トップページ » 【大沢在昌他】小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所

【大沢在昌他】小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所 5

 何年(何十年?)かぶりに単行本を、しかも衝動買いした。床に就く前に一話だけ…と思ったら止まらなくなり、缶ビール2本とともに読了。

集英社 2007/5/30 第 1 刷発行
  大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき
  京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾


 週間少年ジャンプは数十年買い続けているものの、ぶっちゃけ「こち亀」はもう何年も前から読んでいない(もっとも今や毎週読んでいるマンガは数えるほどしか無い)のだが、この豪華すぎる執筆陣で税込み1,050円となれば、これは買わずばなるまい。

 冒頭を飾るは、日本推理作家協会の理事長・大沢在昌の「幼な馴染み」。《正月明け早々、休みがとれたと昌から連絡があった》 という書き出しにぶっとぶ! 何と本家「鮫」シリーズでもとんとご無沙汰の昌である。当然連絡を受けたのは鮫島で、タイトルは藪が両さんが幼馴染みという設定による(新宿鮫を読んだことのない人にはチンプンカンプンでしょうけど (^^;)。

 この他にも石田衣良の「池袋⇔亀有エクスプレス」ではIWGPシリーズのマコトといった具合に、いくつかの作品で各著者のシリーズキャラとコラボする。

 トリを務めるは東野圭吾「目指せ乱歩賞!」。残念ながら加賀刑事、湯川学といったシリーズキャラの登場は無いが、いかにも両さんといった感じで、まるで落語のようなオチが笑える一編。

 個人的には、最近気になっているがまだ読めていない柴田よしき、ずっと読まず嫌いでいた京極夏彦の作品まで初読みできて、大いに満足。西上心太氏の17ページにおよぶ解説も読みごたえあり。なお各編の書き出しは、こちらでチラ見できます。

