白井健三選手について書かれた記事まとめ、パート②です(*^^*)

パート①はこちら(*^^*)



(2015.7.24追記)
白井選手についての記事を、会員限定(無料・有料)記事のから読める記事からいろいろ(*^^*)★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
毎日新聞「アスリート交差点」
《毎日新聞 2015年12月22日 09時00分》有料会員限定記事
アスリート交差点:自分を信じて リオ五輪、来年も攻める=体操・白井健三
豊田国際(12、13日)ではH難度と判定された伸身リ・ジョンソン(後方伸身2回宙返り3回ひねり)に挑んだ。世界選手権の疲れも残っているので、試合で挑戦するのは来年に回そうとも思ったが、考え直した。来年に回したら間に合わない。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「白井、床の新技成功 G難度、伸身に進化 五輪へ新たな武器」
《2015/12/13付 日本経済新聞 朝刊》会員限定
白井、床の新技成功 G難度、伸身に進化 五輪へ新たな武器
種目別で争う体操の豊田国際第1日は12日、愛知県の豊田市総合体育館で5種目を行い、男子床運動は今年の世界選手権王者の白井健三(日体大)が15.700点で優勝した。2位に世界選手権団体優勝メンバーの早坂尚人(順大)が入った。…


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《時事ドットコム2015/12/17-04:30》
新技、H難度認定か=「シライ」なお開発に挑戦-体操
 12日に行われた体操の豊田国際大会で、白井健三(19)=日体大=が国際体操連盟(FIG)の採点規則にない男子ゆかの新技を披露した。今秋の世界選手権で2年ぶりの金メダルに輝く原動力となったG難度のリ・ジョンソン(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)を、より難しい伸身姿勢で成功させた。来年2月に開かれるFIG技術委員会での協議を経て、男子ゆかで初のH難度と認定されるとともに「シライ3」と名前がつく可能がある。
 跳び上がった高さ、宙返りとひねりの切れ、いずれも申し分ない演技だった。「今までに(練習で)ないぐらいできて、逆に着地が分からなかった」。いつも以上に余裕があったためタイミングが狂い、勢い余ってラインオーバーしたほど技の完成度は高かった。
 FIGの新技認定の対象大会が増え、豊田国際も今回から含まれるようになった。大会の男子審判長を務めた元エースの冨田洋之技術委員がFIGに映像を送り、それを基に技術委で協議して正式に難度が決まる。冨田氏によると、G難度相当という意見もあるが、過去の例などからH難度とされる公算は大。内村航平(コナミスポーツ)も「伸身リ・ジョンソン」の難しさを力説し、「Gでは納得できない」と話す。
 白井の名前がついたゆかの技は、ともにF難度のシライグエン(後方伸身宙返り4回ひねり)、シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)が既にある。「ゆかに関しては、自分が引っ張っていく気持ちでやればご褒美のようについてくる」。自らの名を冠した高難度の新技に、五輪イヤーの来年も挑む気構えだ。 (2015/12/17-04:30)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
毎日新聞「観動記:体操界の遺産」

《毎日新聞 2015年12月21日 09時00分》有料会員限定記事
観動記:体操界の遺産
日本男子が団体総合で37年ぶりに優勝した体操の世界選手権から1カ月余り。先日の豊田国際には、来年の五輪を見据えて技術向上を図る2人の姿があった。ともに19歳の白井健三(日体大)と萱和磨(順大)だ。




《これまでの記事紹介》
●2015.4.7 NumberWeb進化を続ける白井健三“ひねり王子”の新境地
2015.4.14 JOC『シンボルアスリート』に白井健三選手契約
2015.4.24 アスリート交差点:自分を信じて(2) 航平さんにあこがれて
2015.6.22 アスリート交差点:自分を信じて(3) 演技の前後にもこだわり
●2015.7.24 2020東京五輪①東京五輪で輝け「5年後の自分」
●2015.7.24 2020東京五輪②白井健三の集大成!「ひと区切りつけるなら東京」
●2015.8.24 東京オリンピック・パラリンピック応援ボード お披露目会
はこちらから(*^^*)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
(2015.4.7)
NumberWebに矢内んさんの白井選手記事
NumberWeb【[SCORE CARD】にて
矢内由美子さんによる白井選手の記事が掲載されています(*^^*)
NumberWeb【[SCORE CARD】2015年04月07日文:矢内由美子さん》
進化を続ける白井健三。“ひねり王子”の新境地。 ~超高難度の構成でほぼノーミス~
Number
「全6種目で良い結果を残すとともに、ゆかと跳馬で……」
 
