事に 賛同することはなく

原発はいいものだと 思いこんでいたのです。

今 私達の生活には あってもなくてもいいようなものが たくさんありますね。

衣類 布団 食器 それぞれの乾燥機 

空気清浄機 加湿器 除湿機 そのほかにも いろいろあると思います。



日本の原発がすべてなくなったら これらを使えないだけではなく

計画停電が ずっと 続くかも知れません。

一生 計画停電を受け入れるか それとも 原発を続けるか

どうしたらいいんだろう?






hidka19460802 at 18:48コメント(36) 

2010年05月16日

参議院選挙

ちょっと前ですが 新聞に 共感する記事が載っていたので 紹介します。



昇る朝日もいつかは沈む。

平家物語を学校で習わなくても 盛者は必衰すると 大方の日本人は肌で感じている。

ただしずば抜けた才能をもち 努力を怠らず長くトップの座を維持している人ほど

自分は例外 と信じたがるようだ。


もう34歳になった「ヤワラちゃん」こと 女子柔道の谷亮子選手の

参議院選への立候補表明は 漫画そのものだった。

子育てしながら平日は国会に通い オリンピックで金メダルをとろうなんて

常人では考えもつかない。


先例はある 当選翌年 アトランタ五輪に自転車競技で出場した

橋本聖子参議院議員は 「国会は仕事をしなくていい所なのか」 と

袋だたきにあった。

「二足のわらじは両方の力になると信じていたのに どちらの世界も傷つけた」 

と反省した橋本氏は 選手生活にピリオドをうち 議員活動と子育てを

見事に両立させている。


家族は言いづらいだろうから 小欄が代わりに言ってさしあげるが ヤワラちゃん

国会を目指すならロンドン五輪はあきらめなさい。

そもそも柔道選手としてのピークはとっくに過ぎている。

2年前の4月 全日本柔道連盟が 北京五輪代表を決めると銘打った大会の決勝で

彼女は山岸絵美選手に完敗した。

にもかかわらず 全柔連は 谷選手を代表に指名した。

実より名をとったわけだが 案の定 北京五輪では銅メダルが関の山だった。


何より情けないのは 「百万千万の味方を得た」 と谷選手の横で破顔していた

民主党の小沢幹事長をはじめとする政党人の面々だ。

参院選では自民党など野党も 元野球選手や歌手らを大量に立候補させる予定だが

有権者をなめきっているのではないか。

参議院は落ち目のタレントや 元スポーツ選手を再雇用する場ではないはずだ。




以上です こんな新聞記事を読んで とっても共感したので

取り上げてみました。


うちの主人は ヤワラちゃんの先輩ですって。

日頃 「おれの後輩」 と ヤワラちゃんのことを いろいろな面で

ほめちぎっていましたが さすがに今回は

「ヤワラちゃんは アホとちゃうか」 と 言っています。


ヤワラちゃんに勝ったのに オリンピックに出られなかった山岸絵美選手は

「私は これ以上何をしたら オリンピックに出られるのか?」

と嘆いていたそうです。





hidka19460802 at 16:20コメント(44) 

2010年04月25日

554人分の子供手当

今日の新聞で びっくりする記事を見つけました。

韓国人男性が 尼崎市役所に 554人分の子供手当を請求したそうです。

タイで 養子縁組をした と言っているんですってよ。

554人分の 1年分を請求したのだとか。

新聞には 8400万円請求したと書いてありますが・・・。

外国には 戸籍制度のない国がたくさんあります。

そういう所では 本当に養子縁組をしたのかどうか わかりませんよね〜。



この50歳代の韓国人男性は 申請に必要な書類を インターネットで

入念に調べた上で請求しているので 書類はきちんとそろっているそうです。 

タイ国の修道院の孤児 554人を養子縁組したと言っているそうですよ。

ところが 今月 厚生労働省が 各自治体に配布した書類に

「母国で 50人の孤児と養子縁組を行った外国人については 支給要件を

 満たしませんので 子供手当は支給されません」 の一例があったため

 尼崎市は 厚生労働省に電話で照会したのち

「554人と 生計を同じくしているとは判断できず 社会通念上も

 認められない」 として受理しなかったそうです。

男性は なぜ対象外になるのかと不満をもらし 3時間にわたって粘り続けたが

最後は 厚生労働省の担当部署を聞き 帰って行った・・・そうです。




今回は 554人という 常識はずれの数字だったので 受理しませんでしたが

これが 10人とか20人だったら 受理せざるを得ないのではないでしょうか?

