ブログネタ
寝る間も惜しんで読んだノンフィクション作品ベスト3を教えて! に参加中!
140811_1536~01


8月 満月のメッセージ


第41回「夜、寝ている間に-第4回」


皆様

メッセージ「出会いのために」は短期間で終了しましたが、お読みくださいまして、ありがとうございました。

出会えたり、再会、復活ができたとのお知らせも幾人からお寄せいただき、嬉しいです。

まだ出会えていないという方も、心配なく過ごしてください。

私に関わる範囲だけでなく、つまり、ブログをお読みくださる方やお客様たちだけでなく、幸せなカップルたちと私たちとでは、地球上では赤の他人でも、宇宙ではつながっていまして、地球上においては、その方たちからもいっぱいエネルギーを受け取れます。

(はい、宇宙=ヴォルテックスです。)その何でもある宇宙に、皆様の出会いや愛の親密な交流ができるエネルギーがあります。

私たちは選べば良いのです。

出会いのないことよりも、出会うということを考えることが、選ぶということです。


さて、

満月のメッセージは引き続きまして、シリーズ化している魂会議です。

タイトルに、「夜、寝ている間に」とする所以と魂会議(たましいかいぎ)と名づけているあたりは、第1回目に示しております。

シリーズとするこの内容は、心理学博士のウエイン・W・ダイアー氏(以降、ダイアー博士)の提唱する「他者に与える望ましい影響」を紹介するところがあります。そこに皆様と研鑽できるよう、メッセージをお届けします。


今夜も、

寝ている間に行われる魂会議には、

皆さんと皆さんの思うお相手もご一緒です。

そして、その後は自由に二人だけで楽しめますように。

眠ってしまっては夢も覚えていないし、本当に相手の魂と会っているとはわからないって思えそうですが、必ず、何日かあとに、または数時間後でも、現実となって現れます。あれ?あのとき魂の世界で会っていたよねと連想できるようなことが。

楽しみにしてください。



魂会議シリーズ 第4回目「あなたがそこにいると、つながりを感じる」 
140811_1537~02


あなたは、誰かに、「君がそこにいると、つながりを感じる」と言われたことはありますか?

あるなら、

あなたは、愛の関係や人間関係や、相手とのやりとりに困ることがないそうです。

ダイアー博士の提唱する「あなたがそこにいると」とは、あなたが周囲に与える影響のことであり、その影響が良い影響であればあるほど、波動が高くて望みが叶うとのことです。幸せな状態になるということです。

周囲やそばにいる人が、「あなたがいると元気になるよ~。つながりを感じるよ~、寂しくなくなる~」と言われるならば、そう思われるならば、です。

そして、あなたも、

あなたの好きな人に向かって、

考えてみてください。

『あなたがそこにいると、つながりを感じ・・・』ますか?



あなたがそこにいると、つながりを感じる・・・・・


そこにいると、つながりを感じる・・・・・


いると、つながりを感じる・・・・・


つながりを感じる・・・・・


いったい、どういうことでしょうか。


だいたい、メールしても返事もくれないような人に「つながり」なんて感じられませんよね?

または、「つながりたい」(イコール、恋愛成就したい≧人≦)とは思っているけど、それは、つながりを感じられないからですものね。

nature-landscapes_widewallpaper_tree-in-the-water_21133


相手がそっけなくて、むしろ、私と切りたいのかな?つながりたくないのかな?とさえ思えるような日々。

または本当にハッキリと「つながりたくない」と言われた状態であっても、


このメッセージを読まれるあなた自身が、【「つながりを感じる」と言われるような人】になれば、

愛が叶うのをご存知でしたか?



出会いのない方にも、それは、「出会う」「結婚する」という望みが叶うので、

出会えるようになります。


【つながり】とは、宇宙・ヴォルテックスの中にいるときに感じます。

(以下、宇宙・ヴォルテックスのことを宇宙と表します。)

【つながり】とは、宇宙にあるもので、宇宙にあるということは、この地球上・現実にもあるということです。地球は宇宙に含まれているので。

【つながり】とは、宇宙にあるもので(地球上・現実にもあって)、すでに私たちは全員とつながっているのです。

ですから、そっけない彼とだって、つながっているのです。

彼が、君とは縁がないとか、つながれないな、などと言ってきたとしても、なのです! 

あとは、あなたが選べば良いのです。

つながりを選びますか?

それとも、悲しみに埋もれた、別離と寂しさでぐちゃぐちゃになった、分離でバラバラの世界、低い波動の世界を選びますでしょうか?!

