聖刻リチュアのブログ


新年明けましておめでとう御座います。
今年も聖刻リチュアが盛り上がるよう努めて参りますので、宜しくお願い致します。
早速では御座いますが、今回は【聖刻リチュア】で採用出来そうな今後のカードを紹介していきます。
カードのステータス詳細は省きますので、各々検索にてご確認下さいませ。






《宣告者の神巫》
(1)の効果でEXデッキから《虹光の宣告者》を墓地に送る事で、儀式モンスターまたは儀式魔法をサーチ可能です。これは今までも《ゲール・ドグラ》で行なえていた事ですが、あちらと違いLPに影響されないという利点があります。《ゲール・ドグラ》は複数回効果が使える事、こちらは「レベル変動が自由」「チューナーである」事で差別化していきたいところです。
(2)の効果でレベル2以下の天使族を特殊召喚出来る効果は現状おまけと捉えております。あって損は無い効果ですが「聖刻」をリリースして展開したいのが【聖刻リチュア】なので、「聖刻」が手札に無い最悪のケースに使用したいくらいに留まりそうです。ドラゴンリンク型であればこの効果で《星杯の妖精リース》を呼んでこれるので、そこから「星杯」をサーチして展開する流れを上手く組み込めれば良さそうな気はしています。




《清冽の水霊使いエリア》
待望の水属性霊使いリンクモンスター。
(1)の効果の狙い目はやはり《水晶機巧-ハリファイバー》。そこから更にリンク召喚を狙っていきたいところです。今のところこの2体を素材にして出したいリンク3~4が見当たらないので、今後のリンクモンスター強化に期待したいです。
(2)の効果で「リチュア」モンスターをサーチ出来ますが、受け身のこの効果から使いたい「リチュア」が無いのが難点。基本的にサイド要因で対水属性で今後の活躍が期待されます。





《深海のアリア》
墓地の水属性を除外してデッキから《シャドウ・リチュア》をサーチする事が可能です。ドラゴンリンク型なら《星杯の神子イヴ》や《水晶機巧-ハリファイバー》が墓地におけるので発動条件は満たしやすそうです。
サーチ先は《シャドウ・リチュア》の他に《ヴィジョン・リチュア》や《深海のディーヴァ》も良く、《深海のディーヴァ》をサーチして召喚→《ヴィジョン・リチュア》を特殊召喚させて《虹光の宣告者》のS召喚に繋げられる等、無駄なく採用し合えるのが嬉しいところ。3積みする程ではなさそうですが単純に《リチュアの儀水鏡》の疑似サーチが行えるので使い勝手は良さそうです。「リチュア」と相性の良い海竜族が増えたらより重要度が増しそうなので3枚確保したいところです。






《白の水鏡》
こちらは既に先行販売されていますが、レベル4以下の魚族を蘇生しつつ同名カードをサーチ出来る魔法カードです。
《リチュア・アビス》を蘇生して同名をサーチしつつ、更に「リチュア」モンスターをサーチ!…なんて事が出来たらどれだけ良かった事でしょう。非常に惜しいカードです。《リチュア・アビス》側が「時」の任意効果なのでタイミングを逃してしまいます。今後《リチュア・アビス》と相性の良い新規魚族が登場した場合に活躍出来そうなので今から確保しておこうと思います。





…以上。
「聖刻」と相性の良いドラゴン族の強化が入ったものの、ここ最近は規制続きで困っておりましたが、今度は水属性や魚族、海竜族といった「リチュア」寄りの強化がやってきたので今後の新規カードにも注目したいところです。新年早々幸先の良いスタートがきれそうで嬉しいですね。

いかがだったでしょうか。
ご意見ご感想などありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。

早いもので今年も残り後僅かとなって参りました。
まともに更新をしておりませんでしたが更新を始めて早1年。聖刻リチュアを通じて色んな方に出会え、共感出来た事に感謝の気持ちで一杯です。正直始めるまでは完全に忘れ去られたデッキとして誰にも見向きもされないのではないかとビクビクしておりました。