それにひきかえ 日本人の夫婦が 子供を日本に置いて 自分たちだけ外国転勤

している場合には 子供手当は 支給されないのですってね。

矛盾していますよね〜。



高校授業料無償化も 大いに問題ありです。

もともと 経済的に困っている家庭は 授業料減免という制度を使って

授業料は 払っていないのですよ。

だから 今回の制度は 経済的に困っている家庭には 何の恩恵もないのです。

こちらの方こそ 子供手当のように 現金で渡さないとね〜。


今日の新聞を読んで びっくりしたので 思わず ブログ更新しちゃいました〜。




看板
















hidka19460802 at 11:50コメント(36) 

2010年02月15日

サラリーマン川柳

バンクーバーオリンピック モーグルの上村愛子選手 残念でしたね〜。

かわいそうで 涙がでました。




第一生命の 2010年 サラリーマン川柳が発表されましたね。

では ここに 私のお気に入りを書き出してみます。


1  体脂肪 燃やして発電 できないか

2  仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い

3  草食系 いいえ我が家は 粗食系

4  定年後 肩書き外れ 人離れ

5  妻キレて 「来とうなかった 嫁になど」

6  ただいまは 犬に言うなよ オレに言え

7  気をつけろ ブレる上司と キレる部下

8  喫煙所 捜して歩き 10000歩

9  年賀状 生きてる証に 投函し

10 ママドラマ パパ現実に 涙ぐむ

11 喫茶店 味より大事な 喫煙可

12 あなただけ 言ってた妻が あなたどけ

13 子供でも 店長なのにと 妻なげく

14 さあ定年 妻が差し出す 求人誌

15 先を読め 読めるわけない 先がない

16 埋蔵金 ほんとにあった 妻名義

17 手抜きした 妻の言いわけ エコ弁当

18 朝カレー 聞こえはいいけど 残り物

19 「離さない」 10年経つと 話さない

20 忘れ物 昔はチューで 今はゴミ



いかがでしたか?  どれも 傑作ぞろいですね〜。

大声で笑いながら読み 書き出してみました〜。


皆さんは どれに共感しましたか?


 

hidka19460802 at 10:10コメント(46) 

2009年12月06日

じいちゃんのカレー

またまた あの 夕焼けエッセーで おもしろい話を見つけました。

これは 東大阪市 29歳の主婦の投稿です。

ここに その全文を 載せますね。



うちのじいちゃんは 大正10年 7月5日生まれの 88歳だ。

そんなじいちゃんの作るカレーが 家族にすこぶる評判がいい。

私の旦那は

「今日のカレーうまいな じいちゃん作ったやろ」

と ズバリ言い当てるほどだ。

近くのスーパーに売っている普通のルウを使っているのに 

なぜそんなに違うのか? と疑問を感じていたところ 謎が解けた。


ある日 じいちゃんが 「今日はカレー」 と言い

私は気にせず 横で サイドメニューのハンバーグを作っていた。

しかし そこで目にしたのは みりん 酒 和風だし といった

カレーとはかけ離れているものばかり 投入しているではないか。

「え? そんなん入れんの?」 と聞くと

「あるもん 何でも入れたらええねん」

昔の人ながらの答えだ。

「じゃあ このほうれん草も入れたら? もう古いし」 と言うと

「ほうれん草はいらん」 とあっさり却下された。


どういった こだわりがあるのか わからないが

じいちゃんには じいちゃんの こだわりがある様子だ。

みんなから 「じいちゃんのカレー おいしい」 と言われるのも

まんざらではなさそうだ。

今日も 台所から カレーのいい匂いがする。



以上です。


カレーに 和風だし 酒 みりん・・・・私もやってみようかしら?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




最近の ばん(甲斐犬)です。

もう9歳 全体に 白髪が目立つでしょう?

