先日都内某所でIsotekのSuper Titanを聴かせて頂いたので、簡単にレビューをしておきます。
数曲Super Titanの有無で聴き比べさせて頂けたので、概ね傾向は掴めたように思います。

・パワーアンプ用というだけあって駆動感に大きく寄与。
・とりわけ中低域の解像感や充実感が目覚ましく向上。
・低域では階調表現がしっかり出るようになり、中低域に芯が入ることによりヴォーカルの質感やピアノのアタック感なども良く出ます。
・SNの向上により細かい音も拾えるようになり、中低域が充実したため全体的な情報量が上がります。
・音色的な癖は少なく、パワーアンプを二段階くらいアップグレードしたような印象でした(問題は価格・・)。

という具合にアニソンにはかなり相性が良いと思います。
ただ正直Super Titanはオーバースペック気味なので、Titanでも良いかと思っていますが、一度自宅試聴
してみようかと。(今度また大物の電源ケーブルが来るので、その後にでも)

少し前に都内にある某ショップで私が所有しているプリアンプSpectral DMC-30SS S2の後継機であるDMC-30SVとパワーアンプDMA-200S S2(ステレオ)の上位機種であるDMA-400RS(モノラル)を聴く機会があったので、その際の感想を綴ろうと思います。

試聴した構成としては、CDPとケーブル以外はうちと殆ど同じで以下の通りでした。

CDP -> Spectral SDR-4000SL
プリアンプ -> Spectral DMC-30SV
パワーアンプ -> Spectral DMA-400RS
スピーカー -> Magico Q3
ケーブル -> ChordやTransparentの中級グレード

うちよりもパワーアンプは格上、ケーブルはうちが格上という感じですが、音の傾向は正しくそっくりで思わず笑ってしまいました。
殆ど機材構成が同じであったこともあって、違いが非常に分かりやすかったですが、CDPの違いは正直に言って明確に感じ取れなかったです。(恐らく音の傾向は非常に近い)

まずDMC-30SVに関しては、生粋の音場型で薄口な低域であるDMC-30SS S2と比べると、音像型に寄っていて、純正の組み合わせであるMITなしでは低域のパンチ力・量感・躍動感に欠ける傾向にあった部分が解消されていたように感じました。
Spectral特有の音楽の聴かせどころを弁えながらも色付けが少ない部分は共通でした。
追い込むと、聴いていると自然とリズムを取るような、血が滾るような表現をします。

その代わりに卓越した音場展開力・空間表現は少し影を潜める結果となっており、恐らく音場も狭くなっているはずで、確かに良化した部分も多いのですが、殆どの場合でトレードオフが発生するオーディオらしく一長一短という感じです。このあたりは正直ケーブルで調整可能な範囲と思いました。

DMC-30SS S2ならばCrystal Cable Absolute Dreamの電源ケーブルとMITのラインケーブル、DMC-30SVならばODINの電源ケーブルが良さそうです。
(ラインケーブルの自由度が高まったとも考えられる?)


次にDMA-400RSですが、こちらは定価500万円とDMA-200S S2の3倍以上する弩級モノラルパワーアンプとなります。

こちらに関しては、低域の駆動力・ドライブ力・余裕はさすがに大きな差があるように感じました。
ここだけはハイエンドケーブルでは差を埋められない格上の機材の表現と思います。
再生の難しい50Hzあたりを極めてクリアに鳴らす印象で、思わずお金があれば欲しいな・・と思ってしまいました。

しかしながら、低域の深さ・レンジ感、アタック感・キレ、ヴォーカル表現に関しては各種ハイエンドケーブル(Absolute Dream Power and Speaker CableとMIT Oracle MA-X2 RCA × 2とStage iii Leviathanなど)の恩恵を受けたうちのシステムの方が遥かに上と感じました。
このあたりはハイエンドケーブルで差を埋められる部分と思います。

しかしこのDMA-400RS、発売された当初のオーダーすら日本に入ってきていないようで、たとえお金があっても手に入らないようです。。

IMG_0732

IMG_0734


この度大物が二つ来ましたが、まず導入の経緯としては以下の通りです。

・レイアウト変更後も変更前のヴォーカル表現が忘れられず、変更後の空間表現を活かしたまま、あの境地に至れないか挑戦したくなった。

・ヴォーカル表現を上げる方法の一つとしてLeviathanを自宅試聴させて頂いたところ、パワーアンプ用途ではヴォーカルの立体感・芯、低域の実力値、スケール感で敵なしと思えるレベルであったが、パワーアンプの電源ケーブルとスピーカーケーブルを両方Stage iii Conceptsにするとモノトーン気味になり、高域が繊細になって音が寒色に振れる。

・パワーアンプ用途では代えが効かないと思ったので、Leviathanを導入したくなったが、その場合はスピーカーケーブルを変更しなければならないことに。。

・Stage iii Concepts Mantikor(スピーカーケーブル)よりも性能が上で、かつヴォーカル表現が優れていて、カラフルなものを考えたところ、電源ケーブルを使っていて音の傾向を熟知しているAbsolute Dreamに白羽の矢が(価格だけがネック)。

・とある欧州の島国のお店とやり取りしたところ、特価で出してくれるとのことで、さらにはUKのユーロ離脱によって折しも円高で丁度買い時になってしまった。

という経緯があって、二週間前の8月2日20時頃に偶然にも両方やってきました。

両方入れた直後は音に芯があり過ぎて、音が硬くなって低域が煩く感じてどうしようかと思い、また過去にAbsolute Dreamの電源ケーブルを導入した際は、バーンインでそこまで音が変わらなかった気がしたので、今回さすがに肝を冷やしましたが、バーンインが終わって音の硬さや繋がりの不自然さはなくなり、概ね狙った通りの結果になりました。


Leviathanについては過去にも少しレビューしていますが、少し他の電源ケーブルとの比較について述べておきます。

・パワー用途でのvs Absolute DreamはLeviathanの勝ち、プリ用途ではAbsolute Dreamの方がヴォーカル表現が勝る。プリにLeviathanを挿すと影響力は大きいが、場合によってはコントロール色が強くなり過ぎるのと、プリにAbsolute Dreamを挿した場合のヴォーカル表現に負ける(好みもあるが)。

・Transparent OPUSとは良くも悪くも好対照で、柔のOPUS、剛のLeviathanという感じ。一音一音に芯があって音像表現がしっかりしているLeviathanに対して、柔らかく拡散気味の音像表現をするOPUS。生楽器の温度感も対照的で温かいOPUSに対して冷たいLeviathan。某氏も指摘されていたことだが、システムに両方入れるとOPUSの柔らかさとLeviathanの硬さが中和されて丁度良くなる気がする(うちではステップアップトランスにOPUSを挿している)。

・プリではLeviathanに対しても一矢報いるAbsolute Dreamであるが、CDPでvs Jorma Primeをやってみたところ、両者好みの差くらいに。やはり電源ケーブルに関しては適材適所という言葉がよく合う。

・CDPにPrime、プリにAbsolute Dream、パワーにLeviathanは中々の布陣かもと思いながらも、CDPにODINは試してみたいところ。

来週MIT SL Matrix 90 vs Stage iii Concepts Mantikor vs Crystal Cable Absolute Dreamをやりますので、SPケーブルの具体的なレビューは後日。

Crystal Cableは前後感が出るせいか、左右でセッティングがずれていると、定位感が悪いのがよく出るように。。

↑このページのトップヘ