トップページ » 【海堂尊】チーム・バチスタの栄光

【海堂尊】チーム・バチスタの栄光 4

 図書館デビューしてすぐに予約したのだが、待ち行列の長さはじれるほどに変わらず、その間にはて何冊借りたことだろう。待つこと三ヶ月とちょっと、ようやっと回ってきた。

宝島社 2007/2

 この本については今更ぐたぐた書くまい。第3回までのこのミス大賞受賞作はすべて読んでいるが、一二を争う面白さだった(ちなみに争うのは『四日間の奇蹟』だね)。

 ご多分にもれず思わず「伊良部か!?」と突っ込んでしまった 《ロジカル・モンスター》 白鳥圭輔のキャラは、好き嫌いは別として強烈無比である。通称 《愚痴外来》 担当の田口公平が活躍する第一部「ネガ」に対して、第二部「ポジ」になって白鳥が登場した途端、まさしくネガとポジほどに色合いが変わってしまうような強烈さである。

 ただ、第一部で田口がインタビューした登場人物たちに対して、《アクティブ・フェーズ》 だとか言いながら再びインタビューを行うってのは、ちょいとヒネリが足りない気がした。《オフェンシブ・ヒアリング》 だとか 《ディフェンシブ・トーク》 だとか、何だか煙に巻かれた気分。ここは個人的にはかなり減点だが、事件解決のあとの後日談で挽回。

 ではあるけれど、十分にもっと読みたいと思わせてくれる面白さであった。これ以後の三作は既に予約済みだが、最新作の『ジェネラル・ルージュの凱旋』は今年中に回ってくるかなぁ…。

 映像化のオファーも多いらしいが、ちょっとだけ勝手にキャスティング。田口公平…織田裕二(ちょっと二枚目すぎ?)、白鳥圭輔…西村雅彦(「小太り」というイメージとは違うけど)、桐生恭一…沢村一樹。奇しくも三人ともテレビドラマで医師役をやったことがある人になりました。

 ちなみに今回名前だけしか出なかった 《氷姫》 こと姫宮は、著者本人のイメージは深田恭子なのだとか。

by higeru  at 23:09
トラックバックURL
トラックバック
1. チーム・バチスタの栄光 〔海堂尊〕  [ まったり読書日記 ]   2007年08月19日 00:13
4 チーム・バチスタの栄光 ≪内容≫ 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。 彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成功....
2. 海堂尊「チームバチスタの栄光」  [ 聞いてあげるよ君の話を ]   2007年08月19日 12:31
4 アメリカ帰りの天才医師・桐生率いる心臓手術、チームバチスタは成功率100%を誇る精鋭 そのチームに、立て続けに三件の術死が起きてしまった じたいを危ぶんだ病院長の高階は 門外漢の神経内科・不定愁訴外来(通称 愚痴外来)の田口公平医師に内部調査を頼んだ これ...
3. チーム・バチスタの栄光⇔海堂尊  [ らぶほん−本に埋もれて ]   2007年08月19日 15:16
4 チーム・バチスタの栄光 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。 彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成功率100%を....
4. 海堂尊【チーム・バチスタの栄光】  [ ぱんどらの本箱 ]   2007年08月20日 12:12
第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。 応募時のタイトルは「チーム・バチスタの崩壊」で、大賞に決まって出版する際に「栄光」と変えたらしい。 「崩壊」ではストレートすぎ。「栄光」のほうが皮肉めいた感
5. 「チーム・バチスタの栄光」海堂尊  [ 日だまりで読書 ]   2007年08月20日 16:48
「医療小説界に伊良部一郎(奥田英朗 著)以上の変人キャラが登場した!」 と帯にあれば、すご〜く気になるじゃない。 『コールドゲーム』で、ちょっと鬱気分になった私。 ハードカバーの新刊本なんて、買うのにとってむI| xG| H
6. 「チーム・バチスタの栄光」海堂尊  [ 本のある生活 ]   2007年08月21日 14:06
チーム・バチスタの栄光 おもしろかったですー。評判いいのは知ってましたが、納得しました。これは誰が読んでも楽しめるのではないかと思います。作者が現役の医師ということで、大学病院のヒエラルキーや医療現場の様子が生々しく描かれているのですが、それが白い巨塔....
7. 「チーム・バチスタの栄光」海堂 尊  [ songbenさんの読書日記 ]   2007年08月29日 16:39
5 (内容)宝島社より 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。 彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成....
8. チーム・バチスタの栄光(上・下)  [ どくしょ。るーむ。 ]   2007年12月22日 19:50
著者:海堂 尊 出版社:宝島社文庫 紹介文: 話題の海堂作品をようやく読むことができました。 華やかで切れ味のよい、医療ミステリ。人気なのもわかります。 医療ミステリというと難解なものもありますが、この作品は前半で事件や登場人物が読みやすく説明されるため...
9. 「チーム・バチスタの栄光」海堂尊  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2008年02月12日 20:36
チーム・バチスタの栄光(2006/01)海堂 尊商品詳細を見る バチスタ手術とは、学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。一般的には、正式吮..
10. <感想>『チーム・バチスタの栄光』(海道 尊)  [ Book A GoGo!!! 〜本の読書感想ブログ〜 ]   2008年05月15日 18:49
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)海堂 尊 宝島社 2007-11-10売り上げランキング : 199おすすめ平坮..
11. チーム・バチスタの栄光<海堂尊>−(本:2009年読了)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年09月30日 00:54
チーム・バチスタの栄光クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/01) # ISBN-10: 4796650792 評価:84点 随分と前から話題になっていた第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。映画にもなっているし文庫本化もされているものをようやく読んだ。時代に少し追い...
12. チーム・バチスタの栄光<海堂尊>−(本:2009年読了)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年09月30日 00:56
チーム・バチスタの栄光クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/01) # ISBN-10: 4796650792 評価:84点 随分と前から話題になっていた第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。映画にもなっているし文庫本化もされているものをようやく読んだ。時代に少し追い...
コメント
1. Posted by エビノート   2007年08月19日 00:19
登場人物の個性が際立っていて(特に白鳥!)、楽しめる話でしたね♪
医療の専門用語などもありましたが難しくなりすぎず、バランスの取れたエンターテインメント作品だったと思います。
続きも早く回ってくると良いですね〜。
2. Posted by higeru   2007年08月19日 00:49
 あら、これからコメントを書こうとしていたのに先を越されてしまいました。(^^;

