1937(昭和12)年

September 06, 2012

1937(昭和12)年9月6日

1937(昭和12)年[[2月24日]]
 松本治一郎が、[[衆議院]]で、[[軍事救護法]]改正について質問する。





 「傭兵とは、生活を保障するとか、給料をやるとかいうことを条件として兵に雇われることである。犠牲的精神の発露を本として徴兵された兵士家族の生活を保障することとは根本的にちがう。傭兵は給料をもらうために兵になるのであって、徴兵による兵士家族生活保障は、義務に対する補償である」

 「軍事救護法改正委員会は、委員数十八名にして同日はわずかに五氏だけ出席。松本治一郎氏は“定数を欠くから委員長選挙は不当である”と異議を唱えたのに対し、他の委員はこれを押しきらんとしたので、ついに松本氏と出席委員(南条徳男他)の間につかみ合いがはじまり、大乱闘となり、双方血を流す大騒ぎとなった」




1937(昭和12)年[[9月6日]]
 [[松本治一郎]]が、[[第七十二臨時議会]]で、軍事労働者の待遇等につき、質問趣意書を提出する。

 
1937(昭和12)年[[9月8日]]
 松本治一郎が、衆議院建議委員会で、[[軍事扶助法]]の趣旨徹底のために改正を提案する。



higurashi at 06:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 30, 2012

1937(昭和12)年4月30日

 [[松本治一郎]]が[[参院選]]に再選され、[[社大党]]に入党する。

higurashi at 06:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 11, 2012

1937(昭和12)年3月11日

[[松本治一郎]]が、[[衆議院]][[軍事救護法]][[中改正法律案件委員会]]で、[[母子保護法]]案及び[[軍事救護法中改正法]]律案について、意見を述べる。

higurashi at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 06, 2012

1937(昭和12)年3月6日

 [[松本治一郎]]が、[[衆議院]]で、[[海軍]]当局に[[差別問題]]を追及する。






 差別を受くべき理由のない者が、差別を受ける。それで困っている者があるから、海軍当局はそれに如何なる御考えがあるかとお尋ねしたのであります。それに対して答弁された中に、








 「只今の問題は、海軍と致しましては、非常に之を慎重に取扱いまして、実は兵員の仲間には・・・」
 ここであります。









 「その特殊の差別のあることを知らせないように、極力やると同時に」
 それと先の方に









 「副長、艦長等は、其特別の人間に対して、他の兵員がどういう態度で接しているのか、また本人はどういう気持ちでいるだろうかというようなことに対して、仔細に注意をして・・・」








 これからみますると、「特別な人間」とは、差別を受くべき者であるかのように考えられているように思うのですが、それをひとつおたずねするのであります。





higurashi at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

December 20, 2011

1937(昭和12)年12月20日

 [[三重県]]下[[人民戦線]]が弾圧され、[[全国水平社]]関係から、大量[[検挙]]される。

higurashi at 06:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)