神奈川・岸根高2年だった1年半前、驚異的なひねりのセンスを武器に世界チャンピオンになったが、高い能力があるゆえに背骨や腰に負担がかかり、一時は思うような練習をできずに苦しんだ。昨年6月には右足首を捻挫し、ゆかと跳馬の練習を約2カ月間控えた。その影響からひねりのキレが奪われ、ラインオーバーも頻発。
 4月から日体大1年生になる。
「全6種目で良い結果を残すとともに、ゆかと跳馬でもっと存在感を示せる選手になっていきたい」
 
苦しみを乗り越えてより成長した白井が、金メダル奪回へ狼煙を上げた。

コトブス国際のゆかでは、D得点が7.6!
E得点でも8.850という高得点!
得点は自己最高の16.450!!
でも本人は「宙返りの高さがまだ低いし、ひねり不足もある」……(^^;)





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(2015.4.14追記)
JOC『シンボルアスリート』に白井健三選手契約
白井健三選手が「シンボルアスリート(SA)」として
JOCと契約する方針、だそうです(*^^*)
●「シンボルアスリート」制度とは…
JOCが、実力や人気のある特定の選手の肖像権を管理し、協賛企業に対してこうした選手をテレビコマーシャルや広告などに利用することを認める制度
だそうです(*^^*)
航平くんとの契約も更新するそうです(*^^*)

《スポニチ2015年4月13日 22:43 》
萩野、桐生、白井がシンボルアスリートに 20年へ露出アップ
 日本オリンピック委員会(JOC)が選手の肖像権を使ったマーケティング事業の目玉に据える「シンボルアスリート(SA)」として、新たに競泳の萩野公介(東洋大)と瀬戸大也(JSS毛呂山)、陸上の桐生祥秀(東洋大)、体操の白井健三(日体大)と契約することが13日、複数の関係者の話で分かった。
 SAは実績、人気、将来性などの観点で選ばれ、萩野らは2020年東京五輪に向けた広告塔として露出度がアップしそうだ。
 SAの肖像使用権は、東京五輪・パラリンピック組織委員会の最高位スポンサー「ゴールドパートナー」に、協賛金6億円の別パッケージとして販売する。ゴールドパートナー企業はJOCと契約すれば、SAをテレビCMや広告などにほぼ独占的に起用できる。

 体操の内村航平(コナミスポーツク)、レスリングの吉田沙保里(ALSOK)、競泳の入江陵介(イトマン東進)ら五輪メダリストとの契約は更新する方針で、SAは計10人程度になる見通し。選手には肖像権委託料のほか、個別の広告ごとに出演料などが支払われる。JOCは協賛金収入を選手強化費などに充てる。

《NHKニュース4月14日 0時42分》
JOC 萩野らと「シンボルアスリート」契約へ
 JOCは、実力や人気のある特定の選手の肖像権を管理し、協賛企業に対してこうした選手をテレビコマーシャルや広告などに利用することを認める「シンボルアスリート」制度を導入しています。
 関係者によりますと、JOCは、競泳の日本選手権で2年連続の4冠を達成した日本のエース、萩野選手や、同学年のライバルの瀬戸大也選手、先月陸上100メートルで追い風参考記録ながら9秒台をマークした桐生祥秀選手、体操の白井健三選手の4人と新たに「シンボルアスリート」の契約を結ぶ方針だということです。
 契約が正式に結ばれたあとは、これらの選手の肖像権をJOCが管理し、2020年東京オリンピック・パラリンピックの国内の最高位スポンサーを対象に販売する予定で、企業からの収入は選手強化の費用に充てられます。






★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
(2015.4.24追記)
アスリート交差点:自分を信じて(2) 航平さんにあこがれて
以前も白井選手の日体大進学の記事が取り上げられた
毎日新聞『アスリート交差点』。今回は…
24日から体操の全日本個人総合が開幕する。今回は僕があこがれる内村航平さん(コナミスポーツク)について語りたい。
だそうです(*^^*)
《毎日新聞2015年04月24日 東京朝刊》
アスリート交差点:自分を信じて 航平さんにあこがれて=体操・白井健三
 ある日、僕が遊びで床運動のひねり技に挑戦していると突然、声を掛けられた。「足が割れていたらかっこ悪いよ」って。その時は航平さんのことを知らなくて、優しい人だなと思った。小学生の僕と練習後に遊んでくれる人はいたが、アドバイスしてくれる人はいなかった。みんな練習中は自分の演技に集中しているから。

