2014年12月19日

ゾロゾロやってきた




マクラギヤスデ(1)



  今週の水曜日(12/17)。
  虫たちがゾロゾロやってきました。

  その中の一種、
  マクラギヤスデです。

  これが成体ですね。



マクラギヤスデ(2)



  そしてこちらが幼体。
  チビちゃんです。



マクラギヤスデ(3)



  全員、この中におさまりました。
  40匹以上入ってます。
  それなのにこの静けさ。
  ちっちゃいんですよ。(笑)

  朽木も埋め込んで、
  さてさて何を食べるか…。
  いろいろ置いて試してます。

  書物に書かれていることは嘘が多いので、
  自分で実際に試してみるのが一番です。

  さてさて、いかが相成りますでしょう。
  溢れるほど増やしてみたいですね。

  極小サイズのフラットヤスデたち。
  チャレンジです。

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  
  掲示板です。
  よろしかったら遊びに来て下さいね。

    髭蟲と生き物の話



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by t   2014年12月19日 09:54
かわいいー!
マクラギヤスデ好きです。実物は見たことないんですけど。
うまく行くといいですね(^o^)
2. Posted by 髭蟲   2014年12月19日 11:31
tさん、こんにちわ。

可愛いでしょう〜♪
実は私も見るのは初めてなんです。(笑)山に入るとマルヤスデは見かけるんですが、フラットヤスデはめったに見かけません。何とか繁殖成功させたいですねぇ。累代繁殖が夢です。
頑張ります。^^
3. Posted by しろたん.   2014年12月19日 19:34
マクラギヤスデはいいやすいヤスデですね。

私感ですが、積まれた枯れ草などにいることが多いように思います。もちろん、石の下などにも居ますし、身近で見つけられるヤスデですが、逆に山などではあまり見かけないですね。

飼育は採集した場所の状況を再現すれば簡単なように思うのですが、以外にうまくいかないことがあります。

基本的には腐植物性のものを食べているようですが、はっきりしたことはわかりません。

外国産マルヤスデのような爆殖は難しいと思います。
****************************
マクラギヤスデの生活史について
石井 清,大塚待子,永井伸一(独協医大・生物)
Life cycle of Niponia nodulosa VERHOEFF,1931(Diplopoda;Cryptodesmidae)
KIYOSHI ISHII,MACHIKO OTSUKA,SHtN−ICHI NAGAI
クビヤスデ科の種の生活史は,イヨハガヤスデのみ明らかにされている(村上1965)。栃木県壬生町の河岸森林には,分布上最も北に位置する本科のマクラギヤスデが生息する。飼育と月1回の定期採集により当地域での本種の生活史を解明した。産卵期は6月上旬から9月上旬である。期間中の平均産卵数は51個である。産卵開始の6月上旬以降は卵教が減少する傾向がある。フ化率は92%,フ化日数は約10日である。各幼虫期の日数はおよそ次の通りである。機┌隠魁き供┌隠機き掘┌隠掘き検┌横機き后┌苅魁 此┌横掘き察┌毅掘ライフ・サイクルは,6月にフ化した幼虫が第1年目に3〜4齢で越年し,2年目の8月から9月にかけて成体となり,成体のまま越年して第3年目の6月ごろ交尾・産卵するという1世代3年型(満2年)である。脱皮は1齢幼虫のみ土塊に穴をあけて脱皮を行なうが,それ以降の幼虫は排出物で脱皮室をつくって脱皮する。
4. Posted by 髭蟲   2014年12月20日 14:08
しろたんさん、お久しぶりです。

なるほど。
やっぱり難しそうですね。
簡単だと思ったのですが。
フラットヤスデは難物です。

アマビコもそうでした。
飼育当初は元気で簡単そうに思えます。
土の中の洞でまったりしてました。
それが3ヶ月が過ぎたころになると、
急に死ぬ個体が出始めます。
それからはバタバタと…。
半年ぐらいが限界のように感じます。

自然界と違って何かが足りないんですよね。
その何かが分かりません。
短期的には元気元気なんですが。。。
長くなってると急に何かが不足するようです。
難しいですねぇ〜(泣)
5. Posted by しろたん.   2014年12月21日 13:47
私個人の感想なので、そんな意見もあるのか程度に思っていただければ良いのですが・・・。

小さい容器で多頭飼育していると、あっという間に地表面や容器側面がフン土で覆われます。ヤスデ飼育はほどよく忘れることが良いとされていますが、私はこまめにエサとなるものを少量ずつ(短期間で)定期的に補充するのが良いのではないかと考えます。

食性について成体は、ジャガイモなどを食べるとされています。実際、成体が食べるのを確認しています。しかし、朽ち木からもマクラギヤスデがよく見つかることから、菌食性とも考えられます。アマビコヤスデやババヤスデほど極端ではないかもしれませんが、マルヤスデが食べるようなエサはほとんど食べないようです。

マクラギヤスデもドーム型の脱皮室をよく作りますね。

がんばって増やしてください。
6. Posted by 髭蟲   2014年12月22日 12:03
しろたんさん、こんにちわ。

情報(アドバイス)有難うございます。
明日はヤスデたちの給餌の日。
腐葉土を追加しておきたいと思います。
今覗くと湿った場所にかたまっています。
好きな環境があるようです。

ワラジムシたちも同居してます。
餌皿の餌を食べたのは奴らのようです。
マルヤスでのようには食べてくれないようですね。
難物です。
毎回腐葉土を追加するようにします。
枯葉でも食べてくれればいいんですが…。

ジャガイモを買ってきました。
他の虫たちにもお裾分けをします。
いろいろ試してみたいと思います。
頑張ります。^^
7. Posted by バンジー   2014年12月25日 08:08
はじめまして。バンジーと申します。自分も生き物大好きです。実際、家にはハサミムシ、ワラジムシ、パツラマイマイ(カタツムリ) パツラマイマイ赤ちゃん、カブトニオイガメがいます。これからよろしくお願いします(^-^)
8. Posted by 髭蟲   2014年12月25日 11:40
バンジーさん、いらっしゃい。

はじめまして。いろいろ飼われてるんですね。特にカブトニオイガメは未経験です。カメは子供以来飼育した時がありません。憧れますねぇ。^^
ハサミムシはハマベしかいませんでした。死に絶えたと思ったんですが、何とか子供たちが血をつないでいます。今度、ヒゲジロを導入しました。やはり3〜4代目が辺りがネックになるようです。ハサミムシも底が深いですよね。お互い頑張りましょう。
こちらこそよろしくお願いします。^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました