土曜の昼にtitan gear farm run。25で人数14,5人。Lv85複数。farm自体はyoggが難しかった以外は順調。今回Xurgeさんがtankじゃなくdpsに回って、私とMooshさんでtank。おもにMooshさん。「今日Hifaさんが喋らないなあ」と突っ込まれた時、当の私は喋るどころではなく、threatが取れないで四苦八苦。Xurgeさんに教わったローテを必死に思い出しつつdeath rune製造に勤しんでた。若干のgear up。yogg終わってからそのままの構成で25 Algalonに挑戦。人数全く足りないのとhealerが少ないのもあり、さすがに攻略はできなかったけど、練習にはとてもなったかな、というところで10のlv80に切り替え。他の参加者はventで応援ということになり。

再編成が終わってみると全員Lv80。gearも226であることを確認。Telさんがお手製の蟹鍋とかFlask鍋とか出してくれて。超本気。たったいまfarmで手に入れた装備にFestさんに削ってもらったばかりのgemを嵌めてtry開始。何度かのwipeは私がswitchに耐えられなかったことが主な原因で、tank順変えたりCD重ねたり、starの爆発により注意したりswitchのカウントダウンをゆっくりにしてhealを沢山もらえるようにしたり、色々試行錯誤しつつ、何度目かのtryでP2行った、と思ったら私が一個避け損ねて死んでしまって、でもAlgalonのHPみたらもう何百kしかなくて、いける!と思ったら戦闘終了。

歓喜に沸くventとraid chat。

キャプチャ


10manに切り替えた時だったか、wipeからrun backしてる時だったか忘れたけど、Ulduarの入り口からテレポータに向かって走ってる最中、Xurgeさんがみんなに言ってくれたんだよね。Good luck, and have fun。DSやってる日本人なら一度は聞いたことあるだろうあのセリフ! DBMがbossとのencounterのとき表示してくるほど、もしかしたら他愛のない行ってらっしゃい程度の言葉なのかもしれないけど、字義通りの意味として相当みんなを鼓舞してくれたんじゃないかなあ。

他のサーバの人たちや、中にはhordeなのに1からキャラをallyで育ててまで参加してくれてる人もいて。いままで知らなかった人たちと新たに知り合えて、一緒に遊んで、大きな目的を一つ果たしたあとになってみると、楽しかったからまた何か一緒にして遊べたらなあなんて思ってる。こんな素敵な機会を作って、tacからfarm計画から当日のflaskまで全て準備してくれたTelさんには本当に本当に感謝。ふがいない私を助けてくれたtitansのみんなにも、監督してくれたXurgeさんにも、いつも空気を和ませてくれたみんぱさんにも、gemいっぱい削ってくれたFestさんにも、当時のtacとか心構えを教えてくれたTorraさんにも、快く送り出して見守ってくれたはらぺこのみんなにも、大きな感謝。

第2グループもtankさせてもらうから、まだまだAlgalonと勝負するんだけどね!
キャプチャ

背後、死屍累々。