航平さんに言われるだけで格別のうれしさがあった。
く〜〜〜(>_<)
鼻の奥をツーンとさせてくれるね〜( ;∀;)
目頭を熱くさせてくれる、数年先何度も読みたくなる記事です(*^^*)






(2015.6.22追記)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アスリート交差点:自分を信じて(3) 演技の前後にもこだわり
白井選手の『アスリート交差点:自分を信じて』シリーズ第3弾(多分)がアップされています(*^^*)
今回は白井選手得意の“ゆか”の話だそうです。
最近のこだわりは、“演技時間に含まれない部分”とのこと…(*^^*)
《毎日新聞2015年06月20日 東京朝刊》
アスリート交差点:自分を信じて 演技の前後にもこだわり=体操・白井健三
僕の名前が付く「後方伸身宙返り4回ひねり」(シライ/ニュエン)の練習を始めたのは中学3年の夏以降。初めて試合で成功したのがその年の12月、ロシアの国際大会。最初は審判員に4回と認定されず、コーチの問い合わせでようやく認められた。
体力的にきつい演技の最後にできるのは僕だけという自負はある。
最近こだわっているのは、演技時間の70秒に含まれない部分だ。演技が始まる前のポーズや審判へのあいさつ、床に脚を真っすぐ上げて入るといった身のこなし方。
演技で意識しているのは、タンブリング(跳躍技)などの技に入る前の呼吸の回数。例えば最後の4回ひねりの前は、両手を上げたポーズから手を下ろすまでに決まって6回、呼吸をする。
順位だけでなく、内容でも1番でありたい。
いまは確実にできる演技を心掛けている。

技に入る前の“呼吸回数”が
白井選手の、成功へ導くルーチンの一つかな?(*^^*)







(2015.7.24追記)2020東京五輪まで今日でちょうど“あと5年”。
ということで“5年後の自分”というテーマで白井選手の記事があがっています(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
東京五輪で輝け「5年後の自分」
《日経新聞2015/7/24付》
東京五輪で輝け 10代エース候補の「5年後の自分」
●体操・白井健三(18)――圧倒的な「ひねり」武器
 究極のスペシャリストがいま目指すのはオールラウンダーへの脱皮。現在のエース、内村航平に代表される「6種目できてこそ真の王者」という日本体操の系譜に名を連ねるべく、床運動と跳馬以外の底上げにも取り組む。「信頼される選手になりたい」。今は一芸で先輩たちを驚かす弟分でも、5年後に思い描く自分は団体金メダルをもたらすチームの大黒柱。
 今秋の世界選手権に出場する萱和磨(順大)らホープがそろう年代。競争は厳しい。「5年後ばかり見ていると足をすくわれる。一日一日を大切にしていった結果が東京五輪ならいい」。確かな心根があってこその驚きの演技なのだ。
けんけん3





こちらは、白井選手が東京五輪を競技生活の集大成とすることを宣言!との記事です(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
白井健三の集大成!「ひと区切りつけるなら東京」
《サンケイスポーツ 7月24日(金)7時0分配信》
白井健三の集大成!「ひと区切りつけるなら東京」
2020年東京五輪の開幕まで、7月24日で「あと5年」となった。体操男子日本代表の白井健三(18)=日体大=は、東京五輪を競技生活の集大成とすることを宣言。若きメダル候補の胸の内をお届けする。
「日本はすごく強い。東京では団体総合が1チーム4人(現状では5人)になる。代表に入ることが世界で優勝するより難しい」
「体操にひと区切りつけるなら東京か次の五輪。その後に体操にどう携わっていくかを決めたい。大学4年には教育実習もある。将来、教員になることも考えの一つ。海外(留学)にいく選択肢もある」
「僕を目標とする選手がいるなら、『こういう練習しているから強くなるんだ』と思って、その技術を学んでくれたらうれしい」
けんけん
