来年からは4月改訂版のマスタールールも導入され、今まで以上に自由度の高い【聖刻リチュア】が組めそうで今から楽しみです。ただ、新ルール導入に伴う2020年4月のリミットレギュレーションは大規模規制も予想されるので、今組んでいる構築が果たしてどこまで許されるのか検討もつかずモチベーションもあるんだか無いんだか、といったのが正直なところです。個人的には【ドラゴンリンク】寄りの今の構築がお気に入りなのであまり崩したくはないのですが、マスタールール3以前の《セイクリッド・トレミスM7》を連続召喚していくスタイルに戻した方が被害も少ないのかな?と思っていたりもします。新規の《宣告者の神巫》や深海シリーズによる水属性強化もくるので動向を探りながらの調整を行っていこうと思います。


そして今後の更新についてのお話がもう一つ。
今までは【聖刻リチュア】のみを扱った記事や動画を投稿して参りましたが、他のテーマのデッキも扱っていこうか検討中です。理由としては他のテーマから【聖刻リチュア】に触れてもらえる機会を増やすという意味ではいいんじゃないかなーと思っていたりもします。…というのが一つと、本音をいえば「聖刻リチュア」というテーマが限定的すぎてドラゴン族、水属性等の大きな括りで強化がこないと更新頻度が下がりモチベーション維持も難しいというのもあります。
勿論【聖刻リチュア】を中心に記事を投稿していきますが、色んな可能性を考慮しながら今後の方向性を定めていきたいと思っておりますので、宜しければ今後もお付き合い頂けると幸いです。


2019年。今更なテーマのデッキを使って手探りで投稿を始めて参りましたが、来年は今年以上に【聖刻リチュア】が盛り上がるようなそんな内容を目指そうと淡い夢と希望を抱きつつ、今年1年を締め括らせて頂こうと思います。また来年もどうぞ宜しくお願い致します。

海外のリミットレギュレーションが発表され、日本に続き《守護竜アガーペイン》が禁止カードに指定されました。
良い機会だったので今回は海外リミットレギュレーション仕様の【聖刻リチュア】のデッキレシピと展開手段を研究してみました。海外圏は微妙にルールが違ったりするので正しい処理が行なえていない箇所がありましたら、勉強になりますので教えていただけると幸いです。お詳しい方々、宜しくお願い致します。
果たして需要はどこにあるのか、疑問はつきませんがお付き合いいただけると幸いです。








◾️通常モンスター
《守護竜ユスティア/Guardragon Justicia》2枚
ラブラドライドラゴン/Labradorite Dragon》​

▪️儀式モンスター
イビリチュア・ガストクラーケ/Evigishki Gustkraken
《イビリチュア・マインドオーガス/Evigishki Mind Augus》

▪️効果モンスター
星杯守護竜/World Chalice Guardragon》
《ヴィジョン・リチュア/Gishki Vision》
ゲール・ドグラ/Gale Dogra
星杯妖精リース/Lee the World Chalice Fairy
リチュア・アビス/Gishki Abyss》3枚
《カーボネドン/Carboneddon》
《ドラコネット/Draconnet》3枚
《マスマティシャン/Mathematician》2枚
シャドウ・リチュア/Gishki Shadow》3枚
聖刻龍-シユウドラゴン/Hieratic Dragon of Su》3枚
聖刻龍-トフェニドラゴン/Hieratic Dragon of Tefnuit》3枚
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン/Red-Eyes Darkness Metal Dragon

▪️魔法カード
儀式準備/Preparation of Rites》2枚
サルベージ/Salvage》3枚
召集の聖刻印/Hieratic Seal of Convocation》3枚
《リチュアの儀水鏡/Gishki Aquamirror》3枚
《星遺物守護竜/World Legacy Guardragon

▪️罠カード
無し

▪️エクストラデッキ
光の宣告者/Herald of the Arc Light》3枚
星杯神子イヴ/Ib the World Chalice Justiciar
ヴァレルロード・・ドラゴン/Borreload Savage Dragon
セイクリッド・トレミスM7/Constellar Ptolemy M7》2枚
騎士ガイアドラグーン/Gaia Dragon, the Thunder Charger
《守護竜エルピィ/Guardragon Elpy
《守護竜ピスティ/Guardragon Pisty
天球聖刻印/Hieratic Seal of the Heavenly Spheres
マスター・ボーイ/Mistar Boy
スリーバーストショット・ドラゴン/Triple Burst Dragon
《鎖龍-スカルデット/Saryuja Skull Dread》2枚


…以上。
日本版との相違点を以下にまとめます。



・リミットレギュレーションの違い
《ドラコネット/Draconnet》《マスマティシャン/Mathematician》《鎖龍-スカルデット/Saryuja Skull Dread》が無制限の為、複数枚採用しております。海外では《貪欲な壺》が禁止カードなのでその枠を《サルベージ/Salvage》に切り換えています。また《サルベージ/Salvage》を腐らせない為の保険に《ヴィジョン・リチュア/Gishki Vision》を投入しています。
要である《イビリチュア・ガストクラーケ/Evigishki Gustkraken》が制限カードである他《水晶機巧-ハリファイバー》が存在しない点、そしてなんといっても《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン/Red-Eyes Darkness Metal Dragon》が制限カードのままなので投入可能という点が大きな違いです。

・通常モンスターに《守護竜ユスティア/Guardragon Justicia》を採用。
日本版では《ギャラクシー・サーペント》を採用している枠です。あちらは《妖醒龍ラルバウール》で聖刻をサーチする役割を担っている為、聖刻と同じドラゴン族・光属性である必要がありました。こちらの構築では《マスター・ボーイ/Mistar Boy》のリンク素材となるべく《星杯神子イヴ/Ib the World Chalice Justiciar》と同じ水属性である必要がある為、こちらを採用しています。《サルベージ/Salvage》にも対応している等リチュア側との相性も抜群です。

《イビリチュア・マインドオーガス/Evigishki Mind Augus》を採用
2枚目の《イビリチュア・ガストクラーケ/Evigishki Gustkraken》として採用していますが、こちらを儀式召喚する事はほぼありません。デッキ圧縮の為のサーチ先として主に活動させます。基本的には条件合わせに過ぎないのでお好みで《イビリチュア・テトラオーグル/Evigishki Tetrogre》​を選んでもいいと思います。

騎士ガイアドラグーン/Gaia Dragon, the Thunder Charger》の採用
最終盤面に《セイクリッド・トレミスM7/Constellar Ptolemy M7》を下敷きにX召喚。その後《鎖龍-スカルデット/Saryuja Skull Dread》と共に《天球聖刻印/Hieratic Seal of the Heavenly Spheres》にするのが主な狙いです。状況によっては《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン/Red-Eyes Darkness Metal Dragon》のコストにも出来る為、活躍の幅は広いです。




《イビリチュア・ガストクラーケ/Evigishki Gustkraken》が1枚しか入れられない事がどれ程響くか懸念しておりましたが、全く気にならないどころか寧ろ1枚でも充分な気さえしてきました。初動札である《ドラコネット/Draconnet》《マスマティシャン/Mathematician》の規制が緩いので安定して展開出来るのが強みですが、《水晶機巧-ハリファイバー》が無い分日本版で使えたハンデス初動のルートが使えないので不便さも感じました。ただ《水晶機巧-ハリファイバー》が禁止になった時を想定した展開手段の模索をする良い機会にはなったかなと思います。
そしてやはりと言いますか「《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン/Red-Eyes Darkness Metal Dragon》は強い。」これに尽きます。日本でも間違って制限復帰してほしいところです。
《サルベージ/Salvage》も久しぶりに使いましたが、聖刻リチュアらしい動きが出来てこちらはこちらでやはり楽しいです。





…以上となります。いかがだったでしょうか。
海外リミットレギュレーションなので国内需要は少ない構築ですが、デッキ構築の参考にしていただけると幸いです。
勿論これを海外で活躍させてくれる海外YPの方いらっしゃいましたら、ぜひ。
今後も海外仕様の研究は継続していこうと思います。

ご意見ご感想お待ちしております。
それでは今回はこれにて失礼します。




このページのトップヘ