トップページ » 【薬丸岳】虚夢

【薬丸岳】虚夢 5

 乱歩賞に「応募」するために仕事を辞めたという薬丸岳。いくら副賞1,000万円といえど、短編をちょこちょこ書くくらいで(ちなみにそのうちの一編はこれに収録)ちゃんと食えてんのか〜、と他人事ながら余計な心配をしていたのだが、待望の新作である。
 新刊予約のタイミングを逸してだいぶ待たされたが、おかげで買い増しされたと思われるバリバリの新本が回ってきた。(^o^)/

講談社 2008/5/22 第一刷発行

 通り魔殺人により幼い娘を失った三上孝一・佐和子夫妻。だが、他にも二人の命を奪い計12人をも殺傷したにもかかわらず、犯人は「統合失調症」(かつては精神分裂病と呼ばれた)と診断され、不起訴となってしまう。
 そして自身も犯人に斬り付けられて重傷を負った佐和子は、その傷が癒える一方で日増しに深くなっていく心の傷によりPTSDに陥り、ついに二人は離婚することとなる。

 それから3年。離婚後は一切連絡を取り合っていなかった二人だが、久しぶりかかってきた電話で佐和子が孝一に告げる――さっき、“あの男” とすれ違ったの。

 来歩賞受賞のデビュー作『天使のナイフ』では少年犯罪、続く『闇の底』では少女をターゲットとした性犯罪が題材だったが、本作で取り上げるのは、刑法39条――心神薄弱者ノ行為ハコレヲ罰セズ、心神耗弱者ノ行為ハソノ刑ヲ減刑ス。

 恐らくは多くの人が感じるであろう不条理さを、著者は平易な言葉でストレートに書いている。
 似たような無差別殺人を起こしているにもかかわらず、責任能力があったとして死刑になる人間と、心神喪失や心神耗弱を認められて不起訴や無罪となったり減刑される人間に分けられる。
 この差はいったいどこにあるのだろうか。罰を与えられる精神状態と、罰を与えられないとする精神状態の境目とはいったいどこにあるのだろう。
 それに、現在の犯人と向き合って精神鑑定をしたとしても、過去である犯行の瞬間の精神状態をどれだけ判断できるというのだ。
 理解しがたいのは刑法39条そのものより、むしろこの最後の一文である。統合失調症イコール心神耗弱ではないはず。前者は継続性のある「病気」であり、後者は一時的な「状態」だろう。それなのに、「被告は犯行時には心神耗弱状態にあった」なんてことが、後になってからなぜ分かるのか、まったくもって理解に苦しむのである。

 じゃあどうすればいいのさ、ということに対して、著者は明確な答を示してはいない。もっとも個人的には別に答を期待している訳でもなく、あくまでフィクションとして楽しく読めれば良いと思っている。その点に関しては、ちょっとしたどんでん返しもあり、満足できる一冊だった。