ダイアー博士は言います、『自分の波動レベルを上げることで、他の人にも仲間になるよういざなえるのです。絆でつながり、共通の目標を達成するため互いに助け合うことを願うようになります。

この思いの反対が、「離れ離れになり、切り捨てられる」という感情です。低レベルエネルギーは、つねに他者に逆らって進もうとします。

高レベルエネルギーは、これら
(本にある文章を中略しましたが、逆らうことや戦いなど)は、みな避けられるのです。出会う人、すべての人、自然、そして神とのつながりを感じ、一体感がもてるのです。』

他者とは、自分以外の人。恋愛について考えるなら、相手のことです。

あなたは相手に逆らうことになり、逆らわれた相手は面白くないことでしょう。

あなたも、これまで何度もあなたの思うとおりに動いてもらえず、いつもあなたに逆らった動きをする相手に、イライラしたり、悲しんだり、傷ついたりしていたはずです。

それが、低い波動の世界を選んでいたということなのです。

悲しんだり、傷ついたと思って落ち込んでいたことは、

悪いことが起これば、自然にそうなるものと思っていたことでしょう。

ところが、わざわざ、選んでいたのです、低い波動を。

せめて、悲しくなったり落ち込んだりするのは、低い波動になっていると仮定してみてください。

低い波動になった、ではなくて、選んでいたのです。

選んで、そうなったのです。


140811_1538~02

まあ、ここで、低い波動についてを詳しく説明して、強調してしまうよりも、

代わりに、高い波動を選ぶようにしていきますね。

あなたも日頃から高い波動とは何だろうと思うようにしてみてください。

ダイアー博士は、高レベルエネルギー(高い波動)は、出会う人との一体感や、神とのつながりを感じると言っていますが、

そうなるには、

ただ、【高い波動を選ぶ】と心の中で静かに宣言するだけです。

そうです、ヴォルテックスに入るのと同じです。

(ヴォルテックスについてはこちら

【選ぶ】とは、ただ、選べば良いだけなのです。

不思議であり、簡単過ぎでもあり、

それなら、今まで、泣いたりわめいたりしていたのは何だったの?!と言いたくなるくらいかも知れませんが、

泣いたりわめいたり、悩んだりするのが、波動の低い世界を選び、分離の世界を選ぶのですから、

泣いたり、悩む代わりに、高い波動を選ぶように。

泣かずに、笑い、悩まずに楽天的になる、ということも、できるなら、それも良いですが、

先に、【高い波動を選ぶ】と思ってみてください。

それから、笑うことや、楽天的になることを考えてみてください。

または、高い波動を選ぶと思うだけで、笑いや楽天的な考え、その他、もっと体験していくと思います。

高い波動は、あなたと誰かがつながっているのですから、影響を受けないわけがありません。

今、あなたに何もなくても、体験していくようになると思います。

良い影響を受けますようにね。

宇宙は何でもありですから。

選びましょうね。

選んで良いのですからね。



要するに、

彼を選ぶ、のではなくて、

彼とつながっていることを選ぶ、なのです。


シャクティー・ガーウェインにも興味深い言葉がありました。

「ある人に会うと、強烈に引きつけられる感じがします。もしその人が異性であり、何らかの特徴を持っていると性的魅力を感ずるかもしれません。そのエネルギーが大きいときの経験を一般的に、「恋におちる」と呼んでいます。

恋におちる、というのは実際に宇宙があなたの体内をめぐるのを強く感じることです。」
(1986年)


相手を見て、何かを感じた時、相手のエネルギーではなくて、宇宙が体内を巡っていたのです。

相手があなたを愛するなどの良いエネルギーでしたら、体内を巡っても嬉しいですが、

嫌な態度をされたり、悲しいことは、巡ってほしくないですねぇ。

でも、良い気分、それこそ恋におちる心境のようなドキドキと嬉しい、ワクワクな気持ちにさせる正体は、宇宙だったのです。

彼ではなくて(笑)

メールもくれない彼ではなくて!




宇宙に彼がいますから。

宇宙にはあなたの望む状態の相手がいるのです。



お月様を見てください。

低い波動になりそうになったら、

満月の光とともに、彼を含む宇宙を見るようにしてください。



次は、8月25日(月)新月のメッセージ、
お楽しみに


140811_1539~01写真は満月の日の今日、自宅近所で撮りました。
雲の形がどうということでもないのですが、
青空と踊るような雲が綺麗かなと
何か、皆様が感じられたら教えてくださいね


海辺に1本の木の写真は、Freeのデスクトップ壁紙集から取り込みました。よろしければ待受などにお楽しみください