by higeru  at 15:10
トラックバックURL
トラックバック
1. こち亀と7人の推理作家達  [ Crescent Moon ]   2007年05月29日 14:11
4  『こち亀』30周年&『日本推理作家協会』60周年を記念して史上空前の超豪華企画完成!! ということで。本屋でみかけて執筆陣の豪華さに驚きました。 「小説こちら葛飾区亀有公園前派出所」と銘打ってはいるけれど、単なるノベライズ本とは一線所か二線も三線も画してしま....
小説こちら葛飾区亀有公園前派出所 大沢 在昌,秋本 治 2007/5/30発行 集英社 P.266 ¥1,050 ★★★★★ 両津。両津勘吉――。  大原は、その名を聞くと胃がしくしくと痛くなるのである。  大原の知る限り、両津は警察史上最悪の警官――いや...
3. 『小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所』  [ お菓子を片手に、日向で読書♪ ]   2007年06月07日 00:40
読みましたー!! 日本推理作家協会監修のこち亀です♪ higeruさんのブログでこの本を見て、これは読まねば!!と急いで購入♪ なんたって京極さんや今野さん、柴田せんせ、東野さんなどなど…執筆陣が超豪華!! あっという間に読み終わっちゃう本だけど、とても楽し...
4. 「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」監修・日本推理作家協会  [ 読書とジャンプ ]   2007年06月08日 07:43
一番両さんのことを分かってるのが柴田よしきさん(二番目が大沢在昌さん)で、一番両さんのことを分かってないのが石田衣良さん(二番目が東野圭吾さん)で、一番泣けたのが今野敏さんで、一番それはないだろと思ったのが逢坂剛さんで、一番燃えた(萌えでも可)のが京極...
5. 小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所  [ 読書狂日記 ]   2007年06月11日 00:58
 別に『こち亀』の熱心な読者でもないのだが、面白い企画だなと思って読んでみた。 幼な馴染み(大沢在昌) 『新宿鮫』シリーズの鮫島、恋人の晶(しょう)、鑑識課の藪が両津勘吉とコラボ。『新宿鮫』シリーズ本家の緊張感は微塵もない(笑)。ま、別に悪くはないのだが....
6. 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所  [ ぼちぼち ]   2007年07月11日 20:45
超人気作家7人が『こち亀』を小説化!! 『新宿鮫』の鮫島&晶が浅草初詣で両さんと遭遇。『池袋ウエストゲートパーク』のマコトは両さんと一緒に結婚詐欺師退治。大原部長と悪ガキ両さんの知られざる出会いなど、両津勘吉大活躍の短編が7本!集英社HPより 大沢在昌・...
7. 「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」  [ 日だまりで読書 ]   2007年08月06日 17:36
おっと。読んでから、随分時間がたってしまったぞ(^^;) お久しぶりの探偵さんや刑事さんと両さんとのコラボ作品。 もうそれだけで、私は満足♪ ★★★★☆ higeruさんも、たしか書いていらっしゃいましたが、
8. 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所  [ hibidoku〜日々、読書〜 ]   2007年08月13日 19:56
読書期間:2007/8/9〜2007/8/11 今や国民的な漫画となって久しい「こち亀」と、日本推理作家協会を代表する7人の作家の小説世界が融合。前代未聞、空前絶後のコラボレーション短編を7本収録。『週刊プレイボーイ』連載を加筆、修正し単行本化。
9. 小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所  [ 苗坊の読書日記 ]   2007年08月16日 19:32
5 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所 オススメ! ●第1話:幼な馴染み 大沢在昌 『新宿鮫』との競演が実現!なんと、両さんと下町・浅草で出会ってしまったから、さあ、どうなる? ●第2話:池袋⇔亀有エクスプレス 石田衣良 夢のコラボ第2弾は人気シリーズIWGP....
10. 小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所  [ じゃじゃままブックレビュー ]   2007年09月16日 16:23
「こち亀」の両さんがいた。鮫島と晶と藪、そして両津勘吉。すっごい組み合わせ。あと私が知ってるのは、柴田よしき氏の花咲慎一郎くらいかな。 いろんな作家の物語に、あの「こち亀」の両さんが登場するのだ。 最大の目的は鮫島と晶に会うことだったんだけど、ちょっと藪に....
11. 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所 〔大沢 在昌・他〕  [ まったり読書日記 ]   2007年10月18日 19:35
3 小説こちら葛飾区亀有公園前派出所大沢 在昌 秋本 治 集英社 2007-05-24売り上げランキング : 2980おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 超人気作家7人が『こち亀』を小説化!! 『新宿鮫』の鮫島&晶が浅草初詣で両さんと遭遇。 『池袋ウエストゲー....
原作・口絵・イラストは秋本治。監修は日本推理作家協会。解説は西上心太。「週刊プレイボ−イ」連載の『「こち亀」ミステリー』を加筆修正改題。 ・幼な馴染み(大沢在昌)コミカルな味わいで情に厚い両さんがカッコイイ。 ・池袋⇔
13. 小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所<大沢在昌他>−(本:2009年31冊目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年03月01日 20:23
小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所クチコミを見る # 出版社: 集英社 (2007/5/24) # ISBN-10: 4087804666 評価:80点 人気ミステリ作家が、こち亀を題材に小説を書くというコラボ企画。 なかなか面白かった。 さすがに有名作家たちだけあって、こち亀ワールドの....
14. 小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所<大沢在昌他>−(本:2009年31冊目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年03月01日 20:24
小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所クチコミを見る # 出版社: 集英社 (2007/5/24) # ISBN-10: 4087804666 評価:80点 人気ミステリ作家が、こち亀を題材に小説を書くというコラボ企画。 なかなか面白かった。 さすがに有名作家たちだけあって、こち亀ワールドの....
15. 「小説こちら葛飾区亀有公園前派出所」大沢在昌 他  [ 本のある生活 ]   2009年05月14日 22:05
小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所クチコミを見る 「こち亀」ってマンガは読んだことないし、アニメもちゃんと見たことないんです。でも子供たちが好きで、家事をしながらチラチラみていたようで、なぜかキャラもほとんどわかってたということがこれを読んでわかりました...
コメント
1. Posted by nemuri_neco   2007年05月27日 18:29
今日は。眠り猫と申します。
コメントありがとうございました。

