NTT東日本の「フレッツ光」は光回線サービスで、Wi-Fi、タブレット、スマホも活用できます「フレッツ光ネクスト ファミリータイプ」と「フレッツ光ネクスト マンションタイプ」の速度は、下り最大100Mbps・上り最大100Mbpsです。それぞれの「ハイスピードタイプ」の速度は、下り最大200Mbps・上り最大100Mbpsです。

 戸建て(3戸以下)向けの通常月額料金は5460円ですが、「思いっきり割」「にねん割」「フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント」を利用すると、月額料金は1年目は3675円になり、2年目は3570円になります。マンション向けの通常月額料金は2992.5円~4042.5円ですが、上記3つの割引を適用すると、月額料金は1年目が2667円になり、2年目は2562円になります。

 「思いっきり割」の対象は、平成25年9月30日までに対象サービスを新規に申し込み、平成26年3月31日までに利用開始した方で、戸建て945円・集合住宅115.5~1165.5円の月額料金が割引きになります。2年間の継続利用を前提とした「にねん割」に申し込むと、料金が戸建て735円・集合住宅105円が割引きになります。ただし2年間の利用期間の途中でフレッツ光を解約すると、戸建て9975円・集合住宅1575円の違約金がかかります。またにねん割は自動更新なので注意が必要です。

 初期費用は契約料の840円と初期工事費の25200円ですが、新規申込者は初期工事費相当額が割引になるキャンペーンが行われています。プロバイダ料金を含めた「プロバイダパック」は、525~1260円加算になります。追加料金不要のサービスは、10GBまでのデータを預けられる「フレッツ・あずけ~る」です。

 有料のオプションサービスは「ひかり電話」で、月額利用料は525円です。それからセキュリティーサービスの「ウイルスクリア」、公衆無線LANサービスが利用できる「フレッツ・スポット」、フレッツ・スポットと3Gモバイルデータ通信を利用できる「おでかけパック」、家と外で同時につながるモバイルWi-Fiルーター「光ポータブル」のレンタル、無線LANカードのレンタル、機器設定を頼む「セットアップサービス」、機器について電話で相談できる「リモートサポートサービス」があります。

 「フレッツ光ライト」はインタネットの利用が少ない方向けのプランです。1ヶ月の利用量が200~1200MBであれば従量制の料金体系で、それ以外の利用量であれば固定料金を支払います。

 NTT東日本とNTT西日本のフレッツ光は商品、価格、サービスが異なっています。まず「スーパーハイスピードタイプ 隼」があり、速度は上り・下り最大1Gbpsです。そして1台分のセキュリティ対策ツールが標準装備されています。


光インターネットの決定版!『フレッツ光』 (公式サイト)






フレッツ光の口コミや評判、感想や問題点


回線速度も安定していて早い
 NTT東日本のフレッツ光に加入してから数年たちます。私の家は戸建てのためいろいろな回線を利用することができますが、安定度と回線速度からフレッツ光を選択しました。プロバイダはOCNです。プロバイダも大手なのでこちらも安定しています。
 丁度プロバイダを切り替えたときにフレッツ光ネクストのサービスが始まったので乗り換えてみました。下り速度が最大で200Mbpsも出るので動画などもスムーズに閲覧することができます。どれだけ使っても定額なので安心して使うことができます。
 無線LANを利用しているので、実際は200Mbpsの速度は出ませんが、宅内ならばどこにいても30Mbpsくらいは出ているので十分な速度がでていると思います。これといって不便なことを感じたことはないのですが、もう少し利用料が安くなると利用しやすいですね。

マンションタイプについて
 現在住んでいるマンションでは、フレッツ光マンションタイプが使えるということで、とくに何も考えずに契約したのですが、速度がかなり遅いという印象を持っています。スピードテストをやると10Mbps程度しか出ません。
 マンションタイプは「100Mbpsをマンションで共有」となっているので、そのぐらいの速度になるのは仕方ないことなのかもしれませんが、動画の再生などでストレスを感じることも多いため、もっと早ければなと思うことは良くあります。
 もうちょっと良く考えて改選を選択すればよかったのかも知れないのですが、「フレッツ光」=早い と思っていたので損した気分になってしまいました。スピードを上げようと思ったら、無線LANではなくて有線で直に接続すればいいのかも知れませんが、それもまた利便性が悪いので困っています。

