《加藤凌平選手記事まとめ2016》
2015年、コナミ入社に関するまとめ記事はこちら

ka

(2016.7.22追記)
TEAM NIPPON『オリンピック開幕まであと17日です!』

team_nipponさんより》
オリンピック開幕まであと17日です!



《これまでの記事》
●2016.1.1 リオ五輪『2度目の五輪で“絶対王者超え”』
●2016.1.7 
ちば県民だより(平成28年1月号)加藤選手×県知事対談
●2016.1.8 TV「すぽると
新春SP!2016年の約束」リオへ決意の始動!
●2016.1.8 
TV「Sportsプラス」レポ・オリンピックへの誓い
●2016.2.16 
コナミで初練習
●2016.2.16 強心臓もつ体操・加藤凌平「リオ五輪の星 素顔に迫る! グッと!スポーツ」
●2016.2.29 加藤凌平「試合勘を取り戻したい」米復帰戦へ出発
●2016.3.8 アメリカン・カップから帰国「試合勘を取り戻せたことが収穫」
●2016.3.8 3月6日放送『Going!』動画〜アメリカンカップ〜
●2016.3.18 3月12日放送『Going!』加藤凌平選手のマンガみたいな話!
●2016.3.19 スポニチ『加藤、野々村が順大卒業 体操リオ五輪代表に意欲』
●2016.7.7 
7月2日放送『彩の国ニュースほっと』加藤凌平選手特集
●2016.7.22 動画ルックスも実力もピカイチ『リオ五輪の“推しメン”』
●2016.7.22 THE ANSWER『“親子鷹”加藤が秘めるDNAとは』

はこちらから(*^^*)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
リオ五輪『2度目の五輪で“絶対王者超え”』
《デイリースポーツ2016年1月2日》
加藤凌平 2度目の五輪で“絶対王者超え”
 リオデジャネイロ五輪に出場する選手、出場を目指す日本人選手の中には、見る者の目を奪う美しきヒロインやヒーローたちがいる。
 次代のエースが、いよいよ覚醒するか。体操ニッポン屈指のイケメン、加藤凌平(22)=順大=が2度目の五輪で目指すのは、団体金メダルと“絶対王者超え”だ。ロンドン五輪後、宿舎のホワイトボードに決意をつづった。「いつか、内村航平を倒す」。この4年、けがに悩まされることも多かったが、国際舞台での安定感は抜群だ。
加藤選手










(2016.1.7追記)
ちば県民だより(平成28年1月号)
にて、加藤選手と県知事さんとの対談記事が掲載されているそうです(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ちば県民だより 加藤選手×県知事 談記事
《千葉県HPより》
ちば県民だより(平成28年1月号)
知事対談(47)千葉を元気に!
3面(PDF:550KB) ※画像クリックで拡大
ちば











(2016.1.8追記)
1月5日(火)放送 すぽると!
新春スペシャル!アスリート2016年の約束』にて、加藤選手が掲げた目標とは…(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
番組レポ「すぽると新春SP!2016年の約束」リオへ決意の始動!
《1月5日(火)放送 すぽると!より》
新春スペシャル!アスリート2016年の約束
 体操・加藤凌平選手 リオへ決意の始動!
かとうくん
かとうくん2
今年の目標は“飛躍”です。
怪我に悩まされて、思うようなシーズンを送れないことが多かったので、今年こそは飛躍して、リオオリンピックで輝きたいと思います。









(2016.1.8追記)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「Sportsプラス」レポ・オリンピックへの誓い
1月13日放送 Sportsプラスより
▽五輪へ!体操 加藤凌平 
18
《番組レポ》








(2016.2.16追記)
加藤選手がコナミで初練習を行ったそうです(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
コナミで初練習
《NHKユース2月15日 21時26分動画付き
体操 加藤凌平 内村所属のチームに加入し初練習
 体操男子の次のエースとして期待される加藤凌平選手が、新加入した内村航平選手の所属チームで初練習を行いました。
 順天堂大学4年生の加藤選手は、ことし、父親が監督を務め、内村選手が所属するコナミスポーツクラブに加入し、15日、埼玉県草加市にあるチームの体育館で行われた練習に初めて参加しました。
 体育館には子どもの頃から父親に連れられてよく訪れていたということで、加藤選手は「慣れ親しんだ場所だが、チームに入って分からないこともあるので、よろしくお願いします」とあいさつしました。
 このあと、去年、左足首を痛めて十分な練習ができなかったゆかや跳馬も積極的にこなし、跳馬では、けがの原因となった大技の「ロペス」にも挑戦していました。
 練習の合間には内村選手の演技を見るなど、先輩の練習する姿に刺激を受けていました。
 初練習を終えた加藤選手は「新しい環境で気合が入った。これから内村選手とずっと一緒なので、いろいろ吸収したい。リオデジャネイロオリンピックに向けて自分の演技を完成させ、代表入りして団体金メダルに貢献したい」と話していました。
 加藤選手は、来月アメリカで行われる国際大会からオリンピックイヤーの実戦をスタートさせます。
か7
航平くんも映ってた〜(当然でしょうが)
爆睡中でした。。。
《ZERO》
Z5
《スポプラ》
スポ7








