1991(平成3)年

June 18, 2013

1991(平成3)年6月18日

田園調布資産家殺人事件で、東京高裁裁判長 栗原平八郎が、控訴棄却判決を下す

1988(昭和63)年4月21日、東京地裁で有罪とされ、懲役20年の判決を受けて控訴したが、1991(平成3)年6月18日、東京高裁でも控訴棄却、1995(平成7)年には最高裁でも上告を棄却された。

・控訴審判決文(控訴棄却)
http://ennzai.yokochou.com/simpleVC_20100404180041.html
判例タイムズ777号

東京高裁
 裁判長 栗原平八郎(1993年3月 - 1994年3月東京高裁長官、定年退官)
 一貫して東大又は京大出身者で占められ、定年退官者を除き、後に最高裁判事以上に就任している


警視庁代用監獄136日間の記録・38 より抜粋です
http://blogs.yahoo.co.jp/orisen0706/8218455.html

 警察は、1985年7月16日に折山さんを別件で逮捕し、その日から殺人の容疑で取り調べ自白を強要した。
 折山さんは、警視庁本部内の留置場(代用監獄)に136日間も留置された。

 1985年 7月16日 第1回逮捕(私文書偽造・公正証書不実記載など)
       8月 6日    起訴(同上)
         7日 第2回逮捕(詐欺・私文書偽造・公正証書不実記載など)
        28日   追起訴(同上)
        30日 第3回逮捕(詐欺・私文書偽造など)
       9月10日   追起訴(同上)
        21日 第4回逮捕(殺人)
      10月13日   追起訴(同上)
      11月27日 第1回公判
      11月28日 東京拘置所に移監


 折山さんは、136日間に4回も逮捕手続きを繰り返された。

higurashi at 06:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)