無難にいくなら
 私は今年の4月に上京して今はアパートで一人暮らしをしています。現在はマンションタイプで契約しています。それまでは戸建てタイプで契約していました。今までブロードバンドはフレッツ光しか契約したことがありませんが、トラブルは一度もありません。
 寧ろ分からないことがあれば電話をすればすぐに対応してくれますし、説明も丁寧で非常に助かります。私の周りではフレッツ光を契約している人しか知りません。それぐらい自然にフレッツを選んでるということですね。
 回線の方も動画を見たり、音楽を聴いたりするだけならなんの問題もないですね。ブロードバンド契約するなら何か特別なこだわりでもない限りフレッツにしておいたほうが無難だと思います。

加入して良かった事
 我が家では、パソコンとテレビを買い替えたのをきっかけにフレッツ光に加入しました。これまではADSL回線でインターネット回線を敷いていましたが、新しく購入した最新スペックのパソコンの性能をもっと活かしたいと思ったからです。
 最近では、インターネットのクラウド上にデータのバックアップをアップロードすることも多く、そうした作業をする際に少しでも早い回線の方が時間も短縮出来るのではないかと思い、フレッツ光に加入しました。
 以前よりも、アクセスの速度が上がり回線も安定しているので満足しています。また、テレビもインターネットに接続し、ネットを閲覧したりするようにもなりましたし、オンラインの映画レンタルも利用できるで生活が便利でスマートになりました。

回線速度が大幅に上がった
 某社のケーブルテレビ回線からフレッツ光に乗換をさせてもらったのですが、速度の違いに驚かされました。良い意味でのサプライズで回線速度が大幅に上がったのです。
 40Mから100Mへの変更だったので回線速度が上がるのは当たり前だったのですが、体感速度が予想以上に上昇していてフレッツ光に乗り換えて良かったと思っています。
 開通の際には料金にはこだわりたかったので、かなり担当者の方に質問させてもらったのですが、どの回答にも快く答えてくださりとても好感触というイメージです。また、定期的にお得なプランなんかがあればメールや電話でお知らせしてくれることもあって、ユーザーを大切にしているという印象を受けたのでこれからも長く利用していこうかと思っています。

変えようと思ったきっかけ
 私の実家は昔からケーブルTVの系列のインターネット会社でした。私はオンラインゲームをよくする時から回線速度が、毎度遅く感じていたのですが、20歳の時一人暮らしを始めたとき、ネット環境を大事にしたいため、フレッツ光を契約しました。
 最初に地元の電気屋さんに行き、フレッツ光の担当の方と初めて話をしました。その時の対応はとても迅速で、わかりやすく、丁寧に説明をしていただきました。私はネットゲームはよくやっていたのですが、あまり回線のことになると詳しくなかったので、ネット回線上でトラブルがあった時に、電話で問い合せた時に迅速に対応していただき、スムーズに問題解決ができましたので、ケーブル会社にはない対応で大変助かり、フレッツ光に変えてよかったと思いました。


快適にネットをしています
 今現在フレッツ光を利用しています。スーパーハイスピードタイプ隼を利用しているのですが、体感的にはとても速く感じます。料金設定も分かりやすく、サポートもとても親切でした。
 引越しと同時にマンションタイプから隼に変えたのですが、電話口での申し込み時の説明が素人の私にもとても分かりやすく、こちらの素人丸出しの質問にも最後まで丁寧に対応していただけました。工事までの期間も早く、即対応していただけたので満足しています。
 その後パソコン使用時にも、起動が速い為イライラすることも泣く快適に隼を楽しんでおります。テレビでもよくCMを見ていたので、もともと隼タイプは気になっていたのですが、NTTにお願いしてよかったと思います。