(2016.2.23追記)
加藤選手出演「リオ五輪の星 素顔に迫る! グッと!スポーツ」の内容が記事で紹介されています(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
強心臓もつ体操・加藤凌平
《ライブドアNEWS2016年2月21日 10時0分》
強心臓もつ体操・加藤凌平、パスポートを忘れても「今日行けなくても・・・」
 
20日、NHK「リオ五輪の星 素顔に迫る! グッと!スポーツ」には、体操・加藤凌平がゲスト出演。2015年の体操世界選手権で日本に37年ぶりの団体金メダルをもたらした立役者の一人が、強靭なメンタルの片鱗を覗かせた。
 まず驚かせたのはその練習時間について。加藤は、母校・順天堂大学において練習時間2時間のうち、30分ほどしか身体を動かさず、その他の時間はタブレットでひたすら映像をチェックするのみ。本来なら短い練習時間では不安を抱きそうなものだが、加藤は「時間は決まってるんですけど、練習内容は個人で決めるスポーツなので」といたってマイペースだ。
 続いて「試合筋のコントロール」について説明した加藤。試合筋とは、体操などの競技で本番に練習以上の力が出てしまうことを呼ぶという。
 「試合で興奮してワクワクした状態とかだと、いつものパワーより120%のパワーが出てしまう。100m走だったりすると今まで以上の力が出せるのかもしれないんですけど」と切り出した加藤は、「体操に関しては1mmでもずれたら失敗してしまう。いかに練習と試合を近くしなきゃいけない」という。その上で「例えば、試合筋があるということを想定して前日の夕食を多く食べて、わざと体重をいつもより少し上げる。で、試合筋が出て(本番は)丁度いいくらい」といった調整法を行うと明かす。
 また、強いメンタルから常に安定した演技で実力を出し切っている加藤。「緊張はそれほどしない。試合が近づくにつれて興奮するタイプ。早くやりたいという気持ちが強くなります」と話すも、昨年の世界選手権出発の日には、パスポートを忘れて尚、「忘れて迷惑かけたので申し訳ない気持ちはあったんですけど試合までまだあるので今日行けなくても・・・」とここでも強心臓ぶりを発揮。それは周囲を呆れさせるほどだった。

記事にはない部分のレポ(*^^*)

★68








(2016.2.29追記)
加藤選手が昨日、アメリカン・カップに向けて出発。意気込みを語ったそうです(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アメリカン・カップに向けて出発
《日刊スポーツ2016年2月28日20時22分》
加藤凌平「試合勘を取り戻したい」米復帰戦へ出発
 体操男子でリオデジャネイロ五輪代表入りを目指す加藤凌平(順大)が28日、今季初戦のアメリカン・カップ(3月5日・米ニューアーク)に向けて成田空港から出発した。
 全6種目で争う個人総合出場は左足首の靱帯(じんたい)を損傷した昨年8月の全日本学生選手権以来、約半年ぶりで「復帰戦という位置付け。代表選考会へ試合勘を取り戻したい」と意欲を語った。
 日本の団体総合金メダルに貢献した昨秋の世界選手権では、得意の床運動と跳馬に出場できなかった。4月に入社する強豪コナミスポーツで既に内村航平らと練習しており、2大会連続の五輪出場を目標に「(1枠の)個人総合代表枠で入りたい、という思いは強い」と完全復活を期した。
アメリカン





(2016.3.8追記)
加藤選手がアメリカンカップから昨日、帰国されたそうです(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アメリカン・カップから帰国「試合勘を取り戻せたことが収穫」
《サンスポ2016.3.7 21:59》
復活Vの加藤が帰国「試合勘を取り戻せたことが収穫」/体操
 体操のアメリカン・カップ(米ニューアーク)優勝で左足首故障からの復活を印象付けた男子の加藤凌平(順大)が7日、成田空港に帰国し、4月に始まるリオデジャネイロ五輪代表選考会に向けて「大きなミスなくできたことと、試合勘を取り戻せたことが収穫」と笑顔で話した。
 今季初戦で、個人総合の出場は約半年ぶりだった。体力強化を課題に挙げ「調子を上げて(1枠の)個人総合代表枠を取りたい」と2大会連続の五輪代表に意欲を示した。



3月6日放送の『Going!』にて、アメリカンカップでの加藤選手の活躍を報じたそうです(*^^*)動画をお借りしました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