>残念ながら加賀刑事、湯川学といったシリーズキャラの登場は無いが
正直言って、少し寂しかったです。
加賀か湯川か、裏をかいて天下一か? なんて、あれこれと思いを巡らせていたものですから。
でも、こち亀と推協のコラボで両さんへのトリビュート作品というコンセプトを大切にした内容ではありましたね。
2. Posted by ふくちゃん   2007年05月28日 00:04
もう読まれたんですね。
僕もこれは買おうと思っています。
<鮫>も<IWGP>も読んでいるので。
<こち亀>に関しては、ちゃんとした読者じゃありませんが、楽しみです。
3. Posted by higeru   2007年05月28日 22:57
nemuri_necoさん
 東野さんは最後なんで、誰か出るのか、誰が出るのかと、結構期待しましたね。
 なるほど、天下一もいましたね。両さんには合うかもですね。(^^
4. Posted by higeru   2007年05月28日 22:59
ふくちゃん
 はい、記事に書いたように、衝動買いしてその夜のうちに読み終えてしまいました。こち亀を嫌い/知らない人でなければオススメかと。
5. Posted by そら   2007年05月29日 09:11
おもしろそう♪
6. Posted by しゃお   2007年05月29日 09:39
自分は<鮫>を読みたいが為に連載時のプレイボーイを買いました(笑)
7. Posted by Ray   2007年05月29日 14:17
こんにちは♪
トラバ&コメントありがとうございました!

凄いお得感のある1冊でしたよね^^
私も読んでないシリーズ物、ありましたがそれでも結構楽しかったです
「こち亀」自体は私も暫く読んで無かったので、途中までなら弟の本棚に並んでいるので改めて読んでみたくなりました
ちなみに原作はお金の絡んでない話が好きです^^
8. Posted by higeru   2007年05月30日 01:48
そらさん
 はい、残念ながら中学校の図書室で購入されることはないと思いますが。(^^;
9. Posted by higeru   2007年05月30日 01:51
しゃおさん
 nemuri_necoさんは週間PBを買い、なおかつ本書も購入されたそうです。(^^
 連載のことはまったく知りませんでした。今にして思えば去年のいつ頃か、それらしい中吊りを見たような気もするのですが…。
10. Posted by higeru   2007年05月30日 02:02
Rayさん
 少なくとも週間PB 21冊分よりは遥かにお得かと。(^^;

 原作というか、こち亀/両さんというと、今ではやはりラサール石井というイメージですが、私は映画(見てはいないが)で中川役をやった草川祐馬が、なぜか印象に残ってます(と言っても知ってる訳ないよね〜 (^^;)。
 
11. Posted by じゃじゃまま   2007年06月01日 10:00
そんな本あるんですか!?
知らなかった!鮫と昌に会えるのなら絶対に読まなくちゃいけませんね、鮫ファンとしては。
亀有は、学生時代のバイト先に置いてあって読んでましたよ〜、ハマると読まずにはいられなくなる漫画でした。
気になりますね〜。当然、連なる作家さんたちは亀有ファンなんでしょうね。
12. Posted by higeru   2007年06月05日 02:03
じゃじゃままさん
 第一話だけでも読む価値あり、とまでは言いませんが、鮫ファンとしては読まなくちゃですかね。

 本文に書いたリンク先の各著者のコメントを見ると、京極さんは相当なファンのようですね。
13. Posted by マメリ   2007年06月07日 00:48
こんばんわ☆

私もこの本読みました♪
・・・というか、higeruさんのこの記事を見て、こんな本が出たの?!って本屋さんに走りました(笑)

