1978(昭和53)年

July 07, 2013

1978(昭和53)年7月7日」 『石川一雄獄中歌集』(一九七八・七・七)

『石川一雄獄中歌集』(一九七八・七・七)より





 精気満ち人情溢るるわが職場(ごこう)精励さん研で常(とわ)に栄えん

 わが五工場(ごこう)後凋節(こうちょうせつ)の如く満ち四季にも褪(さ)めなき和合の中

 短冊に込めるわが世の春何時ぞ 幾星霜のひとやの中

 天の川渡(こ)えし今宵の束の間に 牽牛織女は何をかたらん

 牽牛と織女の再会ドッキング淫戯を想してさんえんのわれ

 待ち侘びて周期今宵にドッキング溢流(あふ)れし地上に彼(あれ)は何んぞや




higurashi at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 15, 2013

1978(昭和53)年3月15日

 [[牟礼事件]]で、[[第六次]][[再審請求]]を[[東京地裁]]に提出する。

higurashi at 06:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 10, 2013

1978(昭和53)年1月10日

 [[狭山事件]][[弁護団]]が、[[東京高裁]]の[[四ツ谷裁判長]]と初折衝を行う([[第一次再審請求]])。 

higurashi at 06:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 12, 2012

1978(昭和53)年8月12日

 [[新潟県佐渡市]]の[[拉致被害者]]、[[曽我ひとみさん]]と行方がわからないままの母親の[[ミヨシさん]]が[[拉致]]されて、34年になる(2012年8月12日現在)。


曽我ひとみさんは、「母の安否確認ができるまであきらめず、自分にできることを精一杯やっていく」というコメントを発表しました。
30年前の昭和53年8月12日、佐渡市の曽我ひとみさんは、母親のミヨシさんとともに自宅近くから船で北朝鮮に拉致されました。曽我ひとみさんは6年前の平成14年10月に帰国しましたが、母親のミヨシさんの行方は今もわかっていません。
 12日で拉致から30年になるのにあわせて曽我ひとみさんは、コメントを出しました。
 この中で曽我さんは、
 「この30年間、1つだけどうしてもいやなことがあります。それは世界でたった一人の母に会えないことです。日本に帰ることができれば母に会うこともできると思っていましたが、帰国後やはり母はどこにもいないという現実を実感しました。月日を重ねれば重ねるほど、母への思いも強くなっていきます」と母親との再会を願う気持ちを語っています。その上で、現在の心境について「1日も早く家族全員が楽しく暮らせることを願っています。母の安否確認ができるまであきらめることなく、今自分にできることを精一杯やっていこうと思っています」
 と述べています。(2008年8月12日)









8月12日誕生花ハイビスカス

higurashi at 06:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 31, 2012

1978(昭和53)年7月31日5

asayakemurasaki


[[米谷事件]]([[青森老女殺し事件]])で、[[無罪]]判決が[[確定]]する。
([[青森地判]]53.7.31)









                 青森老女殺し事件(青森地判53.7.31)
A.自白の経過
 27.3.2逮捕、否認、4日検察官に対する弁録で認む、以後自供継続、公判否認(14年後被告人の甥 長内芳春が別件拘留中に告白、起訴、無罪、自殺)

B自白内容の変動・合理性
 [再]被告人の自供は全般にわたり変動している(芳春は告白の動機---良心の呵責---を明確に述べる)。

C体験供述
 [再]被告人の供述は、検察官の想定を超え犯人でなければわからないと思われる事項について言及したところが極めて乏しい(芳春の供述は、詳細、具体的、「その場の光景を眼前にするかのような印象を受けるほどの鮮明さ」、迫真性)。

E自白と客観的証拠との符号性
 ([再]被害者の創傷、絞頸の方法、姦淫等犯跡とよく適合するのは芳春の供述)

I 情況証拠との関係
(1)遺留精液(A型)と被告人の体液(A型非分泌型)との関係(明石鑑定と上野鑑定)
(2)犯行時刻ころ現場付近で被告人を目撃したという者の証言の信用性




higurashi at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 18, 2012

1978(昭和53)年7月18日

[[大阪]]の[[殺人]][[死体遺棄]]事件で、[[大阪高裁]]が[[有罪]][[判決]]を下す。

[[判例時報]]938
 

higurashi at 06:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 03, 2012

1978(昭和53)年7月3日

[[布川事件]](昭和42年8月30日勃発)で、[[別件逮捕]]された桜井昌司さん(当時20歳)、杉山卓男さん(当時21歳)に、[[昭和45年10月16日]]第一審・[[水戸地裁]]で[[無期懲役]]、[[昭和48年12月20日]][[東京高裁]]で[[控訴]]棄却、[[昭和53年7月3日]][[最高裁]]で[[上告棄却]]、[[無期懲役]]が確定した。




最決昭和 53. 7. 3. [[判例時報]]897号. 114.頁
[[布川事件]]
http://209.85.175.104/search?q=cache:FYeti-U8dX4J:www.ls.kagoshima-u.ac.jp/staff/h-nakaji/r00/ron/ron_tamuryo.pdf+%E5%B8%83%E5%B7%9D%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%80%80%E5%88%A4%E4%BE%8B%E6%99%82%E5%A0%B1897&hl=ja&ct=clnk&cd=1、


higurashi at 06:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 31, 1978

1978(昭和53)年1月31日

 [[徳島ラジオ商殺し事件]]で、[[第五次]][[再審請求]]を提出する([[徳島地裁]])。

higurashi at 01:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 31, 1977

1977(昭和53)年1月31日

牟礼事件の[[第五次]][[再審請求]][[棄却]]に対する、[[特別抗告]]を[[棄却]]される([[最高裁]])

higurashi at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)