かれこれ1年前、よさこい号の阪急バス担当便の西工車運用が減りつつあるという話があり乗車しにいってきました。
今も運用に入ってはいますが、過去に比べると少なくなっているようですね。


やってきたのは、阪急三番街。
高知行きよさこい号は、11時の出発。
IMG_6241

出発15分ほど前にはこれから乗車する車両が待機中でした。
予想通り西工SD-Ⅱでした。
IMG_6252

IMG_6245

10時50分発の三次行が出発するとバスは所定位置へつき乗車扱いが始まります。
乗車改札を受け車内へ入ります。車内は独立3列シートが並び、トイレは中央階段下にありますが、西工車ということで進行方向左側にあります。
サービスコーナーもありお茶、コーヒーを飲むことができます。
IMG_6262IMG_6307

座席はこんな感じでレッグレストや、コンセントはありません。
枕は可動式で昼行便ながらブランケットもあります。
IMG_6308


IMG_6263

定刻通りバスは出発。松山から来た新大阪行の伊予鉄道とともに新大阪へ向かいます。
淀川を渡り新御堂筋線へバスは進んでいきます。
CIMG1595CIMG1598

新大阪バス停からは乗車はありませんでした。
再び新御堂筋線へと上がり先へ進みます。ちょうど、御堂筋線の電車でしょうか?みることができました。
CIMG1605CIMG1609

千里ニュータウンでも乗車扱いのため停車。
その先大阪環状線・池田方面へ、中国池田より中国道へとはいりました。
CIMG1619CIMG1623

宝塚インターにて一旦流出バス停に到着しましたが乗車はなし。
CIMG1625CIMG1627

バスは順調に走行を続け、西宮山口ジャンクションを山陽道・中国道方面へ。
その先、西宮山口南出口で一旦高速を降ります。
CIMG1636CIMG1642

前方の有馬温泉街を見ながら坂を上り、有馬温泉に到着。乗車はありませんでした。
CIMG1646CIMG1650

再び高速へと戻り、明石海峡大橋へ。
明石海峡を横断して架けられた世界最長の吊り橋で約4キロも続きます。
CIMG1664CIMG1665

多くの高速バスとスライドしていきます。
CIMG1669CIMG1670

大観覧車で有名な淡路SAを横目に見ながらバスは進みます。
CIMG1672

ほどなくしてバスは休憩場所の室津PAに到着しました。
阪急といえば、「小休止いたします!!」。旅情をそそります。
CIMG1679CIMG1680

15分程度の休憩となりました。
京阪神~四国を目指す高速バスの定番休憩地ですが、ほかに路線バスは止まっていませんでした。
IMG_6285

休憩も終わりバスは本線復帰です。
播磨灘を見ながらバスは先に進みます。
CIMG1682CIMG1700

その先、大鳴門橋へと進入。
CIMG1704CIMG1705

大鳴門橋上でも高速バスとスライド。乗っていて飽きない路線ですねw
橋を渡りきると徳島県へと入ります。
CIMG1709CIMG1710

大鳴門橋から約10分後、鳴門インターを通過し鳴門本線料金所へ。ここから高松道を進んでいきます。
CIMG1719CIMG1720

徳島バスとスライド。高松道は4車線化へ向けた工事が進んでいました。
CIMG1724CIMG1726

バスは板野インターにて一旦高速を降り、県道1号線を進み徳島道を目指します。
CIMG1729CIMG1733

板野から5分ほど一般道を走り藍住インターより徳島道へと入りました。
2015年3月に徳島道が全通し高速を降りなくても鳴門ジャンクションから徳島道へと入ることができますが、距離が長いからか依然として板野インター~藍住インターは一般道経由ですね。
CIMG1735CIMG1737

徳島道も対面通行が続きます。
緩やかなアップダウンが続きみていておもしろい線形ですね。
CIMG1742CIMG1749

ほどなくして、2回目の休憩場所に到着です。
CIMG1752

吉野川SAでも15分程度の休憩となりました。
IMG_6311

IMG_6320

IMG_6324

IMG_6333

IMG_6345

西工といえばこの顔。キリッとしてかっこいいですね。
IMG_6360

IMG_6344

バスは、案内時億通りに出発。
吉野川を見ながら先に進みます。高知まで100キロを切りました。
四国の高速網のほぼ中央の川之江東ジャンクション、高知・高松・松山と四国3都市が書かれているのも納得ですねw
CIMG1758CIMG1759

川之江東ジャンクションの手前で愛媛県入り。おなじくよさこい号の阪急バスとスライド。あちらも西工!
CIMG1766

松山道・高松道と高知道とを結ぶ川之江東ジャンクションを高知道方面へ。
この先南国インターまで、長さ3120mの法皇トンネルを皮切りに19本のトンネルが連続します。
CIMG1770CIMG1774

4310mの笹ヶ峰トンネルを抜け、高知県入り。
高知県に入ると標高は440m、川之江付近では標高150mだったので300m駆け上ってきました。
山の中を進んでいきます。
CIMG1778CIMG1783

この先、太平洋までは50kmのようです。
バスは、高知インターにて高速を降りました。
CIMG1779CIMG1786

一般道へ降り、最初の降車バス停は一宮高知営業所。降車はありませんでした。
CIMG1788CIMG1795

県道384号線を進み、途中左折し県道249号線へ。
そして高知駅バスターミナルに到着。
CIMG1800CIMG1809

高知駅バスターミナルを出るときに、龍馬エクスプレスの姿も。
この路線、東京線のブルーメッツ号に使用されていたセレガSHDが運用に入っているようですね。
乗り得ですね~
CIMG1813CIMG1817

途中、狭い道を進んだりしながら、はりまや橋バス停に到着です。
CIMG1822CIMG1820

はりまや橋バス停を過ぎ、国道32号へ進みはりまや橋交差点を左折し県道34号線へ。県道34号線、路面電車と並走します。
CIMG1830CIMG1831

右前方にとさでんの建物が見えてくると、間もなく次の停留所。
CIMG1835

桟橋高知営業所に到着です。
自分はここで下車しましたが、バスは安芸まで向かいます。
隣には、これから大阪に向かうよさこい号の姿がありました。こちらはセレガですね。
IMG_6367

バスは、数人下すと終点安芸に向け出発していきました。
IMG_6368

大阪より、5時間弱での到着となりました。
ワンマン運行な乗務員さんお疲れさまでした。

●阪急バス 2889号車(大阪200か1666)
●三菱ふそう エアロクイーン(02MCネオロイヤルSD-Ⅱ) KL-MS86MP
●乗車日 2016年4月


人気ブログランキングへ