2012年08月27日

何より誰より大切で、かけがえのない人がそばにいる
生きることにまっすぐで、手を抜かず、いつも向き合ってくれる
並んで人生を歩めること、世界一の幸せ者に思う

そりゃあ泣いたり怒ったりもあるけど
あとの残りはぜ〜んぶ、一緒にゲラゲラ大笑いして、ハチャメチャ楽しんで生きていくんだ

マジで、宇宙に、心からありがとう!!


ごんぞうhiga_novol at 02:49│コメント(0)トラックバック(0)

2012年08月07日

久しぶりに青森の友達と連絡をとった
大切な人たちだから、大切なことを伝えた
なかなか会えなかったとしても、変わらずに笑って居てくれることがとても嬉しかった

今まで一緒に過ごした時間を全て合わせたってそんなに多くはないけれど
かけがえのない、大切で、憧れで、自慢の、そんな人たちだ

夏が来れば無性に会いたい
来年かその次の夏には会いに行けるかな

それまでの間、いまはしばし、苦手なガマンをするとしよう


ごんぞうhiga_novol at 12:48│コメント(0)トラックバック(0)

2012年05月06日

いろんなことを考える
だけど、ホントの本当は何も考えてなんてないんだ

頭を空っぽにして、耳を澄まして感じよう
求める答えは自分自身が一番知っている
それがいつの瞬間もわかるようになろう
きっともっと、強く優しい自分であれる


ごんぞうhiga_novol at 23:51│コメント(0)トラックバック(0)

2011年11月07日

幼い頃は、大人になればすげぇこと成し遂げるヤツになると思っていた。
今の自分を見て、そんなことは全然ないじゃないかと思っている。

結果が違ったのか
まだその大人にはなっていないのか

正直なところどちらかはわからないし、今となってはどっちだっていい。

だけど、目の前のひとつひとつに自分らしく向き合っていたい。
わがままを言えば、自分らしくあれるものとばかり向き合っていたい。
まぁいろいろあるし、そんな都合良くはいかないけれど、
そうする必要がないものを見極める感性は持ち合わせていなきゃいけない。
大人になればなるほど。
じゃなきゃ、いい顔して生きていけない。
魂まるごと、笑っていきたい。

なんだ、やっぱり描いたヤツとは相当かけ離れてんじゃん。
小さな望みだし、そんなコトもできてないのかよなんて、昔の自分が聞いたら思うかもな。笑

でもね、すごく大事なことだと思うんだ。
これができなきゃ、人をマジで幸せにはできない。
幸せにしたい人がいる。
そう思える大人になれた。

すげぇこと成し遂げるヤツか。
ごめんよ、昔の自分。正直成し遂げれる気がしない。

だけど、しいていえば、
すげぇ必死に、愛するヤツには、ギリギリなんとか、なれそうだ。
わりと、けっこう自信はある。

だからそんなんで、今回の人生は勘弁していただけないだろうか?笑


ごんぞうhiga_novol at 00:16│コメント(0)トラックバック(0)

2011年10月08日

やっぱりここが一番書きやすい。
そんなわけで出戻り再出発。

10月8日。晴天。
友達の結婚を祝いに、京都にいってきます。



ごんぞうhiga_novol at 07:39│コメント(0)トラックバック(0)

2011年05月22日

なんとなく、引っ越そう。

蛙から羊へ。

キャラバンは進むよ〜。

続・犬は吠えるがキャラバンは進む



ごんぞうhiga_novol at 09:00│コメント(0)トラックバック(0)

2011年03月08日

8b6f88dd.jpg
594e3aaa.jpg
f424499d.jpg
毎日治療院に来ていたにゃんこのメタが最近姿を現さない。
本名はメタボ。
冬になるとメタボリックなる由縁。

どこにいるんだろう。
早く帰っておいで〜


ごんぞうhiga_novol at 00:30│コメント(0)トラックバック(0)

2011年03月07日

京都では久しぶりに懐かしい面々に会ったわけだが、
なぜだか昔よりずっと自然な自分がそこにいて、
素直に自由に思ったよりものびやかな自分そこにいた。

それはきっと、今のまんまの自分に安心しているからなんだろう。
背伸びする必要も、相手と距離を計る必要も、着飾る必要もなにもない。

無邪気にハシャいで笑って、くだらないバカやって、時にはまじめに話して、かと思ったらしょーもないイタズラして、気づけばとんだ変態で…笑

それが無性に心地よかった。
かっこよく、イカした自分を魅せる必要はない。
大事に思うこと、大事に思われてることが、心や肌身で感じる。
奢りや自意識過剰なわけではなく。

初めて会う若者に対してもそれは一緒だった。
自分が伝えるべきは言葉とか先輩らしさではなくて、
ただ自分が自分らしく楽しんで生きていればいいのだということだ。
それはみんながみんなそうすればいいというわけではなく、自分の役割はそれだということ。

私はたくさんの過去を経て、今ものすごく楽しんでいる。
すべてが超ありがてぇ!

その感謝の気持ちをもって、やっぱりヒドいイタズラやらかして、ここぞとばかりに大爆笑していよう。



ごんぞうhiga_novol at 12:32│コメント(0)トラックバック(0)

2011年03月06日

人はひとりひとり、それぞれみんな違うから

きちんと伝わるように
一番届きやすい場所から
届きやすい形に変えて
届きやすいスピードで
相手が心地よいリズムに合わせながら
丁寧に伝えていく

その子の肩の力が抜けて、ただ素直に自然に笑う瞬間を見つけたのなら
そんなその子がとてもいとおしく感じる
そしたらあとは、大事に大事に包んであげよう

そうしてそこに行き着くまでは根気よく、じっくりと向き合おう


久しぶりに京都に行って、懐かしいメンバーとバカやって、初めて会う若者たちと話ながら、そんな風に思った。


色々あったけど、京都に行って良かった。
ぐーたら過ごした今日一日。

さて、楽しい人生を進めるとしよう。


ごんぞうhiga_novol at 21:36│コメント(0)トラックバック(0)

2011年01月17日

好きな人といて
その人の好きなものが好きになると
すごく楽しいしすごく嬉しい。

変わらないなんてつまらない。
考えも趣味も好みもスタイルも
どんどんどんどん変わっていけばいい。
そうして、いつかやっと気づくんだ。
自分の中にずっとある、本当の確かなモノに。


ごんぞうhiga_novol at 20:21│コメント(0)トラックバック(0)