TOP > 退職届けと退職願いの違い > 退職届けと退職願いの違い
届けの書き方・書式・サンプル

退職届けと退職願いの違い

退職届けと退職願いの違いを簡単に、説明すると、『退職する!』

と『退職してもいいですか?』 といった感じの違いになります。

厳密に考えると、願いと届けは全然別なものですが、会社

が願いと届けの違いを理解して受理してくれるかどうかは

疑問です。 退職願いと退職届のどちらを提出するにしろ、自分は

退職を撤回しないという強い気持ちを持って提出した方がいいですね。

退職届の書き方、届けと願いの違いを簡単に説明しますと、

願いとは、会社との合意により労働契約を解約してもらうための

申し出なんです、会社にお願いと言った感じです。会社が承諾しては

じめて退職となります。出した時点では退職となりません。良く理解

していたほうがよいのですが、 会社がが承諾するまでに撤回すること

ができるのです。願いは本当に自分 がやめたいのでやめさせてくだ

さいと会社にお願いすることです。  届けとは会社への最終的な

意思表示であり、会社に退職届けが受理 される=退職となります。

退職願いと異なり、特別な事情がない限り撤回する事はできません。厳密

に考えると、退職願いと届けは全然別なものですが、会社が退職願い

と届の違いを理解して受理してくれるかどうかは疑問です。 退職

願いと退職届のどちらを提出するにしろ、自分は退職を撤回しないとい

う強い気持ちを持って提出した方がいいですね。これらは一応社会人の

常識ですから、この二つの違いは覚えておいて損は ないと思います。私

も会社をやめるときに始めて知りましたが、理解しているようで理解出

来ていない方が多いのでよく覚えておきましょう。


退職届けの書き方 - livedoor Blog 共通テーマ