(2015.8.24追記)
本日、羽田空港で行われたという、20年東京五輪・パラリンピックに向けたイベントに参加されたそうです(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
東京五輪イベント「5年後の自分が楽しみ」
《デイリースポーツ2015年8月24日》
白井健三「5年後の自分が楽しみ」
 体操男子世界選手権代表の白井健三(19)=日体大=が24日、羽田空港で行われた20年東京五輪・パラリンピックに向けたイベントに参加した。
 イベントでは墨絵アーティストの茂本ヒデキチさんが描いた五輪競技の墨絵の応援ボードが披露された。この日が19歳の誕生日だった白井はつり輪のシーンが描かれた墨絵を見て「ここまで躍動感があるとは思わなかった。今にも動き出しそう」と感嘆。「どことなく僕に見える。つり輪が苦手なので頑張ろうと思います」と、笑顔で語った。
 20年東京五輪まであと約5年。「僕はまだ5年もあると思ってます。5年あれば、今と違う体操ができる。予想できない5年後の自分が楽しみ」と、胸を弾ませた。
イベント
白井選手、お誕生日おめでとうございます!!\(^o^)/
白井選手のつり輪の墨絵、もっとちゃんと見てみたいですね〜(*^^*)


こちらの記事では素敵な写真がたくさんアップされています(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《ライブドアニュース2015年8月24日 14時1分》
体操・白井健三、1年後のリオ五輪に向けて「失敗は絶対出ないっていうぐらいの練習量で臨めば、大丈夫だと思います」
イベント1
 白井選手が演じる体操競技では、つり輪の種目が墨絵になった。
 出来上がりの絵を見て、白井選手は「動き出しそうな絵になっているので、びっくりしました」と感想を述べて、「体操は、たくさんの技があって、どのシチュエーションを取るかによって、イメージが全く違ってきます。(描かれた)この姿勢は、もっとも美しいと言っても過言ではないと思います」とコメントした。
 絵柄の人物が、司会者の女性から「白井選手に見えます」という意見が飛び出すと、大笑い。「実は僕、つり輪が苦手種目。なので、もっと頑張ろうと思います」と話し、笑いを誘っていた。
 あと一年に迫ってきた「リオ五輪」についても話題にした。
 「オリンピックは、絶対に失敗しない選手が必要になると思うので、今から、絶対に失敗しない演技を心掛けて練習しています」と自身の考えを示した。
 メダルを期待されるプレッシャー。メンタル面については「う~ん、メンタルは強い方だと思いますし、失敗は絶対出ないっていうぐらいの練習量で臨めば、大丈夫だと思います」とキッパリ。
 「チーム戦には、白井健三が必要って思ってもらえるぐらいに、これからも練習を積んでいきます」と続けていた。
イベント2
絵がちゃんと見れた(*^^*)
「東京オリンピック・パラリンピック応援ボード」(*^^*)
イベント3



(2015.8.25追記)
昨日行われた「東京オリンピック・パラリンピック応援ボード お披露目会」NHK、共同ニュース動画がアップされているそうです。
そして、墨絵を描かれた茂本ヒデキチさんが、Twitterにて白井選手のことをつぶやかれているようです
(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《NHKニュース動画付き》
東京五輪に向け羽田に競技のデザイン画

イベント4
 体操はつり輪のシーンを描いたもので、白井選手は「躍動感があり、今にも動き出しそうで驚いた。たくさん技があるなかで最も美しい姿勢を描いてもらったが、つり輪は苦手な種目なので頑張りたい」と笑顔を見せていました。
 24日が19歳の誕生日の白井選手は、「5年前と今の自分は全く違うので、5年あれば新技ができるかもしれないし、違う体操ができると思う。5年後の自分が楽しみ」と、東京オリンピックを見据えて気持ちを新たにしていました。

KYODO NEWS 【共同通信社】 動画サイトより》
羽田に東京五輪応援ボード 体操白井「動きだしそう」
イベント7
イベント8
イベント9
イベント10
イベント11
イベント12

茂本ヒデキチさんツイッター
24日羽田空港午前10時頃
約50種類の競技を全て描き、羽田空港全域に飾られました!
みずほ銀行佐藤社長、体操の白井健三選手、パラリンピック陸上の高桑早生選手と四人で除幕式!
なんと、しかも今日は白井健三選手の19歳のお誕生日!
《茂本ヒデキチさん公式HP》
NEO BLACK〜新墨の軌跡〜

つり輪もかっこいいけど、ひねり王子・白井選手といえばやっぱりゆかかな?(*^^*)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。