トップページ » 【今野敏】心霊特捜

【今野敏】心霊特捜 3

 垣根さんに続いて、今度は今野さんが「食道に潰瘍ができてしまい、水を飲んでも痛いという状態になってしまい」入院中です。もっとも入院9日目にして「毎日、漫画の一気読みをしています。なんと、幸せ」だそうですが。(^^;

双葉社 2008/8/25 第一刷発行

 タイトルからして分かるように系統としては『ST』の近い。心霊現象が絡む事件を担当する神奈川県警本部の「R特捜班」(Rは「霊」を意味する)の4人のメンバーと、彼らの連絡係であり語り手となる岩切大悟がレギュラーの連作短編が6話。

 だが、『ST』のメンバーがそれぞれに異なる能力を持ち、かつそれが「ありえね〜!」というものであるからこそ面白いのに対して、R特捜班の面々はキャラこそ違え、その能力には(紅一点の比謝里美巡査にはいささか異なる能力があるものの)似たり寄ったりの感がある。

 ここに大悟が加わって、ほんのりユーモラスな味を醸し出しているのは、意識して『ST』とは違う色を出そうとしてのことだろうか。こういうテイストの作品は、少なくとも今まで読んだものには無かったな。

 ただ今野さんの作品を読んだことのない人には、オススメしたいとは絶対に思わない一冊かな…って、死人ならぬ病人に鞭打つようなコメントでごめんなさい。(^^;

by higeru  at 01:50
トラックバックURL
トラックバック
1. 今野敏 『心霊特捜』  [ ☆勝手気ままな日々☆ ]   2008年10月11日 23:20
心霊現象が絡む事件を捜査する「R特捜班」の連絡係を務める大悟は、 初めて体験する心霊現象にとまどいながらも事件を解決していく。 青春警察小説。 山本周五郎賞・日本推理作家協会賞受賞第一作。(あらすじ引用) せ、青春警察小説? 初耳なお言葉で少々戸惑う紅子...
2. 「心霊特捜」今野敏  [ ナナメモ ]   2008年10月31日 20:50
心霊特捜 今野 敏 JUGEMテーマ:読書 神奈川県警刑事部のR特別捜査班は心霊現象が絡む事件を担当する班。県内で起こった不思議な事件を解決する。 本屋さんでタイトルが気になって読んでみた本。今野さん初読みかとおもったら「小説こちら葛飾区亀有公園前派出所...
3. 「心霊特捜」 今野敏  [ 日だまりで読書 ]   2009年01月30日 16:40
「心霊」といっても,全然おどろおどろしくない短編集。 番匠警部にとっても親近感♪ ★★★☆☆ 番匠警部…R特捜班班長、背広はヨレヨレ...
コメント
1. Posted by 紅子   2008年10月11日 23:20
今野さんの「STシリーズ」と「安積班シリーズ」は読みたいと思っているのですが、どれから読めばいいのか図書館で悩み、結局一冊も読まないままです^^;なるほど「STシリーズ」を知っていると比べてしまうんですね。ただ知らない者としてはサクっと軽く読める一冊でしたし、こういう設定も初めてだったので楽しめました。TBさせてください。
2. Posted by higeru   2008年10月13日 23:49
紅子さん
 つい比べてはしまうというものの、「ST」も「安積班」シリーズもすべて警察小説でありながらどれもまったく異なるテイストがありますから、そこそこ楽しめはしましたけどね。でも、この作品は今野さんでなくても…という思いもあります。
3. Posted by なな   2008年10月31日 20:51
こんばんは。
うわ〜「ST」と「安積班」シリーズものが二つもあるんですね。
4. Posted by higeru   2008年10月31日 23:38
ななさん
 いえいえ、他にもいろいろシリーズものありますよ。
 やっぱりオススメは「隠蔽捜査」ですかねぇ。

5. Posted by そら   2009年01月30日 16:49
あら,今野さん,もうお元気かしらん?

この作品,確かにST系ですね〜。
人物配置が似てるなぁと思いました。

6. Posted by higeru   2009年02月01日 22:51
そらさん
 はい、今野さんはすっかり元気で、先月は100枚、80枚なんてのも含めて5本も上げたらしいです。

 でも、これの続編は…無いと思います。(^^;
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)