2007年02月

2007年02月20日

ゆうパックにはご注意を.。o○


怒ってるアール

先日、ビッターズ上で落札した中古のデジカメを「ゆうパック」で送ってもらいました。夕方に持ち込んだようなのですが、その地域から私のところまでは車を飛ばせば3時間ちょっとで到着します。ゆっくり来ても4時間半みれば充分です。ヤマト宅急便であれば余裕で翌日の午前中に到着します。

私は午前中の配達希望で送ってくれるように頼みました。送り主からのメールによると「午前中配達は微妙」という話だったそうです。私はこれだけでもビックリでした。しかし、先ほど「ゆうびんホームページ」を見ると「午前中に持ち込まないと翌日の午前中には配達されない」(今回の場合)となっています。完璧にアウトですよね。こんなに近いのに・・・。

郵便追跡サービスによると3か所経由し、4か所目にようやく私の住んでいるところに到着したことになっています。かなり大回りをしています。しかも4時間近くかけて、私のところから一度遠ざかっています。「何でしょね!!」1か所経由するたびにかなり時間をかけています。一服しているわけでもないでしょうが、疑いたくなってしまいます。

結局は翌日の午後に私の住んでいる場所に到着し、配達されたのは翌々日の午前中でした。ヤマト宅急便よりも料金を安く出来るのは、この辺に秘密があるのかもしれませんね。皆さんも生き物等を送るときには気をつけましょう。到着するまでに生き物がダウンしてしまいます。何か所も経由されて生き物がガタガタになってしまいます。

私は、ゆうパックもクロネコヤマトと同じように配達できるものと思っていました。宣伝ばかりしていないで、中身を充実して欲しいものです。ヤマト宅急便→特急:佐川急便→準急:ゆうパック→ドンコ(鈍行)・・・これが実情のようです。サービスをいくら追加したとしても、安全に早く配達することの方が大事ではないでしょうか。

ヤマト宅急便の場合、午前中に持ち込めばタイムサービス便が可能(日本国内大体のところは翌日午前中配達可能)です。午後6時ぐらいまでに営業所に持ち込めば関西圏から首都圏ぐらいまで、大体のところは翌日午前中配達可能となっています。(詳しくは直接問い合わせてください。ホームページ上からも検索できます。)

つまりヤマト宅急便の場合、当日に集荷した品物はその日の午後6時ぐらいに出発します。(営業所によって多少違います。正確には営業所に問い合わせてください。)その前に出発することはありません。ですから生き物を持ち込むときには、出来たら夕方頃に持ち込んだ方が良いと思います。その点タイムサービス便はお昼頃に出発します。北海道や沖縄に送るときには午前中に持ち込まないとタイムサービス便は使えません。これが実情です。

「ゆうパックはお昼頃に1便、夕方に1便」出発している筈です。そしてあちこち何か所も経由して、時間をかけて配達されるようです。生き物には向きません。その辺に興味のある方はご自身で調べてみてください。私はゆうパックで送るつもりが無くなったので、調べるつもりはありません。

私も荷物を送るときが何回もあります。しかし今回の一件以来、ゆうパックだけは使う気がしなくなりました。

最後にチョットだけ:私の表札は昔の漢字で書いてあります。つまり沢田→澤田、斉藤→斎藤と同じようなことです。住所から電話番号まで全てあっているので疑う必要は無いと思うのですが・・・。合っているかどうか何回も聞かれました。最後には捺印した用紙を上に持ち上げて見ていました。

何回も宅配便を利用していますが、今回のように疑われたのは初めてです。配達員も最低限の常識だけは持っていてほしいものです。相手を不愉快にさせたのでは折角配達をしても逆効果ですよ。玄関に張り紙をしておいたのにそれでも疑うのですから、イヤハヤ「いい加減にせぇ!!」と言いたくなります。

一度、配達員をクロネコヤマトで研修させたほうが良いような気がします。かなり常識外れでした。(普通の郵便ではそのような経験はありませんが…。)

Recent Comments
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました