トップページ » 【東野圭吾】聖女の救済

【東野圭吾】聖女の救済 5

 先に『ガリレオの苦悩』を読み始めたのだが、雑誌で読んだ3編は後回しにして、こっちに切替えた。これも雑誌連載で読んでおり、奥付を見る限り加筆・修正は無いようなので再読である。
 当然ストーリーは分かってしまっているので、今回は重箱の隅をほじくるようなつもりで読み始めたのだが…気が付けば普通にのめり込んでた。

 結局今回の方が面白く感じた。やはり連載を途切れ途切れに読むよりも、集中的に読んだ方が絶対良い、ってことで★5つである。ちょい甘?

聖女の救済文藝春秋 2008/10/25 第1刷発行

 月9ではお馴染みの内海薫が登場(時系列的には彼女の正確なデビュー作は『ガリレオの苦悩』の第一章として収められた「落下る」になる)、そのドラマでは内海に取って代わられてしまった草薙俊介(なぜかドラマ・映画では俊平だが)も健在である。

 自宅で不審死を遂げた真柴義孝。現場に残されていたコーヒーから亜ヒ酸が検出される。しかし、その混入経路は謎。そして容疑者として浮かんだ妻・綾音には鉄壁のアリバイが――。

 女性特有の視点から綾音に対する疑いを捨て切れない内海と、それに反駁してまだ見ぬ容疑者を追い求める草薙。
 『容疑者Xの献身』では 〈さっぱりわからない〉 謎を湯川が一人で解き明かしてしまった感があるが、本作では内海と草薙が別々のアプローチで捜査を進めつつも、最後には湯川の推理と合わせてただ一つの真実に収斂していく、という構成が見事である。

 ひとつ難を付けるとすれば…亜ヒ酸をどうやって仕込んだかってのが、図解でもしてくれないと分かんないだよなぁ。(^^;

 真柴義孝=沢村一樹、妻・綾音=桜井幸子でアテ読みしてみた。湯川・内海・草薙はもちろんあの三人で。(^^  さて、フジテレビは「二匹目のドジョウ」を狙うのか…?