 最後はいささかあっさりしすぎの感はあるが、『闇の底』の感想の最後に書いた「次は見事に騙して欲しいぞ」という期待に応えてくれた思うので、ちょい甘の★五つである。

by higeru  at 00:20
トラックバックURL
トラックバック
1. 「虚夢」薬丸岳  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2008年08月16日 11:01
虚夢(2008/05/23)薬丸 岳商品詳細を見る 白い雪で覆われた公園にはたくさんの人たちが集まっていた。そのとき、どこからか奇声が聞こえてきた。尮..
2. 虚夢  [ 粋な提案 ]   2008年08月16日 16:55
装幀は多田和博。書き下ろし。心神喪失の通り魔に愛娘・留美を殺された三上夫妻。事件の4年後、孝一に離婚した妻・佐和子が犯人とすれ違っ...
3. 薬丸岳『虚夢』  [ 待ち合わせは本屋さんで ]   2008年08月16日 21:08
娘を殺した犯人が目の前を歩いている!
4. 薬丸岳「虚夢」  [ 聞いてあげるよ君の話を ]   2008年08月17日 14:51
4  殺したいほど憎い、あの男を見つけ出す  今度こそ彼女を守るために 愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失者」で罪に問われなかった 運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、事件から4年後 元妻が街で偶然すれ違ったのは、忘れもしないあの男だっ....
5. 『虚夢』薬丸岳  [ ほんだらけ ]   2008年08月23日 18:23
虚夢 薬丸 岳 2008/5/22発行 講談社 ¥1,575 P.320 ★★★★★ この世の中には、人を殺しても、残虐な罪を犯しても、罰せられない者たちがいるのだ。 『刑法三十九条』という法律によって。  心神喪失者の行為は、これを罰しない。  心神耗...
6. 虚夢  [ ぼちぼち ]   2008年08月24日 20:43
JUGEMテーマ:読書 娘を殺した犯人が目の前を歩いている! 愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。運命を大きく狂わされた夫婦はついに離婚するが、事件から4年後、元妻が街で偶然すれ違ったのは、忘れもしない「あの男」だった。 『天使...
7. (書評)虚夢  [ 新・たこの感想文 ]   2008年08月31日 16:09
著者:薬丸岳 虚夢(2008/05/23)薬丸 岳商品詳細を見る 「藤崎がいる」 3年前に離婚した元妻・佐和子からの電話。藤崎…4年前、三上の娘の呮..
8. 虚夢  [ どくしょ。るーむ。 ]   2008年09月24日 00:51
著者:薬丸 岳 出版社:講談社 紹介文: 薬丸岳さんの最新作は、『刑法三十九条』心神喪失者の犯罪を扱った物語です。 凶悪犯罪が起こるたび耳にする『責任能力』という言葉。作中、この言葉の意味を鋭く突きつけられます。 一面的に展開するのではなく、さまざまな角...
9. 虚夢 〔薬丸 岳〕  [ まったり読書日記 ]   2008年10月23日 21:52
3 虚夢薬丸 岳講談社 2008-05-23売り上げランキング : 64618おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 娘を殺した犯人が目の前を歩いている! 愛娘を奪い去った通り魔事件の犯人は「心神喪失」で罪に問われなかった。 運命を大きく狂わされた夫婦はついに離....
10. 虚夢/薬丸 岳  [ 心の音 ]   2008年11月01日 10:18
虚夢講談社 薬丸 岳 ユーザレビュー:重いテーマだけど面白 ...余韻が不足心神喪失者 ...子を思う親の気持ち。 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
11. 『虚夢』薬丸岳著  [ A's File ]   2008年11月11日 00:25
3 虚夢 『天使のナイフ:』で江戸川乱歩賞を受賞された方で今回が初読の作家さんです。 長い予約待ちをしていたので、図書館から順番が回ってきた事を告げるメールが来たときは「虚夢」??って感じでした^^; 予約したことも忘れてました。 通り魔に一人娘の留美を殺さ...
12. 【虚夢】 薬丸岳 著  [ じゅずじの旦那 ]   2009年01月12日 11:33
『刑法三十九条』  心神喪失者の行為は、これを罰しない。  心身耕弱者の行為は、その刑を軽減する。理不尽である…  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]【あらすじ】通り魔に娘の命を奪われた佐和子はある日、犯人の男を...
13. 薬丸岳 『虚夢』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年02月02日 00:25
ブログネタ:あなたのオススメの一冊 参加中 虚夢/薬丸 岳 ¥1,575 Amazon.co.jp 「精神鑑定」に真っ向から挑む感動作! 「心神喪失」の通り魔犯に娘を殺された夫婦。運命を大きく狂わされた二人はついに離婚するが、事件から4年後、元妻が街ですれ違った...
14. 「虚夢」 薬丸岳  [ 日だまりで読書 ]   2009年03月16日 16:02
少年犯罪,性犯罪など重たいテーマに挑み続ける作者,薬丸岳が, 刑法第39条に挑みます。 …といっても私,この作家さんは初読みです。 ...
コメント
1. Posted by naru   2008年08月16日 21:12
higeruさん こんばんは。
見事に騙されました(笑)この作家さん初読み
でしたが、とても読みやすかったです。
遺族の悲しみや、やり場のない怒りが
伝わってきましたね。
最近こういう犯罪がほんと多くて、嫌になります。
2. Posted by きりり   2008年08月17日 14:11
あまり深読みしない方なので騙されました こう来たのかと デヴュー作の堅さから二作目三作目と少しづつ薬丸氏のテイストが出て来たように感じたんですが〜私も薬丸氏評価甘めなのか(笑)とても楽しめました
3. Posted by higeru   2008年08月17日 22:21
naruさん
 はい、私も騙された口です。
 初読みですか。まだ新人と言えるでしょうが、この作品はホント、読みやすかったと思いました。
 こういう犯罪が多いのも嫌ですが、何かというとすぐ「精神鑑定」というのが気になります。
4. Posted by higeru   2008年08月17日 22:25
きりりさん
 まったく同感です。
 騙されましたし、読みやすい上にうまくなったなぁ、と感じましたよ〜。
5. Posted by ぶんこや   2008年08月19日 06:48
これもじつは気になっている作品です。この作者さん、知らなかったんですが、新人さんですか?
higeruさんが★5つつけてるなら、やっぱ読まなきゃだなあー(笑)
6. Posted by ぶんこや   2008年08月19日 06:50
↑あ、新人さんっていうのは語弊がありますね(笑)
比較的新しい人なんですか?
7. Posted by higeru   2008年08月20日 23:50
ぶんこやさん
 デビューして3年、出した本も3冊ですから、まだ新人と言っても良いでしょう。
 一週間ほど前にデビュー作(乱歩賞受賞作)の『天使のナイフ』が文庫落ちしましたよ〜!(^o^)/
8. Posted by higeru   2008年08月24日 20:42
(どうも間違えてちきちきさんのオリジナルのコメントを消してしまったようです。(>_<) すみません。)

