「熊谷染め」のあれこれ
熊谷染は、奈良時代に山まゆ、麻などの植物の繊維を用いた織物が盛んになり、大陸文化の影響を受けてこれらの織物に染色を施すようになったのが 始まりです。水が豊富にわき出す星川を中心に染色業者が多く、かつては友禅流しの風景が見られました。 今では川で布をさらすことはなくなりましたが、その卓越した職人の技は大切に受け継がれています。
52img
http://hifu-koworks.com/kumagayazome.ver07/index.html
53img
http://hifu-koworks.com/kumagayazomegallary.ver07/index.html
002
026
※熊谷には京都や加賀で有名な「友禅」と江戸時代に確立された「更紗」「小紋」の伝統技術を持った職人がおります。 この三つの染めをあわせて「熊谷染(くまがやぞめ)」と呼んでおります。014
001
013
「熊谷染め」数々の作品をFacebookに紹介しています。