ドラクエキーボード


"ドラクエ"での顔であるスライム、そのデザインと最弱モンスターという立ち位置から愛されキャラとなっていますよね。 しっかし元々スライムって強くてキモいんですよ。 何せ形はアメーバ状の半液体。 その特性を生かして剣で切ろうが槍で突こうが物理攻撃は一切無効。 さらに体にまとわりついての窒息または溶解させてのジワジワ極まる攻撃方法も加味されて、虫系モンスターと並び称される「出来れば戦いたくないモンスター」の筆頭だったりした訳です。 ところがどうでしょう、1986年5月27日に初代『ドラゴンクエスト』が発売されると、あのなんかドロドロっとしたスライムが「デザインしにくい」という理由から、鳥山先生の手によって可愛くリメイク。 先生曰く「あんな人気者になるとは思わなかったっす(笑)」と語るほどに爆発的な人気で現在に至る、という正に現代のシンデレラだったりするわけです。 もしも鳥山先生が堀井雄二さんの初期イメージ(やっぱドロドロしたアメーバ的なアレ)の通りにキャラデザインをしていたら、もしかしたらドラクエというゲームそのものの方向性すらも変わっていたかもしれないと思えば感慨もヒトシオ。 結果的にスライム関連のゲームはもちろん、多数の商品化も行われ、当方もスライムアロハシャツを夏場は愛用しています。 スライムのイメージカラーである水色が清涼感を与えてくれて最高です。

まぁそれはさておき株式会社HORIさんがオフィシャルでスライムキーボードを発売したよってことで2秒で予約しました。 まず目立つのは各所に散らばるスライム達。 ファンクションキー上の12体のスライム(着脱可)はもちろん、スペースキーのキングスライムやテンキー周りのバブルスライム・ホイミスライム(ベホマスライムかもしれんけど)などが見受けられ我々を待ち構えています。 またWii用とは言えUSBキーボードなのでPCでも使用OK。 更に「ドラゴンクエスト 目覚めし五つの種族 オンライン」で使えるアイテムコードも付いてきます。 発売は8月2日、価格は3,980円とのことで現在予約受付中。 とりあえず買うが宜しい。