by higeru  at 01:54
トラックバックURL
トラックバック
1. 聖女の救済/東野圭吾  [ 心の音 ]   2008年11月28日 12:46
。 聖女の救済文藝春秋 東野 圭吾 ユーザレビュー:実に面白い!読みはじ ...完全犯罪 本当に面白 ...一気読みよみでした! ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
2. 東野圭吾『聖女の救済』  [ 待ち合わせは本屋さんで ]   2008年11月28日 21:25
「おそらく君たちは負ける。僕も勝てない。これは完全犯罪だ。」
3. 東野圭吾『聖女の救済』  [ itchy1976の日記 ]   2008年11月30日 16:30
聖女の救済東野 圭吾文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『聖女の救済』を紹介します。ガリレオシリーズの長編作品です。真柴義孝が殺された。誰が殺したかは見当はついているが、その人のアリバイは完璧である。湯川が推理した真相は「虚数解(理論的には考...
4. 東野圭吾『聖女の救済』  [ itchy1976の日記 ]   2008年11月30日 16:30
聖女の救済東野 圭吾文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『聖女の救済』を紹介します。ガリレオシリーズの長編作品です。真柴義孝が殺された。誰が殺したかは見当はついているが、その人のアリバイは完璧である。湯川が推理した真相は「虚数解(理論的には考...
5. 「聖女の救済」東野圭吾  [ しんちゃんの買い物帳 ]   2008年11月30日 22:39
聖女の救済(2008/10/23)東野 圭吾商品詳細を見る 二冊同時刊行の長編の方です。 子供を持てないのなら、結婚生活自体に意味がない。男と女は結宮.
6. 読書メモ(本) 『聖女の救済』  [ 自由の森学園図書館の本棚 ]   2008年12月04日 21:42
『ガリレオの苦悩』とほぼ同時に『聖女の救済』を読みました。ガリレオシリーズの長編第二弾です。 とても面白かったです。読み始めてから読み終わるまで釘付けになってしまいました。『容疑者Xの献身』と比べて、ラストはそこまで盛り上がらないような気がしたけど、今...
7. 『聖女の救済』東野圭吾  [ ほんだらけ ]   2008年12月05日 23:12
聖女の救済 東野 圭吾 2008/10/25発行 文藝春秋 P.378 ¥1,700 ★★★★★私はあなたを心の底から愛しています。それだけに今のあなたの言葉は私の心を殺しました。だからあなたも死んでください――。 妻、綾音の帰省中、自宅で変死体となって...
8. 東野圭吾 2作  [ Akira's VOICE ]   2008年12月10日 16:13
「ガリレオの苦悩」 「聖女の救済」 
9. 「聖女の救済」/東野圭吾  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年12月21日 08:36
「聖女の救済」/東野圭吾(文芸春秋刊)  映画『容疑者Xの献身』の余韻がまだ少し残っているのだが、かみさんがブックオフでこの本を買って来たので便乗して読んでみた。 東野圭吾は今年の年間ベストセラーランキングで「容疑者Xの献身」、「聖女の救済」、「流星の絆」が...
10. 東野圭吾 『聖女の救済』  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年12月24日 18:56
聖女の救済/東野 圭吾 ¥1,700 Amazon.co.jp 会社社長が自宅で毒殺された。女性刑事・内海薫は離婚を切り出されていた妻を直感で疑うが、妻には鉄壁のアリバイがあった。捜査が難航するなか、湯川が推理した殺害方法は、「虚数解」。非論理的ともいえる思考が編...
11. 【本】聖女の救済  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年01月23日 16:27
        『聖女の救済』       東野圭吾        文芸春秋【comment】本作は、ガリレオシリーズの短編集『探偵ガリレオ』『予知夢』、長編『容疑者Xの献身』の続編として2冊同時刊行されたうちの一冊である長編だ。フジテレビのドラマ化や映画『容疑者...
12. 東野圭吾 『聖女の救済』  [ ☆勝手気ままな日々☆ ]   2009年01月27日 23:04
男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。 草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。 湯川が推理した真相は―虚数解。 理論的には考えられても、現実的にはありえない。( 内容「BOOK」データベースより) ...
13. 「聖女の救済」東野圭吾  [ ナナメモ ]   2009年01月31日 19:57
聖女の救済 東野 圭吾 JUGEMテーマ:読書 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。湯川が推理した真相は―虚数解。理論的には考えられても、現実的にはありえな...
14. 聖女の救済  [ どくしょ。るーむ。 ]   2009年02月03日 01:48
著者:東野 圭吾 出版社:文藝春秋  感想文: 草薙刑事が容疑者である未亡人に一目ぼれ(笑) そのことを内海刑事が密告し、天才科学者が事件の解明に乗り出す、というお話。 ガリレオシリーズは元々トリッキーな作品が多いのですが、今回もある意味、すごいトリックが....
15. 聖女の救済 〔東野 圭吾〕  [ まったり読書日記 ]   2009年03月22日 21:18
3 聖女の救済東野 圭吾文藝春秋 2008-10-23売り上げランキング : 1235おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。 草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま...
16. 聖女の救済  [ 時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館) ]   2009年04月04日 11:36
 「おそらく君たちは負ける。僕も勝てない。これは完全犯罪だ。」(聖女の救済) 「聖女の救済」(東野圭吾:文芸春秋)、「ガリレオの苦悩」と同時発売の際に両方買っていたのだが、こちらもやっと読了することができた。○「聖女の救済」(東野圭吾:文芸春秋)   ...
17. 悪女は美人  [ 活字の砂漠で溺れたい ]   2009年04月22日 23:12
とくに意識するわけではないけれど、 小説を読みながら、いつしか登場人物に対して、 特定のイメエジを植え付けてしまう。 それは心の内の問題なので、 そのイメエジはとても漠然としている。 ところが映画やテレビは違う。 イメエジはクリアであり現実的だ。 まあそんなわ...
18. 聖女の救済<東野圭吾>−(本:2009年47冊目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年06月06日 10:25
聖女の救済クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2008/10/23) # ISBN-10: 4163276106 評価:89点 馬鹿みたいに仕事が忙しいというのに、少しでも睡眠時間を確保しなければ明日がきついとわかっているのに、読み始めるとやめられず、夜中の2時過ぎまでかかって一気に...
19. 東野圭吾「聖女の救済」を読んだ  [ キャッチヘルブルース ]   2009年07月16日 18:05
男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。湯川が推理した真相は「虚数解」だという。 ドヮ..
20. 東野圭\吾 「聖女の救済」  [ ゼロから ]   2009年10月23日 16:17
夫を殺害しても夫の愛人を怨まなかった訳は、意外と複雑なものでした。犯人は、別の人だと思っていたのに…。
21. 「聖女の救済」 東野圭吾  [ 日だまりで読書 ]   2010年11月12日 21:58
次女が学校から借りてきました。 大学の図書館にも,こういうベストセラー本があるんだね〜(=^▽^=) ★★★☆☆ 男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。草薙刑...
22. ◎読書記録◎ 「聖女の救済」 東野圭吾  [ The 近況報告!〜今度は多摩川のほとりから ]   2012年02月26日 00:43
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2010年の思い出{%足跡(テンテンテン)hdeco%}
コメント
1. Posted by naru   2008年11月28日 21:21
また映画化するのかな。
最近の東野作品では、とっても面白かったです。
沢村一樹はピッタリすぎて、笑ってしまいました
(*^_^*)妻は藤原紀香でいかがでしょうか。
2. Posted by higeru   2008年11月29日 01:31
naruさん
 『容疑者Xの献身』が興行的には大成功でしたからね、映画化はきっとあると思ってます。「踊る」シリーズのように調子に乗り過ぎないようにして欲しい。
 藤原紀香ですかぁ、うーん、私の中ではあまり「聖女」というイメージが無いような。陣内ゴメン!(^^;
3. Posted by ia.   2009年02月03日 02:09
こんばんわ。
ガリレオシリーズは図解が欲しくなりますよね。
短編の『操縦る』も、ドラマで見ていたから良かったものの、小説だけだったらイメージしづらかったと思います。
でも面白かった〜!
「容疑者X〜」より良かったと思います。
naruと同じく、夫=沢村一樹にウケました(^^
4. Posted by yori   2009年04月22日 23:15
higeruさん こんばんは
内海薫って、ちゃんと原作に登場しているのですね。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)