宮崎さんチの勤君が逮捕されて一番最初に公表された写真をたまたま見たんですよ。
その画像を見た瞬間に「あれ、これ誰かに似ているなぁ」と思いまして、そして即座に誰かが分かりまして、早速その友人へメッセを投げる。
「ほらこれ!太ったら似ていると思うんだけども!」的に話を振ってみるも浮世離れした生活をしている当人は「突然なんだよ?なに?出所でもしたの?」と明らかにニュースとか眼中に無い生活を露呈したりして、ドギモを抜かれる。
「死刑になったよ?」「まじで!?」という、おいおい俺ら揃って良い年したオッサンなんだから時事くらい抑えようぜ的な反省も踏まえつつ、そっから無駄に話は流れ、麻原ショーコーが6000人規模の事件を起こした事を再認識したり
国松長官って3発も撃たれて死線を彷徨うも2ヶ月半後に公務に復帰してすげえ、という話になったり
でも結局911事件は規模が違うね、という事に気付いたりと頭の宜しくないやりとりを続けた次第。
しかし当時にはどれほどの大事件であったとしても、思い返してみると忘れてしまっているのは切ない。
最近でも毒餃子とか話にすら上がらなくなりましたし、そして目新しいショッキングなニュースは毎日のように流れ込み、結局は古い話題は押し出されてしまう。
「対岸の火事」って言う言葉がありますが正にソレ。
結局は当事者ばかりが事件を記憶し、それ以外の人間は段々と記憶の淵からボンヤリと消していってしまうのですね。

その事実が、ちょっとやるせない。

とまぁ色々と迷走しつつ話を続けながら思っていたんですけれども、
そもそも深夜にイキナリ「オマエ、殺人犯に似ているね」って言われる友人って言うか、そんな友人を持つ友人(アタマワルイ日本語)は大変だよなぁ、可哀相。
と人事のように同情してみる。
きっと友人も少なからずショックを受けたに違いない。
しかし、にも関わらず、こんな客観的な判断をもつに至ってしまうのも、やはり「対岸の火事」故なのか。
結局は当事者ばかりが事件を記憶し、それ以外の人間は段々と記憶の淵からボンヤリと消していってしまうのですね。

その事実が、ちょっとやるせない。

・・・と適当に書いてみましたが、これじゃ俺ただの「居直り強盗」じゃねぇか!
生まれてきてごめんなさい。

ほげほげとメモ
英国コスメ「ラッシュ」天神店、ギフト商品の緩衝材にポップコーン導入  他の緩衝材と違い種の状態で運べばかさばらないってのは考えたなぁ。
<たばこ>8月にも自販機の深夜稼動を解禁  よし、そろそろタスポを記念に作っとくか。
“ゲームと無差別殺人”両者に因果関係はあるのか?  死刑囚の100%がなんらかの方法で水を摂取していたとかなんとか。
ソニー、40GBモデルの新型PS3にもアップデートでPS2との互換性を搭載か  まだ事実認定はされていませんが、本当ならすげえ!
「ATOK」を月額300円で、ジャストシステムが9月からサービス提供  結構安いかも、、、9月2日から。
米リーマンが急落、ゴールドマンの決算受け=米株式市場  今年も僕は地味に稼いでおります。
青リンゴ風味の「ボルヴィック」 キリンビバが7月発売  ノンカロリーならなぁ
橋下知事「一緒に自衛隊体験入隊を」幹部「死んでしまう」  ちょっと見てはみたい。