1963(昭和38)年6月26日1963(昭和38)年6月28日

May 23, 2019

1963(昭和38)年6月27日

100万人署名を継続し一人でも多くの方に狭山事件を
「狭山事件再審オンライン署名」へ

  
第一次目標5万個達成を
「狭山再審リボンキャンペーン」へ



1963(昭和38)年6月27日
* [[1963年]] - [[狭山事件]]で、[[警察友の会]](阿部真之助会長)、捜査本部に感謝状。
 証拠:星野・阿部鑑定書(スコップ附着物)



http://www.senshu-u.ac.jp/‾off1013/bunken/pdf_kiyou/33_0057-0070.pdf より
 狭山事件に見る差別的捜査

・・・記録によると、 1963年5月 6日にH養豚場でスコップが盗まれたことが判明し、 5月11日にスコップが死体発見現場から125メー トル離れた場所 (畑)から発見されたので、 容疑者をH養豚場関係者にしぼり、 捜査を集中したという。
しかし、 スコップが発見されたからといって、 それが死体を埋めるのに使われたものであることも、 H養豚場のものであることも、 それらを裏付ける証拠はまったく ない。
警察が発見されたスコップをHに確認したのは5月21日であり、 スコップ付着物の鑑定結果が半り明したのは6月26日であった。
警察が裏づけのないまま、 被差別部落に関係する H養豚場 (経営者も従業員も部落出身者) に捜査を集中したことは明らかである。
これらの予断と偏見とにもとづいた捜査に引き続き、 別件逮捕やきびしい接見制限、 過酷な自白追及がおこなわれたのであるが、 これらは察の常套手段であるので、 それらについてはここには記さない
(かといって、 それらの根底に部落差別の意識があることはあらためて言う までもない)。・・・





 六月二七日、善枝さんの腕時計は何処へ捨てたと聞くので、質屋へ入れたと言っても信用されず田中へ捨てたと話したら地図を書けと言うので書きましたら、あろうことか翌日の夕方だと思いますが知らない刑事さんが、
 「課長(長谷部)さん 時計が見つかりました」
 と持って来たので、長谷部さんから借りて腕にはめて見たら私の腕にピッタリ合ったので



 「善枝さんも案外太かったのだな」
 とこの様に言いましたら、遠藤さんが「石川君が殺したのではないのか、殺した人がそのような事を言えば、わらわれるど」
 と言ったので皆で大笑いしました。
 以上が川越での出来事でしたが、言葉づかいが多少違います。・・・

 荻原様 私に代って地裁内田武文を綿密に御調べの上裁判をして私同様死刑にして下さい。・・・



  又私は川越署で口ではあらわせられない程のひどいめにあいました。荻原様はご存知と思いますが、国民の皆様にこの文面を見せてください。そして武文を絞首台に上げて下さい。又長谷部の両人も死刑にして貰います。この二人は私が出てやりますから・・・

 勝手な事ばかりで申し訳けございません。では右の事を是非御願い致します。


石川一雄獄中日記 より

higurashi at 23:10│Comments(0) 1963(昭和38)年 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1963(昭和38)年6月26日1963(昭和38)年6月28日