胸の中央にある 白い部分 あれは白髪ではありません。

あれは 甲斐犬の特徴なんです。


まつ毛も 白くなりました。

左目が失明しているのが わかりますか?

右目の眼圧は正常なので 今のところ心配はいりません。

でも 月に一度 病院に連れて行って 眼圧検査をしてもらっています。


ばん
























hidka19460802 at 10:02コメント(56) 

2009年10月16日

動物より人間保護を

気になる新聞記事を見つけました。

ここに 抜粋してみますね。



動物虐待防止などを目的とする 中国初の法律 「動物保護法」 

を制定する動きが際立っている。

中国の専門家らによる草案が すでに完成し 広く意見を求めるために

このほど 全文が ネットで公開された。


草案は 12章 182条からなるもので

ペットや 食用・実験用を含む すべての動物の「権益」 を守ろうというもの。

現行の刑法には 希少動物の捕獲禁止を定める項目はあるが

一般動物は 保護の対象外だった。


近年 経済発展に伴い 都市部を中心に ペットブームで

整形手術で 愛犬を パンダや ロバ ブタなどの姿に変えたり

レーザーで 熱帯魚の体に 漢字を入れ墨したりするのが 流行っている。


狂犬病予防のために 町中の犬を処分する地方もあり

欧米メディアから 「動物への愛情がない国」 と批判されていることが

法律制定の動きの背景にある。


法案は 動物の快適な生存環境を 飼い主に義務づけ

地方政府による 無差別な処分を禁止する。

ライオンに 火の輪くぐりをさせることや 闘牛 闘犬 闘鶏 などを認めない。

違反者には 罰金や 最高で懲役3年の刑罰を科す という厳しい内容だ。


ネットの世論調査では 約8割の市民が法律を支持しているが 反対意見もある。

土地を奪われる農民や 医療保険の対象外の出稼ぎ労働者など 守るべき人間の

権益がまだたくさんあるのに 動物の話は 時期尚早だ といったものだ。




という記事でした〜。

ペットに整形手術? びっくりですね〜。

熱帯魚に 入れ墨? あいた口が ふさがりません。

人間も 動物も しっかり 守ってほしいものです。

中国さん 先進国の仲間入りをしたいなら しっかり考えて下さいね。



ワンコ



















ワンコ2



















かわいい 動物で 癒されて下さいませ〜。




hidka19460802 at 16:57コメント(49) 

