2007年01月27日

商品じゃなく会社を語る。

バナー
人気blogランキングへ


昨日は東京丸の内にある船井総合研究所に行ってきました。

コンサルタントの俵さんとも話させていただきました。

話の内容に大きな気づきがあり、
今、自分は何をしたらいいかが
少し見えたように思います。

自分なりにまとめながらブログを書いております。

大手保険代理店の急成長、
今年秋頃からの郵便局・銀行・証券会社の本格参入、
その他からの新規参入組の増加など、
今後益々この業界は競争が激化するする中で、
保険代理店として当社が勝ち残るためのポイントとは何か?

経営者として今どんな手を打つべきか。

当社で働く多くのスタッフの将来と
スタッフの生活そしてスタッフの家族。

その舵取りを間違えれば命取りになることも覚悟しつつ、
しかし、
ここで大きく舵をきらなくては。

何もしないことが、
最も大きなリスクになると判断。


いくつかのキーワードが私の頭にイメージされました。

徹底的地域密着。

クローズアップ。

強みを活かす。

一点突破。

属人的からシステム的に。

ホームページ。

会社の役割の拡大。

損害保険。

ビジョン・ミッション・パッション

安心→期待→満足


この地域で、
どういう想いで、
この仕事をしているかを
お客様に伝えられる会社が勝つ。

スタッフひとりひとりが
光保険サービスのことを
語れるかが勝負の分かれ目。

商品じゃなく、
会社を語ること。

会社を語ることができるスタッフを
ひとりでも多くつくること。

それが「成功の法則」

「答え」なんじゃないだろうか。


最後にコンサルタントの俵さんが言った言葉。

「共感営業ですよ!」


私は急いで赤レンガの東京駅から高崎に向かった。

人気blogランキングへ

















hikari2321 at 17:23│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
上原


上原 政弘 

光保険サービス株式会社
代表取締役社長
ファイナンシャルプランナー

1996年、光保険サービスを設立。MDRT会員であり、14名のスタッフの代表として活躍中。
2005年に群馬県内初となるショッピングモール内に本格的来店型保険ショップを開設。 その後も県内最大級のショッピングモール内にも保険会社のブランドを前面に押し出した全国的にも例のない保険ショップをオープンするなど、常に新しい形の保険ショップを創造し全国から注目を集める。