2008年10月01日

メール。


最近

彼とメールするんです^^


内容は部活のこととかで

たいしたことではないのですが;



送るメールは

何度も間違っていないか読み直したり


少しでも女の子らしくみえるように

慣れない絵文字を使ってみたり。。



それだけ気を使っているのに

彼とのメールは疲れなくて。楽しくて。




話したこともなくて

今まで見ているだけだった彼と

メールしているなんて

どうもまだ現実味がないです;


ふだんあまり携帯を

触らない私なのですが


今はそんな携帯をそばにおいて

彼の返事を待っています。






hijiri0901 at 00:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年09月29日

恋のせいで。

お待たせしてしまいすいません;
一昨日のことを書かせてもらいます。


実は彼と会ったんです。
この前お話しした練習場で。


もちろん会えたことは嬉しくて。

わずかな挨拶でさえ胸が高鳴って。


さらに
その日の帰り

やっと彼に携帯番号を教えてもらえたんです^^


「教えてください!」

っていう一言に本当に緊張して。

でもその時の周りの空気が明るかったので
聞きやすい状態でした。


そこまではいいのですが、
凄く幸せだったのですが、

その帰り道

並木道をいつものように
皆で歩いて帰っていると


彼の隣に自分の友達がいたんです。


その子も彼に携帯番号を教えてもらっていて。。


べつにその子は彼を好きでもないし…
彼とその子は今日話したのが初めてでしたし…

ほんとになんてことのない事だったのですが

なんだか辛くって。

なんだか悔しくって。


その友達は
自分よりずっと美人で可愛いから

なんだか不安で。

なにも知らなくて
なにも悪くない友達を

少しでも睨んでしまった自分が嫌で。


これがもし恋のせいなんだとしたら

恋を続けていけば
自分は酷い人間になっていくんじゃないか
とか思ってしまって。。

昨日はそれで
少し塞ぎこんでいました。

マイナス思考ですいません;






hijiri0901 at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月27日

もやもや。。


難しいですね

恋愛って。。

ちょっとしたことで嬉しいのに

ちょっとしたことで

こんなにも気が落ち込んでしまう。



嬉しいことがあっても

辛いことがあると

そっちの方が

心に残って、、苦しくて、、



なんか

もう


はぁー…

って

なってしまいます;


彼を好き過ぎるのかもしれない..




こんなことでへこむ自分が

よくわからないです…。。




今日はどうもおかしいので

また後日

落ち着いてお話します^^




hijiri0901 at 22:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月25日

思えば思うほど。


歩いている時や

授業中


ぼーっとしていると

彼が頭に浮かんでくる私は

重症なのでしょうか^^;


見たくても見れない姿を

聞きたくても聞けない声を

側で感じたくなるんです。




最近

まめに練習場に通うようになりました。

休みの日はもちろん。

部活を終えたあとにも。




彼に近づきたい



と思うのです。



強くなったら

今より強くなったら


彼に近づけるのではないかと


変に頑張ってしまうのです。



彼と並ぶほどの実力になれたら



簡単な道でないのは分かっているのですが

やる気は次々に押し寄せてくるんです。




恋のために頑張るなんて



どこか駄目な気がしてなりません。




hijiri0901 at 13:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月23日

小さな喜び。


試合が終わり、

あと1ヶ月先の試合まで

彼とは会うことがないと思っていたのですが

実は先日

偶然会うことが出来たんです。


この前書いたように

彼は家が遠いので

めったに練習場で会うことはないのですが


たまたま彼が先輩に誘われて

私の行く練習場に来ていたんです。


最初はびっくりしました。

でもなんだか嬉しくて。


彼の笑顔を見ると

胸がキュッと締め付けられるような。


彼がそばを通ると

思わず顔が綻んでしまうような。



練習の時言葉を交わしたのは

わずかな挨拶だけだったのですが、


その帰り道

ちょっとしたチャンスが訪れたんです。


練習場を出て

駅までの長い直線の道。


先輩たちは前を

楽しそうに会話しながらあるいていました。

私の友達は

少し後ろで他の子と話しています。


そんな先輩たちと友達との間、



彼と隣同士になったんです。



肩が触れそうな距離


同じ速度で


夜の並木道を歩きました。


凄くどきどきして

少しパニックになって


でも幸せで。



なにか話そうと

前にいた先輩達の方を見て


「うちの部長

いじわるなんですよ。」


なんて

少し膨れて言ってみたりして。


そしたら彼は


「でも

いい先輩だとおもいますよ。」


と少し微笑んで

言葉を返してくれて。


「私もそう思います。」


彼の方は向けなかったので

前を見たまま私も笑って。


そんな風に

話しをしました。


その後すぐ

先輩が話しかけてきて

並んで歩くことはなかったのですが


そんなわずかな会話と

わずかな距離が


本当に 幸せで 幸せで。



恋が進展したわけでもないし

とても小さなことだったのですが、


“月が明るいな”

とか

“夜の街も綺麗だな”

とか

普段気にしないことも

その日の帰りは

とても輝いて見えたんです。




hijiri0901 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)