2009年09月09日

最期の門出に

またまた あの 夕焼けエッセーを紹介します。

これは 49歳 女性の投稿です。



近頃の葬式事情は ずいぶん様変わりしたものだ。

伯母の告別式に出席して つくづく思った。

香典を受け取らない形式や 式の進行を葬儀社が取り仕切るのは 

何度か見たので知っていたが 地味な霊柩車には驚いた。


車体はグレーで よく見かける大型車と大差ない。

霊柩車と言えば 黒塗りの車体に 豪華絢爛の装飾がついているものと 

思い込んでいた私には おかしな気がした。

すると

「あの車 ベンツやわ」 弟が小声で耳打ちする。

思わず目を凝らしてしまった。

我々庶民には 一生縁のなさそうな高級車だ。


同時に なぜ霊柩車が豪華な造りだったかもわかった。

人生最期の旅立ちくらい とびきり立派な車で送りだしてやりたい 

という遺族の希望を 葬儀社が 商売にとり入れたのだろう。

「最近は多いで。 黄金装飾の車は 維持するのが大変やからな。

普通車に切り替えるところが増えてるんや」 とは 夫の弁。


ベンツが普通の車だろうか。

見た目の華やかさよりも ブランドにこだわるようになった のではないか。

私も 金ぴかの霊柩車よりも 絶対ベンツで送られたい。


「ウチは反対。一目で霊柩車とわかる車なら 通りがかりの人も

厳かな気持ちになるやろ? 葬儀にはそういう厳粛さが大切なんや」 と 娘。

そういう考え方もあるのか。

人生色々。 死に方も色々。

最期の門出に乗る車も 好みに合わせて選べるなら それに越したことはない。




以上です。 いかがでしたか?

私も 最近 思っていたのですよね。

近頃の霊柩車 昔のような 観音開きの金ピカではないな?・・・と。

維持費が大変なんですね〜 そういうことだったのか〜。


私も 最期の門出には 金ぴかの霊柩車より ベンツがいいな。




車













ベンツも こうやって 造られるのかしら・・・まさかね〜。




hidka19460802 at 10:18コメント(38) 

2009年08月31日

ど忘れ

いつものように 夕焼けエッセーからの記事です。

今までの 夕焼けエッセーは ここです。

老犬の幸せ

集団スリの話

スリッパ

育児休暇日誌

彼女の本心

三途の川でバタフライ

だいたい こんなものですね。

まだあるかも知れませんが 自分のブログなのに 見つけられません。



では 今日の夕焼けエッセー いってみましょう。

これは 69歳の男性の投稿です。



ある雨の日 スーパーの傘立ての前で 買い物を済ませたばかりの熟年の女性が

店員に くってかかっていた。

「ここに 傘を立てておいたんやけど」

気の弱そうな男子店員は 傘立てと女性を交互に見比べながら 無言で

目をしばたたいている。


「ここに立てておいた私の傘が なくなってしもたんよ」

女性の口調はしだいに厳しく 非難を込めたものに変わっていった。

「買ったばかりの傘なんよ。どうしてくれるの」

男子店員は 相変わらず 気弱そうな申し訳なさそうな表情で ただ黙って

立っているばかりだ。


その時であった。

先刻から2人の傍らで ことの成行きをじっと見守っていたおばあさんが

女性に向かって しわがれた声をかけた。

「あんたはん捜してはるの その腕にかけてはる傘 ちゃいまんのか」

「・・・・あ!・・・」

傘は 女性の左腕にかかっていた。


「・・・・どうも・・・・すみません」

先ほどまでの 居丈高な態度はかき消えて ほとんど聞き取れないほどの

か細い声でつぶやくと 女性は そそくさと逃げるように立ち去った。


こんな場面に遭遇すると 最近とみに ど忘れのひどくなったわが身としては

「よっ ご同輩」 思わず駆け寄って ポンと肩でもたたいて 

なぐさめてやりたい親近感を覚えてしまう。



こういうエッセーでした。

私も これを読んで 「あるある」 とつぶやきましたよ。

買い物に行く時 家の鍵を 手に持って

「鍵がない 鍵がない」 と騒いだことがあります。


みなさんは こういう経験 ありませんか〜?




記事とは関係のない 面白画像です。



一体化
























hidka19460802 at 20:57コメント(47) 

2009年07月24日

選挙戦スタート

「長き雨の烙印」 「天国の罠」 などで有名な 堂場瞬一さんの言葉です。

共感する部分があったので ここに紹介します。


日本という国は 誰かが得をするという目論見(もくろみ)がない限り

何も始まらない。

誰かとは 主に 地方を含めた政界であり 経済界である。

そして 使い古された表現だが 「利権の構造」 を象徴するのが道路なのだ。

国会には 泥棒や人殺しよりも性質(たち)の悪い連中がたくさんいる。

わざわざ そういう連中ばかりが 国会議事堂に来てるんじゃないかと

思ったことがある。


以上です 共感する部分がありましたか?