この豪華メンバーで1050円は安いですよね〜。
しかも既存作品の番外編と言うかパロディというか…こち亀としても楽しめるし新作短編としても楽しめるし、大満足でした♪
わたしは新宿鮫シリーズを読んだことがないんですけど、読んどけば良かった…!!ってすごく悔しくなりました…。
14. Posted by higeru   2007年06月10日 16:56
マメリさん
 この記事がお役に立ったようで嬉しいです。

 私も全然知らなかったのですが、近所の書店ではコミックの方に置いてあって、『21世紀少年』の発売日を間違って買いに行って「発見」しました。(^^ 絶対お買い得ですよね。
15. Posted by ちきちき   2007年07月11日 20:44
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございました。

higeruさんは、結構出てすぐくらいに読まれてたのですね!
私は見つけてから買おうか買うまいかかなりウジウジ悩んだあげく、結局人から借りました(^_^;)

買っても良かったかも!
16. Posted by higeru   2007年07月12日 00:50
ちきちきさん
 こんばんは。はじめまして…でしたっけ。実はよくおじゃましてるんでそんな気がしませんでしたが。

 そうですね。出てすぐに「発見」しまして。(^^; でも貸してくれる人がいるってのは、それはそれで良いですね。私の周りにはあまり読書家がいないような…探してみよっかな。
17. Posted by そら   2007年08月06日 17:26
な〜んだ、higeruさんの記事、ゆっくり探せばすぐ見つかるじゃない(^^;)
ということで。
higeruさん、こんにちはっ♪

すご〜く気になっていたこの作品、やっと図書館(中学校じゃないけどね^^)の順番が回ってきましたよん♪

>ずっと読まず嫌いでいた京極夏彦の作品まで初読みできて、大いに満足。
私も、京極夏彦初読みでした。なかなかおもしろかった。

何だかんだといって、いかにも両さんらしい両さんが登場する東野圭吾…最近、辛く当たってごめんなさいって感じでした(*^_^*)
18. Posted by higeru   2007年08月11日 02:12
そらさん
 えっと、いや、別にゆっくりでなくともすぐに見つかるんでないかと…。(^^; 同い年のケイゴリンに辛く当たらないでね。

 これで初読みした今野敏の『隠蔽捜査』を最近読みました。面白かった〜!
19. Posted by じゃじゃまま   2007年09月16日 16:28
「こち亀」は昔バイト先にあったので読んでました。両さんみたいなタイプはまっぴらごめんですが(笑)、どの作品も両さんらしいエピソードでしたね。
でも石田さんと京極さんはちょっと馴染めなかったです。
あと藪さんも!!!

柴田さんはなかなか両さんのいいところついてたように思いました。東野さんのもね!要するにがめついんですよね。(爆)
20. Posted by higeru   2007年09月17日 21:00
じゃじゃままさん
 石田さんのは結構面白かったけど、両さんらしくはなかったかな。京極さんは初読みだったこともあって、何だか印象が薄いな…。

 藪さんダメですか?
21. Posted by エビノート   2007年10月18日 19:41
TBありがとうございました〜。
こち亀はアニメをちょこちょこという程度だったので、楽しめるかどうか不安だったのですが、楽しく読むことができました〜。
読んでいないシリーズだとか、本家本元の漫画の『こち亀』にも興味が湧いて、お得な一冊でした♪
22. Posted by higeru   2007年10月20日 01:20
エビノートさん
 これで千円は絶対お買い得ですよね。
 私はこれがきっかけで今野さんの作品を読むようになりました。
23. Posted by 藍色   2008年01月11日 03:27
TBありがとうございました。
痛快でしたね。
おなじみの両さんが人気作家さんたちに料理されてるのが
とても楽しく読めました。

24. Posted by higeru   2008年01月12日 00:19
藍色さん
 発表済みの作品を集めたものに比べると断然少ないですが、こういう企画物も良いですね。
 ルパンに両さん、他に誰かいいキャラはいないかな…。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)