ちきちきさん
>よくわからん法律
 確かに理解に苦しみます。まあ、その精神は分からんではないですが。
 ただ法律というのは極論を言えばあくまで「原則」であって、心神耗弱即無罪、という弁護側の姿勢に、むしろ理不尽さを覚えます。

 どんでん返しは完全に想定外でしたよぉ。(^^; そう来たか〜って感じ。
9. Posted by ia.   2008年09月24日 00:55
こんばんわ。
今までよりすっきり読み易く、面白かったですね。
ラスト前のどんでん返しにはビックリしました。
このままいくのかなと思ったのですが、ラストはまたまた意外な感じ。
心情的は、ちょい物足りなさもありましたが、このバランス感もなかなか良いと思いました。
10. Posted by higeru   2008年09月26日 00:36
ia.さん
 最後のどんでん返しはやられました。「そうなるしかない」というような意見もあるようですが、すっかり騙されました。なので、★5つです。
 さて、次はいつ出るのか…今年は…もう無いな。(^^;
11. Posted by エビノート   2008年10月25日 20:49
こんばんは。
どうすればいいのか、答えは示していないけれど、いろんなの視点を描くことで読者がそれぞれに考えるきっかけになる。そんなことを考慮されたのかなぁ〜と思います。最後まで面白く読むことができました。次も楽しみですね〜。
12. Posted by higeru   2008年10月26日 00:54
エビノートさん
 個人的に期待の新人で、デビュー作に比べてうまくなったなぁと、ますます期待です。次も楽しみです。でも…いつ出るんだ?(^^;
13. Posted by masako   2009年02月02日 00:44
こんばんは。
レビュー、すごく納得でした。
本当に犯行時の精神状態なんて、後からどうやったらわかるのか。疑問ですよねぇ。
こんばんは。
今回も難しいテーマながら読ませてくれましたね。そして伏線が見事でした。
14. Posted by そら   2009年03月16日 16:04
>乱歩賞に「応募」するために仕事を辞めたという薬丸岳。

あら,そうなんだ。
力が入ってますね〜\(^o^)/

コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)