「不謹慎だけど お盆になると 政治家になるんじゃなかったと思います」

若手議員が こう言ったそうです。

お盆には 選挙区の中で 新盆を迎えた家を 一軒一軒訪ねる。

それがいつか 政治家にとって 義務のようになってしまっているそうですね。



みなさんは 「どぶ板選挙」 という言葉を聞いた事が お有りでしょうか?

これは 

「お宅の家の前の どぶ板一枚でも 取り変えてあげますよ」 という

立候補者の 約束のことだそうです。

国会議員たるもの そういう一軒一軒の面倒を見るのではなく 

国のために働いてほしいものです。




話は変わりますが

うちの主人が ママさんバレーの面倒をみている かい・・市(kaizukasi)の

体育館使用について 年間計画表を見て 驚きました。

1月に 年間の計画表をもらってきたのですが それによると

8月30日は 選挙の予定 と書いてあるのですよ。

全日本女子の 公開練習だとか ママさんバレー大阪大会の予選だとか

いろいろ予定が組んである中で 投票日を誰が予想したのでしょうね〜。

市役所の 体育課の課長さんかしら?

すごい予言者ですね。




今回の選挙 

前回は 風に乗って 自民党に勝たせ過ぎた という反省があります。

自民党 民主党 公明党 共産党 どこに投票するにせよ

今度こそ 冷静に 日本の未来を考えた選択をすべきです。

クールな視線で見つめて よく考えて投票しましょうね。





hidka19460802 at 09:44コメント(40) 

2009年07月19日

老犬の幸せ

以前にも 「夕焼けエッセー」 から いろいろと 引用してきました。

その代表的なものは これ 「三途の川でバタフライ」 ですね。

またまた いい作品を見つけたので 引用します。

これは 6月の月間賞なんですよ。

作者は 79歳の男性です。



老犬の幸せ

昨年の秋 娘が 1匹の老犬を 施設に頼まれて 引き取ってきた。

その芝犬は 認知症となられた飼い主から預かった犬で その前は 野良犬だった。

野良犬だった頃には いじめられ ようやく飼われた主人からは見放された。

不遇な半生は 彼を 人間嫌いにさせ  何事にも反応しない性格となって

「無言のゴン」 と呼ばれ 施設で暮らしていた。


施設の慰問に通っていた娘にだけは なぜかなついて老後の面倒をみる運命となった。

人間なら 90歳になる年齢は 嗅覚と聴覚だけを残して 何の芸もできない。

愛称ゴンチは 身震いすると 腰が砕けて ヨロヨロとよろめく。

それでも 1日3回の散歩が日課となって 1回は私の義務となっている。


「さあ散歩いこか〜」 と声をかけても 無表情に濁った目で見上げるゴンチだが

リードの金具で床を叩くと 散歩とわかり ゆっくりと立ち上がる。


トボトボと歩く姿の 一目で老犬とわかるゴンチに

「ほんでもあんたは 今は幸せやさかい頑張りや〜」 と通りすがりのおばちゃんが

憐みより しみじみと温かい励ましの言葉を かけてくれる。


散歩は一向にはかどらない。

少し歩いては立ち止まり 考え込むように動かない。

雨の日は特に 散歩が嫌いなのか 無理やり引きずり歩かせる。

それでも 娘にだけは尾を振って 喜びの感情を示すのが救いだ。


ゴンチは 明日への夢は見ず 今日一日の幸せな時間をたっぷりと過ごしている。

そして私も ゴンチとの 老老介護の平凡な日々に明け暮れている。


こういう内容のエッセーでした。

いかがでしたか?


雨の日に 無理やり引きずりだされるのは 少しかわいそうな気もしましたが

少しずつ 一日3回という散歩で 健康を維持しているのですね。

犬の幸せは 飼い主次第 この犬も 幸せな最期を迎えることだと思います。

しんみりさせられるエッセーでした〜。




hidka19460802 at 19:19コメント(46) 
訪問者数

ワンクリック募金

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

http://www.dff.jp/
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