 医療ミステリーってのは初体験でしたが、くどさの感じられない程度の説明ながら、小難しいという印象は無かったですね。

 最新作は年内ぎりぎりっぽいですが、『ナイチンゲール〜』は…再来月くらいかなぁ。
3. Posted by きりり   2007年08月19日 12:31
タイトルの感じで堅い医療系と思ってたので、白鳥登場でかなり驚きました
映像化は悩みますね〜私としては桐生の義理の弟役に冷血ややエキセントリックな美形を希望します(笑)
4. Posted by らぶほん   2007年08月19日 15:14
コメントとTBありがとうございました。
強烈なキャラに負けない物語自身の面白さに完全にまいった作品です。
時間を忘れるほどノッて読み切る作品に出会えたことが嬉しいですね。
このミス大賞、私もいつもチェックしてしまいます。
早く順番が回って来るといいですね。
5. Posted by そら   2007年08月20日 17:01
> 《氷姫》 こと姫宮は、著者本人のイメージは深田恭子なのだとか。

お〜!そうですかぁ\(^o^)/
イメージ通りかどうかは、『螺鈿迷宮』までお楽しみ♪ということで。

キャスティングは…桐生先生が沢村一樹ってよいと思う♪
(桐生先生、結構好き *^_^*)
6. Posted by higeru   2007年08月20日 23:11
きりりさん
 みんなキャラが立っているだけに、結構キャスティングが難しいんですよね。「冷血ややエキセントリックな美形」、うーん、顔は思い浮かぶんですが、残念、名前が出てこない…。(^^;
7. Posted by higeru   2007年08月20日 23:19
らぶほんさん、そらさん
 次の『ナイチンゲールの沈黙』はひと月くらいで回ってきそうですが、あら「氷姫」はこれには出ないんですか? うーん、ますます気になりますね。
8. Posted by june   2007年08月21日 14:11
白鳥の強烈なキャラには本当に驚きました。
好きか嫌いかと言われたら、ものすごく好きです。
(読む分には・・です)

映像化はしてほしい気もしますが、キャスティングにはこだわってほしいなと思います。
特に桐生ブラザースは美しくなくちゃ!兄竹之内豊、弟沢村一樹くらいの絵ずらでお願いしたいです。
9. Posted by songben   2007年08月29日 16:39
ごぶさたしてます!higeruさん、お元気ですか?
これ、おもしろかったですね。
私も思わず、伊良部かと思いました。
私の中で「氷姫」は、南海キャンディーズのしずちゃんです(笑)
10. Posted by higeru   2007年09月01日 17:34
songbenさん
 ご無沙汰です。
 しぶちゃん!? 著者のイメージとは、またずいぶんと違いますね。う~ん、何だか読みたいような読みたくないような。(^^;

 ま、彼女の出る本は、まだ当分回ってきませんが。
11. Posted by ia.   2007年12月22日 19:53
こんばんわ。
ネガ&ポジの作風がたまらなく良かったですね。
「四日間の奇蹟」って、そんなに面白いんですか?
今度ぜひ読んでみます!!
12. Posted by higeru   2007年12月28日 22:06
ia.さん
 えっ?『四日間の奇蹟』って何のこと?…って、自分の書いたことをすっかり忘れてました。(^^;

 好き嫌いはあるようですが、相当売れているのも事実ですし、映画にもなりましたからね。私は面白いと思いましたよ。
13. Posted by しんちゃん   2008年02月13日 15:05
おもいっきり出遅れた感がありますが、とんとーんと勢いよく読みたくなりました。
竹内結子にはビックリでしたね。好きな女優さんですが、これには?です。
14. Posted by higeru   2008年02月14日 00:13
しんちゃん
 竹内結子の起用は、
 (1)登場人物に男が多いので華が欲しかった
 (2)プロデューサの好み
のいずれかだろうと…。(^^;

 それにしてもテレビCMで竹内結子というかグッチーがソフトボールをしているシーンがありますが、あれはいったい…何でしょ?
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)