トップページ » 【垣根涼介】君たちに明日はない

【垣根涼介】君たちに明日はない 4

 こんなのも書くのか!?垣根涼介。これまで読んだ垣根作品とはまったく違うテイスト。でもそんなの関係ね〜、面白い。荻原浩『明日の記憶』とともに第18回(2005年)山本周五郎賞を受賞した連作短編集。

新潮文庫 2007/10/1 発行

 主人公・村上真介は33才のサラリーマン。彼の勤める「日本ヒューマンリアクト(株)」はちょっと変わっている。製造業でも建設業でも流通業でも出版業でもない。それらあまたの企業からの人員削減要請を受け、数多くの候補者と面接して早期退職を勧めるという、ありそで無さそな、でもあってもおかしくなさそうなリストラ請負業、首切りのプロフェッショナル集団なのである。

 であるからにして、File1(第一話)からFile5まで、真介はいろいろな業種の様々なリストラ候補者と面接する。

 とはいえ、ともすればワンパターンになりそうなところを、File1で面接した8才も年上の女性と恋に落ち、File2では夢を持ち続ける技術者に過去の自分を思い出し、File3ではかつての同級生と面接をすることに…という具合に、ページを繰る手を止めさせない。

 プロ意識を持ち私情を交えずに面接に望む真介はカッコ良い。その愛車が軽自動車というのは一見ギャップがあって面白いが、電動式開閉式ルーフ装備の2シータ「ダイハツのコペン」というあたりは車にうるさい筆者らしい。

