EdnKCHIU8AIfZEE
NordostでODINなどを開発したチームが分離独立した新進気鋭のケーブルメーカーです。
海外では、下位グレードのケーブルでもODINキラーと話題になっているようで、気になっていたところです。

上流の電源ケーブルを探しており、ODINもある程度選択肢に入っていたことから、一度聞いてみたいと思い、D2とD-TC2の電源ケーブルを所有しているLoui君に(無理を言って)持ってきてもらいました。

両方聴いて、Ansuz Acousticsの音は以下のような傾向があると判断しました。
比較試聴したケーブルはJORMA DESIGN PRIME POWERやTRANSPARENT OPUSなど。

・明るめで積極的且つやや硬質な音調で、音が面で前に出てくるアグレッシブなタイプ(ロックやメタルによさそう)
・音数(解像感)や分解能が高く、同価格帯の中でも分かりやすい部分における性能の良さが際立つ
・空間も広く分解能も高いため、音数が多いものの、見通しも良好(このあたりはNordostと共通)

D2 Power

・こちらは超が付くアグレッシブな音で、正直なところシステムを選ぶかもしれないと思うほど。
・温度感は少しだけホット、音の粒が大きめで、さらに面で押してくる傾向。

D-TC2 Power

・D2 Powerよりは大人しく、性能の高さがより際立つ傾向。
・音捌きは見事で、その点でこれ以上のケーブルを探すのは難しいのではと思えるほど。
・温度感はニュートラル。

最後に気になった点をあげておきます。

・Nordostから共通していることですが、情報コントロール力は控えめに感じました。
 具体的には、制動が利かず音を巻き散らす傾向があり、定位のふらつきが気になります。
 定位置に収まるような定位感に優れるOPUSとの比較においては、顕著にこの傾向を感じました。

・ヴォーカル帯で音の「深み」が控えめです。
 これはCrystal Cable Ultimate DreamやTRANSPARENT OPUSなどで顕著に表れますが、端的に言うとヴォーカルが実物よりも上手く聴こえるような「深み」が出ますが、Ansuzはむしろ淡々と歌うような傾向があります。

・余韻などの演出はない。
 上述の淡々と歌うところにも関連しますが、性能の高さの裏返しの影響でもあるのか、基本的に演出はしないケーブルと思います。
 分かりやすい性能の高さを追求した結果、ある意味犠牲にせざるを得なかった要素なのかもしれません。

ERb_F7PUwAA8f6f

思ったより早く実現しました。

MA-X SHDのレビューをした際にOPUSに似てきた気がすると書きましたが、その結果の報告です。

・結論から言えば、動のMIT・静のTRANSPARENTという構図は全く変わらず。MA-X SHDがMA-X2に比べて躍動感が控えめだというだけの話で、十二分に動的でした。

・価格はMA-X SHDのXLRが22k$に対して、MAGNUM OPUSのXLRが35k$となります。RCAならSHDが20k$に対して、MAGNUM OPUSが21k$といい勝負になりそうです。

・MAGNUM OPUSの高域はSN感に効いているであろう二つの箱に支えられ、恐らく全ケーブルの中でもブッチギリの透明感と伸び。対するMITは元々高域方向が得意ではなく、MA-X2あたりから少なくとも悪さはしなくなってきた程度なので、その両者を比較するのは少々酷なレベルの違いであった。

・中低域が両者のキャラクターの違いが出るところ。躍動的なMA-X SHDに対して、大人しめなMAGNUM OPUS、ヴォーカルが前に出るMA-X SHDに対して、後方定位型のMAGNUM OPUSというのは下位グレードでも変わらぬ傾向。

・低域の深さは同程度であったが、MA-X SHDの低域は少々緩く、聴きやすい傾向(MA-X2よりも緩く余裕がある)。

・このクラスの箱付きケーブル同士の比較になると、もはやコンポーネントを変えたくらいの音の変化がある。聴かせていただいたBattle Beastの曲では、MAGNUM OPUSでは楽器の主役がエレキギターであったのに対して、MA-X SHDではベース・ドラムが主役になり、曲の雰囲気ががらっと変わった。
(ちなみに、あのパワフルなヴォーカルにマッチしていたのはMA-X SHDであった)

・YG Acousticsのタイミングの取り方(正確性?)に起因する打ち込み音源の継ぎ目(切り貼りとノーマライズで制作している影響と思われる)で音楽が瞬間停止して流れていかない現象があるが、MA-X SHDを入れると一気に流れ始めたことは非常に興味深かった。

こちらの続きです。
http://blog.livedoor.jp/highendaudio-exorion/archives/5551707.html


1. Crystal Cable Ultimate Dream Power


概要:
Crystal Cableの新しいフラグシップ。

女性ヴォーカルのアニソンを鳴らすためにあるようなケーブルその2。

Absolute Dreamよりも遥かに暖色系で落ち着いた音調であるが、ヴォーカル表現はピカイチ。
Absolute Dreamはクールでカッコいい表現であるのに対して、Ultimate Dreamは女性的でチャーミングながらも深みがあるため、上手く聴こえる。

その他詳細はこちら。
http://blog.livedoor.jp/highendaudio-exorion/archives/23535525.html

価格は1mで180万円(+0.5m毎に+47.5万円)。

・総合的相性:S

・抜けの良さ:A
・スピード感:A
・低域の厚み:S
・低域の深さ:SS
・低域の締り:A
・分解能:S
・情報量:S+
・空間の広さ:S (左右よりも奥行き重視)
・アタック感と切れ:A
・コンプ音との相性:S
・耳あたりの良さ:S+


2. Stage iii Concepts A.S.P. Reference Leviathan

概要:
Stage iii Conceptsのフラグシップ電源ケーブル。
詳細はこちら。
http://blog.livedoor.jp/highendaudio-exorion/archives/9501044.html

価格は1.5mで14,500USD(+0.5m毎に4,500USD)。

・総合的相性:S

・抜けの良さ:A
・スピード感:A
・低域の厚み:SS+
・低域の深さ:S+
・低域の締り:A
・分解能:S
・情報量:SS
・空間の広さ:SS
・アタック感と切れ:S
・コンプ音との相性:A
・耳あたりの良さ:A(耳当たりはいいものの聴き疲れする傾向)

特長:

3. MIT ORACLE MA-X SHD XLR 

概要:
MITのフラッグシップ。
詳細はこちら。
http://blog.livedoor.jp/highendaudio-exorion/archives/39782809.html

価格は1mで21,999USD(+0.5m毎に+350USD)。

・総合的相性:S

・抜けの良さ:S
・スピード感:A
・低域の厚み:S
・低域の深さ:S
・低域の締り:A+
・分解能:SS
・情報量:SS
・空間の広さ:S
・アタック感と切れ:A
・コンプ音との相性:S
・耳あたりの良さ:SS

↑このページのトップヘ