11.30 内村航平選手、コナミスポーツクラブを退社
12.01 プロ活動スタートで決意

12.02 「プロ」始動!NTCで初練習

内村選手が2011年4月からおよそ5年半所属したコナミスポーツクラブを30日をもって退社。コナミスポーツクラブHPにて、内村選手のコメントが掲載されているようです。
そして12月1日、プロ活動のスタートで自身のSNSにて決意を発信!!
12月2日には、プロ転向後初の練習をNTCで行ったそうです(*^^*)

(2016.12.3追記)
スポニチ「内村、覚悟と希望のプロ第一声」の新聞記事です(*^^*)

DSC_1658小
※画像クリックで拡大↓
DSC_1658小2
DSC_1658小3



●11.30 コナミスポーツクラブを退社「社員であったことを誇りに思います」
●12.1 プロ活動スタートで決意「体操の素晴らしさ広める」
●12.2 「プロ」始動!NTCで初練習

のまとめはこちらから

(2016/11/30)
▼11.30 コナミスポーツクラブを退社「社員であったことを誇りに思います」

《2016年11月30日株式会社コナミスポーツクラブ》
内村航平選手がコナミスポーツクラブを「卒業」
■内村航平選手コメント
p_uchimura
このたび、私、内村航平は、11月30日付で株式会社コナミスポーツクラブを退社することになりました。
自らの競技力を一層高め、オリンピック競技大会や世界体操競技選手権大会など、国内外の競技大会でメダルを獲得できたのは、コナミスポーツクラブ体操競技部の世界一とも言える監督やコーチの指導とスタッフのサポート、世界一を目指し、一緒に切磋琢磨し続けてきた選手たち、そして、体操競技専用の体育館やトレーニング施設など充実した練習環境を整備し、全力で支援していただいたコナミグループのおかげであり、改めて深く感謝するとともに、コナミスポーツクラブの社員であったことを誇りに思います。
今回の決断は、体操の普及と発展により深く関わっていきたいとの私の想いが強くなったことによるもので、新しい環境に身を置いて、新たな気持ちで挑戦する道を選びました。
2020年の東京オリンピックに向けて、日本の体操が世界トップであり続けられるように、私自身が心身ともにさらに強くなれるように精進しながら、日本の体操の競技力向上を目指し、精一杯頑張りたいと思います。引き続き、皆さまからの温かいご声援をよろしくお願いします。

★コナミ2
※コナミスポーツクラブ アスリートサイト選手紹介より、もう見れないので。。。
こちらのブログ記事にもスクショ画像あり(*^^*)


《2016年11月30日20時39分  スポーツ報知》
【体操】内村、コナミ最後の日に感謝のメッセージ「社員であったことを誇りに思います」
 12年ロンドン五輪、16年リオ五輪で体操男子個人総合連覇を達成した内村航平(27)が30日、所属するコナミスポーツクラブから退社することを受け、同社のホームページでコメントを発表した。
 内村は「11月30日付で株式会社コナミスポーツクラブを退社することになりました。自らの競技力を一層高め、オリンピック競技大会や世界体操競技選手権大会など、国内外の競技大会でメダルを獲得できたのは、コナミスポーツクラブ体操競技部の世界一とも言える監督やコーチの指導とスタッフのサポート、世界一を目指し、一緒に切磋琢磨し続けてきた選手たち、そして、体操競技専用の体育館やトレーニング施設など充実した練習環境を整備し、全力で支援していただいたコナミグループのおかげであり、改めて深く感謝するとともに、コナミスポーツクラブの社員であったことを誇りに思います」と感謝の思いをつづった。
 今回の決断は、体操の普及と発展により深く関わっていきたいとの想いが強くなったから。新しい環境に身を置いて、新たな気持ちで挑戦する道を選んだという。
 内村は「2020年の東京オリンピックに向けて、日本の体操が世界トップであり続けられるように、私自身が心身ともにさらに強くなれるように精進しながら、日本の体操の競技力向上を目指し、精一杯頑張りたいと思います。引き続き、皆さまからの温かいご声援をよろしくお願いします」と結んだ。

2


《サンスポ2016.11.30 21:02
プロ転向の内村、コナミスポーツを退社 「新たな気持ちで挑戦する道を選びました」/体操 - スポーツ - サンスポ
 体操男子のエースでリオデジャネイロ五輪の個人総合と団体総合の2冠に輝いた内村航平(27)が30日、コナミスポーツの公式サイトで、同日付で退社することを発表した。27日に日本体操界初のプロ転向を正式に宣言していた。
 決断理由として「体操の普及と発展により深く関わっていきたいとの私の想いが強くなったことによるもので、新しい環境に身を置いて、新たな気持ちで挑戦する道を選びました」と説明。2020年東京五輪を目標に掲げており、「日本の体操が世界トップであり続けられるように、私自身が心身ともにさらに強くなれるように精進しながら、日本の体操の競技力向上を目指し、精一杯頑張りたいと思います」とさらなる活躍を誓った。
 内村はプロ転向により複数の大手企業から支援を受けられるようになるほか、体操の普及活動にも力を入れやすくなる。今後はサッカー日本代表の岡崎慎司(レスター)や長友佑都(インテル・ミラノ)を担当するマネジメント会社がバックアップする。

S3


《KTNテレビ長崎2016年11月30日 12:06》
内村航平選手30日コナミ退社、日本初のプロ選手へ
 この夏開かれたリオデジャネイロオリンピックの体操競技で2つの金メダルを獲得した諫早市出身の内村航平選手が11月30日付けで、所属のコナミスポーツクラブを退社します。今後はプロ選手として活動します。内村選手は11月24日、鹿児島県で開かれた『体操ニッポン2016エキシビション』に日本代表メンバーとともに参加しました。会場は2700人のファンで埋め尽くされました。世界一美しい演技と称される体操王者・内村選手は、リオデジャネイロオリンピックで個人総合と団体の2冠を達成しました。2011年4月からおよそ5年半所属したコナミスポーツクラブを30日をもって退社し、今後は日本体操界初のプロ選手として競技生活を続けます。内村選手は4大会連続の代表入りを目指す東京オリンピックも見据え体操の普及活動にも力を入れていきたいとしています。
puro







(2016.12.1追記)
▼12.1 プロ活動スタートで決意「体操の素晴らしさ広める」
内村選手が自身のインスタグラム(kohei198913)にて、プロ活動のスタートに決意を発信!!(待ってましたーー!!)

リオデジャネイロ五輪体操男子の個人総合と団体総合で2冠に輝いた内村航平(27)が1日、自身のインスタグラムを更新。「本日12月1日より日本体操界初のプロ選手として活動していきます!」と、プロとしての第1歩を踏み出したことを伝えた。
内村は「まずはケガをしっかり治して」とし「来年4月に行われる全日本選手権に向けて頑張りますので応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

ぷろ1
これからもずーっと、変わらず全力で応援します!!
ガンバー!!\(^o^)/

(2016.12.2追記)
▼覚悟と希望のプロ第一声
内村選手が昨日、スポニチの取材に応じ、体操界初のプロ選手としての思いを激白したそうです。“体操をよりメジャーなスポーツにすることを目指し、集大成の20年東京五輪へ歩むキングの胸の内”とは。。。

●内村、覚悟と希望のプロ第一声 体操の地位高めたい「ワクワク感が凄くある。これからいろいろなことをやっていくうちに、感じるものがあると思う。プロの体操選手としてどうあるべきか、その答えを見つけていけたらいい」
 12年ロンドン五輪後から抱いていたプロ転向の思いがついに実現。スポンサーを募って競技を続け、これまで以上に普及活動にも時間を割く。自分がささげてきた「体操」の地位を高めるために。
 「体操はまだメジャーなスポーツじゃないと思う。五輪で皆さんに“感動した”と言ってもらえるのはありがたいけど、体操のことをちゃんと分かってくれている人って、どのくらいいるのかな。マニアックなことを分かってもらいたいというより、“男子の個人総合は6種目”とか、ざっくり分かってもらうことから始めないと」
 特に力を注ぎたいと考えているのが、体操教室などでの子供へのアプローチだ。体操の面白さを伝え、未来のスーパースター誕生を後押ししたい。
 「子供に体操を広めることが中心になる。とっかかりが僕で小さい時に体操をやっていた子が、大きくなって違うスポーツで大成したって全然あり。それはそれで“体操、すげぇ”ってなる」
 もちろん、競技が最優先なのは変わらない。先駆者や開拓者に常に向けられる懐疑の目にも、立ち向かう覚悟がある。
 「正直なところ、残すべき成績は残してきたかな、という思いはある。でも、プロになって競技力が落ちたとは思われたくない。結果はどうあれ自分の体操を見せていきたいし、結果でしか与えられない影響もある」
 深刻な痛みを抱える右足首が癒えれば、10連覇を狙う来年の全日本選手権、個人総合7連覇が懸かる世界選手権を見据え始動。そして、道は20年東京五輪へと続く。
 「リオで金メダルを獲っているんで“東京でも獲ってくれるんでしょ”って目で見られると思う。東京はベストな自分で出て、絶対に勝ちたい」
 プロとして、これからも王道を歩む。黄金の足跡の先に、体操界の発展があると信じて。

すぽにち
本日のスポニチ紙面には、こんな感じで掲載あり(*^^*)
supo puro


キングの“体操あるある”、楽しみ(*^^*)

●インスタ決意表明 内村“体操あるある”に意欲これまでSNSでの発信がほとんどなかったキングは「今までそういうのは自分の仕事じゃないと思っていたけど、これからは“体操あるある”とかを発信していけたら」と意気込んでいる。


練習拠点はやはりNTCとなるそうです(*^^*)

●内村の練習拠点はNTC 孤独は覚悟の上「甘えは言わない」  コナミスポーツを退社した内村は今後、都内の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)が練習拠点になる。これまではコナミのチームメートと練習してきたが、これからは単独で汗を流す。「1人でやることは覚悟している。“寂しいな”とか、そんな甘えは言わない」。
 体操協会の規定ではNTCの個人利用は最大週4日が限度となっているが、内村に関しては
特例で利用に制限を設けない。

すぽにち22





(2016.12.2追記②)
▼12.02 「プロ」始動!NTCで初練習
本日、内村選手がNTCでプロ転向後初の練習を行ったそうです(*^^*)

●体操の「プロ内村」が始動 初練習「やっていける」「いろいろ考えながらできた。これからもやっていけそうな感じはあった」と新たな一歩を踏み出した心境を語った。
「一人(での練習)がどんな感じなのか、というのがあったけど、それほど問題はない。より自分の世界に入りやすかった」

左肩などに故障を抱えており、トレーナーの指示を受けながら筋力強化のメニューを中心に取り組んだという。

2016120201001953
“プロ内村”が始動!初練習で「やっていける」/体操
年明けからはジュニア時代を過ごした朝日生命の後輩、佐藤寛朗氏がコーチとして合流する予定で「お互い、よく知っている。客観的に見ないと分からないこともあるので気付いたことを何でも言ってくれれば」と話した。



▼“プロ転向を検討”に関するまとめ記事▼“プロ転向を正式発表”に関するまとめ記事