 ラスト数ページ、何やら謎の熟女が登場する。これは続編への伏線なのか? う〜ん、気になる。ということで、『借金取りの王子』は文庫落ちを待ちきれず、さっそく予約。

by higeru  at 22:39
トラックバックURL
トラックバック
1. 君たちに明日はない⇔垣根涼介  [ らぶほん−本に埋もれて ]   2007年10月07日 07:25
4 君たちに明日はない リストラを専門に請け負う会社に勤めている真介の仕事は、クビ切りの面接官。 昨日はメーカー、今日は銀行、女の子に泣かれ、中年男には殴られる。 はっきり言ってエグイ仕事だ。 それでもやりがいはあるし、心も身体も相性バッチリの恋人も....
2. 君たちに明日はない 垣根涼介著。  [ じゃじゃままブックレビュー ]   2007年10月08日 17:49
軽い短編かと思ったら、軽いは軽いだけど、ちょっと真介いい男すぎませんかね。 さすが男性作家というか、女性も格好よすぎ。41歳で、なかなかそういい女はいないと思うんだけど、なんか陽子を見ていると、ああ、男性が書くキャリアウーマン像だな~と。 結局真介も陽子も....
3. 君たちに明日はない 垣根涼介  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年10月09日 22:49
4 君たちに明日はない ■やぎっちょ書評 正直垣根さん、これ以上読むことはないかなぁなんて思っていましたが、読んだ。。。 「やっぱり本が好き♪」のミーさんが、主人公の真介でキャーキャーいいましょ、とぶ熱いお誘いをくださいました!! 結果・・・・メェーメェー・....
4. 「君たちに明日はない」垣根涼介  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2007年10月21日 16:22
君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1))垣根 涼介 (2007/09/28)新潮社 この商品の詳細を見る 村上真介33歳は、企業の人事部からリストラ業務を請け負う会社、日本ヒューマンリアクト(株)の社員で、業種も会社も異なる様 
5. 君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1))  [ ぼちぼち ]   2007年11月10日 22:23
リストラ請負人、村上真介は今日も行く。彼を待ち受けるのは、部下に手をつけるセクハラ上司、管理能力ゼロのオタク主任、お上に楯突くキマジメ社員……。山本周五郎賞受賞作。 「私はもう用済みってことですか!?」リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接...
6. 君たちに明日はない  [ どくしょ。るーむ。 ]   2007年11月22日 01:41
紹介文: 垣根さんの"サラリーマンもの"ってどうなんだろう?と思っていましたが、とても評判が良いようなので読んでみました。 リストラを請け負う会社の「クビ切り面接官」の話。 リストラ対象となるのはメーカー社員、銀行員、派遣コンパニオン、果ては音楽プロデュー....
7. 「君たちに明日はない」垣根涼介  [ 日だまりで読書 ]   2007年11月30日 15:25
『明日の記憶』(荻原浩)と一緒に山本周五郎賞を獲った作品だそうです。 山本周五郎賞って幅広いのね。 ★★★☆☆ リストラ請負会社に勤める村上信介。 彼が面接する相手は、仕事の発注元である相手会社のリストラ候補生 gtH
8. 『君たちに明日はない』垣根涼介著  [ A's File ]   2007年12月22日 10:28
4 君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1)) リストラ請負会社の首切り面接官と面接される側の人生の悲喜こもごもを描いた作品。 山本周五郎賞を受賞してます。 主人公の村上真介がかなりカッコよいです^^ 33才。 大人の男性の魅力と、ちょっと無邪気な子供っぽさを併せ...
9. 「君たちに明日はない」垣根涼介  [ 本のある生活 ]   2007年12月23日 17:47
君たちに明日はない 「ワイルド・ソウル」がすごくよかったんで、これもずっと気になっていたんですが、テーマがリストラなんで、読んだら落ち込みそうな気がして手を出さずにいたんです。でも続編の評判がいいのを聞いて、やっぱり読んでみることにしたのです。で、読ん....
10. 「君たちに明日はない」垣根涼介  [ songbenさんの読書日記 ]   2008年01月18日 17:09
4 君たちに明日はない (新潮文庫 (か-47-1)) (内容)新潮社より 「私はもう用済みってことですか!?」リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接官。 どんなに恨まれ、なじられ、泣かれても、なぜかこの仕事にはやりがいを感じている。 建材メーカーの課長代...
11. 『君たちに明日はない』 垣根 涼介  [ お菓子を片手に、日向で読書♪ ]   2008年01月19日 00:25
リストラを専門に請け負う会社に勤めている真介の仕事は、クビ切りの面接官。昨日はメーカー、今日は銀行、女の子に泣かれ、中年男には殴られる。はっきり言ってエグイ仕事だ。それでもやりがいはあるし、心も身体も相性バッチリの恋人もいる。そして明日は…?笑って唸って泣...
12. 君たちに明日はない  垣根涼介  [ 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) ]   2008年01月29日 16:03
君たちに明日はない/垣根 涼介 垣根涼介 新潮社 2005 STORY: リストラを請け負う会社に勤務する村上。仕事であらゆる職種の人と面接を積み重ねていくが…。 感想:  面白そうだったので借りてみた。軽いタッチですぐに読める。  リストラを請け負う...
13. 「君たちに明日はない」垣根涼介  [ 雑板屋 ]   2008年03月13日 17:55
5 【リストラ面接官の仕事と恋の物語】 垣根涼介氏の著書。「君たちに明日はない」 (ちなみに所持本は垣根氏のサイン入りである) 主人公はリストラ面接官である村上真介。 年齢33歳の働き盛り。 彼は、リストラ請負専門会社の一社員で、仕事と言えば一言、首切りの....
14. 本「君たちに明日はない」  [ <花>の本と映画の感想 ]   2008年06月16日 19:52
君たちに明日はない 垣根涼介 新潮社 2,005年4月 リストラを専門に請け負う会社、日本ヒューマンアクト??の社員である真介は、クビ切りを言い渡す仕事をしている。きょうも、美代子をアシスタントにし、リストラ候補社員の面接を行う・・・・・・ リ...
15. ●読書記録● 「君たちに明日はない」 垣根涼介  [ The 近況報告! ]   2008年08月31日 16:05
企業に代わって戦力外通告をし、説得して辞めてもらうことを生業とする会社、というところに勤めている主人公による、5人のリストラ対象者との対峙の話です。
16. 君たちに明日はない(垣根涼介)  [ Bookworm ]   2008年09月04日 13:38
おぅ。これは当たりー♪と、最初の数ページを読んだところでほっと胸を撫で下ろす。初読み作家さんは、読み初めにちょっと緊張する。特に、これの前に読んだ初読み作家作品がイマイチだった今回は、その緊張感も大きかった!でも、期待通りのようで良かったよーと、安心して...
17. 『君たちに明日はない』 垣根涼介 【by ぶんこや】  [ ぶんこや ]   2009年01月25日 00:06
5 君たちに明日はない (新潮文庫)クチコミを見る  すらりと背が高くてさわやか。三つボタンのスーツに淡い色のシャツ、ダークな色のネクタイ、とうの立ったジャニーズ崩れの軽薄な美男子。ホストにしか見えない雰囲気を持つこの男、村上真介の職業は、リストラ請負会社のク...
コメント
1. Posted by そら   2007年10月07日 00:10
お〜、これも読まなくては♪\(^o^)/
2. Posted by らぶほん   2007年10月07日 07:20
こんにちは。
読んでいる間も、読み終わったてからも、とても楽しめた作品でした。
普段知ることのないリストラの裏側やなども興味を引かれたし、リストアップされた人たちの心理描写もわかりやすいものでした。
続編、私も早く読んでみたいと思います。
3. Posted by さゆみ1194   2007年10月08日 08:23
おぉ〜これ最近別のブログでも紹介されてて気になってましたーーー♪おもしろそうですねーー(*´▽`*) めっちゃ気になります。

あっ、『犯人に告ぐ』を近々読む予定です♪higeruさんの高評価もあいまって、期待で胸がふくらんでおります(笑)
4. Posted by じゃじゃまま   2007年10月08日 17:51
あの垣根さんがこれ書いたの?っていうくらいいつもとは違いますよね。
でも読みやすくて、結構好きです。続編出ますかね〜〜??出れば面白いけど。
5. Posted by higeru   2007年10月08日 23:31
そらさん
 これは未読でしたか。結構オススメです。

らぶほんさん
 続編はタイミング良く予約を入れられたので、ひと月以内には回ってきそうです。(^o^)9

さゆみ1194さん
 これはこれで面白いけど、垣根作品には他にも面白いのあるで〜。

じゃじゃまさん
 いえ、続編もう出てますって。(^^;
6. Posted by しんちゃん   2007年10月21日 16:32
ぷっ、記事ではなく、ままさんへのツッコミに笑ってしまった。
新刊もすごく楽しみですね。
古本店で550円で売られていたのでゲットしました。

話が変わりますが、higeruさんのブログを読書アンテナに入れさせて貰いました。
事後承諾だけど、いいよね??
7. Posted by higeru   2007年10月21日 19:01
しんちゃん
 550円! まだひと月なのに安すぎる!
 「読者アンテナ」の件、全然OKです。こちらもリンク貼らせて頂きます。
8. Posted by ちきちき   2007年11月10日 22:22
こんばんは。
著者のこれまでの作品とは違った雰囲気でしたが、大変楽しく読めました。
車とかエロとかはいつもどおりでしたね(^_^;)
まあでも、やっぱり上手い!
続編も面白かったですよ。
感想楽しみにしております。
9. Posted by higeru   2007年11月11日 22:35
ちきちきさん
 おお、続編も既に読了済みなんですね。ハハ、車とエロは相変わらずですか。(^^;

 こちらは順番が回ってきたので借りてはきたのですが、実はその前に借りた別な垣根作品がまだ手付かずなんです…。
10. Posted by ia.   2007年11月22日 01:52
こんばんわ。遅ればせながら私も読みました。
垣根さんのキャラは本当に格好良いですよね〜。
やっぱり続編があるのですか?
楽しみです(^^
11. Posted by higeru   2007年11月23日 00:48
ia.さん
 はい、続編あります。少し前に感想をアップしました。期待通りの面白さでしたよ〜。
12. Posted by そら   2007年11月30日 15:24
higeruさんは面白かったのね\(^o^)/

何となく、深夜枠のドラマのような雰囲気があったような。

カッコいい村上信介…だれが一番近いかなぁなんて思いましたが、higeruさんのキャスティングはいかに?(*^_^*)

…あ、図書館で『借金取りの王子』の順番が回ってきました。せっかくだから、続きも読んでみよ♪次は、いろんな人がおっしゃるように、「面白い!」って思えるかも(*^_^*)
13. Posted by higeru   2007年12月03日 00:52
そらさん
 はい、面白かったです。
 真介のキャスティングは…これを読んでる時にはなかなか思いつかなくてねぇ。でも続編の感想には書きましたので、そちらをご覧下さいまし。
14. Posted by 灯   2007年12月22日 10:32
続編があるのですね〜。
村上真介のカッコよさに心奪われてしまったので、それはぜひ図書館で予約せねば!
垣根さんは初めて読みました。
他の作品はちょっとテイストが違うのですね。
でもこの作品がとってもお気に入りになったので、読んでみようかな?
15. Posted by june   2007年12月23日 17:51
確かに、いろいろな業界を書き連ねるだけじゃないから、飽きずに読めるのかもしれません。
キャスティングはジャニーズ系にこだわるとなかなかうまくいきません・・。higeruさんのキャスティング、気になるので見てきます。
16. Posted by songben   2008年01月18日 17:16
ラストに出てきた女性は、最初に出てきた村上とつき合っていた年上女性かなぁ?
しかし、あの女性、店ごと忽然と消えるなんて!私には、ちょっと考えられないです。
17. Posted by higeru   2008年01月20日 20:52
songbenさん
 あの女性はいまだ謎です。
 「店ごと忽然と消える」…んん? 意味が分からなくて、本棚から引っぱり出して読み返してみましたが…??
18. Posted by すずな   2008年09月04日 13:41
こんにちは。
馴染みのない職業でしたが、たしかにあってもおかしくないですよねぇ・・・。実際にあるんでしょうか、こんな会社。

垣根さんは初読み著者さんでした。面白かったので、他作品も読んでみようと思ってたんですが、これが今までと作風が違ってるんですねぇ・・・。
とりあえず、続編を読まなくちゃ!です。
19. Posted by higeru   2008年09月06日 01:41
すずなさん
 はい、これまでの作品とはだいぶ違いますね。
 とりあえず続編はオススメですよ。
20. Posted by ぶんこや   2009年01月25日 00:06
これ、めちゃめちゃおもしろかったです!
予想以上でした。
『ヒートアイランド』系の垣根さんもいいけど、これもまたたまらんです〜。
「借金取りの王子」も読まなきゃ・・・
TBさせていただきます。
21. Posted by higeru   2009年02月01日 22:21
ぶんこやさん
 そうですか、垣根っすか?(^^;
 早くPart3が再開されることを期待してます。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)