E'S STREAM

_SL1500_
これからは、友愛に捧げると誓った人生。

仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は、入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、さまざまなことに挑戦する。(シネマトゥデイ)

癌である事を予告され、残された生きられる時間に焦りを感じる事になる初老の二人。その目指す処は、この世の楽園であった。大富豪のエドワードは、その行動半径は広く、豪華なツアーにも慣れているが、カーターは、家族を養う為に、ごく普通の市民として暮らして来た。その、二人が豪華なツアーに出る事は、この世に残して来た財産や家族の人生によって許されるべき行為である。旅に出たくなる気持ちに対して偽りを問う事は出来ない。それは、敢えて貧乏旅行に興じる青春の一コマであっても、初老となった豪華なツアーに旅立つ人生の節目においても、その行動とは、個人としては、最大限の許容が与えられるべきなのである。

本来であれば、出会うはずのない二人であったし、エドワードの実業家としてのエゴの通し方は常軌を逸している。だが、周囲がそれに気遣うのと同じように、カーターという賢者を得た事は、エドワードにとっての幸運でもあった。二人のツアーは概ね、エドワードがエスコートしているが、それは、いつもの豪遊と変わらない筈であり、形式的なものだ。その内容が新鮮な発見と悦びに満ちた旅になったのは、カーターが居たからなのだ。カーターという、中流層の黒人の親友が、初めての豪遊の数々に喜びと驚きの声を上げる事を観る事、そして、カーターは、その経験の不足からは予想もつかないようなウィットと知識を披露して、エドワードにアドバイスを与え、旅は一層の彩りを増す。つまり、初心の旅にして、カーターが実質的なエスコート役になっている。これは、成熟した大人として培って来た知識や態度が、本物の社交場で役に立つ事を示しており、この二人ならではのストーリーである。

エドワードが経営する病院は、彼の中では、理想的な環境にある筈であった。だが、理想であっても、当事者にとっては辛く厳しい縛りを懸けられている、と感じる事もある。まさに、エドワードの人生に足らざるものが、病院にあり、会社にあり、二人でのツアーにあった。つまり、カーターが守り慈しみながら育てて来た家庭というものは、どんなに立派になっても、人生の重要な1ピースであるという事だ。それは、個人によっては、生活を満たすような決定的な満足感を与えるものでは無いかも知れない。だが、暴力を振るう夫を離縁させた事には、エドワードの流儀でなくとも、父親が共感する処ではないか。つまり、エドワードは愛と引き換えに、孤独に甘んじたのであって、それは、どこかで報われねばならない事であり、なぜなら、彼成りの父親の良心とプライドがあったからだ。

二人のツアーは観るも刺激的で、誰もが参加したくなるような特別な旅だ。映画「生きる」でもあったように、彼一人であったり、他の取り巻きであったとしたら、この旅はこんなに楽しいものにはならなかった。遊びにも、機縁があり、その生活に繋がる処に遊び相手の生活圏や、仕事においても、絆が繋がっていて欲しいと考える。それを求めて、遊びに時間と金を費やす事であり、そうではない、縁故の無い遊びは、煙草の煙のように虚しいものであろう事が見える。これは、旅を通して人生を再考する得難いストーリーであり、友愛なのだ。

_SL1441_
皆が証人、その中で出来る事に最善を尽くす。

癌で余命幾ばくもないと知った初老の男性が、これまでの無意味な人生を悔い、最後に市民のための小公園を建設しようと奔走する姿を描いた黒澤明監督によるヒューマンドラマの傑作。市役所の市民課長・渡辺勘治は30年間無欠勤のまじめな男。ある日、渡辺は自分が胃癌であることを知る。命が残り少ないと悟ったとき、渡辺はこれまでの事なかれ主義的生き方に疑問を抱く。そして、初めて真剣に申請書類に目を通す。そこで彼の目に留まったのが市民から出されていた下水溜まりの埋め立てと小公園建設に関する陳情書だった……。責任を回避し、事なかれを良しとする官僚主義への批判や人生の価値に対する哲学がストレートに表現されてはいるが、志村喬の鬼気迫る迫真の演技が作品にみごとな説得力を与えている。(allcinema)

人生を清算する時、それは、その終わりを迎える時に、全ての決算を付ける他にはあるまい。渡辺勘治は、胃癌という病魔に侵された自身の肉体の限界を知る事によって、人生の終着に迫る時を知る。渡辺の人生が無駄であったと悟る事は、彼が実直な公務員であった事の裏返しである。歴史を振り返り、その中で無駄であった事を悟る、それは、賢者にしか出来ない事である。組織の歯車になるのも、立派な生き方であり、それは、自我を犠牲にして、「個ではなく集」にて動いているからである。だから、彼の人生が無駄であったというのは、その職業が公務員であった事とは無関係であり、サラリーマンであったとしても同じで、個が発揮されない職業意識が改革されねば、どうにもならない。

