7月13日(土) 晴れ

ハイ!暑は夏いよね!

本日は、京葉線に乗って・・・あ!スカイツリーだ!
140712-03

千葉県は蘇我へ!
140712-04

西口ロータリーはこんな感じ。静かな街です。
140712-05

無料送迎バスに乗って・・・。
140712-06

10分弱で到着。
エンタテインメントシティ、フェスティバルウォーク蘇我!

140712-07

海が好きーーーー!!!
140712-08

潮の香りを満喫しながらテクテク歩いて・・・。
140712-09

ポスター見ると盛り上がってきます!
140712-10

T・ジョイ蘇我!http://t-joy.net/site/soga/index.html
140712-11

館内はこんな感じで、とっても綺麗!
140712-12

シアター2。
140712-15

17時、本編スタート!何回観ても面白い!


上映終了後、西プロデューサー、華音ちゃん、子安さん。
「ハイキック・エンジェルス」最後の舞台挨拶。

140712-16

西さんから、華音ちゃんの出会いの話。
映画の企画が決まったのが2012年の12月。
川本まゆちゃん、青野楓ちゃんはすぐに稽古開始。
天真爛漫なサクラ役だけが半年経っても決まってなかった。

華音ちゃんは自分のブログに武田梨奈ちゃんのことばかり書いてた。
梨奈ちゃんのファンの方がそれを梨奈ちゃんに教えてあげた。
梨奈ちゃんが華音ちゃんのフォロワーとなり、やりとりが始まった。
二人で盛り上がってたら、“西冬彦って知らない人”が割り込んできた。
そこで西さんからアクション練習に来てみないかと。


西さんの華音ちゃん第一印象
「脚の太い子だなぁ。カモシカのような脚!」
それを言われた華音ちゃん
「楓さん、まゆちゃんには綺麗だ、可愛いって言ってるのに、
 私だけ、オマエ脚太いなぁ、いい筋肉してるなぁ。
 それで、絶対ヤセせなきゃ、ヤセなきゃ!って・・・」
「子安さん、僕、そんなこと言ってましたっけ!?」
「言ってましたねぇ」(場内爆笑)


子安さんとのきっかけもいつ聞いてもオモロイ。
今回、十代、二十代の女の子を800人くらいオーディション。
ところが、女子限定の募集に男が応募。しかも直筆の毛筆で!?
「子安さん、一体ど~ゆ~ことだったんですか!?」

140712-21

子安さんもアクション映画に関わりたくて西さんをフォローしてた。
ある日、キャスト募集の告知を見て、これだ!!
急いで思いのたけをつづって送っちゃった。
後で、アレ・・・?女子限定だったの??と。


西さん、実は元々子安さんのファンだったそう。
しかも西さんには正道会館の知り合いも大勢。
でも、子安さんはそういうコネは使いたくなかったと。


その子安さんと華音ちゃんとの対戦シーン。
あのシーンは現場で練習したそう。
華音ちゃん「子安さんって、前にいるだけでこんなに怖いんだって!」
いざやってみると、怖くてタイミングもなかなか合わなかったと。


西さんから、1日4時間の練習を週4回、5回で1年間。
その中で、華音ちゃん、楓ちゃん、まゆちゃんは別々に練習。
皆で同じことを練習すると技も似てしまうから。
子安さんは主に楓ちゃんと練習。


華音ちゃんは飛び蹴り系で、壁やミット相手が多かった。
今回は空手映画でなく、アクション映画を目指した。
空手が出来過ぎてもそれを崩すのが大変だから困る。
とりあえず飛び蹴りをやらせてみたら、西さん、ビックリ仰天!
練習もしないで“飛び越し蹴り”が出来たのは華音だけ!
西さん「これイケルかも!?」


一方、“掟破りの”応募をした子安さん。
今作の直前作「琉球バトルロワイアル」に大抜擢!
「琉球バトルロワイアル」では、男で空手経験者の丞威くんが相手だったけど、
今回は女の子、しかも二人ともモデルさんで気を使ったと。


子安さんから大鷲の「押忍」のエピソード。
最初は台詞もいっぱいあって「よし!ガンバロウ!」
ある飲み会の席で、誰かが「押忍」だけにしたらオモシロイねと。
後日、台本変わったよと、見たらホントに「押忍」だけwwwwwwwwwwwww

140712-22

劇中でも見せた(魅せた)あの技の実演。
140712-17

子安キック!!!
140712-18

華音ちゃんもハイキック!
140712-19

さらに高く!!!
140712-20

西さんから、実は、「ツイッター割り込み事件」の1年前、
華音ちゃんの事務所に連絡を取ったら、
今は空手に専念中、芸能活動は休止中とのことだったと。
1年後にツイッター割り込みをした時、大きな怪我で、
空手をあきらめ芸能活動再開を考えてたとこ。
災い転じて福となり、今回の出演に繋がった。


でも、華音ちゃん、インターハイ優勝を目指してたのが失意のどん底。
そこに、小学校からの空手の仲間でありライバルであったお友達。
空手が出来なくなった時に華音ちゃんに一番に手紙をくれた。
それ以来、華音ちゃんはその手紙を宝物として持っていて、
今も辛い時、苦しい時に読んでるんだって。
もう涙声で語る華音ちゃんに、会場もうるうる。


そのお友達、なんと!部活帰りに来てくれてました!
ありがとう!!
友達って本当にいいな!!

140712-23

最後に一言ずつ。
まずは、子安さんから。
「この映画に関わったすべての人の熱い思いが詰まっています。
 沢山の人に見てもらいたいと思います。
 DVDやブルーレイ、え?ブルーレイはまだ発表されてない??
 何度も観たい作品ですので、今後ともよろしくお願いします!」


華音ちゃんのお友達からも
「華音、映画良かったよ!
 華音の分までインターハイ、ガンバッテ来るからね!」


華音ちゃん(途中、うるっと!)
「ハイ!本当に、本当に、本日はご来場ありがとうございました!
 稽古も毎日、毎日大変で、撮影期間も終わった後もずっと不安で不安で。
 でも、不安がないとガンバレないと思うんですよ。
 その不安やプレッシャーと戦いながらサクラという役が出来て、
 こうやってどこの劇場でも沢山の方々が観に来てくださって、
 感想も書いてくださって、いい感想ばっかりで、凄く、凄く幸せです!
 エンジェルスに会えたことも幸せだと思ってますし、
 一緒にガンバッテ来た仲間が観に来てくれたのも幸せだと思います。
 これからもガンバッテいきますので、応援よろしくお願いします!」

140712-25

最後に西さん
「愛弟子、宮原華音はこれから世界に出て行くと思います。
 あの時、そばで見たよ!知ってるぜ、宮原華音!
 皆にそう言ってもらえたらと思います。
 ぜひぜひ宣伝してください!
 皆さんに観ていただけると次の映画も出来ます。
 本日は、ありがとうございました!」



すっかり夜の帳(とばり)も下りて。
140712-27

さて帰りましょう。
140712-31

映画の数々の名シーン、今までの舞台挨拶。
140712-32

そしてエンジェルスとの思い出を胸に抱いて・・・。
140712-33


「ハイキック・エンジェルス」よろしくお願いします!
押忍!押忍?押~忍!押忍!押忍!
140712-26