なんだか気温も急上昇、寝れない夜を過ごしてはいませんか?
ついに夏も本格的になりましたねぇ。
ふと思うと俺は甘いものが大好き。特にショートケーキ。
でもショートケーキって夏っぽくないですよね?
というかショートケーキって季節感がそもそも無いですよね?
そこで夏っぽいショートケーキを作ってみました。

夏のデザートと言えば、プルプルなゼリー。
ゼリーとケーキの意外な組み合わせ、このハーモニーが広げる素敵な夏の恋の予感。
イケル!これはイケル!名付けて

「夏色ケーキは恋の予感!」

俺にも広がれ恋の予感!
そんな訳で”ケーキinゼリー”を作ってみましたよ。


わくわくですです
用意したものは、ゼラチンの素とケーキ。
まぁ後は着色料なんかも。





1個100円でした
そして忘れちゃいけないケーキども。



今回の為に生まれてきたような容器ですね
まずはケーキをセッティング。




容器はズッポリとゼリーが包められる物を用意しました。
イメージは”ゼリーの海に浮かぶケーキちゃん”ですからね。まぁカワイイ!
でも、これってつまりはそれだけゼラチンが必要って事なのです。
という訳でゼラチンをお湯で溶いてダバダバと注ぎます。
その量およそ1000cc。って1リットルですか、、、
泣ける。

キレンジャーはカレーが好き
まずは熱湯に、いつもの如く着色料で色付けて砂糖を加え注ぎ込みます。



その後1時間冷却。
この順番で緑、赤、着色無しの層を作成していきました。
そしてその都度に冷却。
つまり冷却するだけで4時間かかっている訳です。
デザートってご飯のオカズにもならない癖にこんな大変なのか!

あれですよ、男子諸君。
例え美味しくなさそうだって、バレンタインに手作りチョコを貰ったならば
その頑張りに深く深く感謝するべきですよ!だってこんなに大変なのだから!
勿論、俺だって仏壇に1年くらい置いて感謝しますね、チョコ貰えれば。


   〜 ここでお知らせ 〜

作る料理は人工原色!ひげおやじさんにスイーツ(ナウなヤングはこう書く)を送ってあげよう!

住所:東京都千代田区千代田1番(通称:皇居) ひげっち宛 まで!

   〜 下手すると、やんごとなき髭の人に届くので禁止 〜


それはさておき、完成です。
せーの、でき、、、、、、、


大後悔時代
なんだこれ?








んー

・・・・んー

・・・・・・・・・んー(とりあえず出してみる)



泣けた

なんだこれ?





おかしい!何かおかしい!俺のイメージと全然違う!
いやさ、最初のイメージでは、ゼリーの海をプカプカ漂うショートケーキをイメージしていたんですよ!
地中海沿岸でハイソな初夏を楽しむ感じで!
ところが現実はどうか!


笑えてきた
うわぁ。






東京湾に投げ捨てられた盗難自転車みたいな物体じゃないですか。
あ、いっけね!これサカサマでした。
それじゃ見た目が変でも仕方が無いですよね。
早速ひっくり返してみましょう。



サブイボ立った
どべーん





泣きたくなってきた。
そうだよね、そうだよね、クリームはそりゃ溶けるよね。
もういいや、「夏色デザートは恋の予感」ってスタートだったけど、サムいもの。
鳥肌たったもの。これじゃ冬だもの。
なのでいそいそと頂くことにします。

ゆっくりとゼリーが裂けていってキモかったです
とりあえず盛り付けてみるも無残極まりなし。




ま、まぁ見た目がアレでも、味が良ければ成功の部類ですからね!
まずはゼリーを口に運んでみました。

うああああああ、砂糖が足らねぇ!

ケーキ部分は確かに甘いのですが、その他大部分(要はゼリー)は
口に入れるとトロリと溶けて、良く分かんないドロドロした何かに!
いやこれでも砂糖をかなり投入したんですよ?
そりゃもうビックリするくらいに。
しかし完全完璧全くダメ。
仕方なくケーキを足がかりにゼリーを飲み込んだり、お茶と一緒に流し込んだりで全て完食。

取り分けたヤツじゃなく全部食べましたよ
ごちそうさまでした。






正直、味気の無いものがこんなにもシンドイとは思わなかったです。
で、大失敗バンザーイ&涙目で終了、、、したかったのですが。
すいません、実はこれ2号機なんです。
つまり、当初に作成したブツが失敗の塊みたいな物で
(こんなレベルですが)急遽に新しく作った物なのです。

で、じゃあその初号機といいますと。



ピンポイントで俺に核ミサイル落ちて喰うの無しにならねぇかなぁ
これです。




はははは、面白いですよ!
容量は2号機の有に2倍!(2kg)
内容物はマロンケーキとショートケーキ!ただし溶けてドロドロ。
そのせいで、無着色で作成した筈が濁っている次第。
この初号機の失敗部分を上げていきましょう。