3月6日放送『Going!』動画〜アメリカンカップ〜
Going! Sports&News 20160306(35:40〜)
catsame
加藤選手が出場した
アメリカンカップ2016大会情報まとめ記事はこちら








(2016.3.18追記)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
3月12日放送『Going!』加藤凌平選手のマンガみたいな話!レポ
ま11







(2016.3.19追記)
昨日、順大の卒業式が行われたそうです。
式に出席された
加藤選手野々村選手が抱負を語られています(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《スポニチ2016年3月18日 20:31 》
加藤、野々村が順大卒業 体操リオ五輪代表に意欲

 体操男子で2015年世界選手権団体総合金メダリストの加藤凌平と14年世界選手権代表の野々村笙吾が18日、東京都内で行われた順大の卒業式に出席し、リオデジャネイロ五輪代表入りに向けて新天地での飛躍を誓った。内村航平と同じコナミスポーツに入社する加藤は「この4年間の思いを選考会に懸けて五輪につなげたい」と語った。
 野々村は順大を練習拠点とするセントラルスポーツに入る。「去年代表から外れて悔しい思いをしたので、五輪に出たいという気持ちは人一倍ある。選考会を勝ち抜いてリオで団体金メダルを取れるように頑張りたい」と意気込みを口にした。
卒業
ご卒業、おめでとうございます(*^^*)





(2016.7.6追記)
7月2日放送『彩の国ニュースほっと』加藤凌平選手特集 動画
彩の国ニュースほっと平成28年7月の放送一覧より、加藤凌平選手インタビュー特集
動画が公開されているようです(*^^*)
内村選手のインタビューシーンもあるようです(*^^*)

7月2日(土曜日)放送分 録画を見る
特集2  リオオリンピック・パラリンピック特集(7)
~メダルをつかめ!埼玉アスリート~
体操日本代表 加藤凌平選手
さい14
▼内村選手から見た加藤選手
さい1
さい2内村選手から見た加藤選手
さい3
さい4
さい5
さい6
さい7
さい8
さい9
▼リオにかける思い
さい10
さい11
さい12
さい13
などなど(*^^*)



▼ルックスも実力もピカイチ『リオ五輪の“推しメン”』

《IZA!2016.07.21》
リオ五輪の“推しメン”一挙紹介! ルックスも実力もピカイチ
 まもなく開幕するリオ五輪。日本選手団の数は300人を超え、多くの選手の活躍が期待される。そのなかで、実力だけでなくルックスもキラリと光る美男美女の“推しメン”を一挙ご紹介!
◆加藤凌平(体操)
端正なルックスと実力に注目、団体金メダルへ活躍が期待される
五輪初出場だったロンドン大会では、団体銀メダルに貢献。12年ぶりの団体金メダルを目指す体操男子代表で、内村航平に次ぐオールラウンダーとして期待される。代表のコーチを務める父・裕之氏と親子鷹で挑むリオへ、実力に端正なルックスもあいまって注目が高まっている。
tpc16072012220001-p11



THE ANSWER『“親子鷹”加藤が秘めるDNAとは』

《THE ANSWER 7月15日(金)20時37分配信》
体操五輪代表で内村に次ぐオールラウンダー “親子鷹”加藤が秘めるDNAとは

父が語る凌平の強み「気持ちが集中した時にはものすごい演技が出る」
 今夏のリオ五輪の体操で12年ぶりの団体金を目指す男子代表にあって、内村航平に次ぐオールラウンダーとして期待されるのが加藤凌平(コナミスポーツ)だ。89年世界選手権代表の父・裕之氏(現・コナミスポーツ体操競技部監督)と親子鷹で挑むリオへ、実力に端正なルックスもあいまって注目が高まっている。
 「予選と決勝をミスなく通し、信頼される主柱のような選手になりたい」。6月5日の全日本種目別選手権後、真新しい代表ジャージーに袖を通し、加藤は決意表明した。順大時代の後輩でもあるあん馬のスペシャリスト萱和磨が落選したこともあり、リオでは6種目全てで貢献が求められる立場。自覚と責任も自ずと高まる。
 プレッシャーのかかる場面でミスなく演技出来る強みは、代表権を獲得したNHK杯(5月)で証明済み。田中佑典(コナミスポーツ)を0・100点差でかわし、代表内定をもぎとった。
 強心臓は父譲りだ。「気持ちが集中した時にはものすごい演技が出る」と裕之氏は語る。6種目をこなせる器用さと合わせて受け継いだ体操のDNAが、力の源だ。
 名前の「凌平」には、裕之氏が現役時代に得意とした「平」行棒で、自分を「凌」駕してほしいという父の願いが込められている。五輪初出場だった12年ロンドン大会では、団体銀メダルに貢献。リオでは昨秋のグラスゴー世界選手権に続く団体優勝で、勝利の快感に酔いしれたい。
ka