2011年10月

2011年10月29日

アシヒダ飼育再開



アシヒダ飼育復活(1)



アシヒダ飼育を再開しました。
ブリガドーンさんの繁殖個体を分けてもらいました。
大きな幼体が4匹、おまけのチビちゃん2匹でのスタートです。
大元は西表の産になります。

お腹を空かせていたようです。
さっそく2匹やってきました。。
今回の個体は乾物が好きです。
野菜はほとんど食べません。



アシヒダ飼育復活(2)



環境はこんな感じで。

霧吹きを極端に減らしてます。
というか、まだ一度も霧吹きをしていません。
腐葉土がまだ湿っているからです。
もう少し乾燥させたいですね。

昼間は土に潜って出てこなくなりました。
無くなっている乾物が、彼らの唯一の存在証明になってます。
水分を欲しくなれば、水飲み場に行くでしょう。

前回のアシヒダ飼育の失敗は、多湿にし過ぎが原因だったと思います。
これからは、土をパサパサ状態にして様子を見ます。
一度目に成功したので、探究心にかけていたようです。

アシヒダナメクジというネーミングも良くないんですよね。
どうしても、多湿に持っていきたくなります。
「今回は、乾燥して死んでも仕方がない。」
そのぐらいの構えで行きます。

飼育法の180度転換です。
さてさて、どうなるでしょう。
頑張ります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

掲示板です。
ゴキ系・ヤスデなどの話で盛り上がっています。
よろしかったら遊びに来て下さいね。

    髭蟲と生き物の話

2011年10月26日

家のハエトリグモ(2)




ハエトリグモ(2)



太ってるでしょう。
何か問題でも?
そんな顔で平然としてます。

種類的にはアダンソンハエトリのメスです。
このオスも綺麗なんですよねぇ。
家ではメスのほうが個体数が多いです。

でも、それ以外の種も居座っているようです。
見つけたら写真を撮りますね。
何種類居るんでしょう。(笑)

餌も豊富。
人間は攻撃をしない。
ある意味、楽天地なのかもしれませんね。(笑)

可愛い奴らです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

掲示板です。
ゴキ系・ヤスデなどの話で盛り上がっています。
よろしかったら遊びに来て下さいね。

    髭蟲と生き物の話

2011年10月23日

家のハエトリグモ(1)




ハエトリグモ(1)



家中を縦横無尽に闊歩するハエトリグモです。
百匹は軽く超えているでしょう。
本当はゴキブリを捕まえてほしいのですが、
デュビアの幼虫のほうが好きなようです。

いかがですか?
「なんだこの野郎」と言ってるようでしょう。
堂々としてます。
いろんな体色(種?)が居るんですよ。

写真はいっぱい撮ってあるので、徐々にアップしていきますね。
家の中全体が飼育ケースになってるわけで。。
その中に髭蟲が同居させてもらっている感じでしょうか。

完全に繁殖には成功しているようです…? (笑)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

掲示板です。
ゴキ系・ヤスデなどの話で盛り上がっています。
よろしかったら遊びに来て下さいね。

    髭蟲と生き物の話

2011年10月16日

小次郎とクギヌキの産卵


暑いですねぇ。
家では扇風機が大活躍です。
もう10月も半ばなんですが。
いつになったら涼しくなるのか…。



小次郎



クギヌキハサミムシの小次郎が死んでから大分経ちました。
写真を見てください。
このハサミ、凄いですよねぇ。
ノーマルな クギヌキと見比べてみてください。

小次郎はは長角型のオスです。
リンクした個体は短角型。
どのくらいの割合で生息してるかは謎です。
ただ、家では長角型は小次郎1匹です。
割合的にはかなり珍しいのではないかと思います。

そのクギヌキたちも死ぬ個体が続き、残りは3匹だけになりました。
ハサミムシの中では、非常に飼育の難しい種です。
滅亡は近づきつつあったのです。

そんな滅亡のカウントダウンが続いていたある日。
きのうの出来事です。


続きを読む

2011年10月12日

サブフォルダーが表示されない(解決法)


「Windows Liveメールのサブフォルダーが表示されない。」(自分で作ったサブフォルダーが表示されなくなった。)

こんな質問を良く見かけます。
読んでみると、解決法が見つかっていないようです。
解決法は簡単なんです。
ちょっと書いておきますね。

私の使っているLiveメールのバージョン:
Version 2011 (Build 15.4.3538.0513)

左側の下部にメール・カレンダー等の表示がありますね。
  メールをクリックしてフォルダーを表示させます。

マウスのポインタ(矢印)をフォルダーの上に持って行きます。
  (保存フォルダー等の表示の上)

すると、頭の部分に白抜きの三角形(右向き)が表示されます。

 
その三角形をクリックします。
 (クリックした後は黒い半三角形になります。)