1.一気にゼラチン液を投入したのでケーキが浮力で倒れた
2.一気にゼラチン液を注いだ為に固まるまでに異常に時間がかかり、スポンジが溶解した
3.面倒臭かったので砂糖一切無し

で、これが丸々と残っている次第であります。
「ご利用は計画的に」と言うキャッチコピーでお馴染みの金貸し屋に対して
お前らのとこで金借りる時点で無計画だよ」と無計画さを糾弾する俺ですが
今回は俺こそが無計画過ぎました。反省です。
特に3番目の「砂糖入れなかった」。
自分の考えの甘さを少しでもゼリーに分けてあげたい気持ちで一杯です。

でも作った物は残しちゃいけません。
喰えないくらいなら、こんな事をするべきじゃないですからね。
淡々と、最後の戦いを開始します。

作戦は単純、ケーキと一緒に大量のゼリーを流し込むのみ。
味のあるケーキを少し削り取り、一気にゼリーを口へと放り込む!

うわああああああああ、エグいよ!

砂糖を大量に入れたつもりの2号機ですら、全然甘味が足りないというのに
初号機ったら甘味ゼロ!ナッシング!っていいますか、後味に苦味すら感じますから!
それが口の中をモッチャモッチャしております。

なんだろう、ダシを入れ忘れた味噌汁(つまりお湯)を延々と飲むかのような状況。
口に入れても喉を通っていかない感覚は、過去に体験した各種チャレンジ系で作成した食べ物
(例:キャットフードハンバーグ)では良くあった事ではありますが、今回は量が多い、、、多過ぎる、、、

で、肝心のケーキも溶解しゼリーと一体化している為、逃げ場少なし。
(ゼリーが)圧倒的じゃないか!
仕方なく後からチョコケーキを別に用意し対抗してみたのですが
このチョコケーキが余計な気を利かせてくれて甘さ控えめ。ビターテイストときたものです。
くそう、こんな状況で大人の味なんかいらねぇんだよ!
俺が欲しいのは、笑えもしないパロディ映画を見ながら
「HAHAHAHA!」って笑う馬鹿アメリカ人が食うような甘味炸裂したヤツなんだよ!!!!
で「ああ、太りすぎちゃう!」ってダイエットコークをガブガブ飲む
馬鹿アメリカ人が食うような甘味爆裂したヤツなんだよ!!!!!

あああ、もうどっかにチクロ(※)でも置いてないかなぁ。
(※少量でも恐ろしい甘さを誇る人工甘味料、でも発ガン性なので発禁)

そんな状況下で救世主出現。
その名はハチミツ、頭の弱い黄色いデブクマも大好物の素敵アイテム。
早速ドバドバと投入。
うん、なんとか喰える。
ドバドバかけてドバドバと喰う。


チョコケーキとかハチミツでデロデロですです
おお、ゴールが見えてきた。
ここまで食べました。




しかし、またもや問題が発生。

なんて事でしょう、何故に俺は本企画が変更されていた事に気付かなかったのか!
つまり当初は

「You、夏っぽいケーキ食べてオシャレマヌカン気分を満喫しちゃいなよ」

でしたが、現在の企画は

「甘い物って、どれだけ食べる事が出来るのかしら?」

に変更されていた事に!
つまるところ甘いの飽きた。

まさかテレビ(いきなり!黄金伝説)で南海キャンディースがやっていた
ケーキベスト100を食べ尽くす」と同じ状況に陥っているとは!
ただし、俺が南海キャンディースと違う点。
それは別にこの企画、ケーキだけを食べ続ける訳では無いという事。
そう、つまり他の物を食べても許されるって寸法ですよ!

画像で見ると脂が凄いですねぇ
そこでラーメン投入。




さらに喰うか!と思う方もいるでしょうが、これが凄い。喰える。
物凄い勢いで喰えてしまう。
ここまでしょっぱいモノを俺は求めていたなんて!
とにかくラーメンが旨い旨い。
これほどにカップラーメンを美味しく感じたのは、金欠で3日程食事が出来なかった
学生時代に食べたカップラーメン以来かもしれません。

その後、完璧に勢いを取り戻した俺は一気にゼリーとラーメンを交互に食し、、、


要は俺、3kg+α体重増加したって事か・・・
ごちそうさまでした。



完食。
我ながらすげぇ。誉めてあげたい。
という訳でなんとか最低限のルールを守る事が出来ました。
それでは感動のエンディングへ。

えーと何でしたっけ?
「夏色ケーキは恋の予感」でしたっけ?


恋なんていらねぇから胃薬持って来いよ!!!!


バーカバーカ!!!!!(俺の)