2007年03月02日

ハードディスクのデーター救出

ハードディスクと電源

この写真は電源ユニットとハードディスクです。このような形で預かりました。本来ならタワー型パソコンの空いているところに、このハードディスクを設置してしまいます。メーカー製のコンパクト型パソコンでは無理ですが・・・。自作パソコンを制作している方なら分かると思います。タワー内部には2つのハードディスクがつけられるようになっています。一つは空いています。その空いているところにこのハードディスクをつけてしまいます。同じOSであれば認識してくれると思います。

ハードディスク

以前、タワー型パソコンが故障してしまった時があります。どうしても修理できずに中古のパソコンを新しく購入しました。それにこのハードディスクをつけました。その時は自動的に認識してくれました。

これには後日談があります。私の見立てでは故障箇所は電源ユニットだと判断していました。しかし、メーカー製のパソコンのため近所では電源ユニットの代わりが見つかりません。用事があって秋葉原に行ったときに、半日がかりで探し出しました。これらのパソコンは両方とも今でも現役です。

しかし、この方法を使うと半日がかりになってしまいます。データーを抽出する時間を含めると丸一日かかってしまいます。そのため出来たらこの方法は使いたくなかったのです。私には秘密兵器がありました。以前にビッターズのオークションに出ていた、IDEアダプターです。USB2.0で外部からハードディスクを接続できるので、データー抽出も短時間で済みます。

データー抽出中

写真が秘密兵器の動作中写真です。あっという間にデーターの抽出が終わりました。「備えあれば憂いなし」です。自分のパソコンがアウトになったときのために落札しておいたのですが、今回初めて役に立ちました。(どこの国の製品かは分かりません。)

OSが「Windows XP」になってからはOSを継続して使うのには認証が必要になりました。以前は中古パソコンを購入して何度もOSを入れ直しては使用していました。(空っぽのパソコンは安かったので・・・。)しかし「Windows XP」ではそれも無理になりました。どちらにしても要求スペックが高いので中古パソコンでは厳しい部分がありますが・・・。

現在は「Red Hat Linux」や「windows 2000」を使ったりしています。しかし、使い勝手が今一歩です。(設定が難しい。)結局メインには「Windows XP」サブには「Windows98」を使うことが多くなっています。

段々Linuxもインストールが簡単にできるようになってきました。メーカー側がもっと積極的に対応してくれれば、もっと広まるはずです。マイクロソフトの高くなった鼻を早めに潰してほしいものです。これからに期待したいと思っています。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました