いやぁ分かりやすくて面白いんだけど腹立たしいわー

−−−−−−
以下コピペ
−−−−−−



自民党「年金の管理を、オンライン化したいんだけど。。。」
厚生省「厚生省の癌で結成された、社保庁の連中に頼みましょうか?」
自民党「俺、あいつら苦手wお前が説得してくれよ!」
厚生省「(`Д´)ゞラジャ!!」
厚生省「おい、仕事らしい仕事持ってきたぞ!」
社保庁「(゚゚)イラネ!」
厚生省「いや、しろよ!」
社保庁「無理矢理、厚生省からこんな所に追い払っておいて生意気だな!」
厚生省「そういうなよ。なんか買ってあげるからさ!」
社保庁「じゃ、とりあえず90億の公用車2台と、マッサージチェアを400台。」 ※社保庁問題(中)無駄遣い底なし
厚生省「(`Д´)ゞラジャ!!」
社保庁「あと、あんま仕事はしないからね!」
厚生省「国家プロジェクトだから頑張ってよ。。。どれくらいならやれんのよ?」
社保庁「1人1日のキータッチは最高5000タッチ以内かな。」 ※社保庁問題(上)覚書で26年 天国の職場
厚生省「Lovely!普通におk!」



社保庁職員A「入力とかダルくない?」
社保庁職員B「超ダリィな。誰か代わりにやってくんないかなぁ!」
社保庁職員A「バイト雇えばヨクネ?」
社保庁職員一同「天才現る!」

社保庁「入力ダルイから、バイト雇うよ。」
厚生省「え?」
社保庁「だから、入力ダルイから、バイト雇うよ。」
厚生省「それは、駄目だろ。自分らで打ち込めよ!」
社保庁「オンライン化を始める前に決めなかったっけ?労働強化が生ずることのないように十分配慮するって?」
厚生省「じゃ、親方に聞いてみるよ。。。」
自民党「ぜんぜんおk!」
厚生省「(`Д´)ゞラジャ!!」
社保庁「分かりゃ、イインダヨ!」

社保庁「お前金やってんだから、死ぬ気で打ち込んどけよ!!」
バイト「は、はい。」
社保庁「じゃ、隣の仮眠室で仕事してくるから、邪魔をしないように!」
バイト「(トントン)すいません、この名字なんて読むんですか?」
社保庁「ちょw低脳?邪魔すんなって言っただろ!」
バイト「けど。。。」
社保庁「けども、ヘチマもないの、自分で考えろよ!て・い・の・う君w」
バイト「・・・(もう、適当に打ち込んじゃえ。)」 ※バイト経験者、年金入力ミス認める 「自分のせいでは」



社保庁A「飲みに行かない?」
社保庁B「今月ピンチなんだ。」
社保庁A「金ならあるじゃん、金庫にw」
社保庁一同「天才現る!」

社保庁A「ゴルフ行かない?」
社保庁B「今月ピンチなんだ。」
社保庁A「金ならあるじゃん、金庫にw」
社保庁一同「天才現る!」

社保庁A「お前、事故ったらしいじゃん?」
社保庁B「今月ピンチなんだ。」
社保庁A「金ならあるじゃん、金庫にw」
社保庁一同「天才現る!」

※一番下に本件抜粋



自民党「何か、箱モンで一儲けしたいんだけど、共済(公務員)年金って運用してないよね?」
厚生省「メッチャしてますよ!箱物は目減りするから、確実な機関に融資してます。てか、議員年金ありますやん?」
自民党「払った分より戻ってくる分が多いのに、どうやって運用するのよw」
厚生省「www、じゃ、社保庁にありますよ。奴隷ドモの金が。」
自民党「あれは使いやすいけど、俺、アイツら嫌いじゃん。」
厚生省「アイツらにも甘い汁吸わせれば納得しますよ。」

厚生省「グリーンピアって施設を作りたいんだけど、年金運用してないよね?」
社保庁「無理。年金は使わせません。俺らで管理してますから!」
厚生省「タダとは、言ってないよ。施設長という肩書きで仕事無し、退職金タンマリだよw」
社保庁「乗った!で、どこに作るんだ?」
厚生省「そりゃ、厚生省大臣の地元だわ。」
社保庁「しゃーねーな。寒いところは勘弁しろよ。」 ※社保庁問題(下)年金に群がるアリ

天下りA「客コネー!することねぇ!天国ぅ!」
厚生省「客少なすぎね?」
天下りA「楽々!逆に来たら困るジャネーカ!」
厚生省「いや、マジでヤバイから施設売るわ。」
天下りA「いくらで売るのよ?」
厚生省「1円w」
天下りA「ちょーwww」



国民「年金満額払ったんだけど、受給少なくね?」
社保庁「少なくネーヨ、愚民。」
長妻「てか、オマエら5000万件位、訳分かってない記録があるんだろ!」
社保庁「だって、バイトが入力したんだもん(小さい声)」
国民「どんだけぇ!」
徳光「俺まだ死んでネーヨ!」 ※徳光さん死んでいた!?社保庁に行ったら記録上「死亡扱い」
おズラ「俺の年金、宙に浮きまくりw」 ※小倉激怒「なぜ社保庁に人柄とか言われるの?」
安倍「1年で全てを明らかにします!」
国民「どんだけぇ!」
マスコミ「社保庁が1億円横領してました」 ※年金保険料横領、社保庁が全国で実態調査
安倍「ボーナス(゚゚)イラネ!」
社保庁長官「俺も(゚゚)イラネ!」
社保庁「俺は(゚゚)シラネ!」
社保庁「ってか、天下り先見つかったから辞めるわ!退職金何に使おうw」 ※1 社保庁職員ゾロゾロ早期退職 ※2 社保庁 NTTと日立に天下り
社保庁「何かうるさいからボーナス返すよ! つ 5%」 ※社保庁職員、9割が賞与自主返納へ
↑今ココ。




※上述のやりとりはこの書籍が元ネタっぽいです。
年金の悲劇−老後の安心はなぜ消えたか

(以下、抜粋)
 ・公用車2台(180億円)
 ・社会保険庁公用車247台(4億円)
 ・ゴルフクラブの購入費(20本、6万6000円)
 ・社会保険庁長官の交際費(250万円)
 ・社保庁職員の交通事故賠償金(15件、1800万円)


参考:
社会保険庁
社保庁私物化データのソース本
役立タズ此処ニ眠ル。ステキ★社会保険庁!にてリンク切れていた部分を補完させて頂きました!感謝!

高森アイズ「年金問題の隠された構図」 まぁ自治労問題もありますよ、と。