リモートサポートに驚き
 長らく、ケーブルテレビの回線でインターネットをしていましたが、引越しを機にフレッツ光に回線を変えました。なぜ変えたかというと、第一には料金設定が、ケーブルテレビの会社よりも安かったということと、ひかりTVのサービスもあって、いままでと遜色なく使えると思ったことです。
 また、ネットとテレビと家庭用電話にまとめる事が出来て、総合的にお得だったと思います。回線速度や安定性には特に不満はありませんが、フレッツ光で特徴的だったサービスは、「リモートサポート」というサポートです。
 無線LANの回線が安定しなかったときに相談したのですが、「リモートサポート」を使うと、オペレーターの方が私のパソコンをおかしな言い方ですがハッキングしたような状態になって、フレッツさんの方からパソコンを遠隔操作してくれます。自宅に来ていただかなくても、その場で問題解決ができるので驚きました。

窓口が多くて大変
 フレッツ光を5年ほど使っている者です。通信速度、料金など特に不満も無く使っていたのですが、唯一改善して欲しいと思ったのは窓口の対応です。一度6ヶ月ほど家を留守にする予定があり、その間も料金を払い続けるのももったいないような気がして一度解約をしました。
 戻ってきてまた契約するときに工事費がかかるかもしれないと言われたのですが、いつまた契約再開するかも分からなかったのでそれを了承し、その後また自宅へ戻ってきて再契約をお願いしたのですが、とにかくいろんな窓口へ電話をかけました。
 光コンセント対応マンションだったのに光コンセントが無かったことが原因だったのですが、以前も同じ部屋で契約をしていたということで更に面倒臭くなり…。ひとつの窓口でそれを説明、次の違う窓口でまた同じ説明、また次の窓口へ…の繰り返しにうんざりでした。
 膨大な案件の対応でその分たくさんの窓口があるのは分かりますが、利用する側としてはやはり1回か2回の電話で済ませたかったです。無事に開通した現在では何の不満も無く快適に使わせてもらってます。

マンションタイプを使っている感想
 マンションに住んでいるので、フレッツ光のマンションタイプを使用しています。もう何年前になるのか正確には覚えていませんが、「フレッツ光」になる前は「フレッツADSL」を使っていて、その前は「ISDN」だったと思います。
 ISDNからADSLになった時も、ADSLから光になった時も、工事はそれほど大変だった記憶はありませんが、工事してくれた業者さんの仕事が素晴らしかったのかもしれません。どちらの時も速さの違いを体感したような気がしますが、ADSLから光になった時の感動は、いまだに覚えています。
 専門的なことがわからない素人ではありますが、なにしろ体感速度が全然違いました。光になってから、一番最初にわくわくしながらネットサーフィンしてみると、これまではあちこちで読み込みが遅かったようなところが、すいすいと読み込み、さっと表示できるようになりました。
 通信速度の計測を行えるサイトなどで試してみても、常に最も速いという範囲を示してくれます。それが個人的にちょっと嬉しかったりするので、たまにその結果を見るために調べてしまっている自分がいます。


光インターネットの決定版!『フレッツ光』 (公式サイト)






フレッツテレビ(光テレビ)の注意点や問題点


 フレッツテレビを利用すると月額の利用料や工事費用はかかるものの、安定した放送の受信が可能です。また、ソーラーパネルなどを設置する際も邪魔にならず、風雨によるアンテナや屋根の破損の恐れもありません。

 ただ通常の月額の利用料以外に忘れがちな費用がかかります。それはNHKの受信料です。通常のアンテナ受信であれば地上波の分の費用のみ(2か月で2,500円程度)ですが、フレッツテレビだと自動的にBS放送も受信できてしまうため、月に約1,000円余分に費用を払わなくてはなりません。

 BSをよく利用する方であれば問題はないかもしれませんが、あまり見ない方の場合は申し込み前に十分検討し、注意する必要がありそうです。