2011年06月23日

小麦廃棄作業(モアかけ)

画像 023

6月23日 木曜日  精米所作業、ミナミノカオリ熊本製粉倉庫へ搬入、小麦廃棄(モアかけ)作業

やはり残念ですね〜。
コンバインで収穫するのではなく、トラクターが麦の畑を作業している様子には、どうも違和感があります。正確には、違和感と言うより残念無念なんでしょう。どうしようもない事だと、事実を受け入れているつもりですが、見るに耐えられない光景ですね。昨日の昼からは晴れていて、今日も朝から天気が良かったので、一応畑に行って小麦を見ると、お天道様のおかげで、膨らんでいた麦のみが普通になり、発芽していた芽と根は水分が抜けた状態でした。この状態なら普通に収穫は可能です。しかし、問題は発芽したと言う事ですね。穂全体で発芽しているのは2割程度なんですが、芽と根は出なくとも、おそらく全体が発芽状態になっていたと思われるから、品質が変わってしまっている可能性のほうが高いでしょう。仮に芽と根が出てない実が発芽状態でなかったとしても、一緒に収穫してそれらを分ける事が不可能なんですね。でもあまりにも、もったいないので、ニシノカオリだけは、全体が発芽状態ではないと仮定して、イチかバチか種子用として一部収穫する事にしました。どうなるかは、秋に発芽試験をして見なければ分からない事ですが・・・・
本日の画像は、トラクターでモアをかけている小麦畑です。    博己

higashinojyo at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字