渡辺は、胃癌である事を宣告される事によって、死を意識した。それは、孤独な死であり、息子である光男にすら病状を告白できない事は、彼の孤独をさらに深刻なものにした。つまり、渡辺は、余命の宣告によって、家族や友人のいずれもが届き得ない孤独に陥れられた、という事であり、実際に、宣告後の渡辺は、夜間、歓楽街を徘徊するなど奇行が目立つものとなっている。だが、居酒屋で居合わせた小説家が、どんなに心を砕いても、渡辺の本心を掴めなかったように、個人とは本来孤独であり、その中で、愉しみを見つけ、生きて行くしかないのだ。そして、渡辺はそれに対する興味を持たず、ストイックに生きて来て、それは、宣告後の今を持って、続く、禁欲者の悲劇というものなのである。

だが、渡辺は、職場の部下であった小田切との遊びの時間には、心を開いて、本心から愉しんでいるかのようである。これは、小説家と過ごした歓楽街の夜が、脈絡のない、無縁社会であったからではないか。つまり、渡辺にとっては、自身の生活圏と近く、具体的には自分の人生を懸けた役所での同僚との過ごす時間は、見ず知らずの小説家や娼婦たちとの時間とは比べるまでもない、という事である。だから、渡辺は、小説家との快楽の時間を取るに足らない時間として通過するのと共に、本来の職場である役所に帰って来るのである。職場、家族、親類といったあらゆる機縁から弾き飛ばされ、孤独の身を強いられた渡辺にして、この逆転の復帰劇は清々しくもある。

個人にとって、功績とは誇るものではなく、それは、現実の生活の中で繋がれて行くものである。助役がどんなに、圧倒的な権力をもって君臨しようとも、それは偽物であり、個の住民達によって、語り継がれ、次世代に残って行くものこそが、本物の功績ではないか。渡辺が作りしものは、あくまで街角の小公園であるが、それは、建造した自身の名が忘れ去れても、いつまでもインフラとして残って行く。それは、互いに名も知らぬ街の住民やその子供達において、継がれて行くストーリーが渡辺にとっては、何よりも大きいからである。渡辺は、自身の人生を悟る事によって、他者への視点をも広げて、偉大な人間となったのである。

_SX425_
平和は乱れ、戦の予兆が迫る。

悪漢バーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)によって牛耳られ、絶望を感じながら生きているローズ・クリークの町の人々。住民の一人であるエマ・カレン(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのジョシュ(クリス・プラット)、流れ者、拳銃の達人といった7人の男を雇って、バーソロミューの手から町を救い出すように頼む。金のためと割り切って戦いに身を投じるサムやジョシュだったが……。(シネマトゥデイ)

ボーグによって支配された町の人々は、平和を享受する事は無く、ただ絶望している。戦争とは、ガンを交えるリアルタイムでの戦争のみならず、暴君に支配されている時をも含んだ、隷属の日々に帰せられるべきものである。つまり、七人のガンマン達がやって来る前から、心身共に搾取される、乱の時は、人々の間に蔓延していたのだ。徹底的な搾取と隷属によって、「見せかけだけの安定」が築かれる前に、エマは動く必要があった。アメリカは南北戦争によって奴隷解放がなされたが、白人を隷属させる圧倒的な暴力の存在は、ボーグという内なる敵、権謀家によって形成される、新たな支配構造であった。

町を守る筈の保安官でさえ、ボーグによって誅殺されるだけのパワーバランスは、西部時代のアメリカが、歪な私権勢力やパワーを持つ個人の跋扈によって、影で支配され、それが法の正義を凌駕していた事を示す。保安官とは本来、絶大な力を持って、地域を守護する、公共の番人であるべきだが、それが遵守されるには、正義心のある役人が立たねばならない。チザムは、そんな悪人がのさばる西部時代に生まれ落ちた奇跡的な正義の保安官であった。そして、ローズ・クリークの町を巡る攻防には、血の因縁があり、それが冷徹な士チザムをして、「悪との普遍的闘争」の裏にある、私怨交じりの報復劇を起こす根拠となる。

銃社会とは、誰もが銃器に対するアクセスを許す国民の権利である。だが、実際には、凄腕のガンマンと、丸腰の市民とでは、その戦闘能力に大きな隔たりがある。数十人と町の男達を並べても、一発も的に当たらないほどの技術の差を埋めるのは、指揮官が優秀であるか否かによる。まず、住民に欠けていたものは、敵への憎悪であり、それは、時間を懸けて、ボーグの支配によって摩耗された「自然な敵対感情」である。だから、圧倒的な権力によって支配される町や人々というのは、人道的な価値観に則って、外からの力の介入によって、救援されねばならないのだ。ガンマン達は、表面上、ボーグに私怨は無いが、実際に搾取される当事者である住民が相対的に虐待と支配を受けている事を、理解出来ないで居た事は、百戦錬磨のチザムは熟知している事でもあった。

この作品は、西部時代ではあるが、その支配構造の裏には、普遍的なストーリーがある。町の住人、つまり、国民が望まない支配者というのは、古今跋扈しているものであり、それを理解し、万人の守護者などになる事は至難である事を知り、絶えず、権力者というのは孤高と戦い続けねばならない、という事ではないか。住民が確たる戦闘員として覚醒した事を示すのは、ガンマン達と肩を並べて、パブで酒を酌み交わし、語らっているシーンに象徴される。つまり、自由とは、支配に対する最良の刃であり、抵抗する力の源となるものである。自由と戦争とは、その表現方法は全く異なるが、同じ、抗う意志の発露であるのである。

このページのトップヘ