折りたたまれていたフォルダーが表示されます。

Α”充┐気譴織汽屮侫ルダーにも白抜きの三角形が表示されます。

その白抜きの三角形が表示されたフォルダーにはサブフォルダーが隠れています。

その白抜きの三角形をクリック。

これで全部のフォルダーが表示されたはずです。

マウスのポインタをフォルダ表示の上におかないと、白抜きの三角形が表示されません。
そして、この三角形はすぐに表示されなくなります。

サブフォルダーが見つからなくなったら、左側フォルダー表示の上にポインタを置いてみてください。
三角形が表示されますよ。

実は、私も困り果てていまして。。
せっかく作ったサブフォルダーが表示されないし。
メールがどこにあるのかも分からなくなっていました。

つい先ほど(30分前)答えを見つけました。
この三角形が表示されなくなるのがネックですね。
それに、せっかく表示させたこのフォルダーが直ぐ折りたたまれてしまうんですよ。

マイクロソフト社は親切なのか悪魔なのか判断に困ります。(笑)


グルグル周る黒い花




ぐるぐる



ある日のタンザニアオオヤスデ。
とぐろを巻いた1匹に、もう一匹がその周りを巻いています。
脚でサワサワ刺激してるんですよ。

あれ〜?
この個体はオスだったかなぁ。
繁殖はあきらめていたんですが…。

幼体の時に♂1匹・♀2匹ということで購入しました。
幼体ですのでサイズだけで選んでいます。
今、成体近くになってみると♂としては大き過ぎます。
普通はもっともっと小さいんですよね。

今度確認してみなくちゃいけません。
もっとも、確認しなくても直ぐに分かりそうですが…。
このサイズになれば、♂であれば猛アタックが始まる頃です。

♀個体は22cmを超えました。
目標は30cm越え。
1匹も死なずに成体になった彼らです。
これからに期待しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

掲示板です。
ゴキ系・ヤスデなどの話で盛り上がっています。
よろしかったら遊びに来て下さいね。

    髭蟲と生き物の話

2011年10月09日

脱皮だねぇ〜


レッドレッグの脱皮

この頃は脱皮がブームです。

写真はレッドレッグミリピートです。
もう少しで大人になりそうです。
幼体は体の色が違うんですよね。
ケースが大分狭くなってきました。

タランチュラも脱皮したんですよ。
ますます大きくなってます。
この種の平均サイズをはるかに超えてきました。
もう脱皮は終了してもいいんですがねぇ。

レオパはアール以外はきれいに脱皮しています。
体調が良ければ、脱皮も上手く行くケースが多いです。
アールも足の先に皮が少し残るだけですから。
食欲万歳です。

寒くなってきます。
レオパたちの食欲も落ちてくるでしょう。
その時はシルクワームの出番です。

家ではシルクワームは全員大好物です。
ヒキガエルたちも待っています。
もう少し・もう少し。
食欲があるうちは、購入を一日延ばしにしてます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

掲示板です。
ゴキ系・ヤスデなどの話で盛り上がっています。
よろしかったら遊びに来て下さいね。

    髭蟲と生き物の話

2011年10月07日

タマちゃんが死んだ?




タマちゃん(1)



タマちゃんが死んじゃった?

家に来てから、もう少しで2年。
4匹+1でスタートしたタマヤスデ飼育。
今生き残っているのは1〜2匹でしょうか。

タンザニア・タマヤスデです。
生存年数は個体差が大きいようです。
ある程度の個体数を確保して飼育をスタートし。
生き残った個体を飼育するのがコツかもしれません。

ブリガドーンさんでは5年の飼育記録があります。
チャレンジチャレンジだったのですが。。


続きを読む

2011年10月05日

あなたは誰だっけ?


黄色バンドヤスデ

このヤスデの種類はなんだったでしょう?
パソコンを交換して、メール情報をなくしてしまいました。
データー救出をすればいいのですが。
面倒になってそのままです。

国産だったと思います。
本来のケースのヤスデたちは滅亡してしまったんです。
これはタマヤスデとどさくさ紛れに同居していた1匹です。
しかも、子供まで大きくなって。。

ヤスデ飼育に一定のルールありません。
「たまたま・偶然。」
こんな言葉が合ってるでしょうか。

元々のケースに居たヤスデたちは全滅。
たまたま、他のケースに紛れ込んだヤスデが繁殖している。
こんなケースは多いようです。

飼育の不思議さを感じる瞬間ですよね。

2011年10月02日

ちょっと待っててね


ちょっと待ててね

きのうはヤスデたちの給餌の日。
なのに餌皿に乗ってるヤスデが一匹。
動こうとしません。

そんな時はテーブルの上で待っててもらいます。
たまには、横の野菜を食べ始めるる豪の者がいたりして。
横目でちらちら眺めながらの給餌が